Pianist 池田みどり

ピアニスト池田みどりの四苦八苦をまるごとお見せします。
http://www.hi-ho.ne.jp/~midopi/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イナモリ・メソッド研究会発表会「オータムコンサート」

2011-10-03 | Diary
 わが師匠である稲森康利先生が個人指導している「稲森音楽教室」、そしてさまざまな楽器のコースがある「イナモリ・メソッド研究会東京本部教室」の合同発表会「オータムコンサート」が開催されました。私は今、レッスンをお休みしている状態なのですが、イナモリ・メソッド研究会ブログそしてメルマガの原稿は執筆しています。今回は、生徒さんの伴奏をすることになり、その上、一部司会もしました。

 第1部では、ピアノのペダルに足の届かない子供や、まだ小学生になったばかりのトランペッターが続々登場。お母さん方や先生が心配する中、子供はマイ・ペースでいつもやってきたことをしっかり演奏します。特にリズム感は大人顔負けですね。第2部は少し大きな子供から大人の出番。先生のアレンジされた楽曲は、ジャズの香り高くそれぞれかっこいい。後半、ボーカル、フルート、サックスの5名の方の伴奏をしました。みなさん、楽しそうに歌い、演奏されていました。
 第3部は稲森先生が直接指導されている大人の方々。今回は全員女性ですが、ご自分でピアノ教室をされている方も多く、アレンジも自分でなさっている方もいます。こちらはかなりハイレベル。

 昨年まではプロの司会者にお願いしていましたが、今年は第1部、第2部はイナモリ・メソッド研究会ボーカルコース講師でもある中村早智さんが司会をしました。場を和らげながらも、スムーズな進行をしてくれました。友人でもある彼女のお手伝いをすべく、第3部は私が司会を担当しました。第3部後半は稲森先生のトリオによる演奏や、講師陣のトランペット、フルート、ギターが加わった演奏など、聴きごたえのある演奏を聞かせてくれました。もちろん中村早智も稲森康利トリオの伴奏で歌いました。

 長丁場の発表会、無事に終わってほっとしました。
 どんなに間違えても、人前で演奏することって、大事ですね。100回の練習より1回の本番です。

 ※イナモリ・メソッド研究会ホームページ http://www.inamori-method.com/ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個展・コンサート・個展~そ... | トップ | Jazz on Youtube:Body and Soul »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む