『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ゼロの焦点』を観た]

2009-11-18 19:04:21 | 物語の感想
☆面白かった。

 『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。

 その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。

 これまでの邦画(日本の黄金期以降)は、役者が頑張っても、セットがちゃちく、しかも、舞台と舞台の展開上の継ぎ目に粗も見えていて、全く世界に通用できるレベルになかった。

 だが、今回の金沢の雰囲気なんて、とても見事だと思った。

   ◇

 結婚後七日目の出張で金沢に行き失踪した夫を求めて、妻が旅立つ。

 妻・禎子の役を広末涼子が演じている。

 私は彼女の大ファンである。

 だが、彼女には、演技の幅がない。

 しかし、健気で古風な「妻」像の中にも、消えた夫の謎を何としても解き明かしたいと言う静かなる情念は、そのシナリオから充分に感じられた。

 故に、クライマックスで真犯人を糾弾する禎子の叫びに、私は、憎悪を込めて欲しかった。

 あれでは、戸惑いしか感じられない。

 あの後に、真犯人との対面が残されているのだから、そこで何がしかの心のつながりを得るも良しで、あのシーンは、夫を奪われた憎悪を込めなくてはならなかった。

   ◇

 かつて、松本清張の原作を読んだことがあるが、四半世紀ほど前なので、ほとんど覚えていない。

 妻・禎子の金沢の究明行は、「不思議の国の涼子」って感じで実に面白かった。

 私が犯人と睨んだ男が、次々と殺されていくのもエキサイティングだ。

   ◇

 中谷美紀は異常な怪演だった。

 私は、『ジョジョの奇妙な冒険』第二部のカーズ様をずっと思い出していた。

          

 だが、中谷美紀の陰に隠れつつ、私は、この作品のテーマは、

 夫の愛人であった久子(木村多江)に収斂すると思った。

 あの、どこの方言か分からないが、おっとりした口調での語りは、私の心にグッときた。

 作品中、女が多く涙を流すが、その涙の意味も理解できる。

   ◇

 夫(西島秀俊)の人生に秘密があったわけだが、

 私は、自分の人生において、誰かの過去を知らせることが、いいのか、悪いのか、今、とても悩んでいるので、この作品は、そういった意味でも考えさせられた。

                                     (2009/11/18)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [『ダム・ファッカー(みちのく... | トップ | [映画『リミッツ・オブ・コント... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゼロの焦点 (LOVE Cinemas 調布)
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江...
ゼロの焦点 (だらだら無気力ブログ)
  生誕100周年を迎えた松本清張の同名傑作小説を生誕100周年記念で映画化。 結婚して間もない夫が出張に出かけてそのまま失踪してしまったことから 妻は夫の失踪の行方を調査するうちに連続殺人事件に巻き込まれていき、 やがて衝撃の真実にたどりつく様を描く...
劇場鑑賞「ゼロの焦点」 (日々“是”精進!)
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
ゼロの焦点 (Akira's VOICE)
断崖に柵を!  
ゼロの焦点 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊...
ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも...
『ゼロの焦点』 (めでぃあみっくす)
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの...
ゼロの焦点 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。
ゼロの焦点/広末涼子、中谷美紀、木村多江 (カノンな日々)
劇場予告編で「アカデミー賞に輝く3女優が共演」というキャッチコピーを見るたびに違和感をおぼえるのは私だけでしょうか?松本清張の代表作ともいえる同名小説を犬童一心監督がメガホンをとり映画化しました。TVドラマ化されたのを見たことあるような気もするんですけど...
ゼロの焦点 (花ごよみ)
原作は松本清張の同名小説。 松本清張の生誕100年ということです。 監督は犬童一心。 広末涼子、中谷美紀、木村多江の、 3女優の競演が話題の作品です。 共演には西島秀俊、杉本哲太、 鹿賀丈史といった 面々が配されています。 本もかなり昔ですが読んでいたし ...
ゼロの焦点 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月14日(土) 20:10~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言...
ゼロの焦点 (シネマDVD・映画情報館)
常に社会の暗部と人間の本質を鋭く描いた作品を発表し、日本の文学史に社会派推理小説という一大ジャンルを築き上げた巨匠・松本清張の代表作を映画化。監督は『眉山』『グーグーだって猫である』など、幅広いジャンルの作品を発表し、日本のみならず海外からも注目される...
男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』 (水曜日のシネマ日記)
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
ゼロの焦点 (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は久しぶりにサイエンスホールに出かけた。 初対面の女性と待ち合わせ。 何度も書いているが私は携帯電話を持っていない。 今回もまったく何の問題もなくRendezvousを果たす。 やはり携帯電話は不要。 連絡を取りたいときは必ずといっていいくらい、留守電や「た...
【ゼロの焦点】 (日々のつぶやき)
監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊   愛する人のすべてを知っていますか? 「禎子と憲一は見合い結婚したばかりだったが、憲一は式の直後から以前の勤務地だった金沢へ引継ぎの業務で向かったまま行方不明になってしまった。 夫
「ゼロの焦点」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。公
「ゼロの焦点」 (てんびんthe LIFE)
「ゼロの焦点」新宿ピカデリーで鑑賞 太宰も100年なら、松本清張も100年。 って、太宰のときに書いたんですが、こちらはTVだ映画だと何度もメディアで目にするわけで古いことは分かっているけど度重なるリメイクで古さを感じさせません。 でも、映像になると...
◆『ゼロの焦点』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、犬童一心監督&脚本、松本清張原作、広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊共演。
ゼロの焦点 (Diarydiary!)
《ゼロの焦点》 2009年 日本映画 お見合いで鵜原 憲一と結婚した禎子、しかし
映画「ゼロの焦点」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ゼロの焦点』を本日初日に観て来ました。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。ホントは45点くらいかな。 前の記事『映画「ゼロの焦点」の予告篇が劇場で上映中』で書いた程の期待作だったが、期待し過ぎた分だけ正直期待外れ。やはり日本映画は有料2時間ドラ...
「ゼロの焦点(2009)」 時代の断層 (はらやんの映画徒然草)
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張
映画「ゼロの焦点」 (FREE TIME)
映画「ゼロの焦点」を鑑賞。
「ゼロの焦点」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ゼロの焦点」 原作 松本清張「ゼロの焦点」 監督 犬童一心 脚本 犬童一心・中園健司 広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります! この作品は、本を映...
【ゼロの焦点】夢に届かない女たち (映画@見取り八段)
ゼロの焦点 監督: 犬童一心    出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海 公開: 2009年11月 原作は松本...
「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事...
ゼロの焦点 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  過去に何度もTVドラマや映画化されている作品である。太宰治と同じく松本清張も、生誕100周年を迎えるようだ。松本清張といえば代表的三作として、『砂の器』、『点と線』に並んで本作があげられる。 松本清張は『或る「小倉日記」伝』で、芥川賞を受賞...
『ゼロの焦点』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一は帰ってこなかった。夫の消息を追い金沢へと旅立った妻の禎子は、憲一のかつての得意先で、社長夫人の室田佐知子と受付嬢の田沼久子に出会う。一方、憲一の失踪と時を同じくして連続殺人事件が起きるが、事...
ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム (労組書記長社労士のブログ)
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】  で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会に...
ゼロの焦点 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
2009年に生誕100年を迎える社会派ミステリーの巨匠・松本清張。初期の傑作を映画化した本作は、原作にはない新たな要素が加わっている。昭和30年代、禎子は、見合いで鵜原憲一と結婚。しかし式から7日後に、夫は仕事の引継ぎに向かった前任地の金沢で行方不明に。禎子は...
ゼロの焦点 (単館系)
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一は...
ゼロの焦点 (2ちゃんねる映画ブログ)
【犬童一心】ゼロの焦点【広末中谷キムタエ】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1238520728/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/04/01(水) 02:32:08 ID:ZhierOgI ...
『ゼロの焦点』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
松本清張生誕100年記念作品として、『ゼロの焦点』を再映画化。 出演は広末涼子、中谷美紀、木村多江の「アカデミー賞に輝く3人の女優(ミューズ)」に、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎ら。 監督は犬童一心。 旧作とは...
ゼロの焦点 (こわいものみたさ)
『ゼロの焦点』 【製作年度】2009年 【製作国】日本 【監督】犬童一心 【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/...