『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『GANTZ - PERFECT ANSWER - 』を観た]

2011-04-24 11:40:51 | 物語の感想
☆原作をなぞった感のある前作とは、かなり趣の異なる、「もう、この世界観は見知っているでしょ?」とばかりに、最初からイレギュラーを連発で見せる展開であった。

 チビガンツ(黒玉)が現実世界に出現し、何やら、人の生き死にを左右し始める。

 で、それを追って、現実世界の捜査官(山田孝之)も意味ありげに動くのだが、私、前作の最後に、この男が登場した時から、<ガンツ・ワールド>の超常性と、現実世界の組織が、あまりにも力の差が歴然としているので、物語上の寄り道にしかならないと考えていたのだが、案の定、作品全体を通して意味が全くないとは言えないが、意味もあるとは思えない奇妙な役割を担っていた。

 なんか無精ヒゲで格好つけているのに、最後には病院のベッドで「妄想家」である^^;

 なんで、この話題を最初に書いたかというと、異界である<ガンツ・ワールド>を実社会に溶け込ませようとする作り手の努力は見当違いだよ、と言いたいのだ。

 <ガンツ・ワールド>においての実社会は背景であり、一般人は犠牲者としてしか存在し得えない。

 ただ、そこでつながり得るのは、主人公・玄野(ニノ)の恋人への愛であり、加藤(マツケン)の弟への情のような、心のつながりの観点しかなく、だからこそ、星人はそこにつけ込む。

 そこに、なんか、<ガンツ・ワールド>と実社会の物語的な折り合いをつけさせるために、あまりにもレベルの違う公安組織の奮闘が描かれるのは、それも重要人物として捜査官を暗躍させるのは上映時間の無駄であった。

   ◇

 私は、先ず、前作で繰り広げられた<対星人>を事務的にタクティクスにこなす玄野らの活躍がダイジェスト的に描かれつつ始まると思っていたが、チビガンツの出現によって、話はいちお、サスペンスフルに展開される。

 なんかお門違いのジャンル展開に、私はやきもきしながら見た。

 何やら、<ガンツ・ルーム>に召喚される玄野までは描かれるのだが、ミッション自体は省略される。

 チビガンツに関わるモデル役の女は、狐目で肌も荒れていて、どうも心にグッとくるものがない。

 意味ありげに彼女がターゲットにする女子校生も、前作の岸本恵(夏菜)に比べたらパッとしない。

 しかし、彼女らや、他の新メンバーが、玄野らと合流し、黒服星人らと戦うに及び、アクション演出が、日本映画史上稀に見る激闘へと大爆発する。

 凄かった。

 舞台は疾走する地下鉄で、閉鎖的な密室であり、しかし、何故か走行の躍動感があるのが異常なテンションを生んでいた(地下鉄であることは、『デスノート』に続いてのロケ許可実績でもあり、また、屋外との合成が容易な点もあるのだろうが、全てが良い方向に作用した)。

 敵が無造作に一般人を殺戮する非情さ、及び、狭い列車内を全く無力に逃げ惑う乗客という絵柄は、正直、このご時世、よくもまあ公開出来たなぁと思った。

 ガタコン・ガタコンと揺れ動き、破れた窓からビュウゥウウーッと吹きすさぶ風の描写などは、ハイテンションの臨場感となっていた。

 そして、そこでは、黒いスーツのメンバーと、ゾンビのように虚ろでありつつ高い身体能力の黒服星人らのバトルがこれでもかと繰り広げられる。

 面白い。

 玄野が、いったんは列車外に放逐されるも、飛ばされつつ車内にいる恋人・多恵(吉高由里子)の逃げ惑う姿を見て、ガンツ・ダッシュでホームを駆けて加速、車内に復帰するガムシャラもいい。

 その後の、黒服星人とのタイマンも、長いのに飽きさせず、最終的には列車輪切りと言う、こちらの予想を裏切るビジュアルを見せてくれた。

 くだんの召喚されし女子高生も、アクションでは、その優等生だった味が、剣道部の主将ででもあるかのような凛々しさで、制服姿の女黒服星人とバトる。

 正直、『エンジェル・ウォーズ』の200倍くらい燃えたし、萌えた!

   ◇

 この後は、そのまま、<ガンツ>の生命維持の危機とともに緊急ミッションとなり、クライマックスになだれ込む。

 救いようのない展開を見せ、痛快さとはかけ離れていくのだが、作り手は、シュールな世界観を万人が共感できる着地点に必死で誘導しようとする。

 しかし、そのテーマ成就にまい進する為に、玄野の恋人がターゲットになり、玄野はメンバーのほとんどを敵に回すという、何とも本末転倒の展開は、見る者の心を解せない思いにさせるだろう。

 私は、『ワンピース』に代表される、昨今の「仲間至上主義」に非常に胡散臭さを感じていて、<個々人の全力の集積こそが「仲間」になるときもある>と考えているのだが、でも、玄野の「児島多恵救済」の懇願に同意する者があまりにも少ない展開は、あまりにもエゴのパーセンテージが高いと思った。

 ここは、仲間の団結こそがセオリーであり、先ずは小島多恵を狙う星人を駆逐してから考えようじゃないか、となるべきだろう。

 玄野の両局の戦闘は、こちらの集中力を分散させてしまう。

 西君などは、最後には「いい味」を出してくれると思ったのだが、「ああ、そのまんまなのね」と寂しくなった。

 また、最後の星人が、加藤や西の姿に変化して戦い続けるのだが、別にクリーチャーにならなくてもいいから、オリジナルな姿でクライマックスを戦って欲しかった。

 仲間の姿だと、絵面も悪いし、敵としての感情移入の方向性もずれる。

 前作に続いて、何やら、主人公のニノ君の写真はネット上では出回っていないので、マツケン君を模した星人の写真をタイトルに載せておきます(それも、作品紹介の写真としては、方向性がずれるよね・・・^^;)

   ◇

 吉高由里子は、なんかもっさりねっとりした役柄をきっちりと演じていた。

 彼女が死ぬシーンは、原作者が目指している「分かりやすい悲劇」を具現化していたと思う。

 ・・・ただ、よくよく考えると、<ガンツ>の謎と言うのは全く解明されてないよね・・・^^;

 しかも、ムチャクチャな指令を幾つも出し続け、何ら誠意と言うか、正義の片鱗も見せず、「ありがとうクロノ君」はないだろうよ^^;

                                                     (2011/04/24)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画まとめ語り 『津軽百年食堂... | トップ | [東日本大震災 (東京の私の思い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-04-24 21:53:52
地下鉄のシーンは、邦画では
最大級のアクションシークエンスに
なっていたのではないでしょうか。
驚きました。
ガンツの謎は、ご指摘のとおり
ほったらかしでしたね。
あまり説明的な話になっても
つまらないけど。
観賞している人たちはガンツの
謎を知りたい人が多かったような
気がします。
シムウナさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-04-24 22:01:14
ですね^^
思い切って、宇宙のシーンなどを出してもいいから、ガンツ誕生の秘密を教えて欲しかった。
最終的に、いちお、ガンツの部屋も復活していたし、
もしかして、ガンツは、下世話な「モノリス」なのかも知りませんね^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「GANTZ PERFECT ANSWER」 何故に人は戦い続けてしまうのか (はらやんの映画徒然草)
前作がいくつかのミッションを通じて、アクションをかなり見せる作りだったのに対して
GANTZ PERFECT ANSWER (佐藤秀の徒然幻視録)
絶え間ない言葉とイメージの更新に関る物語 公式サイト。奥浩哉原作、佐藤信介監督、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼 ...
劇場鑑賞「GANTZ PERFECT ANSWER」 (日々“是”精進! ver.A)
ここは「GANTZ PERFECT ANSWER」レビューのミラー用の記事となっています。 レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201104230003/ 【送料無料】映画GANTZ PERFECT ANSWER 価格:550円(税込、送料別)
GANTZ:PERFECT ANSWER (Akira's VOICE)
ほぉう,これが「完璧なる答え」ですか・・・。 
「GANTZ」 PERFECT ANSER (★ Shaberiba )
ある意味襲撃のラスト!最後まで目が離せなかったー拍手!!
「GANTZ:PERFECT ANSWER」う~ん、パーフェクト?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、実写映画化2部作の2本目!「GANTZ:PERFECT ANSWER」(東宝)。原作はまだ連載中(=未完)なのに、タイトルに「PERFECT ANSWER」とは…、いやはや何とも強気じゃないですか!はたしてどんな結末に...
No.253 GANTZ: PERFECT ANSWER (気ままな映画生活)
【ストーリー】 奥浩哉の人気コミックを、二宮和也、松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の完結編。黒いナゾの球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の敵“星人”を倒すこと ...
「GANTZ PERFECT ANSWER」争い続けた先にみた愛する人を守るため争いを止めるための究極の結論 (オールマイティにコメンテート)
「GANTZ PERFECT ANSWER」は2011年1月に公開された「GANTZ」の続編で、戦い続ける事でしか抜ける事ができない戦いの中で大切な人がターゲットにされ思い悩みながら星人と戦い続けるス ...
GANTZ: PERFECT ANSWER (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アクションが一層派手になって見ごたえはある。でも、ガンツの中に入っている人間らしきものの寿命が来たからそれを保持するために、ガンツの世界での戦いが現実世界にはみ出したというのでは整合性がつかない。ガンツがある部屋は現実世界と遮断されている設定だから、矛...
GANTZ: PERFECT ANSWER (LOVE Cinemas 調布)
奥浩哉の人気コミックを実写映画化した『GANTZ』2部作の後編。ガンツに呼び出され“星人”と戦う玄野たちの前に新に現れる強敵それは…。主演は引き続き『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に吉高由里子、山田孝之、田口トモロヲ、伊藤歩。監督...
『GANTZ:PERFECT ANSWER』 (こねたみっくす)
戦う二宮クンが格好いい!ただそれだけの映画でした。 既視感だらけのアクションに葛藤のない人間ドラマ、何一つ謎が解かれていない世界観に、先の読めなかったアクションから一 ...
GANTZ PERFECT ANSWER (シネマDVD・映画情報館)
GANTZ PERFECT ANSWER 監督:佐藤信介 出演:二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 内容:幼なじみの玄野と加藤は、地下鉄に轢かれて死んだはずなのに、謎の黒い球体GANTZ<ガンツ>が置かれたマンションの一室で意識...
GANTZ: PERFECT ANSWER 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
GANTZ:PERFECT ANSWER (うろうろ日記)
試写会で見ました。前作からそんなに時間が経っていなかったので、なんとかついていけ
映画「GANTZ:PERFECT ANSWER」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「GANTZ:PERFECT ANSWER」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品を、二宮和也と松山ケンイチを主演に迎えて描かれる実写映画2部作の後編に当たります。 前作「GANTZ」、および2011年4月22日にTV放送された...
映画「GANTZ Perfect Answer」  軽いバレ有:GANTZの謎はやっぱり謎のまま。でもそれでいいのか? (珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~)
仕事が忙しくて、いつの間にか震災から1ヶ月以上も過ぎていた。 公開日直前にTVで前作のスペシャル・エディション「ANOTHER GANTZ」が放送された。 それぞれの登場人物+一ネットおたくの視点から、前作の「GANTZ」を語るバージョンだ。 で、ますます勢いづいて...
『GANTZ: PERFECT ANSWER』 (だらだら無気力ブログ)
奥浩哉の大人気マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也と「DEATH NOTE ?デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化した衝撃のSFサスペンス・ アクション、その後編。 召還された“ガンツ”の世界から解放されるため星人との戦いを続ける 玄野たちを待ち受けるさ...
「GANTZ: PERFECT ANSWER」みた。 (たいむのひとりごと)
1月末に公開された『GANTZ』の続編で完結編。最近、特に邦画では最初から2部作・3部作で制作されるケースが増えており、インターバルもほんの数か月でスピード公開されることが多い。個人的には気にいった作
「GANTZ: PERFECT ANSWER」 (みんなシネマいいのに!)
 奥浩哉の漫画を実写映画化の後編。  死んだ加藤生き返らせるため星人との戦いで点
『GANTZ: PERFECT ANSWER』('11初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:55の回を鑑賞。
GANTZ PERFECT ANSWER (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Sound of GANTZ PERFECT ANSWER奥浩哉の人気コミックを2部構成で実写映画化した完結編に当たる本作は、映画オリジナルのラストが見所。ただし、多くの謎を残したままの“完結”には不満が ...
ガリバー旅行記 (シネマDVD・映画情報館)
ガリバー旅行記 監督:ロブ・レターマン 出演:ジャック・ブラック/ジェイソン・シーゲル/エミリー・ブラント 内容:ニューヨークの新聞社で郵便係として働くガリバー。うだつのあがらない彼だが、5年間片思いしている旅行記者のダーシーからバミューダ・トライアン...
GANTZ PERFECY ANSWER (こんな私でごめんあそばせ)
監督 佐藤信介 出演 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 ストーリー 黒い謎の球体―GANTZ(ガンツ)―に召還され、 異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち…… 玄野計(二宮和也)と加藤勝(松山ケンイチ)は、 星人=敵を殺
GANTZ PERFECT ANSWER  監督/佐藤 信介 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮 和也  松山ケンイチ  吉高 由里子  山田 孝之 【ストーリー】 黒い謎の球体-GANTZ-に召還され、異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち…。主人公・玄野と加藤は、星人=敵を殺さなければ脱出できないという理不尽な状況に追い...
映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』  (よくばりアンテナ)
ラスボスはそっくり星人ー?? 加藤のそっくり星人 西のそっくり星人 前編の復習から始まったのはわかりやすいですね。 序盤は5ヶ月前に加藤が死んでしまった後の生活がわかりやすいように、 ...
GANTZ PERFECT ANSWER 虚構と現実との折り合いが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 先日、那智勝浦の道の駅で、でかいタケノコを1本買って帰ってきて妻に預けたら、昨夜は海から帰ってきたらタケノコとわかめの煮物、そして今朝はタケノコご飯、それも見事に俺にとって大ストライクな味付けで湯がき方であく抜きで、素材の良さも相まってさすが我が妻、....
映画「GANTZ Perfect Answer」  軽いバレ有:GANTZの謎はやっぱり謎のまま。でもそれでいいのか? (珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~)
仕事が忙しくて、いつの間にか震災から1ヶ月以上も過ぎていた。 公開日直前にTVで前作のスペシャル・エディション「ANOTHER GANTZ」が放送された。 それぞれの登場人物+一フリーライターの視点から、前作の「GANTZ」を語るバージョンだ。 で、ますます勢いづい...
【GANTZ PERFECT ANSWER】命軽すぎ! (映画@見取り八段)
GANTZ PERFECT ANSWER 監督: 佐藤信介    出演: 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多     山田孝之、田口トモロヲ 公開: 2011年4月 何せ前作の感想すら書いてな...
映画『GANTZ PERFECT ANSWER』  (午後に嵐。)
Sound of GANTZ PERFECT ANSWER(2011/04/20)川井憲次(音楽)商品詳細を見る でも、もう忘れてくれ。 映画『GANTZ』の続編となる、『GANTZ PERFECT ANSWER』を見てきました。 以下ネタバレ入ってますの...
GANTZ PERFECT ANSWER (ダイターンクラッシュ!!)
2011年4月29日(金) 16:25~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1300円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『GANTZ』公式サイト 前編が面白くなかったのだが、田中星人と千手観音だけはツボだったので、観てみたよ。 まったくPERFECT ANSWE...
GANTZ: PERFECT ANSWER/二宮和也、松山ケンイチ (カノンな日々)
今年1月に公開された前編『GANTZ』がなかなか面白かったうえに、この後に続く物語へかなり期待させてくれる幕切れと予告編の謎めいた雰囲気にこの続編はとても楽しみにしてました。 ...
GANTZ : PERFECT ANSWER (Diarydiary! )
《GANTZ : PERFECT ANSWER》 2011年 日本映画 幼馴染の
GANTZ PERFECT ANSWER (食はすべての源なり。)
GANTZ PERFECT ANSWER ★★★★☆(★4つ) 面白かったです!!!単純に映画館で楽しめた。 前作から間をあけずに公開されたのもよかった。 結末はオリジナルストーリーらしいけど、ちょっと切ない。。。 鑑賞後、ふと振り返ると2時間半!は長くないか・・・?...
佐藤信介監督 「GANTZ PERFECT ANSWER」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
4月28日、会社の健康診断がありました。 午前か午後か、仕事明けで受診することに よし!午前中、映画を観て、午後から健康診断を受けようと で… 何を観るか? 眠くならない映画が良いなぁ~思って、これにしました(^-^)b 公式サイト⇒http://gantz-movie...
映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』 (闘争と逃走の道程)
 『GANTZ』完結編。様々な謎を積み残した前作を受けて、タイトルも『PERFECT ANSWER(完璧な答え)』と大きく出た本作。いったいどんな“PERFECT ANSWER"を見せてくれるのでしょうか。(前作のレビューはコチ...
「GANTZ perfect answer」 (大吉!)
<土曜日> (4月29日・ユナイテッドシネマ・13時15分~・151分) 黒い謎の球体―GANTZ(ガンツ)―に召還され、異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち……。主人公・玄野と加藤は、星人=敵を殺さなければ脱出できないという理不尽...
映画「GANTZ:PERFECT ANSWER」 (FREE TIME)
5月1日のファーストデーに映画「GANTZ:PERFECT ANSWER」を鑑賞。
『GANTZ:PERFECT ANSWER』 それでは、ちいてんします。 (コナのシネマ・ホリデー)
すべての謎を積み残したまま終わった『GANTZ』。そのエンディングで明かされた後編のタイトルが『GANTZ:PERFECT ANSWER』とくれば、謎の答えが明かされると思うのは当然でしょ?しか~し、ぼくは大人だ。頭の片隅でちゃんと分かっているのだ。そのPERFECT ANSWERが意味す....
映画 ガンツ (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年5月2日(月)。 映画:「GANTZ:PERFECT ANSWER」。 【監   督】佐藤信介 ・【原作】奥浩哉 【脚   本】渡辺雄介・【音楽】川井憲次 【 キャスト 】二宮和也・松山ケンイチ・吉高由里子・本郷奏多・夏菜・綾野剛・水沢奈子  ...
GANTZ: PERFECT ANSWER (to Heart)
上映時間 141分 原作 奥浩哉 脚本 渡辺雄介 監督 佐藤信介 音楽 川井憲次 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』2部作のクラ...
GANTZ PERFECT ANSWER (そーれりぽーと)
大いに落胆した『GANTZ』の続編、『GANTZ PERFECT ANSWER』を観てきました。 ★★★ 前作は中盤まで楽しめたけど、今回も同様。 原作漫画の濃く深い世界を知っているせいで、ノルにノレない後半の展開をただボーッと「素材はイイんだけど」なんて思いながら観ていました...
GANTZ PERFECT ANSWER (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
謎の球体“ガンツ”に巻き込まれる人々と、独創的な世界観を描いた「GANTZ」2部作の後編。監督は前作同様、佐藤信介が担当。出演は「大奥」の二宮和也、「ノルウェイの森」の松山ケ ...
GANTZ PERFECT ANSWER (5125年映画の旅)
死んだ者を蘇らせ、凶暴な星人との戦いを強いる謎の球体GANTZ。GANTZに召喚されて戦う玄野計の前に現れたのは、かつての戦いで命を落とした友人・加藤勝だった。困惑す ...
『GANTZ PARFECT ANSWER』 (beatitude)
GW最終日、下の娘と行ってきました。座った席のまわりは全部女の子!ニノと松ケンさすが人気あるな~(* ̄ー ̄)フッ黒い謎の球体―GANTZ(ガンツ)―に召還され、異形の“星人”と呼ばれる存在との戦いを強いられる人間たち……。玄...
シネトーク59『GANTZ:PERFECT ANSWER』●知りたい謎の答えを示さないアンサー編 (ブルーレイ&シネマ一直線)
三度のメシぐらい映画が大好きな てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「人気漫画を映画化した作品は大抵ガッカリさせられる」 シアター59/『GANTZ:PERFECT ANSWER』 監督:佐藤信介
GANTZ PERFECT ANSWER | 生死のルールが曖昧。 (23:30の雑記帳)
GANTZ側が人間に対してルールを守らなかったり 矛盾していたりすることに関しては、 「そういう話なんだからしょうがない」と言われれば それまでなので、その点については触れ ...
完璧な答えとは~『GANTZ: PERFECT ANSWER』 (真紅のthinkingdays)
 100点を取り、加藤(松山ケンイチ)を甦らせようと、計(二宮和也)はGANTZ に召還されるままに星人との闘いを続けていた。  二部作で描かれる『GANTZ』完結篇。ダークで謎めいた世界観はそのままに...
GANTZ: PERFECT ANSWER (銀幕大帝α)
11年/日本/141分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、水沢奈子、戸田菜穂、綾野剛、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之 <ストーリー> 100点を目指して順調に得...
GANTZ PERFECT ANSWER (いやいやえん)
GANTZ後編。まだ終わっていない原作とは違うラストらしいです。そして内容的にもほぼオリジナルストーリーが描かれているとか。 主演も二宮和也さんと松山ケンイチさんと変わらず、ヒロイン多恵も吉高由里子さん。 今回はアクション性が凄く高かったですね。黒服星...