『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『レッド・クリフ PART1』を観た]

2008-11-02 10:44:55 | 物語の感想
☆最初は、TVゲーム的な画面構成で、時代状況や、英雄の配置を説明されて、「おやおや随分とザックリした映像作りだなあ」と思って見ていた。

 でも、そのカンニング的な作りが、すぐに語られる曹操軍や劉備軍の世界にスムーズに移行させてくれて嬉しい。

 私は「三国志」に詳しいほうではないが、人並みに趙雲・関羽・張飛の名前は知っているので、彼らが突然に活躍しても、何か顔なじみの人に会ったような気がして嬉しかった。

 特に、関羽は、いかにも「中国の頼れるヤツ」てな顔立ち・目つきで格好良かった~^^

 とは言え、「三国志」など全く知らない姪は、はじめは、それが退屈だったらしい。

 知らない人物達が、知らない間に激闘を繰り返している。

 その最中に放り出され、戸惑ったようだった。

 しかし、最終的には夢中になり、「赤壁の戦い」の序盤を終えて、周瑜と小喬が愛を確かめる(文学的な表現^^)シーンなどには、「たるい!」と不満を漏らしていた^^;

   ◇   ◇

 私も、「赤壁」の序盤を勝利で終えて、そのまま「PART1」が終了するのかと思いきや、エピローグが30分くらい続くので「おや?」と思った。

 確かに、戦場で負傷した周瑜を、小喬が手当てする場面は不用に感じた。

 包帯を巻くことを、一種の叙情的な行為に描こうとしているのは、分かりすぎるほど分かる。

 ジョン・ウー監督は、そこここに、そのようなエモーショナル(心象や物語の主題の画像への映し込み)を配していて、それが雨であったり、小鳥であったり、弦楽器であったり、虎であったりしているのだが、それが効果的なときは良いが、しつこく感じられる時もある^^;

 それは、『男たちの挽歌』の頃から変わりない。

 黒澤も、分かりやすくテーマを画像に据えていたが、もうちょい洗練されていたような気がする。

 ジョン・ウーは、黒澤末期の作『八月の狂想曲』レベルの拙さが見える。

   ◇   ◇

 これだけの人々の坩堝を描いた作品である。

 その力強い合戦シーンこそが、途方もない「説得力」なのだ。

 それもまた、『男たちの挽歌』の頃から変らない魅力だ^^

 私は、大陸や半島のビッグ・バジェット映画につきものの、完全に統率されたマスゲーム的な合戦シーンを想像していたのだが、この映画では、戦場の未曾有の雑多さが描かれていたように思う。

 「PART1」における最終決戦で布かれた劉備・孫権軍の陣の壮大さには度肝を抜かれた(写真参照^^)。

 土煙や、「ゴゴゴゴゴゴ!」と言う群れ犇く音が、耳でなく、心に届いた。

   ◇   ◇

 金城武は、孔明という美味しい役を嬉しそうに演じていた。

 役作りが、NHKドラマ『新撰組!』の山南副長(堺雅人)に似ていた。

 ちょっと諦観を感じさせるところが良かった。

 全編、潤んだ瞳で、こりゃ、世界の淑女を虜にするだろう^^;

   ◇   ◇

 私は、任侠グループの劉備軍よりも、孫権軍のほうに心を引かれた。

 周瑜(トニー・レオン)は、谷原章介みたいな「イケメン」で、私もかっちょいいと思ったが、孫権役のチャン・チェンが、石野卓球みたいな顔だが、シャープで良かった。

 宝剣を抜くか抜くまいかと暗がりで悩みつつ、その少し抜いた剣のさやの、反射の光を目に受けるシーンの表情など素晴らしいと思った。

 また、ここで孫権軍の将軍として中村獅童が出てくる。

 その役作りが、いかにも「ワル」風なので、

 あいや、また、裏切り将軍的な役回りか? と思いきや、そうではなく、最終決戦でもガンガン見せ場を与えられていて、同じ日本人として嬉しかった。

 この作品には、「裏切り」行為と言う、ストレスのたまる展開はない。

 孫権軍には、「項羽と劉邦」における<虞美人>的な「戦局を左右する美人」である小喬がいる。

 「裏切り」はないけど、「物語的な定番美人」はいます^^;

 また、颯爽とした戦う女も出てくる。

 尚香(ヴィッキー・チャオ)だ。

 この子は、アン・ハサウェイみたいに目がグリグリに大きくて可愛かった。

 女には、戦いの先陣は切らせて華は持たすが、後は男の仕事とばかりに、ひたすらに豪傑が戦い続ける・・・。

   ◇   ◇

 ・・・赤壁の対岸では、曹操の水軍の大艦隊が陣を敷いている。

 その絵柄は、勇壮で、美しい。

 PART2が楽しみである^^

                       (2008/11/02)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ICHI』を観た] | トップ | [映画『ハンサム・スーツ』を... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有り難うございます (ヤジャ)
2008-11-02 17:23:18
TBがうまく送れなかったのでコメントにて
脇役になってしまった関羽、張飛の強さが
英雄以上の見せ場になってましたね
でも関羽の声ってキーが高いなWと

今回の戦争は「曹操のスケベオヤジ」が原因ですかね?
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-11-02 21:03:14
いつもTBありがとうございます^^
私もラブシーン?はちょっとたるかったです(ーー;)

孫権役のチャン・チェンが、石野卓球に見えましたか?私はピエール瀧に見えました(^_^;)
人の感じ方ってそれぞれですね^^

私もパート2が楽しみです♪
Unknown (にゃむばなな)
2008-11-02 21:21:21
私は小喬が包帯を巻くシーンはそうでもなかったのですが、その後の愛撫シーンはいらないと思いました。
でもその気持ちの半分は羨望です。
だって小喬役のリン・チーリンがめっちゃ美しかったんですもん!
御三方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-11-02 23:32:55
皆様のコメントが下方に消えるのが嫌なので、併せて返信させていただきます^^

>>ヤジャさん☆
今、『蒼天航路』を読み直しているのですが、曹操は絶倫です^^;
小喬の役どころは「傾城傾国の美女」と言うらしいです

>>ひろちゃんさん☆
多分、私が、石野卓球とピエール滝を間違えました。
お恥ずかしい^^;

>>にゃむばななさん☆
みんなが戦いのことだけを考えている中で、周瑜だけが女連れで羨ましいですよね。
私は、劉備と尚香が、酒席でなんかそれらしい会話をするのが、劉備に対し腹が立ちました。
「ジジィが色目をつかうんじゃあない!」って^^;

皆さん、これからもよろしくです!!
はじめまして (となみん)
2008-11-11 12:00:07
レッドクリフの感想が分かりやすく、詳しく描かれていていいなと思いました
トラックバックつけさせて頂きましたよろしくお願いします(*^^*)
となみんさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-11-11 20:08:50
おお、IZAブログからいらっしゃいませ^^

私が、かつて、IZAにブログを持っていて、総合1位にランクインされたこともあったのをお知りかな?

ジャンルも、あなたと同じ「コラむ」でした。

ミッドナイト・蘭の「元祖・天才バカ板!」は、とあるキチガイ集団の大きな糾弾を受けて、びびったIZA当局の手によって削除されてしまったのです・・・orz

これからもよろしく!
不思議なご縁? (となみん)
2008-11-12 12:29:40
実はIZAも初めたばっかりで
コラむっていうのも良く分かってないんですけど
その他はちょっとさびしかったのでコラむにした^^;

IZAでそんなイザこざがあったとは!
だじゃれdeスイマセン!

こういう匿名性の良さ悪さですね
気をつけます!
こちらこそこれからもよろしく!
となみんさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-11-14 21:36:21
こんにちわ^^

私は、なにぶん、「IZA!」のIDも剥奪されているので、そちらにコメントできずにすいません。

良かったら、こちらのエントリーを読んでください^^;

  [『実録・勝利者』 その401・言論封殺]
 http://midnightsayonara.blog42.fc2.com/blog-entry-420.html

私の分も、「コラむ」を盛り上げてください!

私は、鈴木凛さんからもレス貰えて嬉しかったです^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レッドクリフ Part1 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
ご無沙汰してますが、久しぶりに本日映画を観てきました。「レッドクリフ Part1」でございます。これはもうジョン・ウーが三国志をやるとニュ...
レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁 (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上...
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
「RED CLIFF(レッドクリフ)Part1」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
白いハトは今日も元気に”赤壁”の空を舞う。・・ということで、一足先に試写会で鑑賞できて嬉しく思う。字幕作品なのに、いきなり日本語で”三国志”の世界観と”赤壁の戦い”の背景が説明され始めたのには「いった
映画 【レッドクリフ Part 1 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔...
劇場鑑賞「レッドクリフPartI」 (日々“是”精進!)
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか....
レッドクリフ PartI (Yuhiの読書日記+α)
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追...
映画「レッドクリフ Part1」 (Serendipity !)
 11月1日のファーストデイに封切の映画「レッドクリフ Part1」を観に行った
映画感想『レッドクリフ PartI』 差が、、出るだろうね。... (レベル999のマニアな講義)
内容漢帝国の丞相となった曹操は、天下統一の最後の仕上げとして、宿敵である劉備軍、孫権軍に対して攻撃を開始する。先ず向かったのは、『徳』により人民を掌握する劉備軍。その劉備の人徳に導かれるかのように、曹操に追われた多くの民達が劉備は従えていた。だが、実際...
レッドクリフ Part I (Memoirs_of_dai)
結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
『レッドクリフ/Part I』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 "RED CLIFF" "赤壁" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...
■『レッドクリフ Part?』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国合作映画、ジョン・ウー監督、『傷だらけの男たち』のトニー・レオン&金城武主演。
レッドクリフ PartI (映画鑑賞★日記・・・)
【RED CLIFF/赤壁】2008/11/01公開(11/01鑑賞)製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童 帝国が、襲ってくる。信じる心、残ってい...
映画『レッドクリフ Part I』 (オタマ・レベルアップ)
映画『レッドクリフ Part I』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 公開情報 劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント) 初公開年月 2008/11/01 ジャンル 歴史劇/アクション/ドラマ ...
レッドクリフ Part I/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、ジョン・ウー監督が描く三国志映画「レッドクリフ Part I」(原題:赤壁/RED CLIFF)の試写状。 中国の三国時代の歴史を書き留めた「三国志」。 その中でも、長江の赤壁において、曹操軍と孫権・劉備連合軍の間で行われた赤壁の戦いを取り上げた物語...
★レッドクリフPartI(2008)★ (CinemaCollection)
REDCLIFF赤壁帝国が、襲ってくる。信じる心、残っているか。上映時間145分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2008/11/01ジャンル歴史劇/アクション/ドラマアジア映画史上最大規模制作費1....
レッドクリフPart? (めでぃあみっくす)
男義の世界「三国志」の中で最も有名な「赤壁の戦い」を描いたこの映画は、良くも悪くもジョン・ウー作品であり、呉宇森作品ではない。そんな風に感じました。そしてこれは日本公開版だけなのか、エイベックスの無粋すぎる字幕対応に心底怒りを覚えた映画でもありました。...
レッドクリフ Part1 (Diarydiary!)
《レッドクリフ Part1》 2008年 中国/アメリカ/日本/台湾/韓国映画
「レッドクリフ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「レッドクリフ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシ...
レッドクリフ PartI アジアはハリウッドを超えた!? (労組書記長社労士のブログ)
【38-19-】 公開を心待ちにしていた「レッドクリフ」。 大好きな三国志、しかもそれをジョン・ウー監督が撮るんやから、絶対に期待出来るでしょ{/m_0160/} 比較的早い時期から、予告編は映画館で流れまくっていて、それを見ても、壮大さと美しさが際だっていて、ますます...
レッドクリフ PartI アジアはハリウッドを超えた!? (労組書記長社労士のブログ)
【38-19-】 公開を心待ちにしていた「レッドクリフ」。 大好きな三国志、しかもそれをジョン・ウー監督が撮るんやから、絶対に期待出来るでしょ{/m_0160/} 比較的早い時期から、予告編は映画館で流れまくっていて、それを見ても、壮大さと美しさが際だっていて、ますます...
レッドクリフ (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「レッドクリフ」を観た。 中国琴の生演奏の後、ジョン・ウー監督、孫権役のチャン・チェン、小喬役のリー・チンが会場に現れ、挨拶と長いインタビュー。豪華な試写会でした。 1800年前の中国、後漢が滅んだあとに興った、魏・呉・蜀の三国時代を描...
レッドクリフ Part? (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、...
レッドクリフ Part I (eclipse的な独り言)
 昨日に続き歴史の勉強会です。いやあ、本当にためになります。(11月3日 清水M
【レッドクリフPartI】☆トニー・レオン☆金城武 (猫とHidamariで)
帝国が、襲ってくる。   信じる心、残っているか。    80万vs5万。信じる心が奇跡を起こす。レッドクリフPartIレッドクリフPartI-goo映画監督:ジョン・ウー出演トニー・レオン : 周癒金城武 : 諸葛亮公明孔明チャン・フォンイー : 曹操 チャン・チェ....
レッドクリフ Part I (だらだら無気力ブログ)
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎ...
「レッドクリフ Part I」少数精鋭で大軍に挑んだ孔明の周瑜の策略と陣形 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ Part I」は1800年前の後漢時代の後期に行われた赤壁の戦いを舞台にし、三国志のワンシーンとして今でも語り継がれる戦いを映画化した作品である。1度でも三国志を読んだ人には見応えのある内容となっており、歴史を知らない人でもその迫力と攻防戦は...
映画『レッドクリフ Part1』 (健康への長い道)
今朝もまた無意識に目覚ましを止めてしまった・・・。 さて、制作費100億円。作ったら5時間になっちゃったので、2部作に分けたという大作です。 TOHOシネマズ梅田は、この頃いつもチケット売り場が混雑しているので、今回は事前にネットで指定席を購入して行きまし...
クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』 (水曜日のシネマ日記)
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
レッドクリフ Part I (利用価値のない日々の雑学)
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度と...
レッドクリフ Part I (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
『レッドクリフ/Part I』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 "RED CLIFF" "赤壁" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...
『レッドクリフ PartI』 (ラムの大通り)
(原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らないし、 分かりにくいかも」と心配していなかった? 「いや、それがね。 映画の前...
レッドクリフ見てきたよ♪ (+++turbo addiction+++)
「レッドクリフ」見てきました!! http://redcliff.jp/index.html 混んでたー。 ヽ(`Д´)ノ 一番前の席はやっぱ、目が疲れる。。。 この映画、2部作でした。 次は来年の春・・・。 内容、忘れちゃうよー!! 。・ ゜・。* 。 +゜。・.。* ゜ + 。・゜・(ノД`)
映画『レッドクリフ Part1』 (闘争と逃走の道程)
 『三国志』最大の戦い《赤壁の戦い》を、総制作費100億円をかけて映像化した、壮大な歴史ロマン。監督は『男たちの挽歌』シリーズや『...
レッドクリフ Part I (小部屋日記)
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残って...
レッドクリフPart1 (ぷち てんてん)
☆レッドクリフ☆(2008)ジョン・ウー監督トニー・レオン金城武ストーリー 西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全....
映画 「レッドクリフ」 (ようこそMr.G)
映画 「レッドクリフ」 を観ました。
レッドクリフ Part?◆よみがえる「三国志」の世界 (好きな映画だけ見ていたい)
     「レッドクリフ Part?」 (2008年・アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 中国、後漢末期から100年にわたる群雄割拠の時代を記録した歴史書「三国志」。覇権を争う魏、呉、蜀、三国の興亡を描いた全65巻に及ぶこの史書は後年、説話や講談を取り込みながら歴史通俗小...
「レッドクリフ Part?」 (てんびんthe LIFE)
「レッドクリフ Part?」試写会 よみうりホールで鑑賞 この超大作、ジョン・ウーったらあっという間に作ってしまったのね、すごい。 近年、活字離れが激しい私はこの歴史絵巻が上っ面しか分からず、もっと勉強してから行くべきだったと、ちと後悔。 これから Pa...
「レッドクリフ」:船堀駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}何でこんなところにあんなタワーがあるの? {/kaeru_en4/}敵が攻めて来たときに見つけやすいようにじゃないか? {/hiyo_en2/}敵? {/kaeru_en4/}洛陽へ進軍した曹操とかさあ。 {/hiyo_en2/}って、いつの時代のどこの国の話してるのよ。 {/kaeru_en4/}三国志...
レッドクリフ PartI (週末映画!)
期待値: 94% 三国志の赤壁の戦いを映画化 出演:トニー・レオン、金城武、ザン・ジンシェン、バーサ
レッドクリフ Part? (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年11月1日 公開 異体同心なればなにごとか成就せん すんげぇぇぇー!!! も、ジュン・ウー監督って やっぱすっげぇぇぇえぇぇぇ!!! 鑑賞中、心の中で何度ジョン・ウー監督に拍手を贈ったことでしょう。 全てにおい...
パート1だってさ。(笑)~「レッドクリフ」~ (ペパーミントの魔術師)
↑そらもうあーた、それだけで十分よという Agehaさんにとって、 ストーリーなんてどうでも・・・(いやそれは言いすぎ) だいたい名場面のフォトじゃなくて 金城さんの笑顔をもってくるとこから 壊れてますが。(笑) 三国志の話題はスタッフブログの コチラとコチラで ...
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
レッドクリフ Part? (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
「レッドクリフPartI」 (かいコ。の気ままに生活)
「三国志」を基にした歴史アクション大作。「レッドクリフPartI」公式サイト「M:I-2」がびみょうだったので ジョン・ウー監督どうかなあと思ってたんですけど・・単に三国志好きだからか、タダの金城ファンだからか結構楽しかったデス~子供の頃見てた人形劇三国志からこ...
映画「レッドクリフ PartI」(2008年、米・中・日・台・韓) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆   「三国志」の「赤壁の戦い」を描いた戦争スペクタクルの前編。 監督は呉宇森(John Woo )。 原題は「赤壁」。     ◇  天下統一の野望を抱く魏の曹操(張豊毅)は、 南の蜀に狙いをつける。 蜀の劉備(尤勇)軍の天才軍師、孔明(金城武)は...
レッドクリフ Part I (花ごよみ)
監督はジョン・ウー。 「三国志」が原作。 三国とは曹操の魏、孫権の呉、劉備の蜀、 西暦200年以降の中国の勢力分布。 10月にNHKで、 その時歴史が動いた 三国志クライマックス! 激動の英雄たち 3つの「その時」を、 見ていたおかげで 理解しやすかったです。 ...
『レッドクリフ Part I』2008・11・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛
映画『レッドクリフPart?』を観て (となみんPの語り箱)
映画『レッドクリフPart?』を観てきた 歴史戦国絵巻、三国志まさに圧巻 歴史物語好きとしてはこれが(創作部分がないとはいえないが)史実に基づいた話だということに驚かされる、西暦208年・・ (ということは現在2008年だから1800年も前!208年の万中に「0」を一個足し...
レッドクリフ Part I (利用価値のない日々の雑学)
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度と...
『レッドクリフ Part I』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
「レッドクリフ」とカタカナで書かれるとピンとこないが、漢字で書けば「赤壁」。『三国志』中でおそらく最も有名であろう「赤壁の戦い」を、中国のみならず、アメリカ、韓国、台湾、それに日本の合作で、ジョン・ウー監督が映画化した超大作。 『グラディエーター』や『...
レッドクリフ Part1 (悠雅的生活)
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
レッドクリフ Part ? (Movies 1-800)
赤壁/Red Cliff (2008年) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォン・イー、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 魏・呉・蜀の三国の覇権争いの物語「三国志」の一節で有名な「赤壁の戦い」を描く歴史劇 「三国志」と言えば、様々な媒体を通し...
【映画】レッドクリフ Part? (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
レッドクリフ Part1 (映画君の毎日)
あらすじ//はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や...
レッドクリフ (金城武さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
【レッドクリフ Part I】鳩も舞う赤壁の戦い (映画@見取り八段)
レッドクリフ ~赤壁~ 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 公開: 2008年11月 ...
レッドクリフ第1部 (充実した毎日を送るための独り言)
・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船を燃やす)は後半部分となるので、今回はそれを際立たせ...
レッドクリフPart1 (Sweetパラダイス)
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね~私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね~最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...
【レッドクリフ Part I 】 (+++ Candy Cinema +++)
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
186)レッドクリフ Part I (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
三国志を基に100億円を投じた歴史大作「レッドクリフ Part I」。金城武が演じるのは次のどの役柄? 1)曹操 2)劉備 3)周瑜 4)孔明 正解は次号にて。。 by織田 拳
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
「レッドクリフ Part?」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
レッドクリフPart1 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリ...
「レッドクリフ Part?」観ないと、次困る! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 「三国志」の“赤壁の戦い”を、あのジョン・ウー監督が、完全映画化。「レッドクリフ Part?」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。“Part ?”なんですよね。事前の宣材(チラシ、ポスター)には、そんなこと一切書かれてないんですが、オープニング・タイト...
『レッドクリフ Part1』 ジョン・ウー渾身の三国志に、ただ酔いしれる (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
『レッドクリフ Part1』 監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー 製作: テレンス・チャン 音楽: 岩代太郎 脚本: カン・チャン / コー・ジェン / シン・ハーユ 美術・衣装デザイン: ティム・イップ アクション監督: コリー・ユン 撮影: リュイ...
『レッドクリフ Part I』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...