『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『エンダーのゲーム』を観た]

2014-01-24 23:59:20 | 物語の感想

☆・・・大作なので観るつもりだったけど、あんまし興味がなく、情報も仕入れていなかったんだけど、なかなか面白かった。

 本来ならば、せいぜい三部作にするような流れの物語なのに、無理矢理に一作にしている^^;

 宇宙人の侵略の脅威にさらされた世界での、軍事的リーダーへの道を目指した主人公エンダーが、「のらくろ」や「島耕作」のように、ソルジャー適正試験をはじめとし、次第に昇格していく物語。

 もう、原作の長編小説を二時間の尺に詰め込んでいるので、エンダーはトントン拍子で突き進む。

 でも、脚本がうまく、それぞれの段階で、なかなか重要なエピソードを放り込んでいくので、わりと納得できて話は進む。

 最初に妙であったのが、エンダーの行動と、それを評価する指揮官(ハリソン・フォード)の評価である。

 エンダーなど、学校で自分を苛めてきた男を返り討ちにして、更に、倒れた相手をフルボッコにする。

 それは、「溺れた犬に石を投げる」ような、なんか卑怯なワルの行動のように思えるのだが、指揮官は、それを賞賛する。

 また、指揮官は、自分の動きを笑うエンダーに理由を聞き、その理由に感心し、他の候補生をディスる。

 なんか、エンダーの優秀さがわからないままに、物語は進む。

 しかも、エンダー、男なのに、妙に体の線が細いし、顔も神経質くさい^^;

 だが、この物語は、「溺れた犬に石を投げる」と言う、先制攻撃容認の物語であるのが面白い。

 「未来の侵略」を防ぐという概念である。

 意外にも、「超タカ派」の物語であった。

 ハイラインの「宇宙の戦士」の現代アレンジか。

 で、その是非こそが、この物語シリーズの第一義としての主題であるのかも知れなかった。

 故に、昇格のトントン拍子は、テーマ重視に語る上では当然とも言え、

 その物語の帰結として、殲滅した敵の、数少ない生き残りのために、主人公が新しい居住惑星を探す旅に出るという「反省モード」こそ、特記せざるを得なかったのだろう・・・。

 しかし、最終決戦のからくりは、微妙に分かっていたような気もするが、けっこう驚かされましたよ^^

                                             (2014/01/24)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [10分で書く(53:静かな日... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったです (iina)
2014-01-26 10:23:02
>「溺れた犬に石を投げる」と言う、先制攻撃容認の物語であるのが面白い。 「未来の侵略」を防ぐという概念・・・

そんなに世の中はまして宇宙は単純ではないだろうと思うものの、分かりやすかったです。

>殲滅した敵の、数少ない生き残りのために、・・・「反省モード」・・・
アメリカらしい思考です。やっつけておいて、慈愛に転じるのなら、現代の地球で警察官を気取って戦争をして可哀そう
と情けをかけずに、はじめから戦争を仕掛けなければば好いのにと思ってしまいます。・・・これは、映画と無関係でした。(^^ゞ
iinaさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2014-01-31 02:18:56
>>アメリカらしい思考です。

ですね^^;
あくまでも、その「反省モード」は自己完結のためだけのものなのです。
まあ、それでも、フォーミックと言う種族が生き長らえるのは悪くないかな?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エンダーのゲーム (佐藤秀の徒然幻視録)
野焼きでイナゴ退治かよ 公式サイト。原題:Ender's Game。オースン・スコット・カード原作、ギャヴィン・フッド監督。エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キング ...
エンダーのゲーム (IMAX)/エイサ・バターフィールド (カノンな日々)
1985年に出版されたオースン・スコット・カードによるSF小説の名作を『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド監督が映画化した作品。コレって本国ではヒットしているので ...
エンダーのゲーム (あーうぃ だにぇっと)
エンダーのゲーム@TOHOシネマズららぽーと船橋
『エンダーのゲーム』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
宇宙空間でのドンパチが見たい人にはオススメ。圧倒的な科学力を持って攻めてくる異星生命体に対し劣勢を強いられる地球。しかし一人の英雄的行動によって辛くも勝利を収めた。それから20年、地球は異星人の再度の襲来に備え軍備の増強に迫られ、世界中から年端もいかない...
劇場鑑賞「エンダーのゲーム」 (日々“是”精進! ver.F)
人類の勝利は正しかったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401210001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック・スコア エンダーのゲーム [ スティーヴ・ジャブロ...価格:2,520円(税込、送料込) 【送...
『エンダーのゲーム』 (時間の無駄と言わないで)
人類が何かと戦ってて、エンダーがビームを撃ってる。 あとハリソン・フォード。 その程度の予備知識で観に行ったけど、本編もその程度だった。 原作小説は未読だけど、それで ...
「エンダーのゲーム」 攻撃性と共感性 (はらやんの映画徒然草)
原作は1978年出版のアメリカのSF小説「エンダーのゲーム」。 ヒューゴー賞・ネ
エンダーのゲーム (そーれりぽーと)
原作が凄い人気なのだそうで、こちとらさっぱり知りませんけど『エンダーのゲーム』を観てきました。 ★★ 映像の美しさが際立つ宇宙大戦もの。 ただ、それは色んな意味でこの物語の発想の素になっていると思われる「テレビゲーム的」な映像構成でも有り、逆にそのあたり...
エンダーのゲーム(吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 地元イオンシネマでは吹替えしかありませんでした。
エンダーのゲーム(時間の都合で吹替) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Ender's Game 監督:ギャビン・フッド 出演:エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ビオラ・デイビス、ヘイリー・スタインフェルド 時間の都合で吹替で見たけど、 エンダーの子供っぽさのある声をはじめ、 ハリソ...
『エンダーのゲーム』 (2013) (相木悟の映画評)
未来へ様々な警鐘を鳴らすSF大作!ではあるのだが…?! 人間が想像できることは、人間が必ず実現できる。希望に溢れるジュール・ヴェルヌ格言がゾッと思えるSF問題作ではあるのだが…。 優れたSF小説におくられる最大の権威、ヒューゴ賞とネビュラ賞をダブル受賞した...
エンダーのゲーム (風に吹かれて)
幼き新世代の軍師 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/ender原作: エンダーのゲーム (オースン・スコット・カード著/ハヤカワ文庫)監督: ギャヴィン・フッド
エンダーのゲーム (日本語吹替え版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ENDER'S GAME】 2014/01/18公開 アメリカ 114分監督:ギャヴィン・フッド出演:エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ヴィオラ・デイヴィス、ヘイリー・スタインフェルド、アビゲイル・ブレスリン、アラミス・ナイト、スラージ・パ....
エンダーのゲーム ★★★ (パピとママ映画のblog)
1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。昆虫型生命体と人類の戦争を終息させる能力と宿命を背負った少年の成長と苦悩が描かれる。監督は、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド。『ヒューゴの不思議な発明』で注目....
エンダーのゲーム (心のままに映画の風景)
産児制限が行われている未来の地球。 地球外生命体フォーミックの侵攻を受けた人類は、辛くも絶滅を免れるが、さらなる侵攻に備え、優秀な子供たちを徴兵し、地球軌道上に設置された訓練施設“バトル・スクール”でエリート戦士の養成が行なっていた。 政府の特別許...
エンダーのゲーム (だらだら無気力ブログ!)
何かと説明不足感が・・・。
『エンダーのゲーム』 2014年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エンダーのゲーム』 を試写会で鑑賞しました。 初めてのTCX、ドルビーATMOSを体験 まだ新築の匂いが少しありました(笑) スクリーンは想像以上に大きく(といっても六ヒルスクリーン7位かな)、 音は凄い重低音で椅子にまで響いて気持ちが良い 【ストーリー】  強大...
『エンダーのゲーム』 (beatitude)
近未来。昆虫型異星生命体フォーミックの襲撃により地球は大打撃を受けた。フォーミックからの再襲を食い止めるために、国際艦隊は世界中から天才児を集めて司令官育成教育をするバトル・スクールを設けた。訓練長官のグラッフ大佐(ハリソン・フォード)は、アンドルー・...
『エンダーのゲーム』('14初鑑賞9・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 15:45の回を鑑賞。
映画『エンダーのゲーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-10.エンダーのゲーム■原題:Ender's Game■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:114分■料金:1,800円■観賞日:1月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギャヴィン・フッド◆エイサ・バターフィールド◆アビゲイル・...
「エンダーのゲーム」 (みんなシネマいいのに!)
 未来の地球。 謎の地球外生命体の侵攻を受けた人類は何とか絶滅を回避したが、いつ
エンダーのゲーム (銀幕大帝α)
ENDER'S GAME 2013年 アメリカ 114分 SF/アクション 劇場公開(2014/01/18) 監督: ギャヴィン・フッド 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 原作: オースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』 脚本: ギャヴィン・フッド 出演: エイサ・バタ...
エンダーのゲーム (いやいやえん)
世界の命運を、子供たちにゲーム感覚で握られてしまう感じの映画ですよねえ。 映画の中のほとんどが訓練シーンです。マスゲームみたいなもので子供同士が行うので、どこか遊びの延長のような感じがします。この訓練と戦闘で主人公が優秀な指揮官へと成長して行く…と...