『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『色即ぜねれいしょん』を観た]

2009-10-03 15:17:30 | 物語の感想
☆面白そうなので観てきた^^

 面白かった^^

   ◇

 70年代の、仏教系の高校に通うロック志向の少年の悶々とした青春の物語である。

 作中、童貞喪失を目指し、主人公と仲間たちは夏休み旅行で、フリーセックスの地・隠岐島を目指す。

 ・・・私の高校時代も、それが目的で新島に旅行する奴がいたなあ^^;

 そんな事象に代表できる物語が、主人公の性格ゆえに「シャイ」にではあるが、原作のみうらじゅん言うところの「DT(童貞)パワー」として全篇溢れている。

   ◇

 主人公・純は周囲の環境に恵まれており、多くの人生の導き手にも恵まれてもいる。

 そこには、幸せで平穏な70年代がある。

 それ故に、問題は、幸せで平穏な「自由」の中での自己実現がテーマとなる。

 純と親友たちの「DTパワー」は、実に素直である。

 そこには不器用さがあるが、屈折はない。

 だからこその、屈託なくどこにでも飛び込み、喜びに身もだえする様に、私はかつての、そして未だに存在する、我が身の中のDTパワーの残滓に、心の痛痒感を感じさせられ続けた^^;

   ◇

 ・・・私事ではあるが、最近知り合う若者の「陰性のコンプレックス」には辟易している。

 私は、「うひょ、有難う御座います」と、私からエロビデオを借りていく若者にはヴァイタリティを感じるが、そういった茶目っ気を持たない、「陰性のコンプレックス」の帰結としての潔癖症の若者には日本の未来の暗黒を見せられる思いがする。

 物語のクライマックスに、ヤンキーの頭と、文化祭のライブでのお互いの健闘を称える。

 純は「須藤の歌い方は格好悪かった。・・・でも、面白かった^^ それが格好良いってことなんだと思った!」と言う。

 すると、須藤が「ロックだべ!!」と答えるのだが、それは、青春の本質を示していると思う。

 最近の若者の一部は、この「青春の本質」を全く理解していないと思うのだ。

   ◇

 青春の本質を理解して大人になった者は、作品内での、ヒッピーの家庭教師や、全共闘崩れのユースホステル管理者ヒゲゴジラのように、人に優しい。

 おっと忘れていた、父親役のリリー・フランキーを忘れちゃいけない。

   ◇

 純を「オトナ」に導くお姉さん・オードリーの、まさに「女」の具現化としての魅力は素晴らしかった。

 ポテッとした唇、ノーブラのタンクトップ、白いビキニ、頻繁なスキンシップ、・・・良いですね^^

 ・・・やはり、どうしても自分の青春と重ね合わせてしまうのだが、私にも、このような女性がいました^^

 ノーセックスで、海外旅行や温泉旅行なんかに行ったものです。

 二十年ほど前に、「カナダで結婚式を挙げるから参列してくれ、君なら来れる^^」と電話がきたが、その女性を「卒業」した私は、その申し出を丁重に断るのだった。

   ◇

 純は、オードリーとの出会いと別れで急速に成長する。

 不器用な笑顔の純の表情は、次第に落ち着いてくる。

 物語の全篇を、見ている私に身悶えさせた恥ずかしさは、終盤ではない。

 純は一気に成長し、けれど、その成長はレベルが一つアップしたに過ぎなくて、彼の童貞喪失はまだまだ先なのだった・・・^^;

 渡辺大知クンは、いい役者になっていくんでしょうね^^

                                     (2009/10/03)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・5 「溢れ出... | トップ | [映画『TAJOMARU』を... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (michi)
2009-10-12 07:06:46
TBありがとうございました。

DTパワー(笑)、面白かったですね。
原作より可愛い感じで表現されていた気がして
なんだか微笑ましかったです。

ミッドナイト・蘭さんにも“オードリー”の思い出が!!
なるほど、なるほど。。。
青春ですね!
>>michiさんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-12 07:50:32
おはようございます^^

確かに、愛すべき可愛らしい作品でした。

『おっぱいバレー』と似ている感じで、微妙に、それがかなりの手触りで印象が異なってますよね。

原作はイメージが違うのですね。

私は、今、みうらじゅんの対談集『正論』を読んでいます。

なかなか勉強になるのです、これが!^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「色即ぜねれいしょん」 (古今東西座)
この『色即ぜねれいしょん』の原作者、みうらじゅんの話を聞くのが好きだ。彼の目のつけどころのユニークさであったり、とことん追求するマニアックな姿勢であったり、いつも興味惹かれると同時に感心させられる。加えて彼の飄々としたトークには思わず笑みがこぼれてしま...
『色即ぜねれいしょん』 (・*・ etoile ・*・)
'09.08.23 『色即ぜねれいしょん』@吉祥寺バウスシアター これは絶対見なくてはならない作品。なぜならMJことみうらじゅんの青春時代を描いた自伝的小説が原作の映画だから。私の誕生日プレゼントということで、baruから前売券+MJイラスト入りビーサンを頂いた。しか...
色即ぜねれいしょん/渡辺大知、峯田和伸 (カノンな日々)
原作本は本屋で平積みになってるのを見て読んでみようかなと何度か手に取ったことがあるんですけど、結局買うことはありませんでした。特に理由は無くて他の本を選んでいて順番がまわってこなかったというだけなんですけど、青春小説は大好きなのでこの映画も楽しみにして...
色即ぜねれいしょん (だらだら無気力ブログ)
イラストレーターや作家で活躍するみうらじゅんの自伝的青春小説を 『アイデン&ティティ』に続いて田口トモロヲが映画化。 70年代の京都を舞台に、ロックな生き様に憧れるも、優等生にもヤンキーにも なれない中途半端で平凡な毎日を過ごす文科系男子高校生が、煩悩に...
青春って奴は~『色即ぜねれいしょん』 (真紅のthinkingdays)
 京都の仏教系私立男子高に通う乾純(渡辺大知)は、やさしい両親に愛され、幸せ 過ぎることが悩み。夏休みが近づいたある日、純は友人に...
「色即ぜねれいしょん」を「金閣寺」風に観ると (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督、渡辺大知、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、森田直幸、森岡龍、石橋杏奈、岸田繁、峯田和伸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見三省。1974年の夏の京都が舞台。仏教系の私立高校の物語というのは三島由紀夫...
色即ぜねれいしょん (LOVE Cinemas 調布)
人気イラストレーター・みうらじゅんの同名の小説を映画化。70年代の京都を舞台にした高校生の青春ドラマ。監督は俳優の田口トモロヲ。主演は2000人を越えるオーディションから選ばれた渡辺大知。共演に『USB』の峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー...
『色即ぜねれいしょん』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「色即ぜねれいしょん」□監督 田口トモロヲ □原作 みうらじゅん □脚本向井康介 □キャスト 渡辺大知、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、石橋杏奈、森岡龍、森田直幸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見...
色即ぜねれいしょん:スウェーデン食わぬは男の恥 テアトルTS(試写) (気ままに映画日記☆)
原作がみうらじゅんで監督が田口トモロヲとは期待も高いね。 タイトル:色即ぜねれいしょん 監督:田口トモロヲ 出演:渡辺大知(黒猫チェルシー)/峯田和伸(銀杏BOYZ)/岸田繁(くるり)/堀ちえみ/リリー・フランキー/臼田あさ美/石橋杏奈/森岡龍/森田直幸/大杉漣/宮藤官九...
色即ぜねれいしょん (映画情報良いとこ撮り!)
色即ぜねれいしょん 何不自由なく育った青年が、ロックな生き方に憧れてはいる、そこまでいけないでいた。 そんなある日に、友達と旅行へ。 しかし訪れたその場所ではとあることが行われるのだが。。。 みうらじゅんの自伝的青春小説がもととなっている。 キャ...
法然サイコー♪~「色即ぜねれいしょん」~ (ペパーミントの魔術師)
よそでは8月15日から公開のようですが 京都がメインのお話だからかコチラ関西のほうが 上映は早め? 今回MOVIX京都で見て来たんですが ジモトのせいか結構入ってましたね。 ジャパニーズ版グローイングアップってとこですか? 小学生以外の老若男女とくに偏りもない客層...
色即ぜねれいしょん (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
旅、友情、性への興味。青春を彩るアイテムは今も昔も変わらない。60年代が熱い政治の季節なら、革命の夢破れてわだかまりと敗北感を抱えるのが70年代。そんなビミョーな時代を生きる順は、京都の仏教系男子高校に通う、不良にも優等生にもなれないどっちつかずの文化系男...
色即ぜねれいしょん (七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba)
青春は、 モヤモヤするほど、 ドキドキする。 幅広い分野で活躍しているイラストレーター・みうらじゅんの自伝的青春小説の映画化。 1970年代の京都を舞台に、仏教系の男子高校に通う高校生1年...
色即ぜねれいしょん (単館系)
白血病の女の子に歌を聞かせるところから話が始まるが 普通、白血病なら髪の毛が抜け落ちてしまうんじゃないの と思ったのだが・・・大丈夫...