『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)]

2008-11-19 14:29:08 | 物語の感想
☆9月に数館で公開された作品が、段々と公開館を増し、遂に、私の「行きつけの映画館^^;」である<MOVIX昭島>で土曜から公開された。

 こりゃ、去年の『パンズ・ラビリンス』以上の傑作ですな。

 『トト・ザ・ヒーロー』にも匹敵するスケールの大きさだ。

 ・・・私は、死の床にあっては、この『落下の王国』や『バロン』のような作品をエンドレスで見つつ逝きたいと思っている。

 どこが「『パンズ・ラビリンス』以上」かと言うと、前者主演の美しい少女(イバナ・バケロ)が、性的な暗喩を醸していたのに対し、今作主演の幼女(カティンカ・ウンタール:美少女ではないが、とても魅力的だ^^)は、可愛らしさの純粋さを発揮させて物語を引っ張っていった点が、だ。

 その悲劇度も、考えれば考えるほど、深い。

 また、『トト・ザ・ヒーロー』の人生時間的(縦軸)なスケールに対し、世界空間的(横軸)な大きさがあった。

 ちなみに『トト・ザ・ヒーロー』にも美少女が出てくる(サンドリーヌ・ブランク)。

 それから、『バロン』にも美少女が出てきていた(サラ・ポリー)。

   ◇   ◇

 正直、私、傑作に対しては、特に語るべき言葉がないんですよね~^^

 う~ん・・・、とても軽快な作品だと思った。

 それは、事故で入院し寝たきりのスタントマンの青年(リー・ペイス)が、同じく入院していた少女に、世界中を飛び回る(飛び回り過ぎる^^;)空想を話して聞かせている、そのスケール感もあるのだが、何よりも、その話の臨機応変さが軽快だったのだ。

 1秒前にはピラミッドの前、1秒後には万里の長城へ。

 それらの短いカットが、一定の説得力ある映像で見せられる。

 非常に制作費もかかっているのだろう。

 よくもまあ、こんな脚本が通ったなあ。

 監督二作目のターセムに、何でこんな大作が任されて、しかも、こんな堂々たる作品に仕上げられたのであろう・・・。

 私は、こんなにも世界を飛び回る作品は、『ジャンパー』以外には知らない^^;

 でも、『ジャンパー』には、それぞれのロケーションで元を取ろうとした気配がありありだったね^^;

   ◇   ◇

 空想の世界には6人の戦士が登場する。

 それぞれが、類型的でない苦悩のエピソードを持っている。

 そして、それぞれの逸話は、それぞれに豪勢なロケ・美術・セットでもって語られている。

 特に、インド人の、さらわれた奥方の話、・・・奥方が彷徨うことになった「青天の迷宮」のビジュアルに圧倒させられた。

 この映画全体に言えるのだが、エッシャーのだまし絵の如き緻密な映像がそこかしこに見られ、また、作品構造自体も、数学的な尺度で成り立っているように思える。

 少女アレキサンドリアの骨折したギプスの固定が、立体的であることも、何がしかの意味を秘めているようではないか。

 寓話的であり、ヒロイックであり、陽性に充ちている。

   ◇   ◇

 ・・・物語の冒頭は、スタント事故に遭った青年が救出されるさまが、モノクロカットで描かれる。

 アンティーク写真のような情景が、無声時代のような映画音楽に彩られ、この作品が「ただ者の手によっては作られていない」ことが分かる。

 私は、その後、物語展開において、何度となく、いい意味で裏切られる。

   ◇   ◇

 その物語の世界の「神」である青年ロイは、暗黒の失恋の痛手の中にある。

 ・・・青年は死にたいのである。

 故に、動けない自分に代わり、その話を、少女を手なづけるため「だけ」に語っているに過ぎない。

 青年は、少女を手なづけ、自殺のための「モルヒネ」や「睡眠薬」を取ってこさせようとしているのだ。

 ・・・自分が死ぬために、青年は、自分の夢ある空想を少女に聞かせ、少女を喜ばせるのだ。

 その矛盾・・・。

   ◇   ◇

 青年の稚気と、少女の拙い経験は、ファンタジーを映像化する。

 故に、現実と空想は多くの「断片(キーワード)」で繋がっている。

 それらは、意味のあるよな、ないよな、暗喩・伏線となって作品を彩る。

   ・・・オレンジ。

   ・・・入れ歯。

   ・・・チョウチョ。

   ・・・切り込みの入ったメモ。

   ・・・板氷。

 ファンタジーの登場人物も、現実の世界のマスカレードの如く入り乱れる。

   ◇   ◇

 病床の青年の自殺が未遂に終わり、青年の語る話は、どうしても悲劇的な様相を呈していく。

 6人の戦死は次々に倒れていく。

 少女は、小さな顔をくしゃくしゃにして、「どうしてみんな死んじゃうの?」と泣きじゃくる。

 ・・・少女は病院内で、青年の薬を得ようと高い棚への踏み台から転倒し、頭を打つ、その処置は、人形アニメーションで表現される。

 私は、それまでの映像表現でもたいがい驚かされていたのだが、このシーンではほとほと呆れて圧倒させられた。

 そして、病床にある痛々しい少女の前であっても、青年は、悲劇を語ることをやめられない。

 失恋の内にある青年にとっての「世界」とは、悲劇でしかあり得ないからだ。

 他の選択肢などは思いつかない。

 だから、ロイと言う「神」が司る「空想」は、悲劇的結末こそが当然の帰結であった。

   ◇   ◇

 私も、即興で話を作るのが得意である。

 そして、かつての私の話も、陽気に語りつつ、最終的にとんでもない悲劇に突き進んでいた。

 幼児であった姪っ子に聞かせて、よく泣かせていた。

 当時の私は、世界をそう見ていたからだと思う。

 だから、ロイの苦悩に、私は共感しまくった。

 だが、同時に、私は、「失恋」と同時に、目の前の「チビ」も、同様に人生の大問題足り得た。

 ロイもそう思っていたと思う。

 だって、空想の途中から、茶目っ気たっぷりのアレキサンドリアがチョコチョコ登場し始めていたから^^

   ◇   ◇

 物語は、突然の転調でハッピーエンドを迎える。

 私は、それでいいと思った。

 アレキサンドリアの魅力は、一つの世界の悲劇を食い止めたのだ。

 少女の笑顔の魅力とは、そのためにある。

   PS.もう一度映画館で観て、DVDも買おうっと!!^^v

                     (2008/11/19)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ハッピー・フライト』を... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-11-19 21:09:47
わたしもこれは脳天ガツンとやられたくらいの感動を覚えました。
久々に監督の思いのタケがこれでもかとつぎ込まれた映像に、魅せられました。
いつも辛めの批評ですが、うれしいレビューですね。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-11-19 21:54:13
こんにちわ^^

いや、凄い作品でしたね。

全くの予備知識なしで見たので、私の衝撃たるや!

感想に書かなかったのですが、何と言えないシュールさもありましたね。

>>いつも辛めの批評ですが、

そうですか~? ^^;

私は、心からくさしたのは『マゴリアムおじさん』と『スカイ・クロラ』だけです。

他に批判めかしたことを書いているのは、大体において、「面白かった」一言では文章が続かないので、ちょいと欠点を書いてみっか! てなイメージです^^;

私は、新『櫻の園』にも感動した男ですから^^;

これからもよろしく!
感受性。 (BC)
2008-11-20 02:20:15
ミッドナイト・蘭さん、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

4年かけて撮影した世界遺産を含む世界各地のロケーションは観応えありましたね。

>アレキサンドリアの魅力は、一つの世界の悲劇を食い止めたのだ。

子供のほうが大人の心の機微を受け止められる感受性が豊かなのでしょうね。
♪BCさん (ミッドナイト・蘭)
2008-11-21 22:44:18
こんにちわ^^

>>4年かけて撮影した世界遺産を含む世界各地のロケーションは観応えありましたね。

いいですよね~^^

四年も掛けて、自分の夢を描けるのだから。

みんなはアレキサンドリアを可愛くないと言ってますが、私は、実に可愛らしい顔立ちの子だと思いました。

抱き上げたら、重そうです^^;

では、これからもよろしくです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
落下の王国 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト英題:The Fall。 ターセム監督、リー・ペイス、カティンカ・ウンタール、ジャスティン・ワデル。冒頭、Once upon a time in Los Angelesと来る。ロスと言えば、ハリウッドで、自己言及型の映画としては「インランド・エンパイア」を髣髴させ、この映画も基本映...
落下の王国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー...
【落下の王国】 (日々のつぶやき)
監督:ターセム・シン 出演:リー・ペイス、カンティカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル 「1915年、木から落ちて腕を骨折した五歳の少女アレクサンドリアは入院患者たちに可愛がられていた。 ある日映画の撮影中の事故で下半身不随になり入院していたスタントマ
落下の王国 (Memoirs_of_dai)
演技とリアルの狭間のカティンカ 【Story】 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタルー)は、脚を骨折して...
「落下の王国」 (NOHOHONブログ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ターセム監督の新作。 世界遺産で撮影された素晴らしい映像の数々。 観る前は映像だけの映画と思っていたし、映像目的だったんですが お話も 心にしみる良い物語でした。うるっと涙が、、 なんといっても5歳の女の子がよかったです。 ラ...
『落下の王国』 (めでぃあみっくす)
映像の魔術師ターセム監督。その名を再び痛感した、いやこの監督以上に美しい映像を撮れる人はいないのではないか?と思えた映画でした。個人的には物語に感涙することはなく、ひたすら美しい映像に魅せられていましたが、別にそれだけでも十分映画館で見る価値はあると思...
落下の王国 (だらだら無気力ブログ)
失恋で自暴自棄になったスタントマンの青年と骨折で入院中の少女の 交流と彼が少女に語るおとぎ話を映像で描いたファンタジー。家族を手伝ってオレンジを収穫中に左腕を骨折して入院中のた5歳の 少女アレクサンドリアは、病院内を探検中に撮影中に脚を骨折する重症を 負...
126●落下の王国 (レザボアCATs)
想像力の持つ、美しさばかりでなく、残酷性、破壊性。本来そこにある無限の可能性って、なんて怖いのだろう。足元の危うい暗さ。『パンズ・ラビリンス』が気に入った人には、是非これも見て欲しい作品。
落下の天国 ( Art- Mill  あーとみる)
落下の王国  HP http://www.rakka-movie.com/ 世界遺産を舞台に石岡瑛子さんの衣装デザインが栄える。こんな美しいシーンをたっぷり観れるなんて余りにも幸せ過ぎる。万華鏡のごとく
「落下の王国」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画予告編で観た映像の数々が印象的だったので、本日レイトショーで観て来ました。もっとシリアスな内容を想像していました。何と言うか…。ものすごい高級素材をふんだんに 使ったジャンクフード。でも不味くはない…。何ともアンバランスな味わいでした。...
落下の王国 (迷宮映画館)
久々に、これぞ映画!!というものを見たような気がした。凄い。
★★★★ 『落下の王国』 (映画の感想文日記)
2006年。アメリカ/イギリス/インド。"THE FALL".   ターセム監督・製作。  1915年のハリウッド。撮影中の事故で重傷を負い、下半身不随になる可能性の高いスタントマンの青年と、木から落ちて骨折し...
落下の王国 -The Fall- (日々緩々。)
『落下の王国 -The Fall- 』を観て来ました~。 あらすじ(goo映画より)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1915年...
「落下の王国」 (或る日の出来事)
落ちる。絶望と悲しみの中で。銃撃を受けて転落する。爆発して粉々に散って落ちる。何もかも剥ぎ取られて恥辱の淵に落ちる。矢を受け地に伏...
落下の王国 (シャーロットの涙)
その王国に魅せられて。 落ちていきたい、、、どこまでも;
『落下の王国』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入院中の5歳の少女、アレクサンドリア。人懐こい少女は、あどけない笑顔で病院中の人々に可愛がられていた。ある日、足の怪我でベッドから起きられない青年と知り合う。病室に入ってきた利発そうな少女に、青年は自分...
落下の王国/The Fall (我想一個人映画美的女人blog)
ジェニファー・ロペス主演の前作『ザ・セル』から4年。 と言ってもこの映画、アメリカでの公開は2006年。日本にとっては実質6年ぶりになるターセム監督の待望の新作! 来月公開を前に試写で観てきた。 『ザ・セル』ではCGによる独特な映像美が話題になって、当時劇場...
The Fall 「落下の王国」 (表参道 high&low)
4年間かけて18カ国で撮影されたおとぎ話がThe Fall(落下の王国)。 世界遺産の前で石岡瑛子のドレスで撮った映像を集めただけの映画でした。地味なロケーションに、奇抜で派手な衣装は目立ちすぎ。 世界遺産のDVD見ている方が落ち着くし、象が泳ぐシーンもアニマル...
3錠のモルヒネと一筋の光と (宇宙のめいぐると)
「落下の王国」
*『落下の王国』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年、アメリカ映画、ターセム監督、石岡瑛子衣装。13の世界遺産を含む世界24カ国を回り、撮影だけで4年をかけた作品。
落下の王国*原題 The Fall (銅版画制作の日々)
 君にささげる、世界にたったひとつの作り話。 10月8日、京都シネラリーべにて鑑賞。レディスディーということでか?それとも朝1回上映でなのか?このシアターがこんなに満員になるとは驚き!マニアな人には、やはり人気作品なのかもしれないね。観客の大半が女性だ...
落下の王国~愛と復讐の叙事詩~ (愛情いっぱい!家族ブロ!)
落ちる、落ちる、落ちる・・・・ ターセム印が1000%! もうどこをどう見てもターセムそのものの投影。 構想26年、撮影期間4年に渡る「愛と復讐の叙事詩」が今幕あける! ストーリーはいたってシンプル。 ~ロイとアレキサンドリア~ スタントマンの...
落下の王国 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 絢爛豪華な映像は文句なしに素晴らしい!
落下の王国 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
構想26年、撮影期間4年!__映像の魔術師ターセムが、魂を込めて作り上げた生きる力を喚起させるファンタスティック&リリカルな心の旅。 傷ついた青年と純真無垢な少女、それは、落ちて始る物語。 物語:1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入...
【映画】落下の王国 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ポスターがきれいだった ▼感想 なんだかしっくりこなかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会...
「落下の王国」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
映像はとても美しく、モノクロのシーンも独特の雰囲気があって、なかなか良かったです。 元々ファンタジーものが、それほど好みって訳じゃな...
落下の王国☆独り言 (黒猫のうたた寝)
以前『ザ・セル』という作品を観たときにどこを切っても現代アートになるようなとっても絵画的な構図が好きだったターセム監督の久々の作品『落下の王国』オレンジの木から落ちて腕を骨折した少女アレクサンドリアスタントの仕事で入院中で寝たきりの青年ロイふとしたきっ...
「落下の王国」 (てんびんthe LIFE)
「落下の王国」試写会 スペースFS汐留で鑑賞 前作「ザ・セル」が印象的だったターセム監督の新作。 前作はSFモードの中にも斬新な映像が組み込まれていて奇妙な世界でもきらいではありませんでした。 そして今回は落下をモチーフにファンタジーな世界を作り出し...
『落下の王国』 2008-No69 (映画館で観ましょ♪)
世界遺産13ヶ所、24ヶ国以上でロケという贅沢な映画。 とにかく美しい。 水に映りこむこの感じ...上も下も透明で澄ん...
落下の王国 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  フォーリン・ライフ  
126●落下の王国 (レザボアCATs)
想像力の持つ、美しさばかりでなく、残酷性、破壊性。本来そこにある無限の可能性って、なんて怖いのだろう。足元の危うい暗さ。『パンズ・ラビリンス』が気に入った人には、是非これも見て欲しい作品。
落下の王国 (おたむ’ず)
★★★★☆byおたむ   二人で作ったお話でしょ。   原題☆THE FALL 製作☆2006年☆インド/イギリス/アメリカ 監督☆ターセム・シン『ザ・セ...
落下の王国 (映画初日鑑賞妻)
★★★★★ こんな夢のあるお話を子どもたちに聞かせたい~!!! 登場人物がみんな2役やってて、物語と現実が微妙にリンクしてるのが面白い。風景の素晴らしさ、夢ふくらむおとぎ話、ラストの衝撃、いやー、お話を聞く子どもになった気分で楽しかった。
落下の王国■虚と実の間で・・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
この映画は孤独な少女が主人公という意味ではここでも紹介した「ベティの小さな秘密」と共通しており、またその孤独な心が空想の物語を生み出すという点では「パンズ・ラビリンス」とも共通している。ただし、「パンズ・ラビリンス」が少女が置かれた状況が極めて絶望的で...
落下の王国 (2ちゃんねる映画ブログ)
【ザ・セル】落下の王国/The Fall【ターセム】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1219563556/ 1 :名無シネマ@上映中:2008/08/24(日) 16:39:16 ID:akfmQqd7 君にささげる、世界にたったひとつの作り話 監督:ターセム・シン「ザ・セル」 ...
映画『落下の王国』 (健康への長い道)
今日はかかってきた電話にも気付かず、13:00までゆっくり眠り・・・途中で「こむらがえり」になりつつ(笑)。 さて、近所の映画館の『2008年映画傑作選』の中から、見逃していた『落下の王国』。 Story 1915年のアメリカ・ロサンゼルス、オレンジの木から落下して...
落下の王国 (ダイターンクラッシュ!!)
9月11日(木) 21:55~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円 『落下の王国』公式サイト ビジュアル系変態映画「ザ・セル」のターセムの映画は、またもやビジュアル系。 前作が、CGのビジュアルだったが、今回は世界遺産、古代建...
落下の王国 (悠雅的生活)
グーグリ・グーグリ。
【落下の王国】落下の国に至る美しいお伽噺の行方 (映画@見取り八段)
落下の王国~THE FALL~ 監督: ターセム・シン    出演: リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、     ダニ...