『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『第9地区』を観た]

2010-04-10 15:37:39 | 物語の感想
☆母親が暇そうだったので、一緒に観に行ったのだが、70歳近い母親なれど、かなり夢中で観ていました。

 私も、「こりゃ、傑作だなあ^^」などと思いつつ、興味深く見た。

 この作品の魅力は何なんだろう?

 先ずは、ヨハネスブルグと言う、作り手の通(つう)な選択による都市上空に浮いている、巨大UFOのビジュアルイメージがいい。

 古くは『幼年期の終わり』、最近では、『インディペンデンス・デイ』に登場したもののような、超巨大な未知の物体のイメージだ。

 それも、工業的と言うか、貨物的なデザインであるのが斬新。

 そして、その、浮くことは出来ているけれど移動が困難になったUFOの中から、人類によって地上に下ろされた数十万人の異星人の造型・・・、

 地球人が見ると、生理的に受けつけないような「エビ」的な姿なのだが、物語がはじまってすぐに、惜しげもなく、その容姿が拝める。

 しかも、その生態は、「宇宙難民」であり、やや野蛮でありつつも、地球人の貧民層と変わらない暇の持て余しかたなどをしている。

 フラフラしていて、ゴミの山を漁って、食える物は食うし、着れる物は身につけるのである。

 なんて言うか、その地球社会へスッポリとはまっている姿が、異形な者であるが故に、『ドラえもん』や『オバケのQ太郎』風の藤子不二雄のような世界を形成しているのだ。

 物語の展開はドキュメントタッチで、ヨハネスブルグのスラムの風景をリアルに捉え、そこでの人権派の運動や、ギャングの暴力、軍や政府の横暴を淡々と描いていく。

 日本人が想像しやすいイメージとしては、フィリピンのゴミの山を巡る人間模様のようだ。

 その映像の背景には、エビ星人の異形があり、普通に歩いてたりして、やや荒んだ生活をいとなんでいるのである。

 あまりにも、丁寧に世界が描かれているので、私は文芸ドラマでも見ているかのような退屈ささえ、途中で感じるほどだった。

   ◇

 エビ星人の難民キャンプが、あまりにも周囲との軋轢を生むので、エビ星人170万人を、他の土地に移動させようとするのが、超国家機関MNUの立ち退き依頼責任者のヴィカスの仕事だ。

 一個小隊の警護のもと、ヴィカスは、一軒一軒、エビ星人の小屋を回り、移住許諾の書類にサインを貰っていこうとする。

 まあ、もうすぐ南アフリカもワールドカップだし、エビ星人は、オリンピックのときの、北京での物乞いの方々や、シドニーでのアボリジニのように立ち退きを迫られるわけだ^^;

 そこでは、一軒ごとに、ひと悶着が起こり、エビ星人の、危険さと無邪気さと言う「人間臭さ」が描かれる。

 ・・・で、とある事件が起こり、人類の代表として活躍していたヴィカスが、人類の敵となってしまい、その逃避行で、更に、このエビ星人がいる世界の構造があからさまになっていくのである。

 ヴィカスは終いには、エビ星人の一人とコンビを組む。

 この2人での活躍など、バディムービーである。

 また、そのエビ星人・クリストファー(だったっけ?)は、エビ星人の中でもインテリで、なんか妙に老成した優しさみたいのが感じられ、エビの外見でありながら、私など、妙に愛着を感じるのだった。

 その息子との関係も温かい。

 そして、後半は、徹底的なアクション映画である。

 今年のアカデミー賞の有力候補であった『アバター』が作品賞を取れなかったのは、この作品と票が割れ、傾向の違う『ハートロッカー』に票が片寄ったからであろう。

 さりとて、やや、エンターテイメント寄りの『第9地区』のアクションだが、そこには、『ハートロッカー』的なクールな視点も内包されており、リアリティが厳然とあるし、

 エビ星人の兵器のギミックには、「トランスフォーマー」的な面白さもある。

 何と言おうか、宇宙的なSF作品でありつつも、ヨハネスブルグと言う一都市を丹念に描いたが故に、そのテーマ的な懐の深さが非常に広がったと言う稀有な作品である。

 例えば、クリストファーが操作する司令船のディスプレイの「科学の文法」一つ考えても、そこには異星人の文明が垣間見られるようではないか?

   ◇

 また、『マッドマックス2』以来、久し振りに、キャットフードを食べる主人公を見れたのも嬉しかったし、

 エビ星人の好物の「猫缶」を介した物々交換も面白いし、エビ星人相手に地球人の行なう「猫缶詐欺」と言うものがあるのも面白かった。

 それがリアルに感じられる世界観の構築に感心した。

 ただ、不思議と宗教性は薄かったね。

                                          (2010/04/11)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (100)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (劉備義徳)
2010-04-10 21:43:07
私も観ました。
隣の母子連れのお子様が母親に”宇宙人でなぜエビなの?”と聞いていました。
母親の答え”カニだと絵面が悪いでしょ!”

果たしてお子様は納得したのかどうか…
劉備義徳さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-04-11 02:16:30
私の母親も、あの宇宙人を気に入ったらしく、口の前で両手の指をゴワゴワさせて、モゴモゴ話してましたよ^^;

しかし、エビ星人、リアルでしたよね。

部分を注視すると、作りものめいた点もあるのですが、全体を見ると、生物感がたっぷりでした^^
Unknown (vic)
2010-04-11 20:21:12
70歳近いお母様とご一緒に見た!?
お母様の感想も気になります。

>『ドラえもん』や『オバケのQ太郎』風の藤子不二雄のような世界を形成しているのだ。

これは新鮮な意見!
おっしゃる通り、インドやブラジル辺りによくあるスラムの暮らし。でも、そこにいるのはエビ達。
エビ達の足元を見て、搾取、虐待を続ける地球人達。
エイリアンの生活を描きつつ、地球人の姿を見せつけてくれていたと思います。

発想がすごいですよね!普通じゃありませんでした。
vicさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-04-11 21:43:39
こんにちわ^^

>>お母様の感想も気になります。

母親は、『エヴァ:破』も楽しんだ猛者です^^;

私が、「黒い液体で主人公がエビに変身するのは変だ! 妙だ!」と言うと、

「あれは、DNA混じりの液体で・・・云々」と教科書通りの答えを頂きました^^;
こんにちは (かめ)
2010-05-03 02:41:28
TBありがとうございました。

今思うと、このストーリーを、その映像と細かい演出で、思いっきりリアリティーを出していたのが、観客を惹きつけたのでは、と思います。
かめさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-05-03 07:02:36
物語作りの基本「大嘘ついても、小嘘をつくな!」に忠実な作品でしたね。

ところで、カメさんのお子様、ブログの写真を見ると、着実に成長してますな^^
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-06 17:07:15
TB有難うございました。
世間ではこの映画は高評価で
意表をついた展開に驚きましたが
自分は、エイリアンに敢然と立ち向かう
人類の姿を見るほうが心揺さぶられるので
ちょっと、普通という感じでした。
個人の感性なんですが…
評価が高い理由はなんとなく
分かりましたけど。
シムウナさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-03-06 18:14:43
率直な感想で良いですね^^

私も、だから、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』がメチャ楽しみです^^v

まあ、『宇宙戦争』みたいなものなのでしょうが、カッチリ作ると、傑作になり得ます^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

100 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『第9地区』 (めでぃあみっくす)
予想通りにはいかない展開の連続。大筋ではセオリー通りの展開なのに、転換点は全て観客の予想を裏切るというこの脚本の巧さに思わず唸ってしまう映画でした。 あえてアメリカではなく南アフリカを舞台にすることで、人間のエイリアンに対する差別をアパルトヘイトとリン...
劇場鑑賞「第9地区」 (日々“是”精進!)
 「第9地区」を鑑賞してきました南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロンカンプ監督が、ピーター・ジャクソンの全面バックアップで長編デビューを飾り全米でサプライズ大ヒットを記録するとともに、その独創的なストーリーが絶賛されたSFアクション。巨大な宇宙船が漂着し...
『第9地区』 (ラムの大通り)
----これって、どういう映画ニャの? 2009年、世界を最も驚かせた映画と言われているようだけど…。 「そうだね。キャストはノーネーム、 監督は新人、舞台は南アフリカ…と、 ヒットの要素はまるでないのに、初登場?1を記録。 しかもオスカーレースでは、 作品賞を含む...
「第9地区」こんな映画、見たことない! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2010年3月22日21:01 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  これは、今までに吾輩が見たことのない類の映画でございました。「第9地区」(ギャガ GAGA★)。いやあ、ホントにこれは衝撃的な映画ですね。  南アフリカ、ヨハネ...
第9地区 / District 9 (勝手に映画評)
舞台は、今年ワールドカップサッカーが開催される南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。突如姿を表した異星人の乗る宇宙船。宇宙船は、一向に立ち去る気配を見せず、宇宙船に乗っていた異星人達は、「難民」として“第9地区”に隔離・収容される。そしてそれから28年後、ス...
奇抜な話をこれ以上ないリアリティで映像化した前代未聞の映画「第9地区」 (てんシネ探検隊)
実にパワフルで面白い映画でした。 予告編で観た印象は、シリアスな映像のコメディ映
「第9地区」なかなか面白かったです (ポコアポコヤ 映画倉庫)
予想以上に面白い映画で、最後まで集中が切れなかったです。 B級映画らしいですが、安っぽさとかは感じませんでした。
映画|第9地区|District 9 (ホラーSHOX [呪])
南アフリカ、ヨハネスブルグの上空に突如出現した謎の巨大UFO!中からエイリアン難民がワンサカ出てきておどろいた!ドキュメンタリタッチで描く異色予想外SF。出演SharltoCopley。監督ニール・ブロムカンプ。2009年。
第9地区~マンデラがエイリアンに!? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:District 9。ピーター・ジャクソン製作、ニール・ブロムカンプ監督、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ、ヴァネッサ・ハイウッド。ついにネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領がエイリアンにされてしまったようだ。
『第9地区』・・・3年後の約束 (SOARのパストラーレ♪)
コイツは参った。今年のアカデミー賞ノミネートの中にこんな傑作が紛れていたとは! (ノミネート作品すべてを観ないうちに言うのもなんだが)少なくとも作品賞争いは『アバター』と『ハート・ロッカー』の一騎打ちなどではなく、本作『第9地区』を含めた三つ巴の様相を...
第9地区 (Lovely Cinema)
人類、立ち入り禁止。
第9地区 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DISTRICT 9) 【2009年・アメリカ/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★★) ロサンゼルス映画批評家協会賞、新人賞(ニール・ブロンカンプ)・美術賞受賞。 ブロードキャスト批評家協会賞、メイキャップ賞受賞。 シカゴ映画批評家協会賞、有望監督賞(ニー...
映画「第9地区」 (今日の素敵さがし)
 さて、この地味ーなタイトル、監督は二ール・ブロムカンプ(だれ、それー?ってひと多いよね)、主演男優はシャルト・コプリー(あなたは、いったいどなた?ってひとも多いよね)、製作は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン(ここで、へえ!)のこの映...
第9地区 (小部屋日記)
DISTRICT 9(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ 人類、立入禁止。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作、全米でサプライズ大ヒットを記録。 ドキュメンタ...
district 9: (fantasia*diapsida)
『District 9』 (邦題:『第9地区』)[2009年/ 南アフリカ・ニュージーランド / 製作:ピーター・ジャクソン / 監督:ニール・ブロムカンプ]日本公開が2010年4月に決定したと先ほど聞いたので書く。これは物凄い映画だった!大まかなストーリーはごくシンプル。ウルトラ...
第9地区・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
映画史の中では、過去にもの凄い数のエイリアンたちが地球にやって来ている。 彼らの来訪の目的は、侵略だったり、科学調査だったり、あるい...
第9地区 / District 9 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 同じアカデミー賞作品賞ノミニーだったら「アバター」、「ハート・ロッカー」よりもわたしは断然こっち{/atten/} あ、「プレシャス」もお忘れなく{/fuki_osusu...
映画レビュー「第9地区」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆社会性と娯楽性をブレンドした斬新なSF。ジャンルの垣根を越えた展開は先読みできない面白さだ。 【80点】 南アフリカ共和国のヨハネスブルグ上空に、突如巨大な宇宙船が現われる。船内には難民と化した無数のエイリアンがいた。困った南...
第9地区 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
今までのSF映画と違い、ドキュメンタリータッチのリアルな映像と全く新しい物語が新鮮だ。ヨハネスブルグ上空に飛来した巨大宇宙船は動けなくなり、宇宙人を難民として受け入れる。全く違う文明が交錯すると、当然ながら摩擦が起きる。その衝突の様子をかつての人種差別の...
第9地区(2009) (かこぶろ。)
予告を見ていて、気になった映画。10日公開。 ただ虫嫌いの私には、エイリアンのビジュアルがちょっと。。。で。でも面白そうなんですよ! [あらすじ] 南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に正体不明の巨大宇宙船が現われ、そのままとどまってしまう。 しかし、エイリアンは...
第9地区 (心のままに映画の風景)
南アフリカ・ヨハネスブルグ。 上空に巨大宇宙船が現われ、正体不明のエイリアンを難民として受入れることになった共同居住区“第9地区”は...
第9地区 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月10日(土) 21:50~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『第9地区』公式サイト 宇宙船が故障して地球の難民となった宇宙人。 難民を受け入れているのは、南アフリカで居住区はヨハネスブルグに存在。 エビと蔑ず...
第9地区 (映画情報良いとこ撮り!)
第9地区 ヨハネスブルグ上空に未確認飛行物体が出現した。 その謎の宇宙船は、船の故障により困っていた。 そこで、南アフリカ政府は、彼らを共同居住地区である第9区に住まわせることに。 しかし、28年経ち第9地区は、スラム化してしまったのだ。 超国家機関M...
「第9地区」 自覚がない差別 (はらやんの映画徒然草)
南アフリカの都市ヨハネスブルグに、巨大UFOとともにエイリアンが現れてから20年
「第9地区」 原題(District 9)これぞリアル (ノルウェー暮らし・イン・London)
リアルを追求するなら、CGも3Dも必要ない。 これぞリアル!と呼ぶべき、低予算ドキュメンタリー風SF。(勿論CGをつかっているけど) これは面白いったら☆
第9地区 (5125年映画の旅)
南アフリカの首都に突如現れた巨大な宇宙船。宇宙船でやって来たエイリアンは、難民として宇宙船の真下に「第9地区」と呼ばれるキャンプに身を寄せていた。しかし市民とエイリアンの溝は日に日に深くなり、来訪から28年後、政府は大規模な移住作戦を実行に移す。 アカ...
「第9地区」:日本ユニシス前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こんなところに廃墟のような鉄橋が残ってるのね。 {/kaeru_en4/}時間がたてば何だって廃墟のようになるっていうことさ。 {/hiyo_en2/}難民宇宙人のための居住区が28年経ってスラム化しちゃったようにね。 {/kaeru_en4/}「第9地区」のことか。 {/hiyo_en2/...
第9地区 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】 『クローバーフィールド』『トランスフォーマー』『ターミネター4』
「第9地区」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「第9地区」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、他 *監督:ニール・ブロンカンプ *プロデューサー:ピーター・ジャクソン 感想・評価・批評 ...
第9地区 (LOVE Cinemas 調布)
2010年アカデミー賞作品賞ノミネート作品。エイリアンが難民として受け入れられるという斬新なアイディアを元に、主人公を襲うとある事件を通してエイリアンと人間の関係を描き出したSFムービーだ。プロデューサーを『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャク...
第9地区 (ダメ工房日誌)
凄い映画を帰りの飛行機で見たので記録。日本では2010年春公開予定の「district 9」である。拙い英語能力で見たので、詳細は間違っていると思うが以下感想。 観に行こうと思っている方はネタバレがあるので注意。絶対前知識無しで観た方が良いと思いますので。...
映画「第9地区」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『第9地区』を本日午後観て来た。客席は80人程度でかなりの人気とみた。 採点は★★★★☆(5点満点で4点)。85点くらい付けても良い。 ざっくりストーリー 南アフリカのとある都市の上空に20年以上不気味に浮かぶ宇宙船。そこから降りてきたエイリアンたちは難...
映画「第9地区」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 毎月10日は109シネマズの“109シネマズの日”で鑑賞料金が¥1000だ、と言うことで初日を迎えた「第9地区」を上映するシアター1は最前列以外満席である。    映画の話 ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空...
映画 ■■第9地区■■ (Playing the Piano is ME.)
とても複雑なアトアジを感じました。 これは、普通の映画ではありません。 普通の映画を期待していくと、ガッカリするかも。 そして、予備知識は入れないで 頭の中を真っ白にして見に行く方が良いように思いました。
第9地区 District 9 (映画!That' s Entertainment)
●「第9地区 District 9」 2009 アメリカ・ニュージーランド、Warner Bros.Pictures,TriStar Pictures,111min. 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・    ハイウッド、ナタリー・...
「第9区」みた。 (たいむのひとりごと)
初めて予告を見た時は、そっち系の話なのねと笑ってしまったし、造形のあまりの虫っぽさには「エイリアン=虫」の構図が浮かんでありきたり感を持ったものだけど、こんなにおぞましい話だったなんてね。正直なところ
第9地区 (映画鑑賞★日記・・・)
【DISTRICT 9】 2010/04/10公開 アメリカ PG12 111分監督:ニール・ブロンカンプ出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド人類、立入禁止。Story:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が...
映画『第9地区』 (闘争と逃走の道程)
 この前に観た『シャーロック・ホームズ』はTOHOシネマズだったけれど、ワーナーマイカルシネマズの無料観賞ポイントも貯まっていたので、今...
第9地区 超予測不可能な展開で・・・( ̄O ̄;) ウォッ! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=16 -6-】 昨日はガンバ大阪の今期ホーム初勝利が懸かったACL4戦目、グループリーグ最下位のシンガポール・SAFFCを迎えての試合を見に行く予定だったが、かなり気になっていた映画の試写会に当選してしまったので、「ま、俺が応援に行かなくても今日は圧勝だ...
第9地区 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「第9地区」監督:ニール・ブロムカンプ制作:ピーター・ジャクソン出演:シャルト・コプリーデヴィッド・ジェームズジェイソン・コーブヴァネッサ・ハイウッド 配給:ワーナー・ブラ...
第9地区 (だらだら無気力ブログ)
宇宙船が故障したために、地球に漂着し難民として特別居住区に生活する ことになったエイリアン達が地域住民との間に軋轢が生まれたために、 新たな居住区に移動させることになり、その担当者となった男の身に起こる 出来事をドキュメンタリータッチで描く。 監督は、こ...
第9地区 (そーれりぽーと)
低予算SFカルト映画がアカデミー賞にノミネートされたとかなんとかテキトーに耳にして、興味深い設定も随分前から気になってた『第9地区』が公開されたので観てきました。 ★★★★ どこが低予算なの?と完璧な作りの映像に驚いて観てたら俺の勘違い。 「無名監督と無名...
『第9地区(District 9)』あえてパクった!?新時代のリアル系SF (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
お話は読めるの。もう、だいたい最初の印象のままの映画。ましてSF映画がお好きな方なら、あ、これあの映画…って感じで。ところがアプローチの仕方が巧い。これはSFがお好きなら観ておいた方がよろしいと思いますよ。
第9地区 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で4部門もノミネートされた話題作評判も良さそうなので楽しみにしていた。がっ・・・【story】正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が突如南アフリカ上空に姿を現し、攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年...
第9地区◆DISTRICT 9 (銅版画制作の日々)
 さて第9地区って? 南アフリカヨハネスブルグにある架空の難民キャンプの名称だそうです。そしてこの場所に収容されているのは、何と人間ではなくエイリアンでした!! MOVX京都にて鑑賞。あの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の世界的成功で、ハリウッドで最も注...
第9地区 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://d-9.gaga.ne.jp/ 南アフリカ上空に突如現れた宇宙船。 難民として地上に降り立った彼らとの奇妙な共同生活が始まる。 28年後、彼らとの共同居住区『第9地区』は争いが絶えず、スラム化してしまう。 超国家機関MNUは、彼らを強制収容所へ移...
第9地区 (りらの感想日記♪)
【第9地区】 ★★★★★ 映画(祭) (18)ストーリー 巨大な宇宙船が漂着し、難民となった異星人を隔離するための収容キャンプを抱えることに
物語る力「第9地区」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・今回は爆裂的にネタバレ今から28年前、南アフリカ共和国・ヨハネスブルク上空に突然現れた故障してしまった宇宙船。乗船していたエイリアン「エビ(見た目がエビに似ている)」は仕方なく地上の隔離難民地区
第9地区 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人...
ニール・ブロムカンプ監督 「第9地区」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この映画の監督、ニール・ブロムカンプは今作が初の長編映画デビューとなる無名の監督 出演者も有名な人はひとりも出てません。 ただプロデューサーが「ロード・オブ・ザ・リング」3部作や「キング・コング」で有名なピーター・ジャクソン監督って事と… アカデミー賞...
第9地区 (purebreath★マリーの映画館)
     南アフリカ上空に突如現れた、正体不明の宇宙船。      “彼ら”が難民として降り立った「第9地区」で、一体何が起きたのか。『第9地区』監督・脚本・・・ニール・ブロンカンプ脚本・・・テリー・タッチェル製作・・・ピーター・ジャクソン出演・・・シ...
第9地区 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
翔んでるシチュエーションが最高!
第9地区 (Akira's VOICE)
美味しさ70点の天丼定食。  
『第9地区』お薦め映画 (心をこめて作曲します♪)
独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。
『第9地区』:ごった煮感覚の超B級SF快作・怪作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
米アカデミー作品賞にもノミネートされたこの映画、突拍子もない設定なのに、あれよあれよと観てしまう。 ツッコミどころ満載なんだけれど。 (事実、心の中でツッコンだところは●印付き)
◆第9地区/District 9 65点 (明日も晴れ)
2010年4月10日(土)公開 公式HP 監督: ニール・ブロンカンプ 製作: ピーター・ジャクソン 出演: シャールト・コプリー (ヴィカス)...
★「第9地区」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンに行った気がする。 ららぽーと横浜で、話題作2本を鑑賞。 その1本目。
映画「第9地区」 (FREE TIME)
映画「第9地区」を鑑賞。
映画:第9地区 District 9 あまりに桁外れの「異様さ」に目が釘付け! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
機内映画その3、第9地区 District 9です。 年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。 さてそのインパクトとは..... ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。 そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」 宇宙...
「第9地区」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「第9地区」 新宿ピカデリーにて。 プロデューサー・ピーター・ジャクソン 監督・ニール・ブロムカンプ アカデミー賞をも賑わしたこの話題作をやっと観て参りました。 これほど惹きつけられたS...
第9地区 (悠雅的生活)
ヨハネスブルグ。隔離されたエイリアン。そしてその時・・・
第9地区 (Diarydiary! )
《第9地区》 2009年 アメリカ/ニュージーランド映画 - 原題 -DISTR
■映画『第9地区』 (Viva La Vida!)
映画『第9地区』は、南アフリカに宇宙難民として暮らすエビ型宇宙人と、彼らを違う地区に移住させる業務の責任者となった男の物語です。 “身勝手で、自身の利益しか考えない人類 VS 何もできない被征服者としての宇宙人”という構図は、映画『アバター』にも通じるも...
第9地区 (to Heart)
人類、立入禁止。 原題 DISTRICT 9 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 111分 映倫 PG12 脚本 ニール・ブロンカンプ/テリー・タッチェル 監督 ニール・ブロンカンプ 出演 シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ/ジェイソン...
第9地区 (~映画盛り沢山~)
監督:ニール・ブロムカンプ  製作:ピーター・ジャクソン/キャロリン・カニンガム  脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル  撮影:トレント・オバロッチ  編集:ジュリアン・クラーク 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームス/ジェイソン・...
第9地区 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[第9地区] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年29本目(28作品)です。 【あらすじ】 ある日、巨大な宇宙船が南アフリカのヨハネスブルク上空に出現。 南アフリカ政府は船内のエイリアンを難民として受け入れ、“第...
第9地区 (うろうろ日記)
試写会で見ました。まったく期待せずに行きました。南アフリカのある地域に宇宙人が漂
第9地区 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今から28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグに、突然巨大な宇宙船が飛来してきた。 それは上空に浮かんだまま微動だにせず、何が起きるのか心配していた政府もしびれを切らして、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内に浸...
「第9地区」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
宇宙人を少数民族に置き換えれば重厚な社会派ドラマが見えて来る。それをラストでSFのドンパチに逃がして各方面へのエクスキューズにしてあるのが上手い。それでも心に重く残るも...
第9地区/District9 (いい加減社長の映画日記)
こちらは、1週間前の土曜日のレイトショーで。 パスしようかとも思ってたんだけど、アカデミー賞にノミネートされたということで、「第9地区」を鑑賞。「UCとしまえん」は、レイトショーの時間にしては多めかな。 「第9地区」は、大きめのスクリーンで、4~5割。 ...
「第9地区」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 突如、南アフリカ上空に飛来した巨大宇宙船。中から現れたのは、高度な科学力を持つも、栄養失調と不衛生な環境で衰弱しきった、数万人のエイリアン達だった。 それから約20年...
『第9地区』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ニール・ブロムカンプ監督、ピーター・ジャクソン製作、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ出演。
第9地区 (まさとの素人映画レビュー)
ハリウッドで作られたB級映画という第9地区。 向こうではB級でも、日本でいう大作映画を作るだけのお金はかかっている。 それをB級と言えるんだから、凄い話だ。 そんな映画では、地球に宇宙人の住む宇宙船がやって来る。 そして地球の一部の地域で宇宙人が暮らして...
第9地区 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
第9地区'09:米◆原題:DISTRICT 9◆監督・脚本:ニール・ブロムカンプ◆出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ◆STORY◆南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果て、難民と化し...
『第9地区』:ごった煮感覚の超B級SF快作・怪作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
米アカデミー作品賞にもノミネートされたこの映画、突拍子もない設定なのに、あれよあれよと観てしまう。 ツッコミどころ満載なんだけれど。 (事実、心の中でツッコンだところは●印付き)
「第9地区」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2009年・米:ワーナー/ギャガ配給原題:District 9監督:ニール・ブロムカンプ脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル製作:ピーター・ジャクソン 昨年度の、雑誌「映画秘宝」のベストテン
「第9地区」  DISTRICT 9 (俺の明日はどっちだ)
・ うひょー、面白れ~! 思わせぶりな予告編を見た限りではさほどそそられなかったけれど、実際に観てみると楽しいのなんのって、久しぶりに映画の中に引き込まれワクワク、すっかり満足させられたのだ。 とにかく宇宙人を乗せた巨大なマザーシップが航行不能となり、よ...
第9地区 (映画の話でコーヒーブレイク)
先週、デカプリオの「シャッターアイランド」を見ようか、アカデミー賞ノミネートの「第9地区」にしようかと 悩んだ末、デカプリオを選んだ私・・・。そりゃ、しゃーないよね。 ところが、「『第9地区』なかなか良いよ~」とのお薦めに従い見てきました。 水曜日の午後...
エイリアンVS.~『第9地区』 (真紅のthinkingdays)
 DISTRICT 9  南アフリカ・ヨハネスブルク上空に、巨大な宇宙船が飛来した。乗っていたエイ リアンたちが「第9地区」に隔離されて20年...
映画「第9地区」(監督:ニール・ブロムカンプ)を見た (飾釦)
■配給:2010年 ■監督:ニール・ブロムカンプ ■出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームス、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、他 映画が始まってからスナック菓子を開けようとするが、なかなか袋を破ることができずガサガサと暗闇で音を立てて...
映画「第9地区」 (Andre's Review)
District 9 アメリカ 南アフリカ 2009 2010年4月公開 劇場鑑賞 アカデミー賞の作品賞候補だった中でも一際異彩を放っていて、とっても観たかった1本。 1983年、ヨハネスブルグ上空に出現した巨大宇宙船がそのまま動かなくなってしまい、船内取り残された宇宙人...
第9地区 (メルブロ)
第9地区(原題:DISTRICT 9)312本目 2010-16 上映時間 1時間51分 監督 ニール・ブロンカンプ 出演 シャールト・コプリー(ヴィカス)      デヴィッド・ジェームズ(クーバス大佐)      ジェイソン・コープ(グレイ・ブラッドナム/クリストファー・ジョン...
第9地区(アメリカ/ニュージーランド) (映画でココロの筋トレ)
エイリアンが難民?  そそられる設定だったので「第9地区」を観てきました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド 上映時間:111分  ある日、南アフリカの...
第9地区 (映画的・絵画的・音楽的)
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。  おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄の...
第9地区★★★★劇場64本目:エイリアン... (kaoritalyたる所以)
既に上映から1ヶ月以上が経ち、少ないかな~と思ったけど、さすがは繁華街である難波・・なんばパークスで20:20からの回を鑑賞しましたが、3、4割くらいは埋まってました。...
District 9 (dequal日記)
GIGAZINEより この映画はアメリカに居たときにちょうど観ました。 まぁネタバレは書きませんが、変わった映画だなぁという印象。 グロなどもありますが、何よりカメラの撮り方、というか撮影の仕方が結構変わってます。 ドキュメンタリー風っていうのは間違いない。 当...
『第9地区』 変態を繰り返す映画 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...
第9地区 (こわいものみたさ)
『第9地区』  District 9 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】ニール・ブロムカンプ 【出演】シャルト・コプリー/デビッド・...
第9地区 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:第9地区 制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎...
第9地区/District 9(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...
第9地区 (District 9) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ...
第9地区 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人類、立入禁止。』  コチラの「第9地区」は、オリジナルの脚本、キャストはノーネーム、ニール・ブロンカンプ監督は新人、舞台は南アフリカ、と、およそハリウッド映画らしからぬSF映画です。SF映画がアカデミー賞に絡むこと自体珍しいことですが、そんな悪条件?...
「第9地区」(DISTRICT9) (シネマ・ワンダーランド)
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新た...
【映画】第9地区…宇宙人は当然隔離するでしょ、とか言っちゃダメなの? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ドラクエではホイミ。FFではケアル。で、天外魔境では何だったっけ …ということで、最近 “広井王子”という名前を久しぶりに聞いたピロEKです。 まずは、この週末の過ごし方から… 一昨日、2010年10月16日(土曜日){...
映画『第9地区』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-27.第9地区■原題:District9■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:5月1日、渋谷東急(渋谷)■料金:1,000円■字幕:松浦美奈スタッフ・キャス...
No.239 第9地区 (気ままな映画生活)
第9地区 [DVD]出演:シャールト・コプリーワーナー・ホーム・ビデオ(2010-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年 ...
『第9地区』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...
第9地区 (FG映画批評 100点満点 記憶で採点)
第9地区 ☆☆☆☆★ 83点
【第9地区】人間の心はエビより醜い (映画@見取り八段)
第9地区 ~DISTRICT 9~ 監督: ニール・ブロムカンプ    出演: シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ 公開: 2010年4月 第82回アカデミー賞作品賞ノミネート作...
第9地区 (我が頭に巣くう映画達)
57点 2009年のアメリカ映画で、 監督はニール・ブロムカンプ、主演はシャールト・コプリーです。 20年前、突如地球に宇宙船が現れたのだが、 宇宙船に乗っていた宇宙人は宇宙船を動かすことが出来ず...