『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『西の魔女が死んだ』を観た]

2008-06-28 10:56:31 | 物語の感想
☆悪い映画じゃないんだけど、

なんか、小学校の時、学年で視聴覚室に集められて見た映画のような、純文部省推奨作品的な潔癖感が感じられる作品だった。

・・・学校で孤立し、登校拒否に陥った主人公の娘(高橋真悠)が、祖父の死後、山間の山小屋で一人住む、英国人だった祖母(サチ・パーカー)のもとに預けられるのだ。

両親と微妙な齟齬があり、車に揺られて山道を行く情景は、『千と千尋の神隠し』の冒頭と似ていて、

全体の雰囲気も、似ているような気がした。

近所に住むやさぐれた男・木村祐一や、庶民性を届けてくれる郵便配達員の高橋克実など、いかにも、薄められた「油屋」のメンバー的な個性が感じられる。

人(それぞれ、客のためであったり、自分のためであったり)が過ごすための仕事をこなしていく様も、似ていた。

   ◇   ◇

『西の魔女・・・』では、その主人公マイが、田舎の生活を体験している様が丹念に描かれている。

しかし、その丁寧な撮りかたが、物語にちゃんと密着しているのだろうか?

私には、その方法論の是非が分からずに、作品全般を通して違和感があった。

レタスエッグサンドイッチやブルーベリージャムのつくり方を順を追って語られても、・・・田舎での足踏み洗濯のさまを長々と見せられても、いまいち意味が分からないのである。

そういったイベントを通して、マイの変化を、作り手側は描きたいのだろうが、こんなにも冗長である必要はない。

これらの行為は、後々(エピローグ時)に効果を発するわけでもない。

私は、ジョン・カーペンター監督の『ゼイリブ』での、「異星人を見破れるサングラスを掛けさせるための、延々と続けられたストリートファイト」を思い出した^^;

ならば、両親との関わり合いを、もっと念入りに描いてしかるべきだろう。

お母さん役のりょうの心境の変化を「お茶漬けサラサラ」「不在の娘の部屋眺め」で済ませてしまうのも中途半端に辛い・・・。

この物語における両親の存在は、取ってつけたような「オチつけマン」的な存在でしかない。

   ◇   ◇

「西の魔女」役であるサチ・パーカーさん、シャーリー・マクレーンの実の娘さんだそうだが、

スピリチュアルな世界に没入してしまったお母さんに対し、

今回は、「西の魔女」とは呼ばれているけれど、

純自然を友とするおばあちゃんを演じている。

その演技は、マゴリアムおじさん(ダスティン・ホフマン)クリソツだった^^;

目元や、相手に安心感を与えるような口もとなんか、双子にも思えた。

ダスティン・ホフマンが「西の魔女」を演じても違和感がなさそうだった。

思えば、ダスティン・ホフマンは『トッツィー』で女装をしていたものだ。

懐かしいなぁ^^

   ◇   ◇

「西の魔女」の清潔感は、物語のテーマ性に関わるので良いとして、

主人公マイ役の色気のなさたるや、何ごとであろうか?

なんか、「少女」としての魅力が皆無なのである。

私は、自分の姪っ子を見せられているような居心地の悪さを感じられた(非常に似ている)。

せっかくの「少女」なのである。

少しくらい、私をときめかせて欲しかった。

「西の魔女」なんだから、『いちご100%』の「西野つかさ」くらい可愛かったら良かったのだが・・・^^;

私は、松浦亜弥のコンサートのチケットを貰い行ったことがあるのだが、その魅力のなさにシラけながら観て、だが、彼女がヘソ出しルックに衣装を変えて出てきたトコだけは、そのウエストの美しさに見惚れた。

しかし、高橋真悠には、そんな魅力もなかった。

高橋嬢の素材は悪くないのだから、作り手の責任である。

ミミズやナメクジを見て、驚いて尻餅をつくパターンが何度かくり返されるが、全く萌えない。

そういった指向の作品でないのは分かるが、そういった要素を描けなければ、総合芸術と呼ばれる映画ではないのだよ・・・。

   ◇   ◇

マイは、「西の魔女」と気まずい別れをしてしまう。

次に「会う」ときは、「西の魔女」との永遠の別離の時であった(楳図かずお『漂流教室』の主人公と母親のシチュエーションと似ている)。

取り返しのつかないと思われたことは、「西の魔女」の<魔法>でことほぐれる。

その<魔法>が、物理的には<魔法>とは言えないトコが良かった。

PS.欠点ばかり書きすぎたが、「西の魔女」の<魔女修行>における言葉の中には、私が自身の人生を省みさせるような諌言が散見された。
  私は、ゆっくりとした時間が流れる作品中で、何度か考えさせられた・・・。

                            (2008/06/28)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感 (マダム・クニコ)
2008-06-30 17:11:00
同感です。

まいと両親との関係、祖母と村人との関係、共に希薄で、類型的だと思いました。
いらっしゃいませ、マダ~ム♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-06-30 20:52:54
そうなんですけど、私、けなしすぎかなと後悔もしていまして、
けども、
思い出すと、更に物語自体の希薄さが思い出されてしまうので困っています^^;

でも、この作品が人生上に彩りを加え、青春の活力となる女子中学生がいてもいいとは思っています^^

今年のワーストである『マゴリアムおじさん』や『L:チェンジ・ザ・ワールド』よりは数段良かったです^^

これからもよろしくお願いします☆

TBありがとうございました。 (hal)
2008-07-07 08:26:18
こんにちは。まさしく純文部省推奨作品的という感じでしたね。こういうおばあちゃんと接する機会も少なくなってきたかもしれません。
halさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-07-08 20:45:02
エントリーの中にも書きましたが、マイは私の姪っ子ととても似ています。
で、姪っ子(13歳)は、最近、この映画を観に行ったそうです^^
どんな心境だったのでしょう^^;
ちなみに、姪は、昨日からイギリスに学校行事でホームステイに行きました。
おばあちゃんの故郷に行ったわけです^^

これからもよろしくお願いします☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
観ました、「西の魔女が死んだ」 (乙女千感ヤマト)
マイナーな気分を吹き飛ばすには純粋で綺麗な映画を大きなスクリーンで観るのがよろし
『西の魔女が死んだ』 (ラムの大通り)
----これって鈴木香歩原作、 100万部を超えるベストセラーの 映画化だよね。 シャーリー・マクレーンの娘が出ているんでしょ。 「うん。サチ・パーカーね。 2歳から12歳まで日本に住んでいたというだけあって、 その言葉は流暢。 でも、それも含めて感心したのは、 この映...
「西の魔女が死んだ」 (俺の明日はどっちだ)
さほど大きな期待を持たず劇場に足を運び、予期せぬ展開に思わず感動してしまった英国人の祖母と、不登校になった少女が過ごしたひと夏の物語。 実は、物語の出だしの中学生の主人公が “西の魔女”と呼ぶ祖母のところに母親と一緒に行き新たな生活を始めるあたりでの、...
「西の魔女が死んだ」拒否反応を克服して知った生きる術と魔女の答え (オールマイティにコメンテート)
「西の魔女が死んだ」は梨木香歩原作の小説「西の魔女が死んだ」を映画化した作品で、登校拒否になった少女が1ヶ月間田舎の住む祖母の家で暮らす1ヶ月間で自分を見つめ直していく姿を描いたストーリーである。登校拒否が色々問題視されるが、その根本的な問題を正面から...
西の魔女が死んだ 45点(100点満点中)08-210 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
西の魔女から東の魔女まで素敵な夢を届けます 公式サイト 梨木香歩の同名児童文学を映画化。 イギリス人の老婆が一人で日本の山奥に住んでいる、との、現実感の薄いシチュエーションだからこそ浮かぶ、良い意味でリアリティの欠落したビジョンという、原作を読んで...
*西の魔女が死んだ* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活...
映画『西の魔女が死んだ』 (健康への長い道)
日付が変わってしまいましたが、続き。 2本目は同じビルにある梅田ガーデンシネマで16:20から『西の魔女が死んだ』。今年ようやく20本目です。このペースでは目標の年間50本は遠い・・怜・。 原作が元々は児童文学ということで、こちらは親子連れのお客さ...
西の魔女が死んだ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。 梨木香歩原作。長崎俊一監督、サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋、高橋克実、木村祐一。八ヶ岳山麓の別荘地らしき所に一人暮らしするおばあちゃん(サチ・パーカー)はイギリス人の祖母で未亡人。ちなみに個人名はない。
映画「西の魔女が死んだ」 (moyu's junk box)
梨木香歩の小説の映画化。moyuの大好きな小説です。
西の魔女が死んだ (いい加減社長の映画日記)
普通だとあんまり観ようと思わない作品なんですが。 予告編を観て、ちょっと気になっていたので、日曜のレイトショーで「西の魔女が死んだ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、日曜の夜9時過ぎだと、人はさすがに少ない? 「西の魔女が死んだ」は、中くらいのスクリーン...
西の魔女が死んだ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
おばあちゃんの知恵袋という言葉が浮かぶ優しい映画だ。“西の魔女”と呼ぶ英国人の祖母と、不登校になった少女が過ごしたひと夏の思い出を描く。魔女の力とは、何でも自分で考えて自分で決めること。少女の変化が綺麗事に見えなくもないが、それでも作品に好感が持てるの...
西の魔女が死んだ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
yahooでオンライン試写会・・・久しぶりに当選しました。まぁ、当選者数、今回多いからかもしれませんが(笑)『西の魔女が死んだ』劇場の予告で観て魔女(祖母)を演じるサチ・パーカーの風情にちょっと惹かれるものがあったので画面は小さいながら、早く観られることがラ...
「西の魔女が死んだ」 (てんびんthe LIFE)
「西の魔女が死んだ」試写会 東商ホールで鑑賞 梨木香歩のベストセラー小説の映画化。 私たちが子供のころにはこういった作品はなかったけれども、最近の若い人たちはこういう作品が読めていいですね。 図書館司書をしている友人の話によればこの作品は毎年毎年人気...
小さな畑あるいは「西の魔女が死んだ」 (再出発日記)
この五月に死んだ父親は小さな畑を残した。畑仕事が趣味の一つだった彼は、最期の日々にいろいろ種付けをして、半年の間に食べきれないほどのキャベツやら、ブロッコリーやら、いろんな花を実らせた。死んだときには白い紫蘭が満開だった。(この花の名前がずっとわからな...
I Know…(映画/ネット試写会:西の魔女が死んだ) (美味!な日々)
何かの試写会で予告を見てから、見たい見たいと思っていた映画『西の魔女が死んだ』をYahoo!!のネット試写会(おうちで上映会)で観ることができました。
「西の魔女が死んだ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「西の魔女が死んだ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋、高橋克実、木村祐一、他 *監督・脚本:長崎俊一 *原作:梨木香歩 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ...
「西の魔女が死んだ」:月島三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}“月島児童館”っていうくらいだから、ここには児童書もいっぱいあるんだろうな、きっと。 {/hiyo_en2/}「西の魔女が死んだ」とか? {/kaeru_en4/}そうそう。学校へ行かなくなった中学生の女の子が、田舎のおばあちゃんの家で魔女修業をするっていう物語。...
学校では教えてくれない大切な事。『西の魔女が死んだ』 (水曜日のシネマ日記)
登校拒否になった少女と祖母の物語です。
西の魔女が死んだ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  長野の山奥に住む外人のおばあちゃんと、神経過敏症で登校拒否を続ける孫娘の共同生活が始まった。最初チラシを見たとき、てっきり洋画なのだと勘違いしていたが、純然たる邦画なのである。 優しく冷静で淡々としているが、大らかで芯が強く、1人山奥で時給...
最近観た映画のことなど (徒然-栃麺坊)
ここのところ頭の回転が上手くいきません。。。 もともと回転が鈍いんで今更ってことなんですが。。。 頭の中が支離滅裂 でここのとこ観た映画を短く紹介。 『さよなら。いつかわかること』 監督:ジェームズ・C・ストラウス 主な出演者:ジョン・キュ...
西の魔女が死んだ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“西の魔女と呼ばれるおばあちゃんと少女との、驚きと愛に溢れたかけがえのない時間が始る。おいしいワイルドストロベリー・ジャムの作り方、ゆっくり眠れるおまじない、人は死んだらどうなるのか、そして、秘密のメッセージとは・・・”魔女修行“が教えてくれたたく...
「 西の魔女が死んだ(2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【 西の魔女が死んだ】2008年6月21日(土)公開 監督 : 長崎俊一 ...
『西の魔女が死んだ』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活は、まいにとって新鮮に感じられた。...
西の魔女が死んだ (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: 長崎俊一 キャスト おばあちゃん☆サチ・パーカー まい☆高橋真悠 まいの母☆りょう まいの父☆大森南朋 郵便配達のおじさん☆高橋克実 ゲンジさん☆木村祐一 他 【ストーリー】 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり...
【西の魔女が死んだ】 (日々のつぶやき)
監督:長崎俊一 出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大友南朋、高橋克実、木村祐一 「魔女が倒れた。 おばあちゃん、ママのママと二年前私は一緒に過ごした時期があった。学校にいることが苦しくて学校を辞めると言い出した時、学校をお休みしておばあちゃん
西の魔女が死んだ/魂の行方  (マダム・クニコの映画解体新書)
魔女役のサチ・パーカーははまり役だ。品の良さと少ない言葉で、温かくて大らかな 祖母を、これ以上ふさわしい俳優はいないだろうと思わせるほど巧みに演じている 。 魔女とは、英語の「ウィッチ」の訳で、「妖術使い」のこと。ウィッチの語源は、古イギリス語の「賢...
「西の魔女が死んだ」 第6位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 159オープニング土日興収: 4994万円意外に(?)スクリ
西の魔女が死んだ (ぱかぱかwin!)
J:COM独占試写会に参加してきました 会場はなんと映画館、なんか得した気分でした それにしても試写会に来る子供は・・・ウザイ~ 小学校低学年ぐらいの子供には2時間映画は無理ですよ アニメ映画ならまだ知らず、上映開始1時間ぐらいで飽きて 話しを始めるは座...
【映画】西の魔女が死んだ (新!やさぐれ日記)
■動機 りょう ■感想 「魔女」が支配する緩やかに流れる優しい時間 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年...
【2008-150】西の魔女が死んだ The Witch of The West is Dead (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 魔女が倒れた。 もうだめみたい 人はみんな 幸せになれるように できているんですよ
【映画】西の魔女が死んだ (芸術に恋して★Blog★)
映画「西の魔女が死んだ 」はオープンセットがとても美しい、人として生きることについて考えさせられる映画だ。 物語は学校での人間関係に疑問を持ち、登校拒否になってしまった中学生の"まい"と田舎で一人暮らしをしているま
西の魔女が死んだ (映画) (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
 梨木果歩の原作が好きだったので、見たいと思っていた作品。  とはいえ、原作の内容はすっかり忘れており、こんな展開だったっけ…といった感じだったのだけれど…。  期待しすぎて見に行ってしまったせいか、そこまですごい感動~!ってほどではなかったのが残...
『西の魔女が死んだ』 (灯りをともそ★ろうそく屋日記)
去年から楽しみにしていた 、この本の映画化。 (でも、映画化が不安でもあったんですけど。) 『西の魔女が死んだ』 を観てきた。
『西の魔女が死んだ』 2008-No45 (映画館で観ましょ♪)
魔女の生活は先日亡くなった ターシャ・テューダー さんの様で。 お庭のレタス・裏山のワイルドストロベリー・ニワトリさんから頂くタマゴ...
【映画】西の魔女が死んだ…映画の評価高。ストーリーの評価は微妙。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この週末は夜勤明け以外では久しぶりの二連休で割とゆったりと過ごせております{/face_nika/} 昨日{/kaeru_fine/}はちょっとした買い物に行った後、昼寝{/kaeru_night/} でインターネット{/pc2/}と実に有意義({/eq_1/})な{/face_ase2/}…いや最近こういうゆったり感に欠...
『西の魔女が死んだ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「魔女が倒れた。もうダメみたい」中学3年生になった少女・まい(高橋真悠)に突然の知らせが届く。魔女とはイギリス人の祖母のこと。まいはママ(りょう)の運転する車で、おばあちゃん(サチ・パーカー)の家へ向かう。2年ほど前、学校に行くのが苦痛になって...
(映画)西の魔女が死んだ (ゼロから)
魔女修行を通して、まいを社会生活に復帰させようとするおばあちゃん。ニワトリが獣に殺されたり、隣人の不気味な影におびえたりと様々なことを経験して、成長したまい