『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『SOMEWHERE』を観た]

2011-05-22 22:56:52 | 物語の感想
☆うん、分かる分かる、映評ブロガー・セレブとして名高い私の、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作の感想を聞きたいんだろう?

 でもね、私、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを一作も見たことがないんだわ^^;

 一週間程前に、前三作を借りてきて見ようとも思った。

 そして、私も新作の公開日に感想をエントリーし、お祭り気分に参加しようとはしたのだが、忙しくて見ることが出来なかった・・・。

   ◇

 さて、『SOMEWHERE』である。

 ハリウッドの映画スター・ジョニー(スティーヴ・ドーフ)の、空虚なセレブ生活の日々を描いた作品だ。

 見る前の作品イメージとしては、別れた妻に引き取られていた娘・クレア(エル・ファニング)との交流を通し、ジョニーの中に何かが目覚めていく・・・、てな雰囲気だったが、思ったよりも、娘パートはメインではない。

 あくまでも、ジョニーの、酒と女とパーティーの日々が淡々と綴られる。

 本人が、物語の最後のほうで自分を「空っぽな男だ」と嘆くが、物語も、とてつもない「透明感」で進んでいく。

 内容がないよう、であった。

 しかし、それが、凄まじく面白かった。

 傑作だ。

 例えるのが難しいが、その面白さは、北野たけしの作品の「静」の部分の映像の惹きつけ方と似ていた。

 エロチックな描写も多数あったが、ソフィア・コッポラの撮り方の吸引力は、そちら方面ではなかった。

 先ず、興味を引かれたのが、冒頭から始まる「回転」の図である。

 そして、「描写欠落」がある。

 ジョニーは、黒のフェラーリを荒野で大きく円を描き乗り回す。

 でも、その「コース」の半分しか見えなくて、画面から隠れているときは、爆音だけが聞こえる。

 ホテルの一室ではベッドに寝転がり、双子のポールダンスの踊り子に、プライベートショーを夜な夜な演じさせている。

 極上の金髪娘は、絶妙にヒップを揺らし、ポールをグルグル回る。

 二人とも可愛いし、エロかった^^

 しかし、ホテルの一室に設えられたポールが、どのように固定されているかに興味がいくも、画面はけしてそこを映さない。

 そんなトコには興味を向けるべきではない、と作り手は考えている。

 ジョニーは、日々の中で、虚ろに生きている。

 パーティーでホロ酔い、花瓶の置かれた小さな机に腰を下ろそうとする。

 だが、そこには何かが置かれていたようで、ジョニーはお尻の下に手をあてている。

 なにやら、ジョニーは尻に敷いてしまったモノをどかしている素振りをするのだが、画面は、ジョニーの上半身しか映していない。

 つまり、そこでのポイントは、ジョニーの間の悪さと言うか、怠惰さを表わしたいと作り手は考えていて、ジョニーの表情を捉えさえすればいいのだ。

 都合2度のポールダンスのときも、ジョニーの表情は丹念に撮られている。

 ジョニーがベランダで物憂げに外を見ると、大きな広告ポスターが見えるも、そのキャッチコピーは読めない。

 ジョニーの新作映画の記者会見では、多くの質問が投げかけられるが、その質問への答えが為される前に、画面はカットされる。

 もっとも、ジョニーの返答は、なんの起伏もないものであろうことは予想できる。

 そんな具体例は、作品中、枚挙に暇がない。

 当たり前、作り手は意図して、そのような描写をしているのだから。

 だが、訪れたクレアが、スケート教室でフィギュアの演舞をしている時は、カメラは縦横無尽に動き、その「回転」を充分に見せてくれる。

 ジョニーも、女(だろう)へのメール返信を打ちつつも、クレアの氷上のダンスに表情を崩す。

 このシーンが、ジョニーの空虚と、クレアの寂しさの交差点なのだろう。

    ◇

   

 クレア役のエル・ファニング・・・、11歳の役どころだが、ロウティーンにしか見えない。

 華奢でもあるのだが、「いい女」にも見えてしまう。

 「美少女」と呼ぶには成長してしまっている感もある。

 実の姪っ子にも思うのだが、この年頃の、体は大人になりつつも心は子供のまま、の、その奔放な仕草が、私は、実は苦手だったりもする^^;

 で、子供の心で、多くの大人の現実(母の家出など)を知らしめられて、涙を流すシーンなどには痛々しさを感じさせられる。

 ただ、イベントでの肩を露出したドレスを着たクレアには、その美しさにハッとさせられたね。

 ホテルプールでの一人シンクロ風、水面足出しもボリュームがあって美しい。

 後半での水着姿も可愛いし、水中シーンもいい。

 その後の、犬を愛でるシーンもいい。

 「犬を愛でるシーン」に代表される、セレブの日常の中での、普通の女の子らしさの、計算された抽出には脱帽するしかない。

   ◇

 貧乏な私だが、金のあり余るハリウッドセレブと、表面上の生活には違いがないのが、なんか面白かった^^;

                                                      (2011/05/22)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [東日本大震災 (福島での私の思... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
在日チャイナ大使館隣接地買収への抗議をお願いします。m(_ _)m ((^o^)風顛老人爺)
2011-05-24 00:36:03
拝啓、ミド蘭様お久しぶりです。

サムウェア私も観ました。
主人公の娘さんがとてつもない別嬪さんでしたダコタ・ファニングの妹さんですか血は争えません。

別スレッド、宣伝御容赦下さい。
東京都内にある在日チャイナ大使館隣接地が買収されてしまいました。詳しくは、
坂東忠信氏ブログhttp://taiyou.bandoutadanobu.com/ 「 外国人犯罪の増加から分かること 」 売国土を

想像を絶する現実があります。残念な事に、日本中津々浦々に在日チャイニーズ
チャイニーズ系帰化人は沢山おりますおそらくは在日コリアンよりその数は多くなっています。彼等は不動産、土地の買収取得が可能です。個人法人の情報を押さえ把握している地方自治体 通信系企業に就職する事も可能であり、常設住民投票という形で実質的な「 外国人参政権 」を既に獲得しつつあります。
その逆に日本人がチャイナで土地、不動産を買収、取得する事は出来ません。
役所や通信系企業に就職する事も不可能であります。
ましてや、在チャイナ日本人が参政権を得る事は不可能です、余りも余りにも日本は日本人は甘過ぎます。
加えて、在日チャイナ大使館隣接地を売り渡してしまうのは論外です。大使館内は治外法権です、その著しい危険性は私の知りうる限りでは報道されていません。
在日チャイナ大使館隣接地買収に反対若しくは疑問を持たれた皆々様、どうか力を貸して下さい。
首相官邸、各政党本部、各省庁、国会地方議員に反対疑問のメッセージを発信して下さい。
勿論、私も発信しておりますが力が時間が足りません。
何卒、力を貸して下さい。m(_ _)m乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺さん^^ (ミッドナイト・蘭)
2011-05-25 07:25:49
ちゃんと、抑えておくべき映画は抑えているのは凄いですね^^

あの子の動きだけは、作品上、丁寧に撮られているんですよね。

なんか、マフィンみたいなものに茹でたと言うか湯がいたタマゴを乗せて、ソースをかけている料理は旨そうでした^^

>>在日チャイナ大使館隣接地買収への抗議

韓国人議員の国後訪問といい、日本はスポンジのようになってますね。
「実効支配の参考」ってなんなんでしょうね・・・。

抗議しなきゃ、認めたことになっちゃうのが民主党政権です。
本来は、国民が声をあげなくても、国民に選ばれし議員の仕事なんですけどね。
チャイナの間接侵略です。m(_ _)m ((^o^)風顛老人爺)
2011-05-25 15:40:22
拝啓、ミド蘭様
映画お誉めに預かり光栄であります。

気鋭のチャイナ・ウオッチャー河添恵子氏の御指摘通りチャイニーズの怪物食い潰しぶりは筆舌に表しがたいです。

http://kkuniversal.blog34.fc2.com/?mode=m&no=55&cr=dcdbf175fce8ee92c6259b8ed4c4ef97

河添恵子氏のブログ

坂東忠信氏ブログ
http://taiyou.bandoutadanobu.com/ 「 外国人犯罪の増加から分かること 」 想像を絶する現実があります。
付記URLからモバゲーのニュースで、チャイナ国家総動員法 在日チャイニーズ民兵化への警告と更には、在日チャイナ大使館隣接地買収問題につき取り上げております。
各所への抗議メッセージの発信
宜しくお願いします。

御高覧下さい。
m(_ _)m僭越乍乱文にて 敬具
Unknown (リバー)
2011-05-26 23:51:03
TB ありがとうございます。

描かないことで 伝わる
なんとも不思議な映画でした。

淡々と ストーリーらしきものはないのですが
グッとくるものがある作品でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
SOMEWHERE (LOVE Cinemas 調布)
典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受...
SOMEWHERE (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ソフィア・コッポラ監督、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス、ベニチオ・デル・トロ、ミシ ...
SOMEWHERE (風に吹かれて)
娘と過ごして気づいた事公式サイト http://somewhere-movie.jp監督: ソフィア・コッポラハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAにあるホテル“シャ
SOMEWHERE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映像センスには定評があるソフィア・コッポラらしいドライな感覚の人間ドラマだ。映画業界ならではのセレブな空気と、そこに潜む孤独には、巨匠フランシス・フォード・コッポラの ...
Somewhere (映画的・絵画的・音楽的)
 『Somewhere』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)映画を制作したソフィア・コッポラ監督については、少し前にDVDで見たことがある『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)が、東京を舞台にした大変興味深い作品だったこともあり、今回の作品にも期....
シャトー・マーモントホテル~『SOMEWHERE』 (真紅のthinkingdays)
 SOMEWHERE  ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAの ホテル「シャトー・マーモント」で暮らし、空虚な日々を過ごしていた。そこへ、 前妻と暮らす...
SOMEWHERE /サムウェア (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヴェネチア映画祭、金獅子賞受賞で箔がついた、ソフィア・コッポラの4年振りの新作 むむむ、感想から言っちゃうと そんなとるほどの話じゃない。 タラちゃんが審査委員長で今回ひいき目だという声もあがって....
ソフィア・コッポラ監督『SOMEWHERE』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督『 SOMEWHERE 』 主演は「バック・ビート」「ブレイド」の スティーヴン・ドーフと
SOMEWHERE(2010) (銅版画制作の日々)
どうしてだろう、娘との時間が美しいのは。 MOVX京都にて鑑賞。ソフィア・コッポラ監督の待望の新作。 2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作だそうです。ということでかなり期待度高い作品でしたが、、、、。う~ん特に大きな展開があるわけではなく、意外に淡々...
SOMEWHERE (Art-Millー2)
SOMEWHERE オフィシャルサイト 《フェラーリに始まり、フェラーリを捨てて終わった》って、そんな、何でもない映画だった。自堕落な日々がそれはそれはスタイリッシュに描かれ、いくらなんでも、それはまぁ飽きるだろうと見ている僕も同情してしまう。娘との生活か...
SOMEWHERE/スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング (カノンな日々)
2010年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督が手がけたこの作品はハリウッドスターの主人公の光と影、孤独な生活や家族との絆を描いた人間ドラマです。 ...
~『SOMEWHERE 』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、ソフィア・コッポラ監督&脚本、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス出演。
『SOMEWHERE』 (ラムの大通り)
(原題:SOMEWHERE) ----これってソフィア・コッポラ』監督の映画だよね。 確かヴェネチア国際映画祭金獅子賞だったような…。 「うん。 実を言うと、 あまりノレた映画じゃなくって、 いったんはスルーしようかと思っていたんだけど、 今回の地震で思うところがあっ...
『SOMEWHERE』、闖入する女たち (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
確か『マリー・アントワネット』(2006年)のレビューで、作品の時代背景が異なっていればソフィア・コッポラ監督はもっと別の撮り方をして、もっと良質の映画になっていたはず、というような失礼なことを書いた記憶があります。 でもこの『SOMEWHERE』を見終えた今、僕...
SOMEWHERE (voy's room)
タブロイド紙を頻繁に賑わす俳優ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ハリウッドにある伝説的なホテル、シャトー・マーモントで暮らしている。フェラーリを乗り回し、ホテルで一緒に過ごす女性にも事欠かず、ふわふわと漂うように毎日を過ごしている。そんな...
SOMEWHERE (映画情報良いとこ撮り!)
SOMEWHERE ジョニー・マルコは、ハリウッドの人気俳優だ。 そんな彼には、前妻との間に一人の娘がいた。 その娘が突然やってきて、しばらく生活を友することとなる。 しかし、彼は普段シャトー・マーモント暮らし、享楽的で、少し物悲しい暮らしをしていた。 ...
【SOMEWHERE】 (日々のつぶやき)
監督:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、ミシェル・モナハン、ベニチオ・デル・トロ 父にとって、それは忘れかけていた日常。 娘にとって、それは忘れられない時間―。 「人気俳優のジョニー・マルコはハリウッドにあるホテルに
『SOMEWHERE』はセレブの清貧論だよ。 (かろうじてインターネット)
 ちょっと映画の感想が溜まっています。  今回はソフィア・コッポラの新作映画『SOMEWHERE』の感想。  観に行った映画館は吉祥寺バウスシアター。毎週月曜日のメンズデー割引で1000円で見て参...
隙間を埋める存在 (笑う学生の生活)
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...
SOMEWHERE (心のままに映画の風景)
ハリウッドスター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”に住み、酒と女に明け暮れ、高級車を乗り回し、孤独を紛らわす生活をおくっていた。 ある日...
『SOMEWHERE/サムウェア』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
     ソフィア・コッポラ監督・脚本・製作   ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品 この作品がヴェネチアでタランティーノ絶賛で賞を獲ったのは知ってたけど、 キャストまではよくわかってなかった。 『英国王のスピーチ』の時だったかスクリーンで予告...
Some where (ケントのたそがれ劇場)
★★★  フランシス・F・コッポラの娘であるソフィア・コッポラが『ロスト・イン・トランスレーション』、『マリー・アントワネット』に続いて撮った三作目の映画である。本作は『ロスト・イン・トランスレーション』同様、ドキュメンタリータッチのけだるい雰囲気が漂...
映画「SOMEWHERE」 (<花>の本と映画の感想)
SOMEWHERE 映画館にて鑑賞 監督  ソフィア・コッポラ 出演 スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス 2010年 ハリウッドスターの...
SOMEWHERE (とりあえず、コメントです)
ソフィア・コッポラ監督がヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したドラマです。 監督の作品は『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』の前2作を観ていたので、 今回はどんな作品を創り上げたのかなと楽しみにしていました。 主人公の孤独をしみ...
SOMEWHERE (5125年映画の旅)
優雅なホテル暮らしを満喫するハリウッドスターのジョニー・マルコは、離婚した妻から突然「しばらく家を出るから娘のクレオを預かって欲しい」と頼まれる。久しぶりの娘との生活 ...
「SOMEWHERE」 淡々とした生活、だが大切な日々 (はらやんの映画徒然草)
ヴェネチア国際映画祭で受賞したのは元カレのタランティーノが贔屓目でみたからとか言
SOMEWHERE (映画尻エリカ)
『SOMEWHERE』 "SOMEWHERE” (2010・アメリカ) 1h38 製作・監督・脚本 : ソフィア・コッポラ 出演 : スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング ハリウッドスター、セレブのジョニー・マルコの空虚な日々。 空虚な心に空虚なものをいく...
SOMEWHERE (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、空虚な日々を送るハリウッドスターと、別れた妻と暮らす娘とのひと時の交流を優しい眼差しで描いたドラマ。出演は ...
SOMEWHERE (Diarydiary! )
《SOMEWHERE》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - SOMEWHER
SOMEWHERE (ここにあるもの)
ソフィア・コッポラが正解な理由が、明確になる映画。 光と音楽と家族と素敵がバランスよく全編を覆う感じに、ふわっとできる。 待ちに待ったソフィア・コッポラの新作『SOMEWHERE ...
友達のススメ「ゴッドファーザー」 (いろはGOD正方形)
ジャンル問わず色々でっす
SOMEWHERE (シネマクマヤコン)
人気俳優の無為な生活の一部を切り取った作品と言う感じでしょうか。やや退屈しました
■映画『SOMEWHERE』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー...
SOMEWHERE (うろうろ日記)
試写会で見ました。俳優の主人公が離れて暮らす娘との交流で娘っていいなー。という感
SOMEWHERE (迷宮映画館)
だめだ。。やっぱりソフィアとは性が合わない。
『SOMEWHERE』 (だらだら無気力ブログ)
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」の ソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スターと、 前妻との娘である思春期の少女との束の間の心のふれあいを綴るハートフル ・ヒューマン・ストーリー。 主演は「パブリック・エネ...
SOMEWHERE (C'est joli~ここちいい毎日を~)
SOMEWHERE'10:米◆原題:SOMEWHERE◆監督:ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」◆出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポ ...
No.252 SOMEWHERE (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、父フランシス・フォード・コッポラとの思い出や、2児の母となった自らの経験を投影して製作。 ...
DVD:SOMEWHERE なぜか「あとをひく」L.A.版「甘い生活」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラの最新作。 ほとんど「何も起こらない映画」という噂を聞いていたので、かなり警戒して鑑賞。 ところが、そこまでではなかった。 主人公(スティーブン・ドーフ)は、たいした努力もせずとも運よく出世し、今....