『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(未完成)]

2013-02-11 00:04:43 | 物語の感想

・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。

 この作品も、全く予備知識がないままに観た。

 かなりの傑作なのでびっくりした。

 その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、初めての鑑賞であった。

 どおりで、ブルース・ウィリスやら、ビル・マーレィ、エドワード・ノートンや、ティルダ・スウィントンらビッグネームが、小童二人の自由への愛の逃避行の物語を彩る大人の役割として出演している。

 親を失い里子に出されていた少年は、ある日 生活に不満を抱き続ける少女に出会い、文通を通し、駆け落ちを計画する。

 1965年のことだ。

 冒頭は、めまぐるしく動く、アニメのようなスタイリッシュな映像の中で、少女スージーの家庭の忙しなさが描かれ、その中、常に双眼鏡で世界を観察するスージーの物足りなさが表現される。

 そこら辺で、ちょっと、作品のテンポが合わないかな、と私は危惧する。

 スージーは、濃いアイシャドーなど奇矯だが、至って美少女で、胸はないが、割りと無自覚に大人のスタイルでもある^^

 太ももなどボリューミーである。

 しかし、少年・サムが、舞台となる、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ小さなニューペンザンス島に、ボーイスカウトのキャンプに来ている中、スージーを求め脱走し、それを他のボーイスカウトメンバーが捜索し始める辺りで、やっと話に没入し始められる^^

 ・・・すいません、眠いので、続きは明日に書きます^^;

   

   ・・・なんかいい感じのメンバー^^

 私は、子供の頃、カブスカウト、ボーイスカウト、シニアスカウトと入団していまして、厳しくもいい加減な雰囲気が実によく描けているなと思いました。

 また、私が、この作品を通して、なんか似ているなぁと思った作品が、『ピクニック・アット・ハンギングロック』でした。

ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
クリエーター情報なし
エスピーオー



 なんとも言えない「自然のいたずら」みたいな雰囲気が感じられるのです・・・。

                                           (2013/02/11)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [三遊亭鬼丸師匠「内幸町 タロ人... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お初とは (sakurai)
2013-02-14 15:56:28
意外ですね。
きっとお好きなタイプだと思いますよ。
何とも言えない空気!出てましたねぇ。
この監督が撮ると、なぜかウェス・フィルターがかかっちゃう。
そこは、ピーター・ウィアーと似てるかも。
彼の作品も絶対の空気感がありますもんね。
大好きな監督 (kino)
2013-02-16 00:49:13
TBありがとうございました。
ウェス・アンダーソンの作品はどれも大好きです。
あの独特な世界がもうたまらんです!
ストーリーもさることながら、画面の細部を見てるだけでも
楽しい、オモチャ箱のような映画たちです。
早くも次の映画が楽しみ・・・。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-02-17 07:17:13
タイトルは聞いていたものもあるのですが、私には、映画をあまり観なかった空白期がありまして、そこで活躍しはじめたのかな。

主演の女の子の目力(めぢから)が強いのは、アイシャドーのせいだけではないでしょうね^^
kinoさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-02-17 07:20:47
ええ、楽しかったです。

初期のティム・バートンの作る画面から、バートンの過剰なコンプレックスを排除したような箱庭的な絵作りでありました。

この監督、他の作品でも、舞台をちゃんと作り上げるのかな?

あの小さな島と、隣りの島(の住民)が愛おしくなりますね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ムーンライズ・キングダム (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライズ・キングダム@ブロードメディアスタジオ試写室
ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン (カノンな日々)
『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ...
映画レビュー「ムーンライズ・キングダム」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆少年少女の駆け落ち騒動を描くハートフルなドラマ「ムーンライズ・キングダム」。無名の子役を大物スター ...
ムーンライズ・キングダム (風に吹かれて)
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ
映画「ムーンライズ・キングダム」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
映画『ムーンライズ・キングダム』★パラパラ漫画を見る面白さでサムに元気をもらう (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  http://cinema.pia.co.jp/title/161279/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     これは、脚本がイイ☆との評判と 豪華キャスティングで、気になっていました。 (きっと、脚本が良くて、豪華共演に...
『ムーンライズ・キングダム』 (こねたみっくす)
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
ムーンライズ・キングダム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(12) 冒頭から不思議な世界に迷い込んだ子羊のワタシ。
ムーンライズ・キングダム (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
ムーンライズ・キングダム (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド...
ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました~ 監督...
ムーンライズ・キングダム ★★★★ (パピとママ映画のblog)
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブル...
『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ (Healing )
ムーンライズ・キングダム ★★★★4.5 60’sの画集から飛び出した 12歳のまっすぐピュアラブ まず一言、言わせていただくと、 ウェス・アンダーソン、大好きだ~!!! まさに、ノーマン・ロックウェルの画集のような世界観。 彼のイラストから飛び出してきたような映像...
ムーンライズ・キングダム (迷宮映画館)
何とも言えない独特の空気感が、ウェスですねえ。
ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM (いい加減社長の映画日記)
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...
ムーンライズ・キングダム (佐藤秀の徒然幻視録)
ページェントの起源のような物語 公式サイト。公式マップ。原題:Moonrise Kingdom。ウェス・アンダーソン監督、カーラ・ヘイワード、ジャレッド・ギルマン、ブルース・ウィリス、エドワ ...
「ムーンライズ・キングダム」 全てが(私の)ツボ!!! (目の中のリンゴ)
楽しみにしていたウェス・アンダーソン監督! 久しぶりに映画館で観てきました。 いやー、たしか前作までは単館上映だった気がするんですが 今回、あちこちのシネコンで観られるのでホントによかった! (しかも、レディースデーでTOHOのプレミアムスクリーン!) 「ムー...
ムーンライズ・キングダム (心のままに映画の風景)
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...
『ムーンライズ・キングダム』 2013年2月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ムーンライズ・キングダム』 を鑑賞しました。 14日なのでTOHOで... 【ストーリー】  1960年代ニューイングランド島。自分が養子だということを寂しいと感じながらボーイスカウト活動をしていたサム(ジャレッド・ギルマン)は、常に本を読んでいる少女スージー(カ...
小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』 (真紅のthinkingdays)
 MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹かれ...
「ムーンライズキングダム」 (Con Gas, Sin Hielo)
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。 賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。 小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。 そんな....
『ムーンライズ・キングダム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マー...
映画・ムーンライズ・キングダム (読書と映画とガーデニング)
2012年 アメリカ 原題 Moonrise Kingdom 「月の昇る王国」とは一体どんなところなのでしょう? 1965年、夏 アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ小島、ニューペンザンス島 12歳のスージー(カーラ・ヘイワード)とサム(ジャレッド・ギルマン)が駆け落ち...
小さな恋と子供と大人 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・....
『ムーンライズ・キングダム』 (映画大陸)
 最近のガキンチョは、大分ませているのかもしれない。ラジオでネタにされていたことですが、幼稚園児のくせにバレンタインデーには男子にチョコレートをあげたりするらしい。 ...
「ムーンライズ・キングダム」:ウェス・アンダーソンの最高作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ムーンライズ・キングダム』は曲者ウェス・アンダーソン監督の第5作にして、大
映画『ムーンライズ・キングダム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-11.ムーンライズ・キングダム■原題:Moonrise Kingdom■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:94分■観賞日:2月9日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン□脚本:ロマン・コッポラ◆ブルース・ウ...
ムーンライズ・キングダム (いやいやえん)
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』1964年、レコードプレーヤー、ラジオ、赤い横縞灯台、ツリーハウス、釣り針で作ったイヤリング…・起こる出来事(