『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『沈まぬ太陽』を観た]

2009-10-25 10:25:15 | 物語の感想
☆本日は、朝5時に家を出る早番の仕事であったが、帰宅して、午後8:45からの<ワーナーマイカル・日の出>のレイトショーで、この作品を観た。

 眠気との戦いが起こるかなと思いきや、私の心を、骨太の大河ドラマがグイグイと引っ張ってくれて、三時間半の長尺を全く飽きさせることなく見せてくれた。

 だが、不思議と、感想を書く今となって、書くことがなくて困っている。

 理由として、日本航空を模した<国民航空>の中で、最大公約数の幸せを願いつつ運動を起こした主人公・恩地(渡辺謙)の、管理サイドから下される不遇が、私自身のこれまでの境遇に重なるからだろう。

 これは、私の「中二病」的な思い(ここでは、物語の主人公の、安易な自分への当て嵌め)からではなく、多くの会社員のほとんどが、それぞれの会社で同じ思いを感じていることだと思う。

 だから、「物語のここが優れている」「ここの役者の演技が秀逸」などと、客観的に、[創作]として接せられなくて、論じにくいのである。

   ◇

 小説『新宿鮫』では、主人公の、以下のようなセリフがあった。

「仕事に対して真面目な者ほど、転職を繰り返してしまう」

 私は、プライベートでは女好きだが、そんなことはおくびにも出さず、仕事場では真面目である。

 そして、なかなかの生真面目さゆえに、これまで転職を繰り返してきてしまった。

 しかし、主人公・恩地は、どんなきつい人事を受けようとも、<国民航空>を辞すことはなかった。

 それが、恩地の「矜持(プライド)」なのだそうだ。

 それも、正しき道である。

   ◇

 実は、私は、元JALグループの末端の一員であった。

 成田勤務を辞したのは、長男として、東京都下に住む両親が気になったが故で、JALに愛想が尽きたとかではない。

 この作品は、JAL批判の原作と言われているが、私はそうは思わなかった。

 私がJALグループに勤めていた時期に完結した小説『沈まぬ太陽』は、JAL社内の掲示板でも、その広告が掲載されていたほどだ。

 多くの者は、これを、どこにでも存在する「人間」の織り成す物語と捉えるのではなかろうか。

 私は、結局は、最終的には、この世の事象の全ては、その問題に関係する人間の「人格」の問題だと思っている。

 私が、よく、政治思想の問題で対象を「人格攻撃」するのはそれ故である。

 だから、恩地が、自分の「矜持」を口にしたのは、この物語の真のテーマであろうし、

 御巣鷹山の被害者及び遺族に対しての「気持ち」も、個々の登場人物の人格に由来すると思う。

   ◇

 恩地が上層部に復帰する切っ掛けの新会長・国見(石坂浩二)の就任だが、

 丸っきりの外部からの招聘ゆえに、利害関係を持たず、もともとの性格もあるのだろうが、至極真っ当な常識的な判断を社内で下していく。

 だが、そんな国見も、もっと次元の異なる「利害関係」の果てに辞意を余儀なくされる。

 だが、限られた権限の中で、やれるべきことはやっておくのである。

   ◇

 渡辺謙は良かった。

 太い毛筆で描いたような存在感である。

 我慢し続ける強い男である。

 だが、その横で、また異なる忍耐をし続ける家族(鈴木京香たち)がいる。

 そして、御巣鷹山で、その自分以外の家族全てを失った男(宇津井健)がいる。

 この男には、「矜持」を越えた「諦観」がある。

 「諦観」は時に、「悟り」にも変化しよう。

 そして、恩地には、自分の「矜持」を通すに際しての「諦観」がある・・・。

   ◇

 アフリカの大地を這う恩「地」!

 日本のナショナル・フラッグ・キャリアの頂点を目指す行「天」(三浦友和)・・・。

 分かりやすいネーミングの対比である。

                                     (2009/10/25)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [新連載企画 『ダム・ファッ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょっとだけ… (KLY)
2009-10-25 11:38:35
「パイレーツロック」の上映開始待ちです(^_^)
骨太で壮大なドラマでした。日航機事故は今でもはっきり覚えていますよね。私も日航批判とかには感じませんでした。というより、かの企業に生きる2人の男の対照的な生きざまを見せられたと思っています。原作既読の方はまた違った見方もあるかもしれませんが、未読の私としては十分満足。ただむしろ、もっと観たかった位なんで、連ドラや年末の三夜連続トラマにならないかなと思ったりしてます。さて、そろそろ時間なんで失礼しますね。(笑)
天と地と (佐藤秀)
2009-10-25 11:45:25
うむむ、大河ドラマだったのか。気が付かなかった。
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-25 11:47:51
そうですね。

私も、もっと、この分厚い物語を見ていたかった。

エピローグが、やや「尻切れ」の印象ですよね。

あれは、恩地の物語は生きている限り続く、と言う意味合いと捉えましたが、

行天の失脚後、恩地が新社長として招聘されるとの終幕かと思っていたので物足りなかったかな。

でも、安易な勝利にはしないのでしょう。

・・・「パイレーツロック」、見たいなあ^^
佐藤秀さんへ☆ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-25 11:59:19
「大河ドラマ」と言うのはちょっと違うかもしれませんが、他に言葉が見つからなくって^^;

恩地はともかく、「行天」と言う名前は俗な作りに思えましたね。
こんにちはm(__)m (ひきばっち)
2009-11-16 17:27:10
ひきばっちと申します。
私も、この3時間20分にはグイグイ引き付けられたのですが、いざコメントとなると、なるほどいつもより何を書いてよいのかとまどいました。
作品としては凄い1本だと思うのですが・・。
私も、蘭さんと同様(生真面目さ故かどうかは別として)何度か仕事を変わった経験があります。
この映画の恩地が生きた時代であったら、できなかったかもしれません。
私なぞは恩地が再びケニアに行く歳にはまだ程
遠いのですが、蘭さんがおっしゃった「諦観」的な感覚が少しずつ出てきて、「まずいなぁ」と思っています・・。
何にしろ、1本の映画として見れば、「沈まぬ太陽」は力作であるとおもいます。
P.S.間違ってTB2つ入れてしまいました。
お手数ですが、1つ削除してください。
申し訳ありませんでしたm(__)m。
ひきばっちさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-11-17 11:21:09
こんにちわ^^

>>私も、蘭さんと同様(生真面目さ故かどうかは別として)何度か仕事を変わった経験があります。

生真面目であることは「エゴ」なのだとも、私は思っています^^;

ただ、私に正社員の口があり続けているのは、運が良いかもしれません。

>>この映画の恩地が生きた時代であったら、できなかったかもしれません。

あそこまでの仕打ちを受けながらの就業は辛いですね。

>>私なぞは恩地が再びケニアに行く歳にはまだ程遠いのですが、蘭さんがおっしゃった「諦観」的な感覚が少しずつ出てきて、「まずいなぁ」と思っています・・。

諦観も、会社などの秩序維持に大事だとも思います。

大なり小なり、理不尽は会社組織にあるでしょうし、私など、怒り癖がついてしまい、困っている次第です^^;
Unknown (みやこ)
2009-11-26 23:55:31
ミッドナイト蘭さん こんばんわ♪


行天君、最後成敗されてましたよね?
お母様には物足りなかったかしら?^^

原作があまりにも面白かったので、それこそ全体的に物足りなさがありました。

謙さんの熱演は光ってましたけどね♪

P.S コンカツがんばってくださいね。でも、がんばってる感は絶対に出さないのがテクかなぁ
コンカツ日記もUPしてください!
みやこさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-11-28 16:59:10
こんばんわ^^

>>行天君、最後成敗されてましたよね?

おそらく、恩地がさっぱりと勝利者になれなかったのが、母親にはいやだったのでしょう。

私は、読書家のつもりでしたが、ここ数年、本を読む時間がありません。

昔は、一日文庫本一冊ペースだったのに。

インターネットも、本を読めなくなった原因の一つです。

まあ、今は吸収の時期でなく、放出(自己主張)の時期なのかもしれません。

>>がんばってる感は絶対に出さないのがテク

でも、ガツガツ行かなきゃ駄目って言う人もいるんですよねぇ。

もっとも、私は、恋愛に関しては、今は控え目な態度ですが・・・^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
沈まぬ太陽 (Yuhiの読書日記+α)
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じら...
沈まぬ太陽 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品...
沈まぬ太陽 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画の秀逸な面は、史上最大の航空機事故を再現しながら、労働組合運動に熱心だったという理由だけで左遷を強いられた主人公恩地のリアルな描写だ。脚本が非常にいいと思う。今まで報道されなかった舞台裏も見ることができるので、是非お勧めしたい。
沈まぬ太陽 (シネマDVD・映画情報館)
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日...
劇場鑑賞「沈まぬ太陽」 (日々“是”精進!)
映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...
『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違う...
『沈まぬ太陽』 (めでぃあみっくす)
沈まぬ太陽、恩地元。彼こそまさに昭和のラスト・サムライ。 己の信念を絶対に捨てない、己への信義を絶対に忘れない、そして己への信頼をも絶対に裏切らない、最もサムライらしい男。そんな男の半生を描いたこの叙事詩映画は昭和という時代の空気を知らない若い世代には...
沈まぬ太陽 (勝手に映画評)
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しか...
沈まぬ太陽 (LOVE Cinemas 調布)
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島から...
「沈まぬ太陽」会社と政府の思惑に翻弄されても揺るがない自らの信念を貫き通した男の生き方 (オールマイティにコメンテート)
「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧...
映画『沈まぬ太陽』 (健康への長い道)
昨日、ゴローちゃんが1位に推した『沈まぬ太陽』を地元の映画館にて。 “映画『沈まぬ太陽』は、山崎豊子の作品をもとに映画化したフィクションです。登場人物、団体は全て架空のものであり、実在の人物、団体等とは関係がありません。”と告知されています。 が、周...
沈まぬ太陽 (いい加減社長の映画日記)
「きみがぼくを見つけた日」も迷ったんだけど。山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽」を鑑賞。「UCとしまえん」は、意外と少ない感じ。「沈まぬ太陽」は、大きめのスクリーンで、4~5割。【ストーリー】昭和...
沈まぬ太陽 (だらだら無気力ブログ)
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿...
沈まぬ太陽     (再追記) (取手物語~取手より愛をこめて)
本日、「沈まぬ太陽」を鑑賞した。
『沈まぬ太陽』 (Mooovingな日々)
若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二ほか。 30年間企業の不条理に翻弄されても絶対あきらめなかった男、仕事とは、家庭とは、人生とは、苦悩する現代社会における人間の叙情詩。 3時間を超える日本映画の東宝が日本映画の歴史に残る超大...
『沈まぬ太陽』『不毛地帯』原作者・山崎豊子さんインタビュー (すくらむ)
 昨日、映画「沈まぬ太陽」が封切られました。ぜひとも多くの方にご覧いただきたいので、2000年に私が企画・編集した山崎豊子さんのインタビュー記事を再掲載します。  これまで、山崎豊子さん原作の『白い巨塔』『華麗なる一族』、そして現在2クールに渡るテレビ...
超大作「沈まぬ太陽」 (Thanksgiving Day)
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 まさにスケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で...
『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。
『沈まぬ太陽』を見てきました (ワノログ)
 昨日、『沈まぬ太陽』を見てきた。  21時30分スタートのレイトショーで見た。
沈まぬ太陽 (映画道)
チェック:人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。 日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。 監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、...
沈まぬ太陽 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に...
*沈まぬ太陽* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との...
沈まぬ太陽 (Akira's VOICE)
輝き続けるからこそ太陽!  
【沈まぬ太陽】理不尽な夕日 (映画@見取り八段)
沈まぬ太陽 監督: 若松節朗    出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 公開: 2009年10月 この会社は何も答えをくれ...
『沈まぬ太陽』 (きららのきらきら生活)
「沈まぬ太陽」観てきました♪
沈まぬ太陽 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
社会性と娯楽性を兼ね備えた力作で見応えがある。大企業・国民航空の社員・恩地は、労働条件の改善を求めて奔走し勝利するものの、会社の懲罰人事で僻地の海外勤務を強いられる。10年に及ぶ孤独な日々に耐えて本社復帰を果たすが、ジャンボ機墜落事故という未曽有の惨事の...
映画「沈まぬ太陽」 (アンナdiary)
吾郎ちゃんが月イチゴローで1位に選んだ「沈まぬ太陽」 時間の長さを感じさせなかった。。。と言ってたけど やっぱり長かった(笑)
沈まぬ太陽 (なりゆき散策日記)
 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験....
「沈まぬ太陽」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「
沈まぬ太陽 仕事に生きる男の気骨を問う 山崎豊子 (ネット社会、その光と影を追うー)
沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派大作。山崎豊子に
沈まぬ太陽 (GLOBAL セブねっと)
7月に上映されると聞いてから待ちに待った映画『沈まぬ太陽』を公開3日目に観ることができた。 「白い巨塔」・「華麗なる一族」、そして連続ドラマとして現在放送されている「不毛地帯」で知られる山崎豊子の原作の『沈まぬ太陽』。 第一巻(アフリカ篇・上)/...
人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』 (水曜日のシネマ日記)
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。
沈まぬ太陽 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[沈まぬ太陽] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年93本目(87作品)です。 【あらすじ】 国民航空の労働組合の委員長をしている恩地元(渡辺謙)は、副委員長の行天(三浦友和)とともに労使交渉を勝ち抜いたものの、任期満了で委員長を退任した途端に海...
★沈まぬ太陽(2009)★ (CinemaCollection)
魂が、震える。上映時間202分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/10/24ジャンルドラマ映倫G【解説】『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ド...
沈まぬ太陽  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  山崎豊子の社会派小説を、壮大なスケールで描いた会心の大作である。また映画の背景が、1985年に実際に起きた「日本航空123便墜落事故」を題材にしたものなので、説得力もあるし迫力も満点であった。久々に凄い映画に触れることが出来て、今感動に打...
沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ (労組書記長社労士のブログ)
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっ...
「沈まぬ太陽」沈む日航 (再出発日記)
監督:若松節朗原作:山崎豊子出演:渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川徹、...
沈まぬ太陽 (5125年映画の旅)
国民航空の労働組合の委員長を務めた恩地元は、会社の重役達に敵視された挙句にカラチでの長期勤務を命ぜられる。2年後には日本に帰れると言われた恩地だったが、その後もテヘラン、ケニアと10年もの間たらい回しにされる。ようやく日本に帰ってきた恩地を待ってい...
【映画】沈まぬ太陽 (新!やさぐれ日記)
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え...
「沈まぬ太陽」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「沈まぬ太陽」 新宿ピカデリーにて。 途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わったので、映画館へ飛び込んだ。 3時間20分・・あっとい...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
「沈まぬ太陽」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「沈まぬ太陽」 新宿ピカデリーにて。 途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わったので、映画館へ飛び込んだ。 3時間20分・・あっとい...
沈まぬ太陽 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月15日(日) 14:20~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんな...
沈まぬ太陽 (かりんのつれづれなるblog)
とんでもないタイミングで封切した沈まぬ太陽。 やっと見てきました。 3時間22分
「沈まぬ太陽」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年:角川映画/監督:若松節朗) 「白い巨塔」、「華麗なる一族」、「不毛地帯」など、巨大な組織や政治の闇を鋭く描いた社会派作品で知られる山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画
沈まぬ太陽 (みやこのThinking World!)
やっとこさー 観に行って来ました! やっぱり映画は一人で観るより誰かと一緒のほう
サラリーマンはつらい 「沈まぬ太陽」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
航空会社に勤務する恩地(渡辺謙)は、組合活動で目立ちすぎて睨まれてしまい、その後カラチ、テヘラン、ナイロビなどの僻地へばかり赴任さ...
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本...
『沈まぬ太陽』/TV地上波 (京の昼寝~♪)
     □作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西...