『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『スノーホワイト』を見た]

2012-06-15 22:16:55 | 物語の感想
☆う〜ん、ユニバーサル映画100周年作品。

 『バトルシップ』も良かったけど、見終えて思うに、この「スノーホワイト」も「同じテイスト」で、頑張って作られてますね^^

 誰もが知っている「白雪姫」を、世界構築型ファンタジーとして、豪快かつ繊細、更には、ややダークなアレンジをしていて、面白かったっス。

 (そもそもの、本来の「白雪姫」もダークなんですけどね・・・)

 ダークさは、例えばティム・バートンに監督を任せたりすると、彼の独自のこだわりに支配された世界になってしまうのだろうが、

 今作品での、ルパート・サンダース監督による雰囲気作りのダークさは直球で、

 一番にダークであらねばならない「女王(シャーリーズ・セロン)」が、陽性に美しいのが意表をついて良かった。

 うん、その登場シーンからして、囚われの「いい女」なんだよね。

 「白雪姫」の女王と言うと、どうしても「意地悪なきつい顔」を思い浮かべてしまうのだが、今作の女王は美しい。

     

 ・・・作品の斬新な真新しい手触りとしては、『ロード・オブ・ザ・リング』的な大河性を持たせていることだろう。

 それは、スノーホワイトの逃避行の旅路に、多くの事件を絡めて、人々や村々、ファンタジー・ギミック(「もののけ姫」からの影響が多く見える。シシ神さま出てたし^^)をふんだんに配していることに成功している点だ。

     

 『ロード・オブ・ザ・リング』のような哲学はないが、誰もが昔から見知っている物語が基底にあるので、

 その童話との「照らし合わせ」の作業が、物語に重層性を持たせていたと思う。

 魔法の鏡や毒リンゴ、七人の小人をうまく出していたと思う。

 惜しむらくは、「ハイホー!」の歌が使われなかったことかな。

 まあ、あれはディズニーアニメのほうの要(かなめ)でもあるからダメか。

 しかし、悪の女王に乗っ取られた城は、ディズニーのタイトルロゴのシンデレラ城みたいだったね^^;

 スノーホワイトは可愛くて美しかったが、女王への反旗を決断し、ジャンヌ・ダルク張りに「フォロー・ミー!」と演説を始めた頃から、なんか顔が神妙になってきて、

 「あっ! この深刻な表情は記憶にあるぞ!」と思い出したら、この子、「トワイライト」の馬鹿ップルの女(クリステン・スチュワート)のほうじゃん!!!

 でも、やっぱ綺麗だわ^^

 今回の「白雪姫」の一番の驚きは、毒リンゴで眠らされたスノーホワイトを目覚めさせるキスの相手が、見ているこちらに「容易には分からせない」ことだった^^

 物語には、幼馴染の王子がいて、更に、スノーホワイトを導く「うらぶれた狩人」がいる。

 この二人のどちらがヒーローとなるのか?

 私は、「ドラクエ5」での、結婚相手選びにおいての「ビアンカorフローラ」みたいな不思議な興味が起こりましたよ^^

 しかも、最後は、スノーホワイトさん、「ローマの休日」みたいな「大人の決断」で物語を締めます、ありです!^^

 これがディズニーだったら、スノーホワイトが女王となるも、男と抱擁しての大団円となってしまいそうですな^^;

 ・・・おっと、書き忘れていたが、この作品では、やたらと「涙目(潤んだ瞳)」が、演技の核として強調されていましたな^^

 それから、見終えて思ったのだが、どうにも、今後、この「スノーホワイト」は、「悪の女王」に成長してしまうような気がしてならない・・・。

                                                   (2012/06/15)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [クソ味噌一緒の中国共産党] | トップ | [映画『愛と誠』を観た] »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-06-19 18:17:08
TBありがとうございます。

白雪姫の目覚めは、
気になるポイントでした!!

そう来たか!と.....

邦題はともかく、原題は罪ですヨネ...^^;
yutake☆イヴさんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-06-19 23:53:17
こんばんわ^^

>>白雪姫の目覚め

ここは本当に新機軸でしたよね^^

原題はネタバレ!!^^
宮崎H氏 (幸子)
2012-06-22 00:19:43
シシ神様みたいなのが…(笑)
まんまパクリと食べちゃいました。
幸子さんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-06-25 18:43:49
あれは、「パクリ」と思わないで、駿監督が、世界のスタンダードになったと思いましょうや^^v
変わりまくる白雪姫人物像 (zebra)
2012-11-12 13:43:34
そのうち物語は 年月が流れるたび内容が塗り替えられていく気がします。

 白雪姫はプロレスやカンフーなど格闘技の達人で自分を襲う刺客を  ドレス姿でジャーマンスープレックスやパイルドライバーを繰り広げるわ
 剣で襲ってきた敵に よけると同時に バク転蹴りや空中高く飛んだと 思ったら 敵の後頭部をかかと落としを食らわしたり・・・ 
 いつ"アメリカンコミックヒーロー化"したとしても おかしくないかも^^ 


 悪役の継母は
実は 村の子供たちから慕われている アニーサリバンのごとく教育者で慈愛の女性。
 「鏡よ、鏡…」でも 「この世で誰もが幸せにくらせるには どうしたらいいのですか?」 と 問いかける人とか・・・


 王子は王子で 死〇愛好家である他に ギャンブルと女性関係に だらしがなく 治めている国の財政が破綻寸前だったり 村の女性を見ると見境無く手をだして 何人かを妊娠させてしまい、表ざたにならないようお金で解決して表面をとりつくろう クズ野郎 だったとか

>それから、見終えて思ったのだが、どうにも、今後、この「スノーホワイト」は、「悪の女王」に成長してしまうような気がしてならない・・・。
 愛と平和のために戦うといっておきながら 女王の権力を握ると 傲慢に なるかもしれません

 あるいは スターウォーズシリーズにおいて ジェダイの情熱あふれる剣士アナキン・スカイウォーカーが 悪の帝王ダースベイダー に 変わっていくみたいに・・・


 やっぱり グリム童話って 怖いわ・・・・
zebraさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-12 21:10:24
こんばんわ^^

>>そのうち物語は 年月が流れるたび内容が塗り替えられていく気がします。

オリジナルに物足りなさを感じると、そうなるでしょうね。

でも、「西遊記」が「ドラゴンボール」になったみたいに、著作権なんか関係ない、それを超えたスタンダードとして「白雪姫」が存在したと考えれば納得ですね^^

>>ドレス姿でジャーマンスープレックスやパイルドライバーを繰り広げるわ
>>剣で襲ってきた敵に よけると同時に バク転蹴りや空中高く飛んだと 思ったら 敵の後頭部をかかと落としを

「シュレック」の姫って、そんな感じですよね^^(実は見てないのだけど^^;)

「権力は腐敗する」と言う格言もありますし、いつの間にやら正邪逆転するのが世の習いでしょうか?
ラヴェンナも白雪も・・・ (zebra)
2013-05-15 12:15:20
ふたたびDVDでみました。
あらかじめ 断っておきますが おとぎ話の夢をぶち壊す内容のコメントです。

>一番にダークであらねばならない「女王(シャーリーズ・セロン)」が、陽性に美しいのが意表をついて良かった。
 
蘭さんが 以前 TB(Tバックじゃないよ^^) されましたみぃみさんのブログでは 
http://mitsuhibinikki.seesaa.net/article/273389885.html

1、>ラヴェンナ女王の「黄金の輝き」と、スノーホワイトの「白銀の輝き」。(←この部分・・・”黄金と”白銀”じゃ 白銀は2番手じゃぁん!って思いましたが・・・)

2、>シャーリーズ・セロンのベテランの艶やかな輝きと、クリステン・スチュワートの若々しく溌剌とした輝き。

3、>美しく生まれた二人の女の子。
一人の女の子は「愛情に満ちた清らかな血」に恵まれ、
一人の女の子は「憎悪に満ちた汚れた血」を背負う。

みぃみさんの記事では比較対象がうまかったんですよ。
 でも、もうひとつ肝心なのは ラヴェンナにも白雪にも"黄金"と"白銀"の部分だけでなく もうひとつの一面 "黒"の部分が あるからこそストーリーも成り立ちます。
 ラベンナ自身の 黄金の美貌と権力の執着、白雪への若々しい美貌への嫉妬、 彼女の心臓を得るための白雪暗殺指令だして 実行部隊送り込み

  ラヴェンナのこれらの権謀術数 まちがいなく"黒"の
部分じゃないですか。

>見終えて思ったのだが、どうにも、今後、この「スノーホワイト」は、「悪の女王」に成長してしまうような気がしてならない・・・。
>「権力は腐敗する」と言う格言もありますし、いつの間にやら正邪逆転するのが世の習いでしょうか?

 蘭さんの記事での指摘や返信コメでの指摘 どおり
白雪もまた "黒"の部分を出す可能性があります。
純真無垢な"白銀"の輝きだけでは 生きていけないかもしれません・・・残念ながら



zebraさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-05-16 00:39:10
この作品について、これだけの考察をしているzebraさんは、この作品を、なんだかんだと好きなのでしょう^^

この「スノーホワイト」は三部作だとか言われていましたが、

やっぱ、二部では、一度、白雪姫をダークサイドに落とさなくてはならないと思うのですよね。

それでこそ、新「白雪姫」としてのオリジナリティっス!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「スノーホワイト」みた。 (たいむのひとりごと)
「白雪姫」といってパッと脳裏に浮かぶのはやっぱりディズニーの白雪姫だと思うわけで、そうした定番イメージを覆すような、かといってグリム童話そのまんまな”大人の白雪姫”でもない、ややダークテイストの効いた
スノーホワイト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Snow White and the Huntsman。ルパート・サンダース監督、クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン、ニック・フロス ...
スノーホワイト (だらだら無気力ブログ!)
まさかの「もののけ姫」。
スノーホワイト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
スノーホワイト (竹書房映画文庫)クチコミを見る覚醒した白雪姫が邪悪な女王に挑戦状を叩きつける「スノーホワイト」。この話、王子サマなんていらないんじゃないの?!恐ろしい魔 ...
スノーホワイト/Snow White and the Huntsman (LOVE Cinemas 調布)
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリック...
スノーホワイト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN】 2012/06/15公開 アメリカ 127分監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・....
スノーホワイト (心のままに映画の風景)
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ...
劇場鑑賞「スノーホワイト」 (日々“是”精進! ver.F)
スノーホワイト、いざ戦いの時… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206150000/ Snow White & The HuntsmanSoundtrack Republic 2012-05-29売り上げランキ...
『スノーホワイト』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い!ただ盛り上がってほしい場所では全然盛り上がらない脚本のまま続編製作決定は早計すぎるのでは? グリム童話「白雪姫」をダークファンタジーにアレンジしたこの ...
スノーホワイト (Akira's VOICE)
中途半端が点在していて立ち上がる心が整わない。  
『スノーホワイト』 2D字幕 (pure breath★マリーの映画館)
                  漆黒の闇が訪れる時、私は戦う。 グリム童話 誕生200周年作品 『スノーホワイト』 監督・・・ルパート・サンダーズ 脚本・・・エヴァン・ドアティ 出演・・・クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘ....
映画:「スノーホワイト」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年6月16日(土)。 映画:「スノーホワイト」。 監  督: ルパート・サンダーズ 脚  本: エヴァン・ドアティ 衣装デザイン: コリーン・アトウッド キャスト: クリステン・スチュワート(スノーホワイト)       シャーリーズ・セロン (ラヴ...
映画「スノーホワイト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。 グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたアドベンチャー作品。 主人公のスノーホワイト(白雪姫)にクリステン・スチュワート、悪...
スノーホワイト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 戦う白雪姫、新しい神話がココに始まる。
スノーホワイト (とりあえず、コメントです)
グリム童話の白雪姫をベースに、思いっきりダークなファンタジーに仕上げた作品です。 年末からずっと予告編を観ていたので、この“戦う白雪姫”の公開を楽しみにしていました。 美しさだけでなく、本当に戦っている白雪姫でした〜
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
スノーホワイト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
戦いのシーンも迫力満点であり、魔法使いの女王の悪役ぶりもいい。スノーホワイトのクリステン・スチュワートと女王のシャーリーズ・セロンがはまっている。中世ヨーロッパは飢饉などがあって何かと暗い時代であり、未来を切り開く展開が勇気をもらえる。
スノーホワイト/SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN (いい加減社長の映画日記)
白雪姫かぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。 この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。 しかし、スノーホワイト....
★スノーホワイト(2012)★ (Cinema Collection 2)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN “おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる! この夏、世界は、初めて出会う。 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/06/15 ジャンル アクション/アドベンチャー/ファ...
スノーホワイト 自然に逆らうものと、自然と共生するものの闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -2-】 今年の父の日は何事もなく終わった・・・( ̄ω ̄;)エートォ... 白雪姫ってディズニーのアニメとその絵本でしか知らないが、もともとグリム童話なんだから、ディズニーでのお話しと違ってかなり残酷なお話しなんだろうとは思っていた、だからこの映画は、そ...
スノーホワイト (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Snow White and the Huntsman監督:ルパート・サンダース出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーンまた!三角関係かよっ!!
映画『スノーホワイト』観てきたよ〜〜 (よくばりアンテナ)
Do you know the story of snow-white? She is a very beutiful princess. But her mother does not like her. Her mother is the Queen. She is a very bad woman.   って、小学校の時にスピーチコン...
スノーホワイト/シャーリーズ・セロン (カノンな日々)
予告編を目にするといつも思うことがありました。グリム童話『白雪姫』の名シーンの1つでもある女王が「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるあのシーンなんですけど ...
スノーホワイト (tom's garden)
監督:ルパート・サンダース、衣装デザイン:コリーン・アトウッド、音楽:ジェームス・ニュートン・ハワード 出演:クリステン・スチュワート、シャリーズ・セロン、クリス・ヘムワース、サム・クラフリン 戦う白雪姫。 悲しき悪の女王。 そして、守れなかった後...
映画『スノーホワイト』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ルパート=サンダーズ。脚本、エヴァン=ドーハティ、ジョン=リー=ハンコック
映画『スノーホワイト』★ 白雪姫vsシャーリズ女王〜存在感の分(ぶ)はシャーリズにあったような(*^_^*) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157154/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ≪継母・女王に毒りんごを食わされて 1 度死んだ白雪姫は 王子様のキスで蘇り、幸せ...
スノーホワイト  みました♪ (★ Shaberiba )
ダークでゴシックな映像美にヤられた〜。
スノーホワイト  みました♪ (★ Shaberiba )
ダークでゴシックな映像美にヤられた〜。
マイティーソーと7人のおっちゃん(違)〜「スノー・ホワイト」〜 (ペパーミントの魔術師)
お姫様が強くなっちまったら、どんどん「王子様不在のアクション映画」に なっていきそうだね〜。この手の作品。 そのうち、スリーピングビューティも 「眠れる森のイケメン」になっちゃって 鎧甲冑のアマゾネスみたいなやつが助けにいくんじゃないか?(わわわ) そり....
新『スノーホワイト』いいところもあります (Healing )
スノーホワイト ★★★3.5 童話の世界には、やっぱり 教訓がつまっている 私は結構、おもしろいと思いました。 こういうお話はやっぱり悪役が効いてないと! 「鏡よ、鏡」と、自分の美しさと若さを確認するために問い、 “抗加齢”のために魔力を使いまくる ラヴェンナ女...
「スノーホワイト」 下馬評と違う(○゚ε゚○) (ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て)
アリス・イン・ワンダーランドのスタッフが贈る最新作[E:happy01] グリム
「スノーホワイト」 下馬評と違う(○゚ε゚○) (ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て)
アリス・イン・ワンダーランドのスタッフが贈る最新作[E:happy01] グリム
『スノーホワイト』 (大吉!)
<金曜日> (ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・シネマカード鑑賞・吹き替え版・13時〜) ”戦う白雪姫”の話という事で、ちょっと楽しみにしていました。 ストーリーとしてはグリム童話のあらすじを参照(笑)。 スノーホワイト役は、トワイライトシリーズの...
スノーホワイト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月23日(土) 20:00〜 ユナイテッド・シネマ豊洲7 料金:1000円(割引) 『スノーホワイト』公式サイト 白雪姫。 シガニー・ウィーバーの鬼婆のがあったが、あっちは観ていない。 今回の悪役は、シャーリーズ・セロン。クリステン・スチュアートもベラでない...
『スノーホワイト』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのス...
スノーホワイト        評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
グリム童話「白雪姫」をモチーフに、悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインの姿を描くアクション・アドベンチャー。監督は、CM界で華やかなキャリアを築き上げ、本作が長編デビューとなるルパート・サンダース。出演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュ...
美しさは権力なのか 『スノーホワイト』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
「スノーホワイト」(2012) (INUNEKO)
見てきた。 みんなアメージングスパイダーマンの先行上映に流れてるかと油断してたら前の方しか空いてなくて首と目が痛い。 映像はこれまでの作風から予想されていたほどスタイリッシュではなかったけど、ロケ中心の撮影のおかげでウソっぽくならなくて「リアルな童話」で...
映画「スノーホワイト」@品川プリンスシネマ (新・辛口映画館)
 公開2週目、日曜日の夜。上映館となったシアター9には30名弱くらいの客入りだ。   スノーホワイト (竹書房映画文庫)竹書房 リリー・ブレイク Amazonアソシエイト by
スノーホワイト (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「スノーホワイト」監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート(『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』『エクリプス/トワイライト・サーガ』)シャ ...
「スノーホワイト」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 グリム童話の中でも特に人気の高い物語「白雪姫」を、「アリス・イン・ワンダーランド」のスタッフが大胆にアレンジ。「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート主演、邪悪な女王役に「モンスター」のシャーリーズ・セロンを起用した、エピック・ファンタジ...
スノーホワイト <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
「   7月18日(水)に観に行ってきました  字幕でございます   想像してたより 怖かったなぁ    基本的なとこは ディズニーの「白雪姫」やねんけど   全体的には丸で別もん  なんたって スノーホワイトが戦うんやもん...
映画『スノーホワイト』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチ...
スノーホワイト (銀幕大帝α)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) −監督− ルパート・サンダーズ −出演− *クリステン・スチュワート『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』・・・スノーホワ...
スノーホワイト (いやいやえん)
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力っても
スノーホワイト (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
スノーホワイト '12:米 ◆原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN ◆監督:ルパート・サンダース ◆出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン ◆STORY◆とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のよ...