『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『戦火の馬』を観た(短信)]

2012-03-06 23:59:15 | 物語の感想
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。

 ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^^;

   ◇

 昨今のスピルバーグ作品らしく、この作品も、かなり淡白な作りである。

 それを、老いたスピルバーグのドラマ性の希薄さと取るか、大人の抑制と取るかは、見る者による。

 最近の「スーパー8」も「カウボーイ&エイリアン」も、多くの映評ブロガーには不評であったが、私にはなかなか面白くかった。

 ただ、この作品も、かなりサッパリした作りのようなのだが、映評ブロガーには、それほど不評ではないようである。

 作品のジャンルで許されているような気がする。

 良かれ悪しかれ、そのテーマ性の深度は浅いのであるが、それが上品さでもある。

 さて、ジョーイは、第一次大戦の敵味方の両軍や、戦争に巻き込まれる人々の間を駆け回るのだが、

 この映画を見て、私がつくづく思ったのが、

「ああ、スピルバーグは、やっぱり、『コンバット』が好きなのだな」だ。

 『コンバット』は、小隊をメインに、その作戦に関わる者たちの人情を上手く描いていた。

コンバット! DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
ブロードウェイ


 最初にそれを確信したのが「プライベート・ライアン」の時で、

 その、クライマックスでの、敵を待ち受けるゆっくりした時間の流れの中での、それぞれの登場人物の想いを込めた「静かなる緊張」のシーンなどが挙げられよう。

 今回の作品でも、ジョーイが訪れる、各局面が、それぞれ「コンバット」の小さなエピソードの如く連なる。

 先ずは、戦争前の、少年とジョーイの交流から始まり、

 戦争が始まり、軍馬としてジョーイが徴兵(?)されるのだが、ジョーイを引き受けるイギリス軍将校(騎兵)が人格者で、大切に扱われるも、ドイツ軍奇襲で戦死する。

 ジョーイはドイツ軍の捕虜馬(?)となり、野砲の引き役となる。

 その過酷な様は、言葉でしかイメージできなかったものを具体的に見せてくれて、それだけでも、この映画の価値があると思われた。

 途中、弟を慮る兄との、兄弟による軍脱走が、ジョーイへの騎乗によって為されたり、

 その兄弟が発見され、射殺された後は、ジャム製造を営むお爺さんと孫(美少女)にジョーイは養われるも、再び、ドイツ軍に奪われたりする。

 私は、こんな美少女エミリー(セリーヌ・バッケンズ)と静かに暮らすジジィが羨ましかった^^

   

 しかし、連合軍とドイツ軍の戦闘は、熾烈を極める。

 既に廃墟の町に、高台から砲撃を加える図も圧倒的なビジュアルで、

 また、ヨーロッパの人にとっての「グレート・ウォー」である第一次大戦の、地獄の「塹壕戦」も、俯瞰映像でダイナミックに見せてくれる。

 雪が舞い散り、その厳しさが具体的にわかる。

 また、戦争の渦中の混戦…、その中間地帯で、「有刺鉄線」にがんじがらめになったジョーイを、白旗を掲げてフランス兵が救おうとするのだが、…と、そこへ、有刺鉄線カッターを持ったドイツ兵…。

 そこで、ジョーイを媒介にした敵味方の奇妙な交歓が描かれる(ある意味「小芝居」^^;)。

 いかにも「コンバット」的だし、スピルバーグの好みだし、私の興味を引く^^

 正直、ジョーイの通ってきた道のりは、少年との友情よりも素晴らしく感じてしまった^^;

                                                       (2012/02/06)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2012-03-07 14:18:41
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-03-08 21:04:16
TBありがとうございます。

>正直、ジョーイの通ってきた道のりは、少年との友情よりも素晴らしく感じてしまった^^;

ジョーイの道のりが深いドラマを見せてくれたと思います(*^_^*)

ではでは☆

御二方へ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-03-09 20:24:59
>>けんさんへ♪

そちらのブログも読ませて頂いていますよ^^

>>yutake☆イヴさんへ♪

この作品、思い出すといつまでもいい感じで思い出されます^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
戦火の馬/War Horse (LOVE Cinemas 調布)
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演に...
戦火の馬 (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ジェレミー・アーバイン     エミリー・ワトソン     デビッド・シューリス 第一次世界大戦下、軍馬として売られていった馬と、そこにまつわる人々とのお話。 いつの間にか140分という時間が終わってました。 ホ....
戦火の馬 (映画と本の『たんぽぽ館』)
多くの人の手に守られて                       * * * * * * * * * * この作品、とても楽しみにしていました。 スピルバーグ監督作品だからというだけではありません。 馬が好きなんです。 競馬はやりませんけれど、馬の走....
戦火の馬 (佐藤秀の徒然幻視録)
馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ...
戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 (あーうぃ だにぇっと)
戦火の馬@丸の内ピカデリー
戦火の馬 (to Heart)
原題 WAR HORSE 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 マイケル・モーパーゴ 脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・スピルバーグ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピ....
映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた~っ (よくばりアンテナ)
特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバートのもと...
「戦火の馬」 (NAOのピアノレッスン日記)
~あなたの心が震える~ 2012年  アメリカ映画      (2012.03.02公開)配給:ディズニー            上映時間:147分監督:スティーヴン・スピルバーグ原作:マイケル・モーバーゴ音楽:ジョン・ウィリアムズ出演:ジェレミー・アーヴァイ....
『戦火の馬』 アメリカは壊れているか? (映画のブログ)
 アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走』(1963年)である。 ...
戦火の馬 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
戦火の馬 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る馬と少年の絆が奇跡を生む感動作「戦火の馬」。抒情的な田園風景とリアルな戦闘場面の対比が見事だ。イギリスの農村に住む少 ...
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
”映画の天才”試写会 『戦火の馬』 (2012.3.2公開) (理性と感情の狭間で)
twitterでフォローしている映画のお兄さんこと中井圭さん主催の”映画の天才”試写会で「戦火の馬」を観てきました。 あらすじ 第一次世界大戦の直前のイギリス。貧しい農家に引き取られた馬のジョーイ。一家の息子(ジェレミー・アーヴァイン)が世話をし、一家を支え...
劇場鑑賞「戦火の馬」 (日々“是”精進! ver.A)
“繋がり”があれば、きっと会える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203020004/ 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラック サントラ SMJ 2012-02-22 売り上げランキング : 74358 Amazonで...
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
『戦火の馬』 (こねたみっくす)
奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ...
戦火の馬/ジェレミー・アーヴァイン (カノンな日々)
1982年に発表されたイギリスの作家マイケル・モーパーゴの児童文学をスティーヴン・スピルバーグが映画化した第1次世界大戦下を背景にした馬と人間たちの絆を描いた物語です。短い ...
戦火の馬 (Akira's VOICE)
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!  
戦火の馬 (風に吹かれて)
出逢った人達に愛されて [E:horse]公式サイト http://disney-studio.jp/movies/warhorse原作: 戦火の馬 (マイケル・モーパーゴ著/評論社)監督: スティー
「戦火の馬」みた。 (たいむのひとりごと)
最近は原点回帰気味な印象のあるスピルバーク作品だけど、戦争映画も十八番なわけで、「きっとそう来るだろう」と分かっていても、思わず涙をこぼしてしまう王道の戦争映画になっていた思う。ものすごく強運ながら、
戦火の馬 (ただの映画好き日記)
第一次大戦前夜のイギリスの農村―― 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジョーイと名付けられ、この家の少年アルバートとかけがえのない絆で結ばれる。
映画『戦火の馬』★たどりついた奇跡~結ばれた希望の絆~ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビューしました(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340426/rid110/p1/s0/c1/   作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/154949/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照...
「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。
戦火の馬 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 雰囲気的には1950~60年代のレトロっぽさのある作品。
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。 イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。 物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜のイギリス・デヴォン州。 この地にある牧場?で、一匹のサラブレッドの子馬が生まれ...
戦火の馬 (悠雅的生活)
梟の鳴き声。幸運のお守り。ノーマンズランドの奇跡。
戦火の馬             評価★★★★★100点 (パピとママ映画のblog)
マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説を、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。第一次世界大戦を舞台に、1頭の美しい馬と人間たちの出会いと別れを描く感動の戦争ドラマ。出演は、新星ジェレミー・アーヴァイン、....
戦火の馬 (B-scale fan's log)
公開中 スティーヴン・スピルバーグ監督     出演 ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、     デヴィッド・シューリス 他 新評価 4.0 暖かくなってきたので運動をしたいのですが、 なぜかここ数日おなかの調子が・・・。 なのでインドアに過ご...
戦火の馬 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★☆“終盤の指笛は鳥肌モノです!”マイケル・モーパーゴが1982年に発表した同名小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品です。 テッドは足が悪く、常に酒瓶を離せないでいます。そんな父のことを母のローズはアルバートに“彼はアフリカでの戦争...
「戦火の馬」 (てんびんthe LIFE)
「戦火の馬」TOHOシネマズ渋谷で鑑賞 2012-025 スピルバーグマジック! やっぱり、スピルバーグって只者ではないと思わせてくれました。 戦争映画でこの尺。 戦争映画ってドンパチやって結構時間稼ぐので長いものが多いのは事実なんです。 1秒たりとも飽きさせる...
「戦火の馬」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・米・ドリームワークス/配給:ディズニー 原題:War Horse 監督:スティーブン・スピルバーグ 原作:マイケル・モーパーゴ 脚本:リー・ホール、リチャード・カーティス 撮影:ヤヌス・カ
スティーブン・スピルバーグ監督 「戦火の馬」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
戦争物と動物物の映画は正直あまり好きではありません。 凄惨な運命を辿り、お涙頂戴って魂胆だろうと思うわけで 最初は観る予定ではありませんでした( ̄^ ̄)b でもね、今日(3月13日)の公休、他に観たいと思えるのがやってない! まぁいいか? スピルバーグ...
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゜...゜;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
「戦火の馬」:THE 古典 (大江戸時夫の東京温度)
映画『戦火の馬』は、堂々たる「古典(Classic)」です。何の情報もなしで19
戦火の馬 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:War Horse監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン・・・スピルバーグの映画には、ジョン・ウイリアムズの音楽ありき!
戦火の馬 (映画的・絵画的・音楽的)
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄...
戦火の馬  WAR HORSE (映画の話でコーヒーブレイク)
「戦火の馬」見に行ってきました。 見に行こうかどうか、かなり迷いました。 というのも・・・、予告編を見て涙、うるうる。 映画館で見たら号泣かも?と二の足を踏みました。 動物ものはアカーン。 古くはディズニーの「三匹、荒野をゆく」や ジャック・ロンドン原作、....
映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 第一次世界大戦中の英国。農家の少...
ただ、前だけを見て~『戦火の馬』 (真紅のthinkingdays)
 WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピーター・ミュ ラン)が競り...
戦火の馬 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「戦火の馬」監督:スティーヴン・スピルバーグ(『カウボーイ&エイリアン』)出演:ジェレミー・アーヴァインエミリー・ワトソン(『ウォーター・ホース』『ミス・ポター』)デヴ ...
戦火の馬 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
戦火の馬 '11:米 ◆原題:WAR HORSE ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ ◆出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デイヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストラップ、トム・ヒドルストン ◆STORY◆第一次大戦前夜のイギリス...
映画『戦火の馬』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シュー...
「戦火の馬」 壮絶馬人生!!(゜ロ゜屮)屮 (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
巨匠スティーヴン・スピルバーグの待望の監督最新作[E:sign03] アカデミー
戦火の馬 (いやいやえん)
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな~どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、...
【戦火の馬】善意のリレー (映画@見取り八段)
戦火の馬~ WAR HORSE ~    監督: スティーヴン・スピルバーグ    出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、デヴィッド・クロス、パトリック・ケネディ ...