『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[小説『サイボーグ009・完結編』と映画『009 RE:CYBORG』二観目]

2012-11-16 23:59:08 | 物語の感想
☆『サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR』を読み終えた。

 石ノ森章太郎が、膨大な構想ノートだけを残していた、未完の『009・完結編』を、息子の小野寺丈が十数年かけて完成させた作品。

 とは言え、小説としては、かなり稚拙な作品であった。

 よく言えば、明治時代の「小説」を読んでいるような気もする「とりあえずカタチに」的な、プロットを追いかけているような雰囲気が感じられた。

 しかし、その壮絶な、あまりにも壮絶な神々との戦いは、私たちの中の石ノ森萬画(マンガ)のイメージによって補完され、かなり迫真性を持っていた。

 戦って戦って戦い抜くのである。

 小野寺丈が、小説だからと堅苦しくせず、あくまでもマンガのノリで、マンガ的なリアル感で全編を貫いてくれたのは嬉しかった。

 最後に明かされる「この世界の秘密」は、今では使い古されているようでいて、そんなことはなく、私には実に斬新であった(清涼院流水の『カーニバル』シリーズに似てるかな)。

 この理屈ならば、「009」シリーズ全てに照らし合わせても、全く齟齬がない。

 ・・・そして、私は、あまりにも強大で膨大な神々に対し、最後の決断をするジョーと抱きあうフランソワーズの「最後の一言」に不覚にもホロッときてしまった。

 エピローグは短いけど、昭和の「009・第二期」のエンディング曲『いつの日か』を思い出しましたよ^^

     ≪サイボーグ009 Ending full いつの日か≫・・・クリック!

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)


カーニバル・デイ―新人類の記念日 (講談社ノベルス)
清涼院 流水
講談社


   ◇

 で、ここのところ、思い出しては気になっていた映画『009 RE:CYBORG』を、残業を終えてから、もう一度 観に行った。

 そのアクションシーンを堪能したいのと、直接的には関係ないが、「009:完結編」とのテーマ的な関連を考えたいと思ったのだ。

 うん、明日からは『ヱヴァ:Q』で忙しくなるし。

 何故か、一回目には貰えなかった特典カードを貰いつつ、館内に入ると、お客さんがかなり入っていることに驚いた。

 しかも、女性が非常に多い。

 これは、島村ジョー目当てか?

 それとも、人気の声優さんでもいるのか?

 アクションシーン・・・、やはり、ジョーが加速装置を使うシーンはたまらないな。

   
     ・・・ミサイルを破壊するジョー

   
     ・・・核爆発から逃げまくるジョー

 「完結編」では、神は人類を淘汰する存在だったが、

 今回の映画では、違う解釈が為されているね。

 それから、一つ気付いたことです。

 あえてそうしてるんでしょうが、ジェロニモが、覚醒してないジョーを追いかけるシーンは、

 『幻魔大戦』で、ベガが、東丈を追いかけるシーンとクリソツですね。

幻魔大戦 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
角川エンタテインメント


 しかし、やっぱ、フランソワーズには見惚れる。

 じっくり見てると、いい演技をしているんだよね^^

   

 胸の「扇」みたいなデザインは、模様じゃなくてレリーフなんだよ。

 で、よく見ると、そこには胸の谷間が垣間見られるんですよね^^

                                            (2012/11/16)
『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [モロッコのおみやげ] | トップ | [(速報!) 『ヱヴァ新劇:Q... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
009 RE:CYBORG (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「009 RE:CYBORG」監督:神山健治声の出演:玉川紗己子、小野大輔、斎藤千和、大川透、丹沢晃之、増岡太郎、吉野裕行、杉山紀彰、宮野真守、他配給:Production I.G、T・ジョイ概要:物語の ...
『裏切りのサーカス』は押井守版サイボーグ009だ (映画のブログ)
 2009年、押井守監督は『サイボーグ009』の映画化を進めていた。  最終的に神山健治監督の『009 RE:CYBORG』(2012年)として結実した企画は、元々は押井監督の新作としてスタートしたのだ。  『サイボーグ...
009 RE:CYBORG 【映画】 (as soon as)
石ノ森氏の草稿があったとして しかし他の人間がつくればそれは同人だ 石ノ森先生の結末ではない 草稿があったのかなかったのか 天使編、神々編、石ノ森先生は何度この結末を先送りにしてきただろう 描く...
『009 RE:CYBORG』を新宿バルト9シアター6で観て、そんなにみんな神々との戦いが好きなのかふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★理屈は分かった。しかしAの理屈を成立させる為にBの理屈が破綻してはいないか】    導入部で終わってしまったマンガ「天使篇」については別にどうとも思っ ...
009 RE:CYBORG (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月27日(土) 21:05~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参) 『009 RE:CYBORG』公式サイト まず、3Dについて。そもそも、3D CGアニメーションで作られたそうなのだが、態々セルアニメのテイストにしている。その為、逆に3D...
「009 RE:CYBORG」 (大吉!)
<水曜日> (TOHOシネマズ・女性サービスデー・邦画・9時40分~) 西暦2013年2月26日。あの9人が、世界中から集結する。 終わらせなければ、始まらない。 世界の終わりと共に、新たなヒーローが生...
009 RE:CYBORG (銀幕大帝α)
2012年 日本 103分 SF/アクション 劇場公開(2012/10/27) 監督:神山健治 原作:石ノ森章太郎 脚本:神山健治 声の出演: 宮野真守:サイボーグ009:島村ジョー 小野大輔:サイボーグ002:ジェット・リンク役 斎藤千和:サイボーグ003:フランソワーズ・ア....
009 RE:CYBORG (いやいやえん)
ちょ、ジェットが別人じゃね?美形化しとる。ま、より人間らしく美形化は全員そうですけど。 でもやっぱり私のお気に入りは009ジョーなのでした。 レンタルする時「大人向け」と書いてあってちょっと一瞬ひるんだんだけど、やっぱり観ちゃいました。 サイボーグ...
サイボーグ009 完結編 (天竺堂の本棚)
マボロシの遺作を、実子が小説として完結させた。サイボーグ戦士たちに超能力(!)が与えられ、太平洋に隆起したムー大陸(!)で、巨大なキリストやオーディンやブッダ(!)ら ...