ブログ「FM青森チャレンジ川柳!むさし流!」

毎週土曜お昼12時から放送中!入選→秀逸→特選と3句づつ入選句を紹介。入選しないとonairにならないの。悪しからず!

アメッコ市

2018年02月18日 | 日記

先週の土曜日、実は大館市の「アメッコ市」にも足を延ばしていました。

会場には枝アメがいっぱいでとても華やか。終わりがまだ見えない冬の時期に、枝についた飴が花のように見えてほっとします。この日に飴を食べると風邪をひかないと言われているんですって。

そしてイベントに欠かせないのがやっぱり「秋田犬」でしょう!

ふれあいコーナーの柵のまわりは常に人だかり。さすが大型犬の秋田犬。この大きさでまだたったの4カ月です。モフモフのふわふわです。超かわいいーーー!メロメロです。

6年ぶりにお邪魔したのですが、今回初めて見たものがあります。イベントの中に「からめアメサービス」というのがあるのですが・・・何だろうと思っていたら!

飴屋なのかどうかは定かではありませんが、とにかくこの黄色の半纏をきたおじさまが、割りばしのような木の棒に、木の枠に入っている何かを絡めて、長い行列を作って待っているお客様のお口にポンっと食べさせている!!・・・ように見えました。多分、飴なのでしょう。からめるんだから水飴なのかなぁ?

並んだお客様は自分の順番がきたら、おじさまの前でお口を「アーン」すればいいのです。大人も子どももおじいちゃんもおばあちゃんも並んでる。これはすごい!面白い!なかなかお目にかかれない光景です。すてきなイベントだな~と思いました。私も並べばよかったのですが・・・行列が長くて諦めました。来年はどなたかこの「からめアメサービス」の真相を確かめにお出かけくださいませ。このほかにも「秋田犬パレード」があります!犬好きにはたまりませんね。


これが本物の桜だったらなぁ・・・。でも、会場に飾られた枝アメのおかげで気持ちが明るくなりました!縁起物だというのでお土産に買いました。風邪をひかずに冬を乗り越えたいものです!!


2/17放送分の入選句です。お題は「もしも」

佳作7 半分はもしもでできている私

静岡県 恭子さん

佳作8 男だったら砂漠の夕陽追いかける

岩手県 櫛子さん

秀逸1 去年からもしもが森を出て来ない

島根県 海賊芳山さん

半分は「もしも」でできている恭子さん!静岡から投句を有難うございます。むさしさんが今、知ってる限りの「恭子」さんを収録時におっしゃってたのですが、女優の「深キョン」こと深田恭子さんのことをご存知だったのには驚きました(笑)余談ですが…。

恭子さんの半分は「希望」とか「願望」でできているんだなぁと思いました。が、「後悔」だったらどうしよう…。後悔は出来ればあまりしたくないですね。後悔していたとしても自分でそれを認めたくはありませんよね。私の場合は…ですけれども。

その一方で、「去年からもしもが森を出て来ない」という海賊芳山さん。むさしさんもおっしゃってましたが、現実だけになってしまったのでしょうか?でも、それは去年までで、2018年は海賊芳山さんの森から「もしも」がいっぱい出てきますように。いつまでも夢見ていたいじゃないですか(^_^)

「男のロマン」って何なのでしょう?むさしさんは櫛子さんの句から、映画「アラビアのロレンス」を思い浮かべたようです。私は観たことがありません…m(_ _)m
ああ、でも、夢を諦めない。夢を追い続けるってことなのでしょうね。そんな男性は現実的な男性より魅力的だったりします。当然、努力をされてるし何より一生懸命。そんな人はやはり素敵ですものね。県立郷土館で解説員をしていた20代の頃、考古の展示室に来館された男性のお客様が、出土した遺物をご覧になって私見を熱く述べられ・・・「考古学は想像の学問!ロマンだよ」とおっしゃっていたことを思い出しました!

今週のむさし流BGM
青森市在住の音楽ライターオラシオさん選曲のポーランドジャズ!
アーティスト/曲
NAKトリオ&アルコズ/エクスパッツ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ひょうたんランプ」のお詫びと訂正

2018年02月18日 | 日記

 2017年9月18日にアップしたブログ内で誤った記載がありました。

9月3日に行われた東日本大震災の復興支援イベントの報告と紹介の記事です。

その中で会場演出の「ひょうたんランプ」についても紹介させて頂いたのですが、アーティスト名が間違っていました。

「YoLumo」名義で活動されているのは ひょうたんランプアーティスト 牧野陽介さんでした。

お詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。

お名前を出してしまった工藤勇人さんにもお詫び申し上げます・・・。

下の写真のひょうたんランプも「YoLumo」の牧野陽介さんの作品です。ディスプレイも牧野さん本人によるものです。写真の人物はイベントを主催したスタッフです。

↓下の写真も「YoLumo」牧野陽介さんの作品であり、牧野さんが手掛けたディスプレイです。

で、今年の1月27日に下記のイベントの運営をやらせて頂き、改めて牧野さんと一緒にお仕事させて頂きました。

 

インドアでキャンプの雰囲気を楽しむというカジュアルなパーティで、その会場を「YoLumo」牧野陽介さんのひょうたんランプで彩って頂きました。

会場内にはアウトドアギアがいっぱい。照明を明るくするとまた雰囲気が変わります。

でも、ひょうたんランプは、やはりオレンジ色の灯りが揺らめくふわっとしたやさしい雰囲気がぐっときますね。小さな穴から漏れる灯りが幻想的で影までキレイです。ひょうたんにも個性があるから形も大きさも様々。だからひょうたんランプはオンリーワン!

牧野さん、この冬のイベントでは大変お世話になりました!有難うございました。そして、昨年9月18日アップしたブログの誤記載、申し訳ありませんでした。改めてお詫び申し上げます・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の田んぼアート

2018年02月13日 | 日記

2/9から2/12月曜祝日まで、田舎館村の道の駅「弥生の里」で開催していた「冬の田んぼアート」見てくださいましたか?

光と影の芸術と言われるスノーアート!これが冬の田んぼアートです。

イベント初日に撮影したスノーアート。雪の深さでだいぶ印象が変わりますよね。今年は初日に雨が降ってしまい、雪が沈んでしまったのです。


こちらも初日。雨が降る前の午前中に撮ったものです。スノーシューを履いて、ただただ歩きます。雪を踏み固めてつくるのです。制作したのはスノーアートの第一人者イギリスのサイモンベックさんから技を引き継いだ田舎館村在住メンバー「スノーアーティスト集団IT'sOK.」の皆さん。ご来場のお客様にどんな天気であっても最高のスノーアートを見て頂くために、連日メンテナンスに繰り出して汗だくで作業にあたっていました。頭が下がります。

夜は駐車場から展望所までの通路にキャンドルが置かれ、揺らめく灯りが幻想的でした。

りんご箱とキャンドル。りんご箱もこんなおしゃれな使い方がされるようになりました。

展望所の壁面を使った併催イベント「影絵プロジェクト」も素晴らしかった!アーティストMajioさんと田舎舘小学校児童の版画とのコラボです。OHPを使用して投影しているんですよ。


こちらのクマさんはMajio作。今年足を運べなかったみなさま、来年はぜひ夏も冬も田んぼアートの二毛作!に挑戦している田舎館村へお越しくださいませ(^_-)-☆


2/10オンエア分の入選句です。お題は「もしも」

佳作4 米を研ぐもしも明日が来なくとも

青森市 佐東 亜阿介さん

佳作5 スイッチを押せば戦になる予感

京都府 福村 まことさん

佳作6 飛べるなら私は溺れる蝶になる

青森市 小雪さん

米を砥ぐことは人間が生きていくために欠かせない行為であって、生きていくうえで必要なルーティン。何が起こるかなんて誰にもわかりません。一寸先は闇。でも、生き続けるために、明日がくると信じて米を研ぐ。今をまさに生きているということなんですね。

花から花へと飛んで止まって、また飛んで。甘い蜜に惹きつけれられてしまう。蝶々ってどこか女性的ですね。本能の赴くままに飛んで止まって、また飛んで(笑)むさしさんがおっしゃってました。人は現実と反対のことに憧れるものだそうです。ふふふ。

今週のむさし流BG
青森市在住の音楽ライターオラシオさん選曲のポーランドジャズ!
アーティスト/曲
ストーリーボード/ヴァーゴHI21

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もしも

2018年02月05日 | 日記

早いもので節分です。そして翌日は立春。日も長くなったなぁと実感。雪との闘いもあと1ヶ月。気持ちが少し明るくなってきます。頑張ろう!

番組のオープニングで話したネタがこちら。田舎館村の冬の田んぼアート。ぜひご来村下さいませ。


2/3放送分の入選句です。お題は「もしも」

佳作1 人生はもしももしもで楽しんだ

ケアガーデン青森 澤田六男さん

佳作2 この涙もしもの為に取っておく

新潟県 高原キャベツさん

佳作3 川柳を引いた私の重さなど

弘前市 ホワイトベアさん

ケアガーデン青森の澤田六男さんは初めての入選でした!おめでとうございます人生に「もしも」はつきものですね。だって選択の連続ですもの。選択した「今」ではないもう一つの「今」では、自分は何者になっているのでしょう?
「もしも…だったなら」
「もしも…していたら」
私は目の前のことで精一杯でまだ「もしも」を考える余裕はないみたい。
人生を詠まれるご年齢になった澤田六男さんだからこその句だと思いました。
人生はサプライズもまた連続!まだまだ「もしも」はあると思います

もしも川柳に出会ってなかったら…。川柳抜きには考えられないホワイトベアさんの人生。ホワイトベアさんにとって川柳はとても大きな存在なのですね!
なんてかっこいい句
「川柳を引いた私の重さなど」
人型の紙が風にひらひらと飛んでいく様を思い浮かべてしまいました(笑)

 

只今募集している川柳のお題は「ぽんぽん」2月15日締切です!

★投稿はFM青森ホームページ内の番組専用投稿フォームか、

 ★番組専用アドレス「musashi@afb.co.jp」

 ★ファクシミリ 017-722-3000

 ★🏣030-8691青森中央郵便局私書箱21号 FM青森「チャレンジ川柳!むさし流!」宛へ


今週のむさし流BGM
青森市在住の音楽ライターオラシオさん選曲のポーランドジャズ!
アーティスト/曲
ミハウ.ミルチャレク.トリオ/バーント.トースト

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鬣(たてがみ)

2018年01月30日 | 日記

1/27オンエア分の入選句です。2018年1月のTOP3です!
お題は「先生」

秀逸2 ニンゲンを100回噛めばわかります

弘前市 小次郎さん

秀逸3 先生の言葉とずっと歩いている

弘前市 ホワイトベアさん

特選 先生のたてがみはまだありますか

奈良県 あさぎさん

ニンゲンを100回噛む…スルメは噛めば噛むほど旨味が口の中に広がって、イカという食材のポテンシャルの高さを再認識したりしています。生でも、煮ても焼いても、干すと更に旨い。あ!そういうことか!100回も噛まなければニンゲンの本質は分からないということでしょうか?

先生の言葉とずっと歩いている…。私もこの仕事を始めてから大事にしている言葉があります。悩んだとき、凹んだとき、その言葉を思い出して己を奮い立たせてなんとかやっています。先生に背中を押してもらっています。

「鬣」難しい漢字!この一文字が「たてがみ」。むさしさんもおっしゃってましたが「たてがみ」に漢字があったこと私もはじめて知りました。男の先生なんですね?威厳ある「たてがみ」、それとも恋しちゃうような色気のある素敵な先生だったのでしょうか?


今週のむさし流BGM
青森市在住の音楽ライターオラシオさん選曲のポーランドジャズ!
アーティスト/曲
オレンジ.トレインfeat.ソウェト.キンチ/ニャマランド

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加