『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『誰も守ってくれない』を観た]

2009-01-30 16:26:25 | 物語の感想
☆いやはや、評判が悪いので、奇を衒った<1アイディア映画>かなと思いきや、とてもよく出来た作品だった。

 一ヶ所、どうしても、「やりすぎだろ・・・^^;」と思えるシーンがあり、それで私の心中の評価はガタ落ちするのだが、それ以外は、私にとって、『おくりびと』と同レベルの佳作として観られた。

 物語は、凶悪殺人を起こした未成年犯罪容疑者の家族・・・、特に、その妹・・・、

その少女と、社会(マスコミ→ネット)の制裁から保護する刑事の話だ。

 <デラ・富樫>が刑事をやっていたのだが、まあ、この人が出てくると、とりあえず、押さえとして安心して見られる。

 でも、この人の魅力は、時おり見せる少年のような「ぶっきら棒さ」のような気がする。

   ◇

 今回は、何よりも、志田未来が可愛かった。

 ドラマ『女王の教室』や『14才の母』を斜め見し、谷村美月が気になり『わたしたちの教科書』(これだけは全て見た)、そして、映画『母べえ』と、志田未来を見てきたが、少女であること以外は、さして興味がなかった。

 児童劇団ノリの感情の込め方や、ネチョッとした声質が嫌でもあった。

 でも、素材は可愛いと思う。

 それが、癇に障る声が私を苛立たせる福田麻由子との違いか・・・。

 そして、今回の志田未来だが、可愛かった。

 ネチョッとした声もなくなり、声を荒げるシーンでも、福田麻由子のような超音波を発することはなかった。

 何よりも、顔の頬のラインがふくよかで良かった。

 その瞳の魅力は、まあ、万人が知るところだろう。

 そんな、制服姿も可愛く、学校の人気者であっただろう笑顔の彼女が、学校からも、自宅からも追われ、急転直下で追い詰められていく。

 物語の途中、何度か、服装を変えるのだが、いずれも可愛い^^

 私のお気に入りは、袖がちょうちんになっているブラウス。

 あのちょうちんの空間には、どんな美少女の匂いが詰まっているのだろうか?(←バカ)

   ◇

 映像の撮り方が、普通の作品と異なり、臨場感あるドキュメントタッチでもあり、物語を格調高く見せてくれている。

 その中で、許容範囲内でクセのあるキャラが配置され、リアルが保持されている。

 「おい、背筋が凍るねえ^^;」が、主人公の刑事の口癖らしいのだが、作中で先ず二回くり返され、三度目は無言で、見ている私たちの心に想起させるという脚本上の技巧が施されていたが、その後に四度目もあったので、ちょいとしつこかった^^;

 犯罪者を産み出した家庭が、マスコミの追及を逃れるため、今後の生活を考え、とりあえず、超法規的な措置で、離婚再婚の手続きをし、名字を母方の旧姓に変えるという方法が為されたが、その事務的に、タクティクスに黙々と行なわれる手続きには、ちょっと戦慄した。

 物語は、次第に、マスコミからの追求よりも、もっと執拗なネット上のものへと移行する。

 この辺、「2ちゃんねる」などをイメージしているのだろうが、正直、犯罪者の家族へのバッシングってのは、実際はあまりないような気がするのだが・・・。

 もちろん、<イラク3バカ>の両親のような、開き直りの勘違い家族は別だよ。

 ただ、犯罪者の妹が美少女だと知れたら、違った意味での「祭り」は開催されるだろうね。

 「沙織たん、ハァハァ(´▽`)」とか、「ちょうちん袖の中身の匂いは?」とか。

 でも、私はそんな野郎がいたら、軽蔑するね、うむ!(^^;)

   ◇

 ・・・そこまでは、かろうじて、突飛ではなく思えた。

 しかし、沙織の彼氏が登場してから、なんか物語が1エピソードそのまま歪んでいく。

 この彼氏、女みたいな優男なのである。

 女みたいな声で、どうあっても沙織の性格との釣り合いが取れないタイプの少年だ。

 丸刈りの明るい少年が、<ぶっきら棒>ながらも、心配で駆けつけていたら、その後の破綻もなかったのに・・・。

 女みたいな声の彼氏だが、どこかで聞いた声だなあと記憶をまさぐったら、ドラマ『わたしたちの教科書』で、クラスではびこっていた陰湿なイジメを指示していた張本人の少年役であった。

 そのドラマで死んでしまった生徒を志田未来が演じていた。

 その少年の女みたいな声は役作りかと思っていたら、今回の作品でも同じ芸風だったので、この少年は、これからもその芸風で通すのだろう^^;

 長くなったが、問題は、作中で、その少年がしでかした事だ。

 私的には「こりゃ〜、やり過ぎだ!!」と思い、内容は悲劇だが、それまでノリノリに鑑賞出来ていた自分の感情が急速に萎えるのを感じた。

 詳しくは書かないが、でも、ベッドの上でポテッ! と座り続けている志田未来の姿は可愛かった。

 その後、ネット住民による、あり得ない様な<公務執行妨害>なども描かれ、更にゲンナリするのだが、・・・まっ、まあ、私は許すことにした。

 そして、物語はエピローグに向う。

 しょーもないクライマックスを経ながらも、作品自体ではどうにかして持ち堪えたと思う。

                       (2009/01/30)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『青春群像』を観た] | トップ | [映画『20世紀少年<第2章> 最後... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-02-08 20:14:05
おじゃまします

報道されない、国籍法改正案、人権擁護法案 外国人参政権 国立国会図書館法改正案、沖縄ビジョン

大手メディアは、圧力に屈しているので日本人のための報道をしていません。「麻生政権の実績」「安倍政権崩壊の真実」「韓国はなぜ反日か」で検索推奨、テレビで報道されない重要な情報を伝えるチャンネル桜も、ネットで無料で視聴できます。視聴者のコメントを投稿された画像に書き込めるニコニコ動画デイリー政治も、真実を知る人の民意が、確認できます。
最近では超人大陸コンテンツという政治家サイトに西川議員が、「真実の報道をしない今のメディア」をあげました。
言論規制の実態を暴かれるのを恐れて、マスコミはネットは悪と印象付けようとしています。
日本の将来に関わることです。

麻生さんを叩くマスコミの正体はこちら

http://blog.goo.ne.jp/nakagawasake
いらっしゃいませ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-02-08 21:09:10
次の選挙の自民党の苦戦は避けられないでしょうが、まあ、お互いに頑張りましょう。

私は、ちょっとは保守界では「異端児」としてですが、名前が売れているので、協力できることは協力したいと思っています。

ただ、完全に左翼メンタリティに乗っ取られてしまった「新しい歴史教科書をつくる会」の手の者には、もうかかわりたくないですが^^;

これからもよろしく!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
誰も守ってくれない (めでぃあみっくす)
この映画は決して目を逸らしてはいけない秀作であり、残された加害者家族の現状について決して目を背けていない静かで力強い作品です。モントリオール国際映画祭で脚本賞を受賞しただけあって、とても重厚な物語に見終わった後、ふとケータイの電源を入れる自分の倫理観は...
誰も守ってくれない (LOVE Cinemas 調布)
主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで...
試写会「誰も守ってくれない」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな切り口で問い直す力作社会派エンタテインメン...
『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世...
【誰も守ってくれない】人の心の痛みが解る時 (映画@見取り八段)
誰も守ってくれない 監督: 君塚良一 出演:  佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、柳葉敏郎 公開: 2009年1月 第32回モントリ...
映画「誰も守ってくれない」 (FREE TIME)
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。
誰も守ってくれない (Diarydiary!)
《誰も守ってくれない》 2008年 日本映画 − 英題 − NOBODY TO
【映画感想】誰も守ってくれない (掃き溜め日記〜てれびな日々〜)
『誰も守ってくれない』 見てきました!平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマ...
誰も守ってくれない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。君塚良一監督、佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、木村佳乃。予告編では殺人容疑者の少年の妹沙織(志田未来)が喚き散らしていたので少し引いたけれど、実は喚くのはそのシーンだけだったので安堵した。しょっちゅう喚かれる...
映画感想『誰も守ってくれない』 守ると言う事 (レベル999のマニアな講義)
内容明後日から休暇。離婚寸前の妻との関係を修復しようと娘・美菜が計画してくれた、知人のペンションへ向かう旅行。『もしかしたら。。。。』そんな期待を抱きながら、東豊島署の勝浦卓美刑事(佐藤浩市)は、同僚の三島省吾(松田龍平)を連れ、娘のためにプレゼントを...
映画『誰も守ってくれない』 (健康への長い道)
昨日前日譚『誰も守れない』をTV放映していた『誰も守って切れない』。ミント神戸にて鑑賞しました。監督は、『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一さん。 Story 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避け...
誰も守ってくれない (映画君の毎日)
■ストーリー■平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の...
「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気 (オールマイティにコメンテート)
「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、...
『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望 (SOARのパストラーレ♪)
事件の被害者ではなく加害者側、すなわち容疑者の家族を警察が守る場合があるという。警察は公に認めていないそうだが、その是非はともかくとしてこういう対応はあって当然な気がする。
007/慰めの報酬 (だらだら無気力ブログ)
イギリス諜報部員であるジェームズ・ボンドの活躍を描くお馴染みスパイ アクション映画のシリーズ第22作。本作は前作「カジノ・ロワイヤル」の エンディングから話は始まる。 ジェームズ・ボンドは前作に続きダニエル・クレイグが演じる。愛するヴェスパーを失ったボン...
誰も守ってくれない (だらだら無気力ブログ)
ある日当然、兄が殺人犯となったことで自身が殺人犯の妹となってしまった 少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会特有の動きを描いた 社会派ドラマ。 両親と兄とで何不自由なく暮らしていた15歳の沙織は、ある日兄が小学生姉妹 殺人事件の容疑者として逮捕...
「誰も守ってくれない」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「誰も守ってくれない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、津田寛治、東貴博、冨浦智嗣、木村佳乃、柳葉敏郎、他 *監督:君塚良一 感想・評価・批評 等、レビューを含...
『誰も守ってくれない』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
原題:Nobodytowatchoverme監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避....
「誰も守ってくれない」みた。 (たいむのひとりごと)
おそらく、TVスペシャル『誰も守れない』をじっくり見てから、映画本編を見た方が理解度が高まるだろうと公開初日を見送ったが、多分正解だったように思う。勝浦刑事のエピソードゼロ的『誰も守れない』であり、娘
『誰も守ってくれない』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一    □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cy...
試写会「誰も守ってくれない」 (流れ流れて八丈島)
これから、一ツ橋ホールで試写会「誰も守ってくれない」を観ます。心に傷を抱えた刑事(佐藤浩市)が殺人犯の妹となった少女(志田未来)を守る。という「社会派ヒューマンエンターテイメント!!」だそうです。あまり予習してないので、ニュートラルな状態で映画を楽しみ...
誰も守ってくれない (Akira's VOICE)
声を聞こう。人の声を。  
*誰も守ってくれない* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを...
「誰も守ってくれない」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
敢えて露骨な商魂に乗ってみるのも悪くない。どうやら結構近所に住んでいるらしい志田未来ちゃん。一度くらいビナウォークで見かけてもおかしくないと思うのだが、いたらいたで好奇の目で見てしまうのは間違いなく、想像するだけで罰の悪い思いがする。TVドラマで数々の災...
「誰も守ってくれない」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・東宝/監督:君塚 良一) 「踊る大捜査線」シリーズの脚本を手掛けてきた君塚良一が、監督も手掛けた社会派サスペンス・エンタティンメントの力作。モントリオール世界映画祭最
誰も守ってくれない (映画鑑賞★日記・・・)
原題:Nobodytowatchoverme公開:2009/01/24製作国・年度:日本、2008年上映時間:118分鑑賞日:2009/01/24監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、津田寛治、木村佳乃、柳葉敏郎殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事...
『誰も守ってくれない』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡...
何か物足りない。『誰も守ってくれない』 (水曜日のシネマ日記)
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。
誰も守ってくれない (ドラ☆カフェ)
脚本 君塚良一、鈴木智 音楽 村松嵩継 監督 君塚良一 公開年 2009年 人は静かに強くなる
【誰も守ってくれない】 (日々のつぶやき)
? 監督:君塚良一 出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎 「防犯課の刑事勝浦は、18歳の少年が二人の少女を殺害した罪で逮捕された船村家、容疑者家族の保護を命じられた。 担当させられたのは容疑者の15歳の妹沙織...
【誰も守ってくれない】 (+++ Candy Cinema +++)
【Nobody to watch over me】【監督】 君塚良一    【脚本】 君塚良一 、鈴木智   【公開日】 2009/01/24   【上映時間】 118分   【配...
誰も守ってくれない (佐藤浩市さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆佐藤浩市さん(のつもり) 佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【映画】誰も守ってくれない (新!やさぐれ日記)
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を...
誰も守ってくれない (Thanksgiving Day)
映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! 映画館で予告編を観てから、なかなか興味深い題材だなあと思って、公開されたら絶対に観に行こうと心に決めてたんですよ。 第32回モントリオール映画祭で最優秀脚本賞を受賞したという作品で、こんな内容です。 『幼...
「誰も守ってくれない」女優の未来 (再出発日記)
「背筋が凍るわな」監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、木村佳乃(goo映画より)日本映画衛星放送幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察....
「誰も守ってくれない」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                          「誰も守ってくれない」 う〜ん・・。久しぶりに「重い」映画でしたねぇ・・・。 のっけから家宅捜索でしょ、逮捕でしょ、そのあと、豊島区役所の役人が離婚届と婚姻届を半強制的に署名捺印させるシーンは、余りに...
誰も守ってくれない <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかというのがよくみえた被害者の家族を保護しないといけないのは...
誰も守ってくれない (ダイターンクラッシュ!!)
2月8日(日) 19:00〜 有楽座 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『誰も守ってくれない』公式サイト 踊る大捜査線コンビの映画。 加害者の家族(犯人の妹)とそれを保護する刑事が、マスコミ、ネットで袋...
誰も守ってくれない (単館系)
容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 冒頭から離婚届だのってあまりにも現実過ぎ...
誰も守ってくれない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の逃避行が始まる─。』  コチラの「誰も守ってくれない」は、「踊る大捜査線 THE MOVIE」、「踊る大捜査線 THE MOVIE2」の脚本家の君塚良一が監督を務めたポリティカル・サスペンスです。主演は、佐藤浩市、志田未来。  幼...
映画『誰も守ってくれない〜NobodyToWatchOverMe』... (KINTYRE’SDIARY)
9-6.誰も守ってくれない〜NobodyToWatchOverMe■製作:東宝■製作年・国:2009年、日本■上映時間:118分■鑑賞日:1月24日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□...