『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』を観た]

2012-02-15 22:22:51 | 物語の感想
☆遅ればせながら、甥っ子を連れて見に行きました!

 私は、「スーパー戦隊」物は、『太陽戦隊サンバルカン(1981)』辺りで卒業していて、

 だが、四半世紀以上振りの、まさかの「ギャバン復活」を知り、いてもたってもいられなかったのだ。

 ちなみに、「サンバルカン」と、その前作の『電磁戦隊デンジマン(1980)』は、私が中学校の頃、夕方に再放送がされており、その主題歌の「♪どこかで誰かが叫んでる 助けを求めて叫んでる 急げ! デンジマン! デンジスパークだ!」を「♪どこかで女が犯されてる 助けを求めて叫んでる 急げ! デンジマン! 仲間に加われー!」と、中二病的な替え歌で喜んでいました・・・^^;

 それから、この二作には、悪役として、しかも、女の悪役として<へドリアン女王(曽我町子)>が連続して登板していて、その作品をまたいだ登場に、私は作品世界の広がりを感じたものだった。

 それが、今回の作品世界垣根越えの「ゴーカイジャーvsギャバン」と言うマッチングを生んだ原初とも思っている。

 で、その頃、『宇宙刑事ギャバン(1982)』が初放送されていた。

 正直、この作品は、私の五歳下の弟にとってのタイムリー・ヒーローであった。

 当時の私は、頭の中では「女体(にょたい)」のことばかり考えている、マスタベーション覚えたての中坊であったが、弟の夢中になる「ギャバン」を横目にしながら、敵の作る異世界「マクー空間」のビジュアルが「斬新だなぁ」などと思ったし、当時、公開された『レイダース/失われたアーク(1981)』での、インディ・ジョーンズが洞窟通路内で、大きな石の玉に追いかけられるシーンがそのままパクられていたので、「節操ないけど、面白いなぁ」などと感心していた。

 後で語るが、ギャバンにはアシスタント役の女がいて、それを、当時の自分の感性から見ても「いい女」系の叶和貴子が演じていて、ちょっと驚きだったが、当時の私には、叶和貴子は「いい女」過ぎて身近じゃなかった。

 だが、「宇宙刑事」シリーズの三作目の「シャイダー」が放映された頃になると、私もちょっぴし大人になり、女の好みに対し、無限の可能性を持てるようになり、ヒーローのアシスタントキャラにはそぐわない森永奈緒美が、ミスマッチでマッチしており、「♪銃をとったら、アニーにおまかせ!」と言うテーマソングとともにパンチラアクションをしてくれていたので、「俺もおまかせしてぇー!^^」と非常にエロく感じていた。

 今回の映画だが、数ヶ月前から、職場でも話題になっていた。

 それほど、「ギャバンの復活」は、アラフォーの男子にはトピックであった。

 また、「宇宙刑事」シリーズのギャバンが、「スーパー戦隊」シリーズの最新グループと交わると言うのも、なんちゅうか、横のつながりでも、縦のつながりでもなく、「斜め」っていて気になった。

 また、公開されていたギャバンの外観のメタル具合が「ツヤあり」過ぎるのも気になった。

 杞憂であった。

 物語すぐに、宇宙刑事ギャバンから逃げる海賊戦隊ゴーカイジャーのシーンから始まり、艦隊戦から肉弾戦へと移るのだが、スピーディーなアクションの中、ギャバンの「ツヤありメタル姿」が映える映える^^

 だが、「蒸着」を解いた後のギャバン(大葉健二)の「いぶし銀」の濃ゆい姿にはまいったまいった^^;

 30年前も、大概 ワイルドだったのだが、更に、「漆を何層にも重ね塗りしたかのようなワイルデスト(ワイルドの最上級^^;)振り」には圧倒された。

 アクションにも淀みなし。

 その姿に、私、いきなり、ジーンときた。

「お前、なにもんだ?!」とゴーカイジャーに問われ、普通の決めポーズの四倍くらいの身振り手振りアクションの果てに、「宇宙刑事ギャバン!!」と叫ぶに至り、「すげぇ」と呟くことしか私には出来なかった・・・^^

 さて、対するゴーカイジャーだが、『ワンピース』ブームに便乗した「海賊戦隊」であることは分かるが、空を飛ぶ帆船タイプのメカは、『アクマイザー3』『光子帆船スターライト』以来で見てて楽しい。

 また、メンバーの5人+αだが、二人の女の子も含めて、みんな今風のモテ顔だ。

 特に、レッド役の男は、けしてギャバンの個性に負けておらず、活きがいい^^

 生意気なのだが、過去、幼少時に、ギャバンと邂逅を果たしており、その時の恩を忘れられない純情さも持っている。

 

 腰までの丈のローブっぽいコートの着こなしが格好いい。

 ゴーカイジャーを、刑事として捕らえたギャバンだが、ゴーカイジャーに罪を着せたのは宇宙警察組織の腐敗だったと知り、ゴーカイジャーを解放しつつ、その出来事を宇宙警察の司令に追求すると捕らえられ、「マクー空間」にある<マクー監獄>に収監されてしまう。

 それを知ったレッドは、救出に向かいたいのだが、「マクー空間」への進入方法が分からない。

 そこにふらりと来たのが、同じく大葉健二が演じた戦隊物の『バトルフィーバーJ』の<バトルケニア>と、『電磁戦隊デンジマン』の<デンジブルー>で、こりゃ、もう「大葉健二・ザ・ワールド」で、そこまでやらなくちゃならない必然がないのだが、たまらなく面白い^^

 かくして、「Wケンジ」の助言で、ゴーカイジャーは「マクー空間」へ。

 マクー監獄への突入には、既存の建物をうまく使った「異界の監獄」の雰囲気を醸しつつ、突入。

 そして、館内の牢屋には、これまでの「戦隊」シリーズの悪役たち(色っぽい女敵方含む)がランダムに捕らえられていて、小芝居を見せてくれる^^;

 シリーズのファンには、たまらないだろうな^^

 甥っ子は、「あれ? この人たち、知ってるぞ!」と驚いていた。

 私も、知りゃしないのだが、元から知っているつもりで、その懐かし感覚を楽しむのだった。

 これは、完全に、『ワンピース』の<インペルダウン>編での、それまでの敵役の面々の復活と同じ展開である。

 こういうのは楽しい。

 また、ゴーカイジャーは、過去のヒーローに変化できるらしく、「戦隊物」過去作から、バンバン ヒーローが現われた。

 『ジャッカー電撃隊』の<ビッグ1>まで登場するんだから、楽しい。

 おっと、ゴーカイジャーの変化とは関係ないが、「スーパー戦隊」シリーズの、次の主役たちまで登場し、戦ってしまう大盤振る舞いには感動しきりだった・・・。

 また、監獄館内に進入したゴーカイジャーを戸惑わせるために、各階に「マクー都市」を出現させるのだが、その、各階のビジュアルが、石畳の町であったらい、海であったり、林であったり、採石場であったりと、センス・オブ・ワンダーに溢れていて、その中でのメンバーのアクションがかなり白熱していた。

 特に、レッドvs偽ギャバンのバトルは、長いのに飽きずに見てしまった。

 そして、その脱出シーンは、本格ミステリ的な意表を衝いた「突き抜け具合(底抜け具合か^^;)」で、非常に愉快痛快で感心させられた。

 そして、ギャバン救出後の、最終決戦でのバトルも、面白かった。

 最後の変身をするのだが、ギャバンのバトルスーツ蒸着後、すぐに、その「0.05秒の蒸着プロセスを見てみよう」と解説ナレーションが入る。

 ツボを心得ているぅ~。

 おまけに、本来のテレビ版では、そんな描写はないだろう、ゴーカイジャーの「0.18秒の変身シーン」のプロセスまでも見せてもらえ、実に痒いところに手が届く演出であった。

 惜しむらくは、クライマックス、ゴーカイジャーの空飛ぶ帆船が、いきなり、次のシーンで巨大ロボットに変化していた描写カット不足と、

 ギャバンの宇宙船のデッキに叶和貴子がいなかったことだ。

 多分、叶和貴子などは、いまだに美しいはずなのであるが・・・^^v

                                                   (2012/02/15)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [手塚治虫の『七色いんこ』に... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おくやぷ)
2012-02-16 05:40:20
よかったですね!
熱くなりました
胸のエンジンに火が点いた

アニーさんのど下手な歌も好きです
おくやぷさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-02-17 22:52:43
なんか、東映は、次回もとてつもない「ヒーロー大集合」をやるみたいですね。
ザンギャックとショッカーが組むとか?

森永奈保美の、小さな離れた目は、その魅力を大人じゃないと分からないような気が、当時、しました^^;
TBありがとう (Brian)
2012-02-18 21:41:31
こんばんは。
TBありがとうございました。

アクションスター「大葉健二」衰え知らずといった感じでしたね。
世代が跨って楽しめる特撮ものって、ほんとに良いですね。
来月発売予定のDVDで、また楽しむ予定です。
Brianさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-02-21 22:13:55
東映ヒーローは、効果的な組み合わせをしますよね。

円谷プロは、もとからヒーロー競演をやっていたので、いまいち、新鮮さに欠けます。

>>来月発売予定のDVD

ギャバン世代の弟のために借りてこよう^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』 実は40周年記念作! (映画のブログ)
 『宇宙刑事ギャバン』が『特捜戦隊デカレンジャー』と世界観の整合を図っていたとは知らなかった。  ギャバンは銀河連邦警察の刑事だったはずなのに、『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOV...
『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
ギャバンかっこえー! 大葉健二まじスゲー! ・・・としか言いようがないですな。 冒頭はいきなりゴーカイガレオンを襲撃するドルギラン。そして地上に降りてのゴーカイジャーVSギャバンの立ち回りになるのですが、ここでのギャバンの強さがハンパない。この時は5人...
今日の海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE (地下室で手記)
映画見てきました。 事前情報から分かっていた事ですが、大葉健二祭ですね! ギャバンとしての生身のアクションだけではなく、曙四郎、青梅大五郎と3人が同時画面に映りますからね。 似ているだの何...
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン 感想 (絶対無敵?ラリアット日記!(分家))
今日は、なんばパークスシネマで観てきた海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンの感想です(※ネタバレ注意!) 冒頭はゴーカイガレオンVS電子星獣ドルそしてゴーカイジャーVSギャバン 5対1でもギ...
胸のエンジンに火が点いた! ゴーカイVSギャバン 【映画】 (as soon as)
おとこなんだろうお~~ グーズグスするなよぉ~ 胸のエンジンに~ 火をつうけろぉおおお~ 大葉さんスペシャル! 最近の傾向としてオールスターやコラボ、 とにかく出す なんでも出す 繋がってな...
ゴーカイジャーVSギャバン (ひびレビ)
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」を観てきました。 鎧が夜食の買出しに出かけている最中、ゴーカイガレオンが謎の宇宙船に襲われた。反撃を試みたゴーカイジャーだったが、宇宙船から分離したロボットの竜の攻撃を受けて墜落。ガレオンから降りてきたゴーカ...
海賊戦隊ゴーカイジャーvs宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE 感想。 (色・彩(いろ・いろ))
初日に行って来ました。いや、TVブロスの表紙にも驚かされましたが、 どんだけギャ
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」 よろしく勇気 (はらやんの映画徒然草)
今年しかできなかったであろう、スーパー戦隊と「宇宙刑事ギャバン」の奇跡のコラボ。
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」 (みんなシネマいいのに!)
 東映の興行収入は、仮面ライダーとスーパー戦隊物に依存していることは言うまでもな