『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『舟を編む』を観た(寸評)]

2013-05-12 02:12:26 | 物語の感想

☆いい映画でした。

 イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。

 でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水面の僅かなさざなみのごとき起伏に、私は心を揺り動かされた・・・。

 何よりも、松田龍平の演技が良かった。

 物語は、真面目では済まないコミュニケーションに難ありの男・馬締が、大手出版社の辞書編集部に配属され、15年以上に渡り、広辞苑/大辞林サイズの中型辞書「大渡海」の完成まで携わる中での人間模様を描く。

 ある意味、つまらなさ過ぎる男・馬締の生活が中心に話が展開するのだが、当初こそ、作劇的に「主人公が印象として弱過ぎるのではないか」と思っていたのだが、ジワジワと、馬締の真摯な生き方に心魅かれていく。

 それは、作中の他の登場人物たちの思いと同じだろう。

 私は、物語途中から、馬締に感情移入しまくり、泣いた^^;

 今、思うと、馬締の生い立ちが全く語られないのが不思議なのだが、馬締の人生は、辞書編集部という適材適所の場を得て初めて輝き始めたと言う解釈で良いのだろうと思う。

 ヒロインとなる、凛々しくも人間外のもののような可愛らしさの宮崎あおいと近づいていく馬締の、相手を思いやるばかりにも口ごもる口元の演技など、もう見事である。

 私は、松田龍平の容姿は好きではなかったが、とても愛しく感じられる人物像を完成させていた。

 オダギリジョー、黒木華、池脇千鶴(なんか、かなりチープな可愛さ^^;)らが、現代の切り口を感じさせてくれて、

 加藤剛(この方演じる主幹が、現代語を採取していく様がとぼけていて良かった)、小林薫、八千草薫、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子らが、辞書編纂の重みを伝えてくれる。


 他の登場人物も素晴らしく、確かに、大海をいく「舟を編む」ような辞書編纂作業の根気の長期間を、端折るところは端折り、うまく描いていたと思う。

                                          (2013/05/12)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画『探偵はBARにいる 2 スス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本にも (sakurai)
2013-05-14 14:56:41
馬締の生い立ちまいたもんは、なかったような気がしますが、いかがでしょう。
これはやはり、人となりも重要ですが、いかに辞書が出来ていくのか!!って部分が見せどころなんでしょうね。
石井監督にしちゃ、ずいぶんと真っ向勝負だなあと感じました。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-05-16 00:34:46
本は読んでいないので分かりませんが、
でも、馬締の性格を考えると、これまでの人生も想像がつきますね。
カグヤさんとは子供を作らないのかな。
辞書作りというのは、ひたすらに根気のいる作業だと窺えました^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配...
『舟を編む』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月...
劇場鑑賞「舟を編む」 (日々“是”精進! ver.F)
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
舟を編む (あーうぃ だにぇっと)
舟を編む@東商ホール
舟を編む (Akira's VOICE)
大渡海めっちゃ欲しい。  
「舟を編む」 (2013 松竹) (事務職員へのこの1冊)
出版社のさえない営業マンとして松田龍平が登場したとき、誰もがびっくりしたはずだ。
舟を編む (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...
舟を編む (だらだら無気力ブログ!)
辞書作りって大変なんだな。
舟を編む〜言葉の光と影 (佐藤秀の徒然幻視録)
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
『舟を編む』 (こねたみっくす)
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
舟を編む (迷宮映画館)
日本語っていいなあと思わせる逸品
舟を編む (花ごよみ)
監督は石井裕也。 三浦しをんの同名小説の映画化。 主演の馬締光也役には松田龍平、 馬締が恋する香具矢役には、 宮崎あおいがキャスティング。 先輩役の西岡正志をオダギリジョー、 加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子等、 共演者達もそれぞれ個性的で、 魅力ある人物....
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
「図書館戦争 革命のつばさ」 一番の敵は無関心 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さん原作の「図書館戦争」シリーズの映画化作品になります。 2008年にテレ
舟を編む (2013) 133分 (極私的映画論+α)
 もう一度読もうかな
石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
舟を編む  監督/石井裕也 (西京極 紫の館)
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー 【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ...
No.351 舟を編む (気ままな映画生活)
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、 ...
舟を編む (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
舟を編む '13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に勤...
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...
舟を編む (いやいやえん)
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集...
舟を編む (タケヤと愉快な仲間達)
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 【解説】 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が....