『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『抱擁のかけら』を観た]

2010-02-11 18:53:38 | 物語の感想
☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。

 ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、

 多くの斬新な構図や、一風変わった登場人物、暗喩に充ちた物語を展開させつつも、多くの人に共感を得られる着地点に至れる作家だと思う。

 フランス映画的なストレスを感じる点が心地良い作品だった。

   ◇

 かつての新進映画監督ハリー(ルイス・オマール)が、今は視力を失い脚本家となっている。

 そこに、いかにも挙動不審な若者が現われる。

 ハリーと若者には、浅からぬ因縁がある。

 そんな現在の物語と平行して、ハリーが、かつて、マテオと言う名で監督をしていた頃、ある美しい女優レナと出合ったストーリーも語られる。

 だが、レナは、映画のプロデューサーとなった実業家の愛人であった。

 レナは、その会社社長の秘書をやっていた時に、家庭の苦境の中、会社社長に身を委ねるしかなかった。

 しかし、映画の撮影を通し、ハリーとレナは、どうしようもなく惹かれあっていく。

 そして悲劇のときが近づいていく。

 ・・・割とよくあるタイプの話であるが、人間っちゅうのは、ある一定のモラトリアム内において、このような作品を強く求めるときもあり、私はその物語のストレスを楽しんだ。

 アルモドバルの視点は客観的で、誰を正しくも描くことをせず、淡々と、個々の登場人物を語っていく。

 カタログ的に、個々の登場人物を描かず、観終えると、それぞれの少なくない人数の登場人物の人生・・・、その苦しさが深く読み取れるようになっている。

 私なんて、恋の邪魔者である実業家エルネストに感情移入しまくりであったよ^^;

 ・・・やはり、レナを演じた「美しき女」ペネロペ・クルスに、どうしても注目してしまう。

 女ってのは、金と権力に翻弄されて、途中で愛に気づくも、どうしても、悲劇が待っている。

 ・・・と言いましょうか、男ってのは、美人が幸せであってはならない! と、考える傾向があって、その創作は、必ずアンハッピーにしちゃうのである。

 世の中の多くの作品を考えて欲しい。

 美人には悲劇が、可愛い女には幸せが訪れるものなのだ。

 いやはや、白人女性の産毛のキラメキは、美しいね~!!

   ◇

 物語の後半には、別のヒロイン的女性が現われる。

 その女性が、酒場で飲みながら、過去を告白する。

 この女性(ブランカ・ポルティージョ)、レナを嫌っていて、その視線のやり場が実にうまい演技だったし、このシーンも素晴らしかった。

 私は『北の国から』の有名なシーン(『北の国から'84夏』)、・・・閉店間際のラーメン屋で、自分の偽りを父親や妹の前で告白する純・・・ を、思い出しちゃったよ。

   ◇

 では、今日公開の『交渉人』を観に行くので、短いけど、『抱擁のかけら』の感想はこれまで、でも、素晴らしい作品でした。

                                         (2010/02/11)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・37 「小沢は石... | トップ | [映画『交渉人 THE MOVIE』を観た] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰でございます (sakurai)
2010-04-12 11:47:26
とてもじゃないがの忙しい日々を送らせていただきまして、すこーし痩せました(;)。
二人の卒業、入学は・・・・・でした。
まあ、母が必要とされてるうちは、がんばりますです。

で、この映画!
アタシもエルネスト氏がかわいそ・・なんて思ったりして。
彼はなんも悪くないのにねぇ、嫉妬の一つもしたって、バチはあたらんやろ!などと思いながら、マテオ氏は、今はなき、パトリック・スウェイジ氏に似てるなあ、と。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-04-12 12:37:14
私も、ちょいと落ち着かない日々が一ヶ月ほど続いていたのですが、やっと定位置に落ち着きました。

具体的に語れませんが、人生で一番辛い日々でしたけれど、そんな素振りを見せずブログを続けていたのが我ながら凄い^^;

私は、何度かエルネストさん的な立場に立たされたことがあります^^;

だから、レナの悲劇はしょうがあんめえ、などとも思っちゃいます。

sakuraiさんは学校の先生なんでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
抱擁のかけら (to Heart)
愛から逃げて、愛と出逢う 原題 LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES 製作年度 2009年 上映時間 128分 脚本・監督 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/ルイス・オマール/ブランカ・ポルティージョ/ホセ・ルイス・ゴメス/ルーベン...
抱擁のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LOS ABRAZOS ROTOSのスペイン映画。英題:BROKEN EMBRACES。ペドロ・アルモドバル監督、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス、キラ・ミロ。主演はペネロ...
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。
抱擁のかけら (試写会) (風に吹かれて)
ある愛の記憶読唇術の女性はプロフェッショナル[E:good]公式サイト http://www.houyou-movie.com2月6日公開監督: ペドロ・アルモドバル盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス
抱擁のかけら (LOVE Cinemas 調布)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマ...
抱擁のかけら (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪14...
抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ{/kirakira/} ゴールデン・グローブ賞「外国語映画賞」にノミネート。 アルモドバル監督作は、 「オール・アバ...
『抱擁のかけら』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.28 『抱擁のかけら』(試写会)@一ツ橋会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。ノーマークだったけど、試写会募集記事を見たらペネロペ・クルス×ペドロ・アルモドバルだったので即応募! 見事当選したので、バレエのお稽古サボって行ってきた。 トークイ...
抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ~もちろん視覚的にも~。  盲目の脚本家のハリー・ケインは...
【抱擁のかけら】 (日々のつぶやき)
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス    愛から逃げて、愛と出逢う 「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を持ちかけてきた男ライ・X、彼は14年前ハリーが事故に合う前マテオ...
美しすぎる女~『抱擁のかけら』 (真紅のthinkingdays)
 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...
『抱擁のかけら』 (ラムの大通り)
(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆...
抱擁のかけら (シネマ大好き)
視力を失くし、エージェントのジュディエット(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、脚本家として生活するハリー・ケーン(ルイス・オマール)。ある日、知人だったというエルネスト(ホセ・ルイ・ゴメス)の死亡記事を読ん...
抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS (銅版画制作の日々)
 愛から逃げて、愛と出逢う MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性...
抱擁のかけら (とりあえず、コメントです)
ペドロ・アルモドバル監督が再びペネロペ・クルスを迎えて作り上げた最新作です。 視力を失った脚本家の心に仕舞われていた愛の追憶と共に、 愛のために全てを失った美しい女優の人生が描かれてしました。
『抱擁のかけら』 ('10初鑑賞21・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 2月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 14:25の回を鑑賞。
*抱擁のかけら* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年 スペイン 盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは...
抱擁のかけら (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ペネロペ・クルス] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年11本目です。 【あらすじ】 2008年、マドリード。 14年前のある事件で視力を失って以来、「ハリー・ケイン」と名乗って脚本家の活動をしているマテオ・ブラ...
★「抱擁のかけら」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。
抱擁のかけら (心のままに映画の風景)
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名...
抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS (ゆるーく映画好きなんす!)
全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! 『 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS 』 2009年 スペイン 128分 監督 : ペドロ・アルモドバル 脚本 : ペドロ・アルモドバル 出演 : ペネロペ・クルス、ルイス・オマー
抱擁のかけら★★★★劇場23本目:悲しいけど素敵な恋愛映画 (kaoritalyたる所以)
今日が上映最終日となっていたので、何とか手前の仕事を片付けて観に行ってきました。ペネロペはキレイで可愛いですね~。18歳位の時の『ハモンハモン』からほとんど変わってないように見えるボディと、キュートな笑顔に色気もたっぷり(笑)素敵な女優さんになったなぁ~...
抱擁のかけら (映画的・絵画的・音楽的)
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な...
『抱擁のかけら』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...
『抱擁のかけら』 (シネマな時間に考察を。)
愛とは抱擁であり、壊された愛は<抱擁のかけら>となる。 『抱擁のかけら』 英題:Broken Embarances 2009年/スペイン/138min 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール 【introduction】 『オール・アバウト・マイ・マ...
抱擁のかけら (迷宮映画館)
絶妙な邦題。。。。
[映画]抱擁のかけら (余白日記)
レネ(ペネロペ・クルス)が太陽なら、ジュディット(ブランカ・ポルティージョ)は月だ。 マテオが魅惑されたように、レネはあまりに眩しい輝きを放っている。 それも闇に脅かされて、いつ散るかもしれない儚さを予感させるだけに、 いっそう美しさが際立つ。 一方のジ...
mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バ...
「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES) (シネマ・ワンダーランド)
スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG-12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲...