『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『告白』を観た]

2010-06-23 23:59:27 | 物語の感想

☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。

 明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。

 でも、みんなに評価の高いこの作品だが、私にはそれ程でもなかったので、短信で充分だ。

   ◇

 私は予告編で見て、この作品は、女教師が幼い娘を生徒に殺される内容だと知り、その娘がかなり強烈な殺され方をするようなので、観に行くのを躊躇していた。

 子供が殺される映画は不謹慎だ、などと言う気持ちではなく、

 私は、リアルに構築された世界の中で、可愛い子供が無惨に殺されるような作品は、胸が苦しくなって見れないのだ。

 いや、例えば、ロリコンマンガなどで、少女が犯されるような作品など、割りと楽しく読むのであるが、

 現実感のある流れの中で語られると、途端に辛くなってくる。

 例えば、エロマンガやAVは、それさえも娯楽として楽しめる度量が、私にはある。

 人間は、そのようなものを見て、心の澱を吐き出すものだ。

 が、それが、虐待や暴行など、ニュースネタであると、とたんに不愉快になる。

 映画は、悲劇をリアルに感じさせられる範疇のものだと私は思っていて、だから、この作品は鑑賞を避けたかった。

 でも、今夜、連れとのノリで観てしまった・・・。

 が、それ程の苦痛もなく、観れてしまった。

 何故か?

 ・・・リアリティがないからだ。

 私は、先ず、「ナニこの『エヴァ:まごころを君に』は?」と思った。

  ・・・モノローグの構成。

  ・・・時折混じる荒い画像。

  ・・・空。

  ・・・少年の犯罪現場。

  ・・・ヤンデレ。

 色々な面で相似が感じられた。

 未成年の犯罪を描くと、同じようになるのか・・・?

 唯一凄いと感じられた松たか子演じる、ひたすらに復讐を遂行する教師像だが、

 そのハーフコートのいでたちにも既視感がよぎる。

 役者たちの演技は、殺される幼女の可愛らしさからして素晴らしい。

 少年たちも可愛い。

 クラスメイトの女の子も、まだ未完成のJCの魅力がたっぷりだ。

 胸がペタンコのスク水姿も、よくぞ捉えた! と思った。

 松たか子は、最後の表情で、逆転満塁ホームランだが、それまでは、娘を殺した共犯の少年、そのバカ母を演じる木村佳乃が良かった。

 息子の、引きこもり始めてからの凶行に対して、「タタラ」を踏むかのようなアクションが数度見られ、笑った^^

 物語の舞台が限定されており、モノローグ(セリフ)で構成されているので、舞台劇のような作品である。

 画面の暗さも、舞台チックだ。

 おそらく、舞台劇にしたら、傑作になり得ただろう。

 映画にしたから、ちょっとした違和感が起こり、それが作り手の狙いだと分かりつつも、物語のリアリティを喪失させていた。

 松たか子の復讐教師の猪突猛進振りがなかったら、物語も平板だ。

 なかなかそそるがステロタイプな人物造詣の、クラスメイトの美月だが、そのファッションは似合ってなかった。 

 まあ、佳作相当の作品だ。

 途中の、勘違い教師主導の、生徒によるダンスシーンを、思い切ってミュージカルパートにしちまえば良かったのになぁ・・・。

                                         (2010/06/22)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (92)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・81 「面白いね... | トップ | [与党民主党考・82 「色んな左... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB~ (cyaz)
2010-06-29 17:39:43
ミッドナイト・蘭さん、こんにちは^^
TBありがとうございましたm(__)m
いつもTB貼り逃げばかりでコメント残さずすみませんm(__)m
goo同士なのですが、禁句があるようで
こちらからのTBが反映しないようで申し訳ありませんでした。
URLに入れておきますね。
この映画、松たか子の女優としての真髄を見せてもらいました^^
これからもよろしくお願い致します。
cyazさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-06-29 21:40:26
私こそ、いつも、TBを出しっぱなしですよ。

手当たり次第にいっぱいTB送るので、同じ文章を書くのもなんかやだし、TB本文で堪忍してもらってる次第です^^;

演技者としては松たか子はなかなかだと思いますが、
彼女、顔、曲がってますよね^^
私、蔵野を思い出してしまうのです^^;
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-07-26 15:44:33
TB有難うございました。
今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの
満足度でした。単純に面白いと一言で
終わらせてはいけないほどの衝撃がありました。
復讐を達成するため、善人でいるのか、自らも
悪人となるのかその境界線を彷徨う松たか子の
演技にも魅了されました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-08-01 13:43:19
私は、そこまでこの作品に入れ込んでいませんが、幾つかの特筆の展開もあり、なかなか面白かったです^^

と言いましょうか、少し記憶があやふやになっております^^;
告白 (さとる)
2011-03-06 18:57:06
このようなサスペンスかホラー解らないような人が暇つぶしに見るわ良いかもしれません、しかしこの作品が日本アカデミー作品賞をとるとわ、全く話になりません、牛乳にエイズ菌を入れてエイズに感染した所から物語が始まるのですが、そんな事でエイズに感染しない事ぐらいクラスに何人かいるでしょう、親に聞けば解る事だしネットで検索すればすぐわかるでしょうそれからのストーりーわ偶然が重なり、そして最後の復讐わ何て計画正わないし、現実離れしてて、R指定されてる映画がアカデミー賞なんて、何度も見たくなり少年に見てもらいたい映画を作ってほしいものです、全く情けない映画でした。
さとるさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-03-07 21:34:26
かなり忘れていて、少女がお人形のようにプールに捨てられたのを覚えています。
そんな衝撃的な(こけおどしな)シーンだけが記憶に残っています。
なんと言いますか、この作品には、希望を持てる人物の登場がなく、それが、この作品の非凡でもあるのです。
でも、私は、平凡でも、希望の持てる人物の登場を望んでしまいます^^
さとるさんもそうでしょう?
ミッドナイト (さとる)
2011-03-09 08:59:06
非凡でも
ありませんよ、この作者が何故このような、作品を書けたか、私にわ理解できなかったので、作者の事調べたら、この作者わ江戸川乱歩や赤川次郎の本をよく読んでたそうです、作家になったのわ何か残したいとの動機で、私から見れば、良識とか常識とか関係なしにインパクトのある作品を作りたいだけすね、ちなみに、この作品わ映画芸術誌選出2010年ワースト1位になってることで安心しました。6
さとるさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-03-09 18:08:33
私自身、この作品は大きく評価していないのですが、「良識とか常識とか関係なしにインパクトのある作品」を作っただけでも凄いことです。

なんか、東野圭吾とか、この作品とか、客は「そのようなもの」を高尚と考えている節があります。

私は、そうは思わないのです。

>>映画芸術誌選出2010年ワースト1位

へーっ、それはそれで寸評を知りたいです^^
まさか (さとる)
2011-03-12 09:39:27
このような映画を作らないのわ今迄の推理小説家わもっと驚き酷い作品を簡単に書けたでしょう、それわ倫理観、良心、愛、節度があるからです、何でも有りならもっと酷い作品かけます、タブーを破ってわいけません。
さとるさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-03-14 20:34:57
タブーはたまに破られた方が、タブーの意味合いが確認できていいと思いますが、そればかりになる気配があるから、嫌な文化的ご時世ですね。

確かに、昔の作家のほうが、上品に深みのある作品が書けてますよね。
『砂の器』とか・・・。
確かに (さとる)
2011-03-20 12:50:13
確かに今の時代今の日本狂っています、この作品が非凡であれ、アカデミー作品賞をとった事にこれからの日本映画を危惧するしだいであります、日本わ世界1自殺大国です、精神的貧困が生んだ作品でしょう、これからわ心豊かになる作品を映画関係者に期待したいものです。
さとるさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-03-23 07:39:28
では、さとるさん、『百夜行』などはどう見ますか?

http://blog.goo.ne.jp/midnight-run_2007/e/acadd83a3d9317edd8d7ce4a9c65f332

作品の出来の問題でなく、東野原作の、そのあり方として。
百夜行 (さとる)
2011-03-25 18:47:23
私福岡ですが今わ上映してなくて、DVDが出るのを待ってるしだいです、ですからドラマを見ている途中ですが、面白いです、面白いにも色んな意味があると思うのですが、告白わ話になりません、私わ昔わ沢山見ましたが、しばらく見た映画が、悪人と告白、この2つの作品がアカデミー賞を独占するとわ、驚きです、タブーを破ってもかまいませんが、賞を取ると観客の見方が違います、優秀な映画だと思います、そう思われて観られてしまってわ困ります、告白の映画に何処の価値があるのか教えて欲しいものです、映画の百夜行見たら書き込みします、よろしく。
さとるさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-03-28 20:57:02
>>タブーを破ってもかまいませんが、賞を取ると観客の見方が違います、優秀な映画だと思います、そう思われて観られてしまってわ困ります

確かに、そうですね。
難しい問題です。

「白夜行」は、東野原作の一連の流れを見ていると、不愉快になってきますよ。

「白夜行」自体も、秘密で「ウハッ!」とストレスが溜まることでしょう^^;

日夜行 (さとる)
2011-03-29 13:49:34
ドラマわ見ました映画わどうなのか、あまり興味わきません、ドラマ見ての感想になりますが、子供の育て方に改めて大事だと感じました、前半わ子供の時に受けた影響や事件によって人間の善、悪との葛藤や2人の心の繋がりを確かめるように事件をおこして行きます、それからわミステリーになって、少し退屈します、2人目の母親を殺すシーンわ嫌でしたが、最後のシーンも、前半2人の描く人間模様が、面白かったのが残念です、告白わ悩み苦しみながら復讐するシーンが全くなく後味の悪い映画を見せられた感じで、東野圭吾の事を興味持ちませんでした、ただ大衆わ東野圭吾を高尚だとわ思ってないのでわ、赤川次郎の本も良く売れてる時もありましたから、売れてるから高尚とわ、告白がアカデミー作品賞を取る事がミステリーです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

92 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
告白 (LOVE Cinemas 調布)
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
【映画評】<!-- こくはく -->告白 (未完の映画評)
中島哲也監督が松たか子主演で淡々と描く、幼い娘を生徒に殺された女教師の復讐劇。
『告白』・・・“なーんてね” (SOARのパストラーレ♪)
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。
告白 (そーれりぽーと)
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのク...
映画「告白」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ...
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件 (オールマイティにコメンテート)
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子に娘を殺され、 1年の終業式で衝撃的な告白をし、 犯人はこの中にいますと告げて教壇...
劇場鑑賞「告白」 (日々“是”精進!)
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
告白(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。中島哲也監督、松たか子、岡田将生、木村佳乃。終業式の日のホームルームで突然生徒たちに告白する先生悠子(松たか子)。冒頭でネタバレしているように見えるけれど、実はこの告白が始まりでの仕掛け。「告白が、あなたの命につきささる」というキャッチコピ...
中島哲也監督 「告白」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
告白 - goo 映画 公式サイト⇒http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 【あらすじ】 女教師・森口悠子の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見。 森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
告白/松たか子、岡田将生、木村佳乃 (カノンな日々)
湊かなえさんの原作小説はハードカバーで平積みされていた頃から気になっていたんですが、文庫本になったら買おうかなと保留。2009年の本屋大賞を受賞したときにやっぱり買ってしまおうかなと思ったんですけど、これを何とかやりすごしたら案の定映画化されることに。それ...
告白 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
「告白」 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。
『告白』 (めでぃあみっくす)
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な~んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような...
『告白』 (つれづれなるままに)
HBCシネマ倶楽部 『告白』の試写会に行ってきました。 いゃ~、重い映画でした.
告白 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』 (水曜日のシネマ日記)
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
告白 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】 変わった映画を観させてもらいました。
告白 (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重い感じがして、先送りにしてたんだけど。 みなさん、かなり気になってるようで、観ておこうかなと思い、「告白」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いのかなぁ。 「告白」は、大きめのスクリーンで、2~3割。 【ストーリー】 女教師・森口...
「告白」 (しぇんて的風来坊ブログ)
中島哲也監督のR15+作品。復讐が描かれる。「嫌われ松子の一生」で、「親切なクムジャさん」と同じ庭と感想を書いたわたし。そう、煌びやかで個性的な演出とちょっと残酷な話であっても相当ユーモアも織り交ぜてしまう。そういう印象があって、中島哲也監督で復讐となると...
【告白】★松たか子 (猫とHidamariで)
告白が、あなたの命につきささる告白 HP告白 シネマトゥデイスタッフ監督・脚本:中島哲也原作:湊かなえ撮影:阿藤正一/尾澤篤史照明:高倉進録音:矢野正人美術:桑島十和...
告白 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 本を先に読んだので、流れはわかります。ポスターが何しろ強烈で
告白 (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度× 好き度×」  告白します。この映画は・・・うわ~超つまらねえ・・・!  この映画、観客動員数現在一位で、評論家も映画ブロガーも大絶賛の期待作だったのですが
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
告白☆独り言 (黒猫のうたた寝)
中島監督というだけで興味津々(笑)その上、実は松たか子は好きな女優のひとりであり楽しみにしてました。試写会で一足早くの鑑賞です。原作読んでいる友人からは、どっぷり、めり込むという情報は入っていました。なんせ、今までカラフルポップな世界を繰り広げてきた作...
映画 「告白」 (ようこそMr.G)
映画 「告白」
★映画「告白」・・・見ました! (スナフキン・レポート♪)
◆映画「告白」見ました!・・・公式ページはコチラ原作読み終わって「面白いよ!」って、スナJr.に回したのは去年お正月映画化が発表されたときから今の菅さん並に?期待値が高かった映画で・・・      ちなみに、その時の日記(コチラ観終わ...
『告白』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:中島哲也原作:湊かなえ出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>女教師・森口悠子(松たか子)の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する...
告白 (だめ男のだめ日記)
「告白」監督中島哲也原作湊かなえ出演*松たか子(森口悠子)*岡田将生(寺田良輝)*木村佳乃(犯人Bの母)内容とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に...
映画 『告白』 (ぷくの日記)
【あらすじ】とある中学校。終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語り出す。私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです……。一瞬、静寂に...
告白 (風に吹かれて)
命の重さを考える公式サイト http://kokuhaku-shimasu.jp2009年本屋大賞を受賞した同名小説(湊かなえ著)の映画化監督: 中島哲也 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」ある中学校の
告白 (近未来二番館)
告白 - goo 映画 映画の予告編が衝撃的だったので、原作を読もうと本を買い映画はスルーの予定でした。が、あまりに見に行った人の評判が良く...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
「告白」 (或る日の出来事)
間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
「告白」(ネタばれ注意) (映画鑑賞日記)
評価:★★ ストーリー(Yahoo!映画より) とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が 静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなく このクラスの生...
告白 (C note)
湊かなえさんの小説は『告白』『贖罪』と読みましたが、どちらもイッキ読みせずにはい
【告白】 (日々のつぶやき)
監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃   先生の娘を殺したのは、誰? 「ある中学の1年B組、終業式の騒がしいホームルームで担任教師の守口が語り始めた。 自分の小さな娘愛美が死んだのは事故ではなかったこと。そして犯人はこのクラスの生徒だ...
告白(2010) (銅版画制作の日々)
告白が、あなたの命につきささる。 遅まきながら、鑑賞して参りました。実は6月の気になる映画、観たい映画には入れてなかった。「嫌われ松子の一生」の中島監督作だということを知ったのと、そしてブロガーさんの評価もかなり良いこともあって、、、、。これはやはり観...
告白 (花ごよみ)
湊かなえ原作の同名小説の映画化。 主役は松たか子、 木村佳乃、岡田将生らが共演。 監督は中島哲也。 原作となる小説、 ベストセラー小説なので、 かなり多くの人に読まれていて、 既読者はおおよそのあらすじを知っています。 その人達が映画を見たときも 緊張感を...
映画「告白」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『告白』を本日、TOHOシネマズデーにて鑑賞。千円とは言え、午前中で50名程、半分以上は2~30代の女性グループ。 採点は、★☆☆☆☆(5点満点で1点)。100点満点なら15点。最後まで演じ切った俳優陣たちには4点以上付けたいですが、脚本、演出、宣伝で各マイナス1点...
『告白』執拗に挟み込まれる空のカットのように。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※ネタバレ注意映画の話法に乗っかって、いつもと違う書き方で。 愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです。私の告白は以上です。ぱちん どっかーん なぁんてね ここから更生するのよ
映画 「告白」 (塩ひとつまみ)
湊かなえさん原作の映画「告白」。 見に行ってきました。 以下、感想です。
「告白」みた。 (たいむのひとりごと)
「殺 人 は ん の し ヨ う た い は 誰 」”寄せ書き”の隠されたメッセージにも戦慄を覚えたけれど、劇場チラシの裏面にもこんな仕掛けがあるとはね。映画を観て初めて気がついた。原作は未読。だから
告白 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月14日(月) 21:50~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『告白』公式サイト 中学校が舞台。 松たか子演じる教師、娘が生徒に殺されたと復讐に燃えるミステリー。 原作は本屋大賞受賞。例によって...
「告白」は一つだけではなかった (美容師は見た…)
最後まで引き込まれ、あっと言う間の106分。エンドロール中は放心状態で、雲を見つめてた。これが『告白』なのかぁ。。。「これが私の復讐です」想像も出来なかったラスト。強烈でしたわぁ。。。多くの方の感想が、「考えさせられる」、「言葉では伝えられない」など、衝...
『告白』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。
告白・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。 一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。 人間の心が抱える負の情念を、これほどス...
「告白」 (俺の明日はどっちだ)
・ う~ん、参りました。 中島哲也監督のこれまでの作品を観て、そのカラフルでけれんみたっぷりな演出にばかり目を奪われていたけれど、この作品を通してそうした見た目の小手先の先にある人物描写の真摯なる姿勢が、考え抜かれたカメラワークやカット割り、そして的確な...
映画「告白」 (またり、すばるくん。)
映画「告白」を観ました。
「告白」 第1位! (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266オープニング土日動員: 19万4893人オープニング土
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
告白 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  少年犯罪の法的限界、母親と子供との在り方を、告白と復讐で紡いでゆく、暗く重いテーマを扱った作品である。だがスピーディーな映像とテンポの良いミュージックを使い、その重苦しさを軽快なイメージに見せかける手法は、なかなか斬新で見事であった。従来の...
『告白』 ('10初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:10の回を鑑賞。
「告白」・・・なーんてね (ももたろうサブライ)
監督 中島哲也少しあらすじ中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白 (Diarydiary! )
《告白》 2010年 日本映画 シングルマザーで教師の森口の一人娘が亡くなった、
映画「告白」 (FREE TIME)
映画「告白」を鑑賞しました。
★「告白」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 松たか子はなーー、声のトーンがイマイチ、ひらりんに合わず、 ヴィヨンの妻もHEROの検事の助手も良かったけど・・・。 今回は原作の評判が良かったのと、 予告編見てたら、ドッカーーンと爆発するシーンがあったので、 こりゃまた、中島哲...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
「告白」 (てんびんthe LIFE)
「告白」TOHOシネマズ日劇で観賞 中島哲也監督の華やかな世界が結構お気に入りで、おどろおどろしいといわれていたこの作品も、そんなに暗い作品だとは思っていませんでした。 確かに話の内容が復習だとか恨みだとかなので恐いといえば恐いですが、絶対に華やかな部分...
『告白』 (ラムの大通り)
----ニャに。この変なハート? 「超話題の映画『告白』の試写でいただいたもの。 あまりに緊張感がスゴイので、これを握って…ってことらしい。 実はこの映画、 ずいぶん前に、とある仕事の関係で その内容を調べてみたことがあったんだけど、 どこにもストーリーが紹介さ...
「告白」:白河バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督...
告白 (勝手に映画評)
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...
告白 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞告白 2010年/日本/106分 監督: 中島哲也 出演: 松たか子/岡田将生/木村佳乃 2010年06月05日公開 公式サイト 「私の娘が...
「告白」 (みんなシネマいいのに!)
 最近観た2本の東宝の映画。 これからその2本をAとBと呼ぶことにします。 Aは
これが私の復讐です~『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この...
告白 (Memoirs_of_dai)
な~んてね 【Story】 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出...
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白 (りらの感想日記♪)
【告白】 ★★★★★ 映画(33)ストーリー とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子(松 たか子)は、ある告白を始める。数ヵ月前、シ
告白 第152回映画レビュー 後味悪すぎ痛快爽快 (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
いやあ、すごいなあ・・・。 すごすぎたなあ・・・。 この作品、もう本当に後味が悪い。 一筋の光もない、ただただ真っ暗な映画。 救...
■映画『告白』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。 2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受...
告白 13歳ってこえ~っノォオオオオオ!! な~んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
2010-15『告白』 を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2010-15『告白』(更新:2010/06/06) 評価:★★★★☆ この原作もこんな構成だったのね。 面白かったけど、非常に重い内容だ。 もし、自分がどちらかの立場だったらとか考えることはない。 いや...
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
告白 (ぷち てんてん)
これはすごい・・・中島監督!まあもちろん原作もすごかったからね~。それにしてもそれをこういう形で映像化できたのは、中島監督だからでしょう。☆告白☆(2010)中島哲也監督湊...
告白 (5125年映画の旅)
「私はシングルマザーです。娘の愛美。愛美は死にました。警察は事故死と判断しました。でも事故死ではありません。愛美は、このクラスの生徒に殺されたんです。」一人の教師が生徒達に向かって放ったこの告白が、生徒達の運命を大きく変えていく。 2009年の本屋...
告白 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:告白 制作:2010年・日本 監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃 あらすじ:とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
「告白」 (Con Gas, Sin Hielo)
過酷という種類のエンタテインメント。 「嫌われ松子の一生」が06年2位。「パコの魔法の絵本」が08年1位。 競馬予想で言えば連対率10割、本命ぐりぐり二重丸の中島哲也監督作品と来たら、期待しないわけがない。 しかし果たして、その大きな期待を決して裏切らない、...
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
「告白」 (古今東西座)
この映画『告白』に関して書くべきことは凄い!の一言で済んでしまうのかもしれない。表方、裏方共に才能ある人たちが、その実力を遺憾なく発揮できれば、これだけ凄い作品が出来上がるということなのだろう。元々ベストセラーになった湊かなえの原作小説(いつものことな...
映画を観た~告白~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
『告白』@テアトルダイヤ (映画な日々。読書な日々。)
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この...
AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので、どうせだから第2回選抜総選挙で1位になった大島優子を見てきた『... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポ...
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...
告白 レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 市立中学校1年B組の3学期の終業式の日、担任の森口悠子(松たか
『告白』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
とても面白い映画でした。作品に引き込まれました。テンポも良くて、あっという間に終わってしまった感じです。
告白 (銀幕大帝α)
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され....
告白 (のほほん便り)
「(いい意味で)2度と見たくない作品」って評価、とてもよく分かる気がしました。結末も「やはり、そうきたか」と予測が当たり、思わずドキドキ。 ミタで松嶋菜々子が「大切な人を失い、無表情になってしまった」怖い役を演じる前に、松たか子が、こういう役(鬼気迫...