『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『カラスの親指』を観た(寸評)]

2012-11-26 05:03:21 | 物語の感想

☆過去の因縁に苛まれる詐欺師(阿部寛)が、自殺しようとしていた男を仲間に引き入れ、そして、因縁のあった男の追跡から逃れるために引っ越した先に、3人の若者が転がり込み、擬似家族を形成しつつ、それぞれの過去と決別するため、大きなヤマに挑む、ハートウォーミングなコンゲームの物語。

 これ、2時間半超の長尺である。

 でも、あっという間であった。

 面白かった。

 先ずは、阿部寛の安定したとぼけた演技に安心感を与えられつつ、相棒となる村上ショージの、なんか可愛い魅力にリードされる。

 後から、石原さとみや、その妹役の美少女が出てくるのを知っていたので、それを待ちつつ、でも、この二人の、妙に楽しい雰囲気に心地良さを感じた。

 逃亡先の、安い一軒家の縁側で、二人して、ヤカンからグラスに注いだお茶を飲みながら、のんびりしている図なんて、なんか良かった。

 そこへ、転がり込んでくる若者3人。

 私は、予告編だと石原さとみに興味がいったのだが、その妹役の能年玲奈が究極の短髪美少女であった。

 まだまだ幼さを残しつつ、けれど、瞬間「女」を見せる…、円らな瞳に、美しい肌、まだまだこれからのメリハリのない体つき、・・・最高である。

     

 私は、最近、「もし自分が<聖帝サウザー>だったら、この美少女たちを近くにはべらすゾ」などと夢想するのだが、能年玲奈は、その筆頭になろう。

 ずーっと見つめていたい美しさだ^^

 ただ、今調べたら、18歳だそうで、「なんだよ、けっこういい歳いってんじゃん」と,ちょっとショックを受けた^^;

 見せ方が違うが、『悪夢のエレベーター』みたいな、どんでん返しありの騙し騙されのストーリー展開なのだが、『悪夢の・・・』にも、佐津川愛美が色んな魅力を垣間見せる役で出ていたが、

 今作の能年玲奈も、そもそもが少年みたいな可愛さなのだが、幾つかのコスプレで、こちらをウットリさせてくれる。

 個人的には、姉にコンドームを買いに行かされたときの、困惑と挑戦的な表情がツボだ。

 さて、物語は、最期の大勝負で、いかにも、作戦に不協和音が生じてきて、だが、それでも作戦は決行され続け、サスペンスは異常に高まり、俄然 面白くなり、終局に向かう。

 だが、この作品のもう1つの側面、擬似家族のハートウォーミングな叙情を形成するには、例え、二時間半の長尺といえども、時間が足りなかったと思った。

 そこが惜しい、・・・けど、しょうがないかな。

 また、追っ手が、<擬似家族>で買い始めた小猫を惨殺するシーンがあるのだが、私は、女の子ってのが、そう言ったもの(ペット)に、心の大きな部分を割いていることを知っているので、能年玲奈が演じたまひろ役の受けたショックは、作中で示されるこんなもんじゃないだろうよ,と違和感を感じた。

 まひろの、猫を飼うことをお願いする時の、上目使いの表情は、これでもかと可愛い、う~、可愛い^^

 阿部寛や石原さとみはやるべき演技はちゃんと行い、新人(?)の村上ショージや能年玲奈に主役を譲ったバランスのある話ではあった。

 おっと、もう一人の家族 小柳友も一貫した個性で良かったです^^

                                           (2012/11/26)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カラスの親指 (あーうぃ だにぇっと)
カラスの親指@シネマサンシャイン池袋
「カラスの親指」助けた少女たちと共同生活した先にみた大勝負で騙し見事に騙された親指詐欺師の親心 (オールマイティにコメンテート)
「カラスの親指」は詐欺師のコンビがある日突然少女を助けた事で姉妹とその恋人との共同生活をする事となり、過去の因縁から5人は狙われてしまうが、5人は最後の大勝負を掛けて ...
カラスの親指 (Memoirs_of_dai)
全てがアルバトロス作戦 【Story】 ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)と、どこかマヌケな相棒のテツ(村上ショージ)。ある日、ひょんなことからまひろ(能年玲奈)という少女と知り合ったのをきっかけ...
カラスの親指 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)サギ師が仕掛ける一世一代の大芝居を描く「カラスの親指」。コンゲームの爽快さより人情噺のウェットさが勝っている。タケとテツは中 ...
カラスの親指/阿部寛 (カノンな日々)
何やら面白そうなミステリー作品だなぁと楽しみにしてました。原作は未読ですが直木賞作家・道尾秀介さんの本格ミステリー小説を映画した作品だそうです。阿部寛さんと村上ショー ...
映画『カラスの親指』観てきたよ~~♪ (よくばりアンテナ)
原作は直木賞作家・道尾秀介、未読。 今年、3つ目の阿部寛主演作品。今度は詐欺師。 内容を口外しないように、ってあらかじめお約束の画面が(^_^;) まぁ・・・ね。 予告編やら、なんやら...
カラスの親指~伏線厨な物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
周到に見えて全て一発ギャグぽい 公式サイト。道尾秀介原作、伊藤匡史監督。阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸 ...
カラスの親指 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/11/23公開 日本 160分監督:伊藤匡史出演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、古坂大魔王、上田耕一、鶴見辰吾 5人のサギ師(カラス)が挑んだ大勝負!! 驚きと感動の爽快エンタテイ....
カラスの親指 (心のままに映画の風景)
詐欺師のタケ(阿部寛)は、どこかマヌケなテツ(村上ショージ)と成り行きでコンビを組んでいた。 ある日、街で偶然知り合った少女まひろ(能年玲奈)が、姉のやひろ(石原さとみ)とその彼氏貫太郎(小...
映画『カラスの親指』★サギを包んだ大ガラスにしみじみ~村上ショージさん絶賛です☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158035/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD22257/story.html ↑ あらすじ・(ここまでなら可か) &nbs...
「カラスの親指」気楽に見られる160分! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カラスの親指] ブログ村キーワード  阿部寛、今年3本目の主演作!「カラスの親指」(20世紀フォックス映画)。刑事、古代ローマ人に続いて今度はプロのサギ師。さあ、あなたもダマされちゃいますか?  武沢竹夫(阿部寛)=通称・タケは、8年前に自身に振りかか...
カラスの親指 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 笑えることに、ラストでタケが西、テツが地下鉄へと去り
カラスの親指 (いい加減社長の映画日記)
だまされてやろうじゃないか、と・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 悲しい過去を背負い、詐欺師として生きるタケとなりゆきでコンビを組むことになった男、テツ。 詐欺に励む二人のもとに、アパートを追い出された美人姉妹とその恋人が転がり込んできた。 ....
映画「カラスの親指」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「カラスの親指」観に行ってきました。道尾秀介の同名小説を実写化した、阿部寛と村上ショージが主演を担う人間ドラマ作品。物語最初の舞台は競馬場。競馬場の馬券売り場で、あ...
【カラスの親指】もう騙されちゃってるもんねぇ (映画@見取り八段)
カラスの親指    監督: 伊藤匡史    出演: 阿部寛、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、村上ショージ、鶴見辰吾、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、上田耕一 公開: 2012年11月23日 2012年11月26日。劇場観賞。 原作は第62回日本推理作家協会...
劇場鑑賞「カラスの親指」 (日々“是”精進! ver.F)
全ては“大鴉”の、掌の上… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211290003/ カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)道尾 秀介 講談社 2011-07-1...
カラスの親指 (だらだら無気力ブログ!)
予告編には騙されたなぁ。
「カラスの親指」 (NAOのピアノレッスン日記)
~今度は、“正義”でダマします~2012年  日本映画   (2012.11.23公開)配給:20世紀フォックス映画/ファントム・フィルム  上映時間:160分監督:伊藤匡史原作:道尾秀介 『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』(講談社刊...
『カラスの親指』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カラスの親指」□監督・脚本 伊藤匡史□原作 道尾秀介□キャスト 阿部 寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳 友■鑑賞日 12月2日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)...
カラスの親指  ★★★★ (パピとママ映画のblog)
直木賞作家、道尾秀介のミステリー小説を「テルマエ・ロマエ」の阿部寛主演で映画化。2人のサギ師コンビの元に、3人の若者が転がり込んできたことをきっかけに巻き起こる騒動を、ユーモアを交えて描く。共演は「怪談(07)」の村上ショージ、「貞子3D」の石原さとみ。監督...
『カラスの親指』 2012年10月29日 シネマサンシャイン池袋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『カラスの親指』 を試写会で鑑賞しました。 尺の割には、早く終わったような気もしますが...やっぱり長いよね 終わったり22:00チョイ前でしたし 【ストーリー】  ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)と、どこかマヌケな相棒のテツ(村上ショージ)。ある日、ひょんなこと...
「カラスの親指」みた。 (たいむのひとりごと)
今度は”詐欺師”になった阿部ちゃんを観に行ってきた。原作は未読だし、予告編では「ラストのネタバレしないでね」という感じだったので、『シックス・センス』的な大ドンデン返しを楽しみにしていたのだけど、「な
映画「カラスの親指」を見に行く (官庁エコノミストのブログ)
今日はかなり前からの天気予報でも雨ということで室内競技を志向し、映画「カラスの親指」を見て来ました。原作は芥川賞作家の道尾秀介です。一応、かなり前ですが、私は原作を読んでいます。面白かったと記憶しています。詐欺師が主人公です。少し前の10月下旬の東京国際...
カラスの親指 (映画的・絵画的・音楽的)
 『カラスの親指』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)阿部寛がお笑いの村上ショージと共演するのが面白いと思い、映画館に出かけました。  物語の冒頭では、競馬場で、どの馬券を買うべきか思案に暮れている男タケ(阿部寛)が映し出されます。すると彼のそばに、いかに....
【勝手に能年玲奈祭りパート2】東京国際映画祭・特別招待作品『カラスの親指』ワールドプレミア&完成披露プレミア試写会@TOHOシネ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)10/20(土)~28(日)までTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで行われた「第25回東京国際映画祭」でワールドプレミアとして、また11/8( ...
カラスの親指 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  11月29日(木)に 観に行って来ました     かなりの感じで ネタバレってますので  ご注意くださいまし     阿部ちゃんと村上ショウジさんのダブル主演な感じやけど まぁ ラストまでいったら 村上ショウジさんが...
カラスの親指 (銀幕大帝α)
2012年 日本 160分 サスペンス/ミステリー/コメディ 劇場公開(2012/11/23) 監督:伊藤匡史 原作:道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』 脚本:伊藤匡史 出演: 阿部寛:武沢竹夫 村上ショージ:入川鉄巳 石原さとみ:河合やひろ 能年玲奈...
映画「カラスの親指」のブルーレイを見ました(能年玲奈とホールトマトと猫) (翼のインサイト競馬予想)
映画「カラスの親指」のブルーレイを見たのでレビューしてみたいと思います。 You
カラスのエビアン! (Akira's VOICE)
『カラスの親指』 『グッモーエビアン!』