『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画「X-MEN: フューチャー&パスト」を観た(寸評)]

2014-05-30 23:59:22 | 新・物語の感想

☆ブライアン・シンガーは、エンターテイナーに徹する監督ではない。

 わりと、人間の心情を丁寧に描くので、痛快な面白さを阻害するときがある。

 故に、私が好きな「X−MEN」シリーズは、ブライアン・シンガーが監督をしていない『ファイナル・ディシジョン』である。

 あの、あとさき考えない超能力合戦が溜まらないのである^^

 さて、今作だが、結論から言うと、私には面白かった。

 それは、私が、この「X−メン」シリーズが好きだからだ。

 もう少しいうと、ジャンプマンガ的な超能力決戦が好きだからである。

 ブライアン・シンガーが好きなわけではない(『ジャックと天空の巨人』は大好き!)。

 しかし、いつもは馬鹿丁寧に「人間を描く」ブライアン・シンガーが、今回は、作中現在・未来での人類絶滅を、その源の過去で決着させようとする展開の、その説明をかなり足早に描いたもんだから、かなり雑な印象となる。

 更には、舞台がフューチャー&パストの二局面になるので、描写の粗さは深まる一方。

 でも、その粗さ・雑さを、私は、エンターテイメントへのシフトと、自分をだまし鑑賞するのだ。

 対するは、無敵のロボット「センチネル」で、未来パートで、この敵は、X−MENの超能力の通じない・倒せない敵なのである。

 これがどうしても解せない。

 だって、どんなに強くても、原子構造は一緒なのだからなぁ。

 私ならば、X−MENが必死で倒せる相手なれど、余りにも数が多過ぎて、劣勢にあるという設定にするのだが・・・。

 どうにかすれば倒せる敵としての設定なくば、物語の根本的な解決にならないと思うのだが・・・。

 まあ、その物語の欠陥故に、いつか、歴史の巡り合わせで、再び、完全にセンチネルと対決する作品が出来得はする。

 

 

                ・・・すいません、時間がなく、続きは後で・・・。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
X-MEN: フューチャー&パスト  監督/ブライアン・シンガー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ジェームズ・マカヴォイ  マイケル・ファスベンダー  ジェニファー・ローレンス 【ストーリー】 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと....
X-MEN:フューチャー&パスト (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「X-MEN:フューチャー&パスト」監督:ブライアン・シンガー(『ジャックと天空の巨人』)出演:ヒュー・ジャックマン(『プリズナーズ』『ウルヴァリン:SAMURAI』)ジェームズ・マカヴ ...