『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[『ヱヴァ:破』を観た(四観目:視姦/弛緩/史観)]

2009-07-03 23:29:24 | 新・物語の感想

☆私は、『スターウォーズ』の新作が公開されたときの、アメリカの映画館の前に並ぶ行列で、メディアのインタビューを受けたファンの「あと、5回は観に行くゼ!^^」などのセリフに、白い視線を向けていたものだが、今は気持ちが分かる。

 かつて、漫画家のとり・みきが、原田知世に夢中で、一日に何回も『時をかける少女』をビデオ鑑賞していたが、今、私は、その気持ちが分かる。

 『ダークナイト』に夢中になって、どなたかが「8回目の鑑賞です」などとブログに書いていたが、今、私には、その気持ちが分かる。

 本日の午前、遅番の仕事前に、『ヱヴァ:破』の四度目の鑑賞に赴いた。

 ・・・いや、他の映画を観ても、これ以上の面白さを提供してくれる作品があるとは思えないのだ。

 大人はいい。

 数度観た映画であろうとも、モーニングの1200円の鑑賞代など、出すのは屁でもない^^;

   ◇

 しかし、関係ないけど、朝の<MOVIX昭島>の駐車場前には、交通事故があったらしく、救急車やパトカーがいっぱい止まって^^;

 それから、映画鑑賞後、何故だか、<シアター2>の前には、私と因縁深き<MOVIX昭島の女支配人>が立っていた。

 私は、この方が健在であるとホッとする。

      [<MOVIX昭島>音響設備の話の決着、そして…](クリック!)

 上記の問題を通し、私と女支配人の関係は深まった・・・。

   ◇

 さすがに、4観目ともなると、かなり余裕を持って視ることが出来る。

 『今日の日はさようなら』や『翼をください』のシーンになると、そのピアノ前奏が始まると、「来た来た来たーッ!」と思う。

 おそらく、6観目ぐらいの綾波救出シーンでは泣いてみようと思う。

 泣いても恥ずかしくない。

 素晴らしいシーンだ。

 何が素晴らしいかと言うと、そこには、近年、蔑ろにされ続けている「精神力の強さ」が徹底的に描かれているからだろう。

 それは『キン肉マン』の「火事場の馬鹿力」を思い出し、『聖戦士ダンバイン』の「オーラ力(ちから)」のようでもあり、『伝説巨神イデオン』の「無限力(ちから)』を髣髴とさせつつ、それ以上に崇高なのである。

 それが、前シリーズでは、悩み・病み続けていたシンジ君によって発現されるのだから、衝撃とともに喝采するしかない。

 救われるときの、裸で膝を抱えた綾波の、くしゃくしゃの髪の幼児のようなあどけない表情・・・、可愛いね^^;

   ◇

 私は、綾波の登場シーンで、一番エロいシーンを見極めたよ^^

 それは、アスカ初登場で、静々とその場を去る綾波レイのプラグスーツを着たお尻の微動である^^

 その「撫で肩」とともに、実に綾波らしいッす!

   ◇

 ・・・で、そのアスカ登場シーンだが、やっぱ可愛い。

 とにかく、アスカの、他者を見下す態度に、「美少女に翻弄されたい中年男」は興奮する。

 足払いされて、ツカツカと見下されるシーンの畳み掛けは見事である。

 ・・・が、私など、イメージ上では、それは興奮するシチュエーションなのだが、きっと、アスカみたいな生意気な少女が近くにいたら、キレて、男の力で組み伏せてしまうだろう。

 イメージの世界と、現実の世界での、私の、自分の役割分担が違うのは何故だろうか・・・^^;

   ◇

 マリは、自己分析の既に済んでいる大人びた14歳である(14歳なの!?)。

 マリが、冒頭での使徒との戦いで、架設5号機の状態を、箇条書きで語るシーンがあるが、

 それは、後に、アスカが、3号機に乗り込む前に、ミサトさんに自己分析を箇条書きで語るシーンと、

 対になるものであろう。

 ・・・マリはかなり大人である。

 その大人の視線(庵野氏の成長でもある)が、この作品に抑制を加えている。

 マリの口調は、「・・・だから、いい!」がある。

 とても可愛い言い回しだ。

 作中で三回使われているので、皆さん、確認を!

   ◇

 明日も仕事が早いので、これにて今回は終わるが、もうちょい語る。

 この作品、非常に密度が濃い。

 そこには、大胆な省略と、緻密な計算がある。

 例えば、シンジとアスカのお弁当エピソード。

 お弁当を作らなかったシンジをアスカが責めるシーンから、一気に話が翌日の弁当ネタに飛ぶ。

 普通なら、間に、全く別のエピソードを入れて、時間の経過を印象付けてもいいはずだ。

 また、矢継ぎ早な展開の中で、レイと碇司令の食事シーンや、エレベーターでのレイとアスカの恋愛問答、絶望したシンジを説き伏せようとするミサトさん、・・・それらのシーンは、非常に時間を取り、声優に名演技を引き出させている。

 実に、緩急が自在である。

 ダイジェスト感を、けして観客に与えるようなことはしないのだ。

                         (2009/07/03)

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [本日の産経新聞の気になる一... | トップ | [映画『ウィッチマウンテン/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/ネタバレ感想 (ランゲージダイアリー)
 本日劇場で観てまいりました『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のネタバレ感想です。  まだ劇場で観ていない人は、「続きを読む」以降は死んでも読まない方がよいかと思います。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (ぐっち~の映画DAISUKI!)
太陽を盗んだ男!!!待ちに待ったエヴァの新作。今作はタイトル通り「破」でかなりえ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/緒方恵美 (カノンな日々)
これぞ日本のお祭り映画って感じで公開前からずいぶん盛り上がってるみたいでしたね。何度かにわけて発売されて前売り券はそのたび各所でSOLDOUT状態みたいですし、各シネコンでの公開初日分の事前販売も出足がスゴイみたいでした。私にとっても一応観たかった映画なんで...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (Art- Mill)
http://www.evangelion.co.jp/ 「エヴァ」の物語は劇場版としてリニュルされて2作目にあたり、1作目からおよそ2年間の時間をかけている。早いか遅いかは意見の分かれる所だが、ボク自
ヱヴァンゲリオン新劇場版:破 感想 (AQUAを照らす月光)
緊急告知 本日、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序が、金曜ロードショーで放映されますが、ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人を運営してい...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作、「序」では旧テレビ版の1~6話までのリビルド(再構築) だったが、今回は、既存のエヴァをまさに破壊する内容だった。 基本のストーリーラインは、旧テレビ版7~19話を基本路線と している感じだが、描かれてる世界観は全く別物になっていた。
勝手にレビュー(その11)~ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破~ (Ali della liberta (in Stadio))
 唐突に思ってしまったことだけど、今回の「破」を故・三沢光晴氏が見たらどう評価するかな?なんて考えてしまいました。でも、三沢さんだ...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 (藍麦のああなんだかなぁ)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」です。 「序」の感想は、過去記事を参照って書いて
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (ハリネズミのちょびっとMemo)
コンティニューvol.46 初日に観に行ってきました、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。 初回上映を狙ってはいたものの、どう見ても一緒に行きたげで初日初回に行く気満々の自分に不機嫌そうな奥様のため、彼女の仕事が終わってからのレイトショーになりました。 まーレ...
狂気の演技 (「いい」加減でいこう USO800)
 今日、エヴァンゲリオン「破」を観てきた。感想は「めちゃおもろいやん!!」である
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 (salty blog)
1000円の日を利用して、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見て来ました。 絵はキレイになっても所詮焼き直しの「序」は、 どうしても劇...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (だめ男のだめ日記)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」監督摩砂雪、鶴巻和哉原作庵野秀明声の出演*緒方恵美(碇シンジ)*林原めぐみ(綾波レイ)*宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)*坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)*三石琴乃(葛城ミサト)*山口由里子(赤木リツコ)*山寺宏一(...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 感想 (荒野の出来事)
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 感想    -経緯-  劇場版公開当日  家が近いと言う理由から、そこに30分前にちんたら向かってたら...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (いい加減社長の映画日記)
映画サービスデーということで、会社を早退して、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を鑑賞。 ほんとは、公開日に行きたかったんだけど、かなり満席に近い状態で、断念。 「UCとしまえん」は、平日の夕方に来ることはあまりないので、比較ができないけど、こんなもんな...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (よろずな独り言)
 行ってきました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。つまらないレベルでのショックな出来事が二つほどありましたけど。(苦笑)公開間もないので,ネタバレに関しては排除しております。ネタバレとなる感想は,もう少し経ってから(出来たら)アップしたいと思います。そ...
ヱヴァ新劇場版:破~ぽかぽかレイちゃんに胸キュン♪~ (サイネリア~わたしのひとりごと~)
夏コミ原稿の真っ只中ですが、7月3日放送の金曜ロードショーを観てしまうと誘惑に負けてしまいました(笑)。劇場用パンフが売り切れてなかったので一安心。新たなヱヴァをこれでもかと堪能いたしました。
話題作『ヱヴァ』、スクリーン切り裂かれる (Pocketworks : Idea Portal)
話題作『ヱヴァ』、スクリーン切り裂かれる ...
エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想 (わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心])
やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてま
映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(お薦め度★★★★★) (erabu)
原作・脚本・総監督、庵野秀明。監督、摩砂雪、鶴巻和哉。テーマソング、 宇多田ヒカ
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想 (Lounge ”Himajin” Killer)
面白すぎて腰を抜かしてしまった(笑) やっぱ凄いよ・・・ヱヴァ・・・庵野さん・・・ 簡単に語りきれないので数回に分けて、いっぱい感...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破 (Old Dancer's BLOG)
 メチャメチャ面白かった!  もう今回の感想、これでいいよね?え?いくない?なんでよ?!よーしおじさん逆切れしちゃうぞーwww ←...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (Addict allcinema 映画レビュー)
初登場となる新キャラクターや、新型エヴァンゲリオンにも注目の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」全4部作の第2部!! 【関連記事】 「ヱヴァン...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想 (おぼろ二次元日記)
小雨の中、「序」と同じく、オタな姉とまた見に行って参りました。平日でしたが客席は半分くらい埋まっていました。公式はこちら♪ちなみに「序」の感想はこちら♪以下ネタバレを含みますのでご注意くださいませ。あらすじ:汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ること...
もう一回エヴァ破見てきた (わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心])
朝遅く起きて、ふと思い立ってもう一度エヴァンゲリオン新劇場版:破を見てきました。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (映画君の毎日)
●ストーリー●汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。また、綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。加えて...