『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『レスラー』を観た]

2009-06-14 23:59:56 | 物語の感想
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。

 若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。

 私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を格好良く思い、真似てみたりしたものだ^^;

 だから、その後、役者として、やや精彩を欠きはじめた頃、プロボクシングにチャレンジし、そのファイト振りを「猫パンチ」などと揶揄されても、「お前ら、モーターサイクルボーイや、スタンリー刑事をしらねぇんだろ!」と思っていたものだ。

 だが、その後、『レインメーカー』などで、何とも、私が求める本来の魅力のない役柄を見せられると、時の流れを感じさせられたものだ。

   ◇

 そのミッキー・ロークが、新作『レスラー』で人気復活したそうだ。

 『レスラー』は、近場のMOVIX昭島でも、ワーナーマイカル日の出でもやっておらず、シネマシティ立川に観に行った。

 この映画館は、駐車場料金などを含めると高くつくので、いつも「もう二度と行くものか」と思うのだが、『リリィ、ハチミツ色の秘密』『スラムドッグ$ミリオネア』(クリック!)など、西多摩ではここでしかやらなかった名作が多く、『レスラー』もその一つだった。

 『レスラー』は、『ロッキー』的なスポーツ・カムバック物だと思っていた。

 そう、陽性のアメリカン・ドリーム(もしくは、その亜種)を描いたものだ。

 しかし、違った。

 ミッキー演じるベテラン・レスラーは、ひたすらにB級の人生を送っていた。

 そして、20年前こそ、プロレスというジャンルがA級に輝いており、ランディも全盛期にはS級として活躍していたのかも知れないが、今となっては、そのジャンルさえもB級となっている。

 ミッキーの役者人生さながらの、廃れ振りが描かれる。

 頑丈さだけがとりえの体も、節々にガタが来ている。

 全盛期の忙しさに、構ってやれなかった娘には相手にされず、副業のスーパーではぞんざいに扱われ、好意を抱いているストリッパーとはうまくいかない。

 そんなランディの日常を、カメラはドキュメントタッチで綴っていく。

 私は、その見栄えに、松本人志の監督した『大日本人』(クリック!)に近しいものを感じた。

 松本作品は、中盤から、作品バランスが崩壊していくが、序盤は傑作だった。

 『レスラー』は、その、途中途中に、レスラーというもの特有の社会生活を営むにあたっての不器用さがユーモラスに描かれる。

 そこも松本作品と似ていた。

 両者とも、時代に取り残されたヒーローを描いている。

 しかし、『大日本人』と異なる点は、『レスラー』が、A級の作品としてのレベルを、最後まで継続していることだ。

   ◇

 邦画の学生プロレスを描いた名作『ガチ☆ボーイ』(クリック!)でも書いたことだが、プロレスというものは、格好悪い。

 格好悪いけど、その懸命さに、観る者が共感した時、とてつもないレイブ感を生む。

 『レスラー』では、『ロッキー』的な状況の好転はない。

 ひたすらに、ランディの格好悪い姿を描いていく。

 だが、その不器用さ、懸命さ、愚かさに、作り手の手法の見事さも相まって、我々は物語に引き込まれ続ける。

 物語の終盤においても、ステロタイプな結末はない。

 娘・ステファニーには去られ、複雑なる女性心理を経たストリッパー・キャシディの心は得る。

 だが、それを振り切り、ランディは、心臓発作の危険を省みずリングに上がる。

   ◇

 何とも悲しいのが、ランディがキャシディに「娘はレズかもしれない」と言うところだ。

 そして、ランディがステファニーに、その子供時代、怖がるのにお化け屋敷に行きたがった話をしたときのステファニーの一言「その頃からマゾだったのね…」。

 また、ランディがキャシディを口説くのに、キャシディがなびかず、ならばとランディがお金を払うからサービスをお願いするところだ。

 理屈では正しいランディの申し出に、女心で戸惑うキャシディがいい。

 この人、お尻や、<内またエクボ>がエロくてよろしい!

     PS.<内またエクボ>は、私の考えた言葉です^^v

 それから、リング上では血まみれで戦うレスラー同士が、控え室ではとてもいたわり合って過ごす様が泣ける。

                           (2009/06/14)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [よその三姉妹(17・ニュージ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかったです。 (KLY)
2009-06-15 02:26:25
私は『ナインハーフ』なんですよ。
80年代に思春期を過ごしたものとしては、ハリウッドスター・ミッキー・ロークは当然一度ははまる道です。それだけでなく、80年代初頭の初代タイガーマスクから始まるプロレスブームにはまり、同時にB・スプリングスティーンを含む洋楽ブームにはまる。静岡の田舎で中々入らぬラジオを必死で文化放送に合わせ、ポピュラーベストテンを聞いていたことが思い出されます。ランディとキャシディが80年代最高!と叫ぶシーンでは一緒に叫びたかった。(笑)
何でもこの作品、元はニコラス・ケイジでという話を監督が何が何でもミッキーでと押し切ったそうです。正解でした。^^
いつもありがとうございます。 (rose_chocolat)
2009-06-15 04:44:13
確かに、レスラー同士がお互いいたわり合っているところなんて可愛かった。
サイン会かなんかで、お客さんをずーっと待っているところなんてもう、哀愁そのもの。
背に腹は代えられないって感じですね。
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-06-15 16:32:19
きれい事ばかりを描かずに、人間として情けない部分をきちんと描いているところがいいですよね。

私は何となくこのランディが大関を陥落しても相撲を取り続けた霧島関や小錦関とダブって見えましたよ。

こういう男はやはり素直に格好いいですね。
御三方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-15 23:21:48
御三方のコメントが下に消えてしまうのを避けるために、マルチレスで失礼します^^

 >>KLYさん♪
私は『ナインハーフ』は観てないんですよ。
かなりエロチックな作品なんですよね。
氷を使ったテクニックがあったような・・・^^;
キム・ベイシンガーは、『ネバー・セイ・ネバー・アゲイン』でボンドガールでした^^;
しかし、主演がニコラス・ケイジにならなくて良かった。
彼だったら、彼のワンマン映画になってしまったでしょう。
ランディを取り巻く世界の魅力が消えてしまったことでしょう。
ランディが電話をかける公衆電話の場所の雰囲気は最高でした。

 >>rose_chocolatさん♪
サイン会のシーンは切なかったですね。
ファンがさっぱりの元レスラーもいれば、
車イスの元レスラーもいる。
ランディが、そんな奴らを見つめ、
「何で、俺はこんなになってしまったんだ」と目を伏せ、うな垂れる。
厳しいシーンでした。
それでも、輝きを求め続けるのが男ですね。

 >>にゃむばななさん♪
にゃむばななさんのレビュー、気持ちがこもっていますね。
仕事中に読んで、ちょいとしんみりきましたよ。
私の感想に付した、小学校の教室のような控え室でのランディの後姿。
このファーストシーンで、この作品の成功は約束されました。
ランディのたるんだ背中が、パイプイスの背もたれで歪んでいましたね・・・。

これからもよろしくお願いします!
Unknown (かからないエンジン)
2009-06-18 22:47:53
本当に素晴らしい映画でした。

ミッキー・ローク、の熱演もさることながら、まさかあのダーレン・アロノフスキーがあんな穏やかなカメラを見せてくれるとは、夢にも思いませんでしたよ。
かからないエンジンさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-18 23:04:04
こんばんわ^^

私は、ダーレン・アロノフスキー監督を知らなかったのですが、非常に安定感のある作品でしたね。

ミッキー・ロークは、良くも悪くもプロレスラー以外の何ものにも見えませんでした^^

この作品に俳優として再浮上しましたが、他の役柄を出来るのでしょうか^^;
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-07-30 09:55:03
私も「ナイン・ハーフ」の口です。
見ながら、「こんなん見ていいのかしら??」と自問自答しながら見た覚えが。20数年も前です。
でも、考えてみると、その時から彼がやってたのは不器用な男。「ランブルフィッシュ」も「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」も「エンゼル・ハート」も、にっこり笑ったハッピーエンドには届かない、なぜか不器用な生き方の男だったと思います。
その生き方が、彼の生きざまそのものに投影されてしまい、ここに至ったのかな・・と。
そんなこんなもひっくるめて、彼にしかできない役だったと思います。

娘に対して、「レズ・・・」云々とありましたが、それはいかにものアメリカの親父・・・ということをあらわしているのではないでしょうか。
ちょっと頭の固い、そこも不器用で、さまざまなことを柔軟に受け入れられない姿を表していたように思えました
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-07-30 19:25:49
こんばんわ^^

>>でも、考えてみると、その時から彼がやってたのは不器用な男。「ランブルフィッシュ」も「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」も「エンゼル・ハート」も、にっこり笑ったハッピーエンドには届かない、なぜか不器用な生き方の男だったと思います。

なるほどですね。

確かに、「イメチェン」ではなく、「帰結」なんですね。

私は、あのレスラーの不思議な体力・・・、普通の生活ではもったりと疲労し、リングではここぞとばかりに全力を尽くす・・・、そのニュアンスの演技が実に上手く感じました。

悪い意味で、いい演技でした^^;

見てからかなり経ちますが、いまだに思い出します。
ミッキーローク 不器用な男を演じるのに とっても似合う俳優です。 (zebra)
2011-09-20 21:25:39
はじめまして ミッドナイト・蘭さん

レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。

せっかく 親子関係を修復するチャンスだったのに娘さんとの約束すっぽかすのは さすがにマズイよ~

>この人、お尻や、<内またエクボ>がエロくてよろしい!PS.<内またエクボ>は、私の考えた言葉です^^v

 たしかに、マリサ演じるストリッパーのキャシディのトップレスにTバック姿で踊る姿はとってもキレイでしたよ

自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。
>私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を格好良く思い、真似てみたりしたものだ^^;
>だから、その後、役者として、やや精彩を欠きはじめた頃、プロボクシングにチャレンジし、そのファイト振りを「猫パンチ」などと揶揄されても、「お前ら、モーターサイクルボーイや、スタンリー刑事をしらねぇんだろ!」と思っていたものだ。

蘭さんはよっぽどロークが好きなんですね・・もし、ミッキー・ローク最高と思うのでしたら、同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 好きになる、もしくは見たことあれば好きになったはずです

 こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ


zebraさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-09-20 23:05:40
こんばんわ^^

>>「ホーム・ボーイ」のジョニー

見てみますね^^
ところで、役名がジョニーなんですね。
「ジョニー・ハンサム」ってのもありましたね。
ちゃんとアクション映画として面白かった記憶があります。
私、この作品を「暗い」イメージで書きましたが、
今覚えているのは、最後の、光の中へのダイブシーンです^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レスラー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリ...
★『レスラー』★ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。
レスラー (LOVE Cinemas 調布)
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウン...
The Wrestler (2008) (犬連れ国際結婚)
ハズと映画館でプレビューを観てから、 『絶対、観ようね!』 と言っていた映画が、『The Wrestler』だった。ゴールデン・グローブで、Mickey Rourke(ミッキー・ローク)が、主演男優賞を取って、ステキなスピーチをして(興味のある方は、M...
レスラー (映画情報良いとこ撮り!)
レスラー 人気レスラーであったランディですが、今ではそれは昔の事。。。 そんなランディがステロイドの副作用のために心臓発作を。 当たり前のように医者からは、引退を勧められる。 彼には娘がいたが、冷たくされてしまった。 ランディは再びリングに上が...
【映画評】<!-- れすらー -->レスラー (未完の映画評)
引退を決意した中年レスラーが、自分の居場所を見つけるまでを描いた感動のヒューマンドラマ。
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
試写会「レスラー」 (流れ流れて八丈島)
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
レスラー/The Wrestler (描きたいアレコレ・やや甘口)
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
レスラー (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作: ダーレン・アロノフスキー キャスト ランディー・ラム・ロビンソン☆ミッキー・ローク ステファニー☆エヴァン・レイチェル・ウッド キャシディー☆マリサ・トメイ レニー☆マーク・マーゴリス ウェイン☆トッド・バリー ニック・ヴォルプ☆ワス...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月20日13:50 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほ...
レスラー (とりあえず、コメントです)
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品です。 心臓を患ったプロレスラーが人生と命を懸けて試合に挑む物語は 人生の盛りを過ぎて終焉に向かうプロレスラーの生き様を熱く描いていました。
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
レスラー     試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 世界が泣いた!不器用なまでに”自分の生き場所”を求め続けた男の感動作 2008年 アメリカ  日本公開日2009/06/13 監督 ダーレン・アロノフスキー 脚本 ロバート・シーゲル 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン...
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low)
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
映画『レスラー』 (健康への長い道)
久々の土日連休。昨日は起きたら14:00過ぎ。12時間以上眠った計算になります。でも、夜12:00には睡魔に襲われ就寝。今日は11:00に起床。一体、何時間寝たら気が済むんだか・・・&#63897;。 さて、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、主演のミッキー・ロークと相手役...
『レスラー』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
映画レビュー「レスラー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Wrestler◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
*レスラー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ “ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、ランディは、ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、...
レスラー (そーれりぽーと)
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー...
★レスラー(2008)★ (CinemaCollection)
THEWRESTLER人生は過酷である、ゆえに美しい。上映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2009/06/13ジャンルドラマ映倫R-15【解説】ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人...
『レスラー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 今作を観て初めて、「ミッキー・ロークって、演技が巧い役者だったんだ……」と驚いた。 『レスラー』 "THE WRESTLER" 2008年・アメリカ・115分...
「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。 {/hiyo_en2/}なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。 {/kaeru_en4/}どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。 {/hiyo_en2/}そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。 {/k...
ここでしか生きられない~『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
レビュー:レスラー (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッド...
レスラー (映画のメモ帳+α)
レスラー(2008 アメリカ) 原題   THE WRESTLER 監督   ダーレン・アロノフスキー 脚本   ロバート・シーゲル 撮影   マリス・アルベルチ    音楽   クリント・マンセル 主題歌  ブルース・スプリングスティーン   出演   ミッキー・ロー...
レスラー/ミッキー・ローク (カノンな日々)
ミッキー・ロークの映画をスクリーンで観るのはかなり久しぶりです。DVDでは観てるんですけどスクリーンでとなるとさっぱり記憶がないんですよね。ヴェネチア国際映画祭では見事に金獅子賞に輝き、アカデミー賞授賞式では主演男優賞を受賞したショーン・ペンに壇上から敬...
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
レスラー (Movies 1-800)
The Wrestler (2008年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド 全盛期をとうに過ぎた今も週末にはリングに上がるベテラン・プロレスラーの悲哀を描いた人間ドラマ 試合後に心臓発作を起こし引退を決めた...
レスラー (心のままに映画の風景)
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
レスラー  THE WRESTLER (映画の話でコーヒーブレイク)
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞を始め、アカデミー賞ノミネート、 全世界の映画賞54冠に輝いた今年最高のヒューマンドラマの呼び声高く、 ミッキー・ローク久々の主演映画ときたら見ないわけにはいきません。 その上「王様のブランチ」映画コーナーで、リリ子さん...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
『レスラー』 (源にふれろ)
雑誌の試写会が当たったので夜、出かける。『レスラー』ベネチア映画祭金獅子賞。主演はミッキー・ローク。ミッキー・ロークといえば、なんといっても「ナイン・ハーフ」。あのエッチシーン、何回見たことか。(他のシーン以外、ほとんど覚えてない)そういえば、氷のあれ...
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
レスラー ▲90 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・フランス原題:The Wrestler監督:ダーレン・アロノフスキー製作:スコット・フランクリン製作総指揮:バンサン・マラバル、アニエス・メントル、ジェニファー・ロス脚本:ロバート・シーゲル美術:ティム・グライムス撮影:マリス・アルベルチ音楽:ク...
ミッキー・ロークの「レスラー」を観た! (とんとん・にっき)
ミッキー・ロークといえば、僕の中ではキム・ベイシンガーと共演した、エイドリアン・ライン監督の1985年の作品「ナイン・ハーフ」です。繰り返し何度ビデオを観たことか。あれからもう四半世紀、そりゃあミッキー・ロークも歳をとるはずです。80年代の人気スター、人生の
行ってきました パート2  <レスラー> (Life with Design<ジュエリーオーダーのススメ>)
久々のお休みいただき行ってきました、 福岡は百道浜、ドーム横のユナイテッドシネマ・・・
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
[映画][劇場公開]レスラー 70点 (さとうれおはオレだけか)
普通の所では公開が終わっているようですが鴻巣の新しい映画館のオープニング作品ということで見てきました。 アカデミー賞ノミネートということですがミルクもそうだがちょっと退屈。 演技が凄いとかでノミネートされてるような気がしないでもない。スラムドッグ$ミリ...
レスラー (迷宮映画館)
泣いた・・・・・。
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
レスラー/The Wrestler(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[レスラー] ブログ村キーワードレスラー(原題:The Wrestler)キャッチコピー:人生は過酷である、ゆえに美しい。製作国:アメリカ製作年:2008年配給:日活ジャンル:ドラマ/スポーツ上映...
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
『レスラー』('10初鑑賞158・WOWOW)  (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月5日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
レスラー (RISING STEEL)
レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...