『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[(速報!) 『ヱヴァ新劇:Q』有給休暇]

2012-11-17 12:14:24 | 物語の感想
☆観て来ました!

 作中で「結界密度が濃い」とか言う、ベリーショートにして、オールドミスのギスギス具合に拍車の掛かった赤木リツコが言う通り(この人、『破』の時の「相補性がうんたらかんたら」などなど、便利なセリフを言ってくれる^^)、

 この作品、異常に密度が濃い作品になっている。

 昨夜の『破』テレビ放送での、『Q』冒頭6分半のサービス公開での「全く意味のわからない描写」と言い、

 言葉の一つでも、描写の一つでも見逃そうものならば、物語に躓いてしまうような展開だった。

 かつて、『ガンダム:ファースト』から『ゼータ・ガンダム』に続いたとき、その「敵は味方」「味方が敵」「それとは別の存在」と言う変化に、非常に戸惑ったものだが、今回も、序盤 かなり戸惑わされる。

 ミサトさんが、とある組織のリーダーになっており、その人格は、苦悩が見られるも、「碇ゲンドウ」と化し、リツコさんは冬月のポジションとなっている。

 なお、今回のゲンドウはあまり変わらず、冬月さんはおでこが後退している。

 いや、ゲンドウ・・・、ゼーレ・サンバイザーでオシャレしていたね!

 話をミサトさんに戻すが、つくづく、三石琴乃さんは、女艦長の役が似合っている、と言いたいが、時が経ったミサトさんは、「マリュー(魔乳)艦長」のように、戦いの最中の艦内で振動におっぱいを揺らすこともなく、なんかストイックな女に変わってしまっていた。

 でも、ミサトさんが指揮する<戦艦・ヴンダー>、最初から飛ばし過ぎ! 人型のマクロスなみじゃあないか!

 私、『ヱヴァ』の女性キャラではミサトさんが一番好きだったのだが、時は人を変えるのね・・・。

 今回、エヴァに取り込まれてから、ついに目覚めたシンジ君に、ミサトさんは冷たい態度を取るのだが、

 いやいやぁ^^; 『破』の最後で、シンジの暴走を応援していたのは誰だよッ!?

 マヤが、かつてのミサトさんの立場となり、「最近の若い男はッ!!」などと毒づく。

 長髪はヒゲ面に、黒縁メガネも年齢を重ねている。

 うん、14年の時が流れているのだった。

 昨夜のテレビのサービス公開で一番驚いたのが、アスカが精神的に大人になった感じだ。

 作戦に対し、凄く素直だった。

 マリは、なーんか、後方支援ばかりで、今回は、全ての見せ場をアスカに譲っているね。

 まあ、この人は、セリフ一つで、そのビハインドをカバーできるタイプだし。

   

 しかし、この、作中の14年間の空白は、今後、サイドストーリーを幾らでも作れるわけだね^^

 おそらく、次回の『シン』でも語られないだろう、この空白期間だが、

 かなり、そのエピソードが想像できる断片の提示はされているね。

 ともあれ、今夜、もう一度 姪っ子と見に行くので、また、感想を書きたい。

 ・・・う~ん、難しかったので、一度で語れることは少ないよ。

 シンジとレイは、続編に向かって、今回は、それぞれ、「落ちる」「リセット」されていた。

 今回、「遊び」の部分は、シンジと渚カヲルのピアノ連弾シーンくらいしかなく、

 作中、凄く短期間の間に物語が終結します。

 では、また^^v

   PS.重要な問題だが、ネルフマークから「リンゴ」が無くなっているんだよね・・・。

 これ、四部作で終わるのか・・・?

                                           (2012/11/17)
ジャンル:
速報
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [小説『サイボーグ009・完... | トップ | [『ヱヴァンゲリヲン新劇場版... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新幹線男。 (電車男。)
2013-01-09 00:35:53
勿論ヱヴァンゲリヲンは哲学的なシナリオですよ。
当然ヱヴァンゲリヲンは心理学的なストーリーですよ。
電車男。 (ミッドナイト・蘭)
2013-01-10 22:21:19
>>勿論ヱヴァンゲリヲンは哲学的なシナリオですよ。
>>当然ヱヴァンゲリヲンは心理学的なストーリーですよ。

文学的ではありますよ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」みた。 (たいむのひとりごと)
嫌悪感こそないけれど、良い意味でしっかり裏切ってくれた「Q」。正直な感想をいえば「新劇場版はどこへ行こうとしているのだろう?」といったところで、この「Q」は何度観ても、どんなに考えても、おそらく明確な
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (Akira's VOICE)
何これスゴい。 見応えたっぷりで圧巻。  
エヴァンゲリヲン 新劇場版Q  感想【ネタバレ】 (明善的な見方)
見てきましたので感想 ネタバレ含む
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想 ネタバレ有り版 (荒野の出来事)
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  感想 (ネタバレ有り版)  ・ネタバレ無し感想はこちらへ  次のページへ
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 感想 (かて日記-あにめな生活-)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』観てきました。 やられた。 ばたんQだわ。  
劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」 (日々“是”精進! ver.F)
全ては、シナリオ通りに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211170004/ Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0”YOU CAN(NOT)REDO.サントラ 鷺巣詩郎 キ...
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (こねたみっくす)
これぞヱヴァンゲリヲン!いやエヴァンゲリオン! いよいよ最終目的地に向けて着陸態勢に入った新劇場版シリーズ。とんでもない興奮を味わえた前2作からの期待を見事に裏切り、 ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (そーれりぽーと)
観る映画のジャンルの幅を広げようと冷めた目で観始めたこのシリーズ。 1作目で何も感じなかったのが、2作目は2回も劇場に足を運ぶほど面白くなって、今回の3作目は心待ちにしてました!マジで。 初日早朝の回で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました。 ★★★★...
【アニメ】新世紀エヴァンゲリオン 新劇場版:Q 感想!【ネタバレ版】前半部 (今日から明日へ(仮))
引き続き、エヴァ新劇場版:Qのネタバレ有り感想を書いてみました。 なお、今回は前半部分のみとなります。 後半部分は明日書きますorz それと、若干ではありますが、苦手な考察も付け加えております(`・ω・´...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく (大江戸時夫の東京温度)
本日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を新宿ミラノ1で観ました。この劇場、ヱ
映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
アスカ、襲来  見知らぬ、戦艦 説明されない、設定 ヴンダー、逃げ出した後 レイ、黒いプラグスーツ 決戦、セントラルドグマ ゲンドウの求めしもの ユイ、将棋 瞬間、音、重ねて フライホイール...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (映画情報良いとこ撮り!)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q さて、先週からは、映画のために、テレビでヱヴァが放送されました。 2週連続で、放送されますね。 今週もあるということですが。 まずは、これまでのヱヴァをおさらいしてから、映画を見てくれということなのかも知れませんね。 ...
ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q (大海原の小さな光)
で、結局Qてなんだったの。 予告の時点ではなんかの略だった気がするが。あと、『ヱヴァQ』と略すと(まず間違いなくそう略されるだろうが)オバQみたいですね。以下、基本的にネタバレしかないぐらいの勢いで。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」真実と現実を突きつけられた先に知った自らの罪とQの答えを出せない己のない自分 (オールマイティにコメンテート)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は新世紀エヴァンゲリオンの新劇場版の第3弾作品として公開され、今回は碇シンジが綾波レイを助けようとしたサードインパクトから14年後が描か ...
全ては監督のシナリオ通りに?~「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」~ (ペパーミントの魔術師)
どこぞで見たんだが、見終わったあとに三三七拍子して 「残酷な天使のテーゼ」歌おうぜみたいなのがあったけど ・・・とってもそんな雰囲気じゃなかったよ。と先に言っとこう。 比較的テレビ版や旧劇場版からそないにかけ離れなかった「序」は やたら画像が綺麗になっ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (だらだら無気力ブログ!)
もうね、何が何やら。ただ映像と音楽は素晴らしいの一言。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
絶大なる人気を誇るアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」をリビルド(再構築)した“新劇場版”シリーズ4部作の第3弾 2009年6月28日に「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」から3年経ち、待ちに待っていた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を鑑賞して来ました。その前に16...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」総監督:庵野秀明監督:摩砂雪、鶴巻和哉声の出演:声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、石田彰、三石琴乃、山口由里子、立木文 ...
覚悟し過ぎてた(笑)「エヴァQ](2012) (INUNEKO)
? 「破」が痛快だったので、今回はきっとひどいことをするだろうと、旧劇のようなひどい目に会うだろうと、当時の吐き気のするようないたたまれない劇場体験を想定していたのです。 先に見たツレが疲労困憊の様子で出てきたのもソレゆえか、よっぽどか!と覚悟して見に行...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  総監督/庵野秀明  (西京極 紫の館)
アンノ、バカァ?! 【声の出演】  緒方恵美 (碇シンジ)  林原めぐみ(綾波レイ)  宮村優子 (式波・アスカ・ラングレー)  坂本真綾 (真希波・マリ・イラストリアス)  三石琴乃 (葛城ミサト)  石田 彰  (渚カヲル)  【ストーリー】 碇シンジが深い...
エヴァンゲリオン新劇場版:Q (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画      ◆エヴァンゲリオン シリーズ    前作から14年後の世界でしたが   話が飛び過ぎて何だかわからないのは   エヴァンゲリオンシリーズ特有...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (ネタバレなし) (青いblog)
社会情勢を反映したものでした。 難解ではなく、深く考察する必要もないほど、むしろわかりやすすぎるだけに、<後期宮崎監督>を感じてしまいました。 かつての庵野監督は、自分の問題を世界の問題とすり...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (にきログ)
さて、映画を見たのは先週なんですが今更ながらに感想です 私自身はエヴァは旧アニメ旧劇場版は大学時代に1度、序・破も1回見たぐらいですね なので熱狂的なファンの人に比べたらあまり深い部分まで見ることは出来ていないとは思いますが 何だかんだ言いつつ見たので...
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (時間の無駄と言わないで)
やっと観に行きまして。 2012年の映画の観納めとなったワケですが、なんとモヤモヤするコトか。 まぁそもそも昔からモヤモヤの残りまくりな作品ではあったけど。 果たして次作で ...
映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をやっと見た!~劇場で (David the smart ass)
あけましておめでとうございます。 今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわったのかもしれません。母も...
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q あははは。。。よくわからん。。。ついてけない。。。。 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=3】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる16本目の鑑賞、その日は夕方から妻とレミゼラブルを見るんやったけど、朝一に観た「綱引いちゃった!」と夕方のレミゼラブルの間に時間をつぶすために妖怪人間ベムの次にこれを鑑賞。 もともとエヴァは見たことがなくて....
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. (銀幕大帝α)
2012年 日本 105分 SF/アクション 劇場公開(2012/11/17) 総監督:庵野秀明 監督: 摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉 エグゼクティブプロデューサー:庵野秀明 原作:庵野秀明 脚本:庵野秀明 キャラクターデザイン:貞本義行 声の出演: 緒方恵美:碇シンジ 林原...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q TV版+巨神兵東京に現わる 劇場版 TV版 (のほほん便り)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」までが、雰囲気だっただけに、思いっきりぶっ飛びましたね。舞台も思いっきりワープしちゃったし、ほとんど、パラレルワールドの感。賛否両論の否の方が多かった(でも、少数派だけど絶賛派も)のも、納得いく気がしたのでした。「破」に...