ブログ「FM青森チャレンジ川柳!むさし流!」

毎週土曜お昼12時から放送中!入選→秀逸→特選と3句づつ入選句を紹介。入選しないとonairにならないの。悪しからず!

黒板五郎の謎がとけた

2017年07月19日 | 日記

 

旅好きパーソナリティを自認している私としては、旅の模様をやはり綴らなければならぬと思うのです。中でも北海道は大好きで毎年のように足を延ばすのですが、それでも富良野「麓郷の森」は実に8年ぶりでした。

富良野「麓郷の森」と言えば、80年~2000年代にかけて放送されたTV番組「北の国から」の舞台です。脚本家の倉本聰さんが移住したことでも有名です。

8年前にはなかった看板が目を引きました。「気がつけば 今 五郎の生き方」

なるほど。

30年も前から倉本聰さんがTVを通して私たちに伝えたかったこと。今になって、ようやく時代が追いついてきたみたいです。中にはお金を払ってスローライフをしている人もいますが・・・(苦笑)それだとちょっと違う。

実は「北の国から」はリアルタイムでは見ていません。それが、スペシャル番組の再放送を旅の数カ月前にたまたま見たのですよ。初めて「麓郷の森」を訪ねた8年前は、主人公の黒板五郎さんの建てた家を見ても、中に入っても、なーーーんも感じませんでした。これほんと。

だってただの掘っ立て小屋。ただの石で出来た家。拾ってきた家はさすがに感じるものはありましたよ。だって、捨てられているモノで家まで出来てしまうくらいの豊かさの中に、私も埋もれていましたから。

でも、ドラマを見る前と見た後では、感じ方が全く違うのです。

30年も前にドラマは終わっているはずなのに、未だファンが足を運び、観光客も途切れない。私にもその謎が解けたのでありました。


 「北の国から」の主人公 田中邦衛さん演じる黒板五郎が3番目に建てた家。離農した農家の廃屋を直して建てたのです。屋根の上に付いてるのは自作の風力発電装置。吉岡秀隆さん演じる 息子の純がお父さんにプレゼントしたものです。これも全部捨てられたもので作ってる。この風力発電にもドラマがあるんですよ・・・

五郎の言葉に胸をつかれますね・・・

「五郎の石の家」タダで手に入る石を積み上げてつくった家。となりは自作の風力発電。ドラマの中の暮らしはほぼ自給自足。水も電気も自前調達!さて、入選句!!


7/15 放送分の入選句です。お題は『謎』

佳作4 お互いの謎解きをして50年
青森市 小雪さん

佳作5 真実は持って行きます墓場まで

大阪府 中山つきなみさん

佳作6 二つ三つ謎はあったが赤い糸

静岡県 春爺さん

お互いの謎ときをして50年・・・。50年一緒にいても時々新発見があるなんて、小雪さんとご主人は素敵なご夫婦ですね。むさしさんは、全部見透かされて、自分には新発見なんてないような気がするとおっしゃっていましたが・・・奥様が言わないだけでしょうね(笑)

15日オンエアの入選3句はどれも、男女をイメージさせるものが並んだ印象!墓場まで持っていかねばならぬ真実も、男女間の秘密であってほしい!その方が楽しいでしょう~。要するに、男女の間には、幾つかの「謎」は持っていた方がいいということですね!ははは。


さて、五郎の石の家の中には、ドラマでよく登場した五郎の机がそのまま残っていました。蘇ってきます・・・ドラマの場面が。

極めつけは五郎の義理の妹 雪子(竹下景子さん)のために五郎が作った「拾ってきた家」

全て廃材&廃棄されたモノばかりで建てられています。中央はトラックのコンテナだし、窓も捨てられた車のものだったり、スキー場のゴンドラまで使われてる。要らなくなったから捨てる・・・そうやってどれだけのモノを捨ててきたかしら・・・。

2002年放送のスペシャル番組「2002遺言」で「北の国から」は幕を閉じました。五郎の遺言がネットで引けば出ててきます。

名言です。

それに倉本聰さんってすごいなって。絶賛放送中のシルバータイムドラマ「やすらぎの郷」も実は・・・見てます(笑)


7/15 on airのむさしBGM
青森市在住の音楽ライター、オラシオ氏選曲のポーランドjazz
アーティスト名/曲
トマシュ.スタンコ/ゲラ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謎だらけ | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (春爺)
2017-07-19 20:45:34
みどりさん、北の国から・・よかったですね。
あのころにタイムスリップですね・・

佳作ありがとうございました!
あっという間の金婚です。十年ひと昔ならたった五つです。
・来世も予約をしたい赤い糸
宝は四人の孫です。孫の春哉(高2)を先頭に年中さんまで変わり玉みたいに楽しんでいます。
Unknown (月波与生)
2017-07-19 20:54:42
「北の国から」はリアルタイム世代です。
でも青森はフジテレビ系が入らないので(笑)先にシナリオで読んでました。当時はシナリオの雑誌があったんですよ。

それにしても、中山つきなみ、って誰?(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL