『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』を観た]

2011-05-17 17:11:17 | 物語の感想
☆まだまだ、観たけど感想をエントリーしていない作品が多数あるんだけど、この作品には、素直に感動してしまったので、早めに報告しておく。

 この作品、一時間足らずの短い作品で、500円で公開されている。

 純粋に、小惑星探査機「はやぶさ」の宇宙航海だけに的を絞った内容で、背後の、地球の人間の描写などは全くない。

 かなり物足りない。

 しかし、そこがいかにも、日本人の奥ゆかしさを表現していて、

 でも、その淡々とした語り口の中でさえも、・・・これは誰もが言うことなのだろうが、「はやぶさ」が、<R2D2>のような、けな気で愛おしささえ感じる勇敢な存在に感じられ、最期の、本体が燃え尽きていく様になんとも言えない感慨が起こってくる。

   ◇

 全編CG映像であるが、おそらく、「はやぶさ」から送られてきた映像を取り込んでいるので、小惑星「イトカワ」の映像などは現実のものなのだろう。

 宇宙の星々の描写や、「はやぶさ」自体の映像も、大気を通していない見え方はこうなんだろうな、と好意的に解釈できるので、CGとしての粗は感じられなかった。

 「はやぶさ」の表面のクリアーさも宇宙空間ならではで、後半の「負傷」した姿も、とってつけた映像と言うよりも、清潔感の中での「傷口」と言う雰囲気を醸していた。

 だが、いかにもCGな映像を駆使し、見ている者に分かりやすく、「はやぶさ」の航路が彩られてもいた。

 スイングバイと言う、「はやぶさ」が天体(この場合は地球)の重力を利用して方向転換するシーンなどでは、CGが宇宙空間に幾何学的な回廊を描いて、そこを進む慎重さを表現したり、

 「イトカワ」にランデブーするときの着陸点の重力強弱をサーモグラフィーのように表してくれたりする。

 リアクションホイール(姿勢制御装置)の故障の描写も、透視図を用いて、非常に分かりやすかった。

 復路の、単調だが過酷な状況での旅は、背後にオーロラ状の映像を配して、孤独感とともに盛り上げてくれる。

 この作品、幾らでも、ドラマチックに盛り上げられるのであるが、人間側の事情は、簡単な説明以外、限りなく、「はやぶさ」の「重要な使命」としか表現されていない。

 それでいながら、「はやぶさ」の旅に我々が感動するのは、ひとえに、宇宙の大きさと、計画に掛かった月日の長さからくるリアリティなのだろう。

   ◇

 二つだけ、言っておきたいことがある。

 映像の冒頭から、四つの「はやぶさ」のイオンエンジンの一つが使用されていないのだが、その理由が語られていないので、非常に心に引っ掛かった(後から、Wikipediaで調べて分かった)。

 また、小惑星「イトカワ」についてだ。

 形が面白くて、私は、最初は、「こけし」とか「産着に包まれた赤ちゃん」とか、好意的に思っていたのだが、

 当初予定していたよりも、「イトカワ」の重力が軽かったのは質量が軽いことに起因し、では何故、質量が軽いのかの理由として、「イトカワ」の断面図がCG映像で表現されたとき、一緒に観に行った人に囁いた。

 映像は、多くの岩石が寄り集まって出来た「イトカワ」には、空洞が多数あることを示していた。

   「ウンコみてーじゃん^^;」

 本当は、「便秘気味の女のウンコみてーじゃん^^;」と言いたかったのだが、それはやめておいた・・・。

                                                       (2011/05/17)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [東日本大震災 (福島での私... | トップ | [映画『トゥルー・グリット』... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はやぶさ、君の目標地点は・・・ (ふじき78)
2011-07-18 00:49:17
こんちは。
やっぱり、うんこですよね。
私もそう思いました。

ただ、私は「あ、犬の糞みたいだ」だったんですけど。

長い月日をかけてきたのに、こんな感想で済まないな、はやぶさ。
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-07-19 06:30:55
おはようございます^^

「あ、犬の糞みたいだ」と言う軽い感慨が、私のツボにはまって吹き出してしまいました^^

ふじきさんのトコの、愛知女子さんとの会話も面白かった。

愛知女子さんの「繭玉のようだ」の感想を打ち砕く「うんこ」発言、最高です^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
はやぶさ「HAYABUSA ~ BACK TO THE EARTH ~ (ノーカット版)」 (本と父親とadministrator)
浜松科学館のプラネタリウムではやぶさの映画をやっているので、息子の下宿先行くついでに見に行ってきた。(ちなみに夏休みの間は、毎日16:00~16:40の時間にやっていて、大人900円だ) http://www.hamamatsu-kagakukan.jp/planet/ippan/255.html
HAYABUSA - BACK TO THE EARTH - (うろうろ日記)
プラネタリムで見ました。満席でした。満身創痍で帰ってきたはやぶさという探査機のお
HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- (シネマDVD・映画情報館)
HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 監督:上坂浩光 2003 年5月。日本は小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げた。その使命は、小惑星に着陸し石を採取して地球に持ち帰ること。この人類史上初の試みを達成するべく、「はやぶさ」は目的地「小惑星イトカワ」に向け長い旅にでた...
「HAYABUSA~BACK TO THE EARTH」を見たよ (八草きよぴ(kiyop)非公式モリゾー愛ブログ)
いまちまたで話題になりつつある、日本の小惑星探査機「はやぶさ」 私が小惑星探査機「はやぶさ」について知ったのは2007年6月 東京丸の内のオアゾにある、「JAXA-i」というJAXAのPR施設を訪れた際に、  「探査機はやぶさ」が「小惑星イトカワに着陸」しようとするも失...
はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH (映画情報良いとこ撮り!)
はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH 去年宇宙から石を持ち帰ってきたはやぶさ。 そのはやぶさの映画が。 はやぶさの任務は、小惑星イトカワからの石の採取。 しかし、その道のりは大変困難なものでした。 途中でいろいろなトラブルに見舞われて、帰還が危...
講義&映画:「はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月8日(水)。 大安の本日。 日本時間AM5時12分:ロシアのソユーズが、宇宙に向けて出発。 古川聡さん達、日米露3人の宇宙飛行士を乗せたロケットが、バイコヌール宇宙基地を飛び立ちました。 宇宙服に身を包んで、周りに手を振りながらロケットに...
『はやぶさ/HAYABUSA BACK TO THE EARTH』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
何やら凄い人気でロングランになっているとかいう映画です。 スペシャルプライス500円での上映ということなので、気になったので観てきました。 丁度一年ぐらい前でしたね、度重なるアクシデントに見舞われながらも、小惑星探査機”はやぶさ”が地球へと帰還したのは...
『はやぶさ BACK TO THE EARTH』を角川シネマ有楽町で観て、なるほどふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆勉強になります】 チラシに書かれたメインコピーが 「宇宙科学ロマン・ドキュメント」 「ロマン」はいらんだろ、普通に考えて。 小惑星探査機はやぶさが ...
はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH- (as soon as)
?46分?? - ドキュメンタリー? 監督: 上坂浩光 - 出演者: 篠田三郎 ←ナレーション 地球と月以外の天体から離陸を行うという、 世界初の偉業を成し遂げた小惑星探査機・はやぶさ。 少ない燃料での惑星間航...