『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『NINE』を観た]

2010-03-19 12:34:45 | 物語の感想
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。

 粋なプレイボーイの映画監督の、これまでの女性遍歴と、現在の女性関係・映画監督としての行き詰まりの物語で、

 はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か・・・」と合点がいく。

 タイトルの『NINE』は、つまり、フェリーニの『8 1/2』の次という意味なのだと・・・。

   ◇

 すぐに、そのテーマに行きついたので、そもそもがストーリーには整合性が感じられないとされるジャンル・ミュージカルだが、この作品の見方が分かり、楽しめた。

 私は、この「無意識なエゴイスト」であるグイド・コンティー二(ダニエル・デイ=ルイス)監督の伊達男(ダメ男)振りに憧れを感じた。

 可愛い奥さんがいるのに、愛人とは懇ろになる。

 思い出の中では、ソフィア・ローレン演じるお母さんに頼り、

 少年時にして、浜辺の魔女(ファーギー)の危うさに心を奪われている。

 浜辺の魔女のアピールに、どう対応していいか分からないグイド少年が笑うしかなく、でも、その「女」にどうしようもなく惹かれている描写がいい。

 また、愛人(ペネロペ)の女性本位の押しかけの身勝手さと、グイドの女性への思いやりのない無頓着さのぶつかり合い、

 奥さん(マリオン・コティヤール)の真摯な言葉が、グイドへ全く届いていない「次元の違い」、よく描けた脚本だ。

 また、グイドと絡む女たちは同じ個性がなく、それぞれが、グイドに違う女の一面を見せてくれ、

 次作として企画していた女優(二コール・キッドマン)などは、大人のたしなみで、寂しさから言い寄っていたグイドに一線をおく。

 つまり、グイドは振られる。

 しかし、それさえも、グイドの人生の彩りに過ぎない。

 今でこそスランプのグイドだが、その初期の作は、イタリアの文化を牽引するパワーがあり、

 ファッション誌「ヴォーグ」の記者(ケイト・ハドソン)にはホテルの鍵を手渡されたりする。

 とにかく、黒いスーツにサングラスが、細身の体にソフトにフィットしていて、グイドは格好いい。

 クライマックスでいっちょ前に苦悩するのも似合っている。

 そして、心のつながりを持っているメイク・ファッション担当(ジュディ・リンチ)に安心感を与えられる設定も良い。

 ・・・女ってのは、若くても老いても、総じて素晴らしい^^

   ◇

 各エピソードでのダンスにも力が入っていて、私は特に、浜辺の魔女の、白昼での妖艶な踊りと、ケイト・ハドソンのスピーディーな踊りに魅了された。

 モノクロとカラー映像の切り替えも心地よい。

 イタリアの風景もうまく切り取っていて、フェリーニ的な夜の石畳の幻想的な撮り方も良かった。

 ・・・ゴージャスな映画を楽しませて頂きました^^

                                         (2010/03/19)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『プリンセスと魔法のキ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラコメありがとうございました (にゃむばなな)
2010-03-19 21:42:22
私もファーギーとケイト・ハドソンのミュージカルシーンは大好きですね。
この2つのミュージカルシーンが終わった瞬間に、少し残念に思える溜息をついてしまったほどでしたから。
Unknown (ミッドナイト・蘭)
2010-03-20 08:00:35
こんにちわ^^

私は、圧倒的に物語を愛する者ですが、ミュージカルという感覚に訴えてくるものの、あまり論理的に語れない高揚感というのは素晴らしいものです^^

そういえば、前日にも、「プリンセスと魔法のキス」というミュージカルを見ていたんですよね^^

ファーギーは、姉御の魅力。

ケイト・ハドソンはプロとしてのアクションの魅力がありました。

どちらも、わりとムチッとしていて、パワフルでした^^
正直言って (KLY)
2010-03-20 11:03:51
この作品はストーリー性そのものよりも、余りに豪華な俳優陣とその歌やダンスを感覚で楽しんでしまったほうが得なのだろうと思いました。
ルイザがずっと自分のための言葉だと支えにしてきたセリフが、単にオーディションでの決まり文句だと知った…なんて件は結構しんみりとしたんですけどね。^^
今もサントラを聞きながら…です(笑)
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-03-20 12:02:02
他の有名ミュージカルの音楽が、わりと以前から耳になじんでいたのに対し、この作品の音楽は初めて聞いた曲がほとんどで、
だから、私は、ペネロペとグイドの絡みの、しつこい女のうっとうしさみたいなところなどに、非常に面白味を感じました。
また、ケイトの誘惑に耐えつつも、二コール・キッドマンには夢中になって振られる。
要するに、グイドは女で悩むのが好きなんですよね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
NINE / NINE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} ...
NINE (Akira's VOICE)
男は女性がいないと生きていけません!  
「NINE」期待したほどでは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆~3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
NINE (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NINE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。 この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。 ミュージカル版は同年...
NINE (そーれりぽーと)
1月9日の記事で豪華すぎて楽しみって件を書いた『NINE』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★ 豪華! →贅沢 →もったいない そんな感想で、尻下がりに盛り上がりに欠けたブツ切りミュージカル。 次々にゴージャスな大女優達が現れるオープニングの豪華この上...
『NINE』 (めでぃあみっくす)
シネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲...
NINE (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)。フェデリコ・フェリーニのイタリア映...
NINE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
超豪華キャストのミュージカルは、全盛期のイタリア映画への敬意に満ちている。1964年のイタリア。世界的な映画監督のグイドは、新作映画のクランクインを前に、深刻なスランプ状態だ。脚本が1行も書けずにパニックになり愛妻のルイザに助けを求めるが、グイドには妻以外...
『NINE』 (Cinema + Sweets = ∞)
この春話題のミュージカル映画『NINE』。 先日、PROUD×CSGyao PRESENTS の試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。 あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。 ミュージカル映画は敬遠される人...
NINE (心のままに映画の風景)
1964年イタリア。 映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)待望の新作は、撮影開始目前で脚本が未完成で白紙状態。 プレッ...
豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)> (美味-BIMI-)
舞台はイタリア――。 天才映画監督のスランプ。 彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。 彼が見つける9つめの愛とは? 世界は、男と女で出来ている。。。   見終わった後、踊りだしたくなる映画でした!   歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEM...
■映画『NINE』 (Viva La Vida!)
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。 『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。 才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もマ...
NINE (LOVE Cinemas 調布)
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール...
NINE (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 今週、もっとも期待した本作!・・・でしたが
NINE (★YUKAの気ままな有閑日記★)
そろそろ春休み~観たい映画がテンコ盛りまずはコチラから・・・【story】イタリア、ローマにある映画スタジオで映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は頭を抱えている。撮影開始も間近だというのに、脚本は白紙のままなのだ。苦しみの果てに、彼は自分...
NINE (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『映画史上最もゴージャス&ファッショナブル!』  コチラの「NINE」は、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を半歩進んだ解釈に音楽とダンスを加えミュージカル化した舞台を「シカゴ」、「SAYURI」のロブ・マーシャル監督が映画化した3/19公開のミュージカル映...
NINE (風に吹かれて)
華麗なる女たち公式サイト http://www.nine-9.jpトニー賞受賞のブロードウェイミュージカルの映画化舞台の基は、フェデリコ・フェリーニ監督、マルチェロ・マストロヤンニ主演の「81/2」監
NINE (悠雅的生活)
想像力は神の庭。
NINE (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!世界は、男と女と愛でできている。
「ナイン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  圧巻…。完成度の高いミュージカルシーンに圧倒された120分。ダーティな明るさがあった「シカゴ」とは違ってスランプに陥った巨匠監督というテーマが鬱陶しくアメリカではあまり好まれなかったのか、評判も今ひとつでした。アカデミー賞で...
NINE (Diarydiary! )
《NINE 》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - NINE 映画監督のグイ
NINE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スタジオに入っても、全く脚本のアイデアが浮かばない映画監督グイド(ダニエル・デイ・ルイス)が途方にくれている。彼がアイデアをひねり出そうと悪戦苦闘する様子を、関係ある女性たちがパフォーマンスを披露する。どの女優もいいのだけど、イタリアの母とも言えるソフ...
「NINE」 よくこれだけ退屈な作品に (ももたろうサブライ)
監督 ロブ・マーシャル少しあらすじ1964年のイタリア。映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は極度のスランプに陥っていた。撮影開始まで数日という段階になっても脚本は書き出しさえも決まらない。妻のルイザ(マリオン・コティヤール)だけが心のよ...
♪☆『NINE』☆♪ (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン出演。
NINE / NINE (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞4部門ノミネート(助演女優賞:ペネロペ・クルス、衣装デザイン賞、楽曲賞、美術賞)、第67回ゴールデングローブ賞5部門ノミネート(作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門):ダニエル・デイ=ルイス、主演女優賞(...
『NINE』とは、8.5+0.5? (映画のブログ)
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ...
「NINE」 遅すぎた成長 (はらやんの映画徒然草)
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
『NINE』 ('10初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:55の回を鑑賞。
「NINE」 (或る日の出来事)
豪華女優陣が競演するミュージカル。顔ぶれは豪華だが。
NINE/ナイン (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルは、比較的苦手な分野ではあるのだけれど。 これだけ美女が集まれば、観ないわけにはいかんでしょ。 というわけで「NINE/ナイン」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いような。 「NINE/ナイン」は、大きめのスクリーン...
NINE (あーうぃ だにぇっと)
この映画を観てからかなりの時間が経過した。 さまざまな苦労とドラマがあったのだが、ここには書けないのが残念だ。(笑) マスコミ試写は大人気。 そのわりに、メディアからのプロモートが少ない。 いつも読んでる毎日新聞金曜夕刊の映画評もたったの19行300字...
*NINE* (Cartouche)
    [[attached(0,style="MARGIN-LEFT: 1px" class=popup_img_500_333 width=500 height=333)]]   イタリアが世界に誇る映画監督、グイド・コンティー二。だが豊かなはずの想像力が突如として消え果てた彼は、9作目となる新作の脚...
★NINE(2009)★ (CinemaCollection)
NINE世界は、男と女と愛でできている。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/03/19ジャンルミュージカル映倫G【解説】イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督による不朽の名作「81/2」を基にしたトニー賞受賞の大ヒット・ブロー....
★「NINE」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
NINE (だめ男のだめ日記)
「NINE」監督ロブ・マーシャル出演*ダニエル・デイ=ルイス(グイド・コンティーニ)*マリオン・コティヤール(ルイザ)*ペネロペ・クルス(カルラ)*ジュディ・デンチ(リリー)*ケイト・ハドソン(ステファニー)*ニコール・キッドマン(クラウディア・ジェンセン)*ソ....
「NINE」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                     「NINE」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ロブ・マーシャル フェデリコ・フェリーニ自らが監督した自伝的映画「81/2」の、ブロードウェイ・ミュージカル版を、「シカゴ」のロブ・マ...
NINE(2009) (銅版画制作の日々)
 世界は、男と女と愛でできている。 MOVX京都にて鑑賞。贅沢な作品ですよね。これだけ凄いキャストを揃えた映画はなかなか観ることはないでしょうね。目移りするくらい素敵な女優陣に囲まれた監督グイド役にはあのダニエル・デイ=ルイス。そういえば、2007年の「ゼ...
NINE (C'est joli~ここちいい毎日を~)
NINE’09:米 ◆原題:NINE◆監督: ロブ・マーシャル「SAYURI」「シカゴ」◆出演: ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、 ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー ◆STORY◆...
シネマ・イタリアーノ~『NINE』 (真紅のthinkingdays)
  NINE  1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
NINE (俺の明日はどっちだ)
・ 今は亡きイタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニが1963年に製作した彼の代表作のひとつである『 8 1/2 』. その作品が1982年にブロードウェイで『 NINE 』というタイトルでミュージカル化され、それをさらに『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が錚々たる俳優陣を起...
NINE (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ミュージカル映画] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年21本目です。 【あらすじ】 1964年、イタリア。 最新作「ITALIA」の脚本がなかなか書けず、苦悩する映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイ...
『NINE』 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ (映画な日々。読書な日々。)
1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニにとって、妻のルイザだけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラや主演女優のクローディアなど美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥ってい...
映画「NINE」 (Andre's Review)
NINE アメリカ 2009 10年3月公開 劇場鑑賞 このミュージカルが2003年にリバイバル上演されてトニー賞などで話題になっていたときからちょっと気になっていたのですが、映画化されると聞いてとーっても楽しみにしていた作品です。監督ロブ・マーシャルだし。 ロブ・...
「NINE」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ....
NINE (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ...
『NINE』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ロー...
【NINE】 (日々のつぶやき)
監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ  世界は、男と女と愛で できている。 「映画監督のグイドはスランプ中。脚本が全く書けず、主演女優しか決まっていな
NINE(ナイン) (映画!That' s Entertainment)
●「NINE(ナイン)」 2009 アメリカ The Weinstein Company,Relativity Media,118min. 監督:ロブ・マーシャル 脚本:アンソニー・ミンゲラ、マイケル・トルキン 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、    ジュディ・デン...
NINE (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「NINE」監督:ロブ・マーシャル(『シカゴ』) 声の出演:ダニエル・デイ=ルイス(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ギャング・オブ・ニューヨーク』)マリオン・コティヤール(『...
ロブ・マーシャル監督 「NINE」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
休みの度、映画に行きたいと思いつつ… 公休になると、いろいろ用があったり、お小遣いがなかったりで久しく映画に行けませんでした。 そんな事を繰り返してる内にDVDでレンタルで良いか?ってなっちゃうので 今日は意を決して映画鑑賞 今年劇場4作品目はコチラ↓...
NINE (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月10日(日) 18:50~ チネ9 料金:1000円(ポイントカード提示で1000円の日) パンフレット:未確認 『NINE』公式サイト 突然唄いだすミュージカル映画は、嫌いでない。むしろ好きなジャンルと言っていい。 しかし、この作品、イタリアの映画監督が、女に...
NINE (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらすじ...
Blu-ray「Nine」 高級アイスを一度溶かし再氷結させたような代物。今年のワースト決定(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
フェリーニの映画「8 1/2」を、ミュージカル化。 そしてこれを今回は映画化。 一言でこの映画を例えると..... 「高級アイスを一度溶かし、再び氷結させたような代物」 調和がとれた成分の旨味が全て一度破壊され、「形」だけで再合成させ、元の良さが全て破壊されている...
NINE (小部屋日記)
NINE(2009/アメリカ・イタリア)【Blu-ray】 監督:ロブ・マーシャル 出演;ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ケイト・ハドソン/ソフィア・ローレン/ステイシー・ファーガソン 世界は、...
「NINE」 (シネマ・ワンダーランド)
イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993年)監督作品「8 1/2」基にしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華な役者陣を起用して映画化した「NINE」(原題=NINE、2009年、米、118分、アンソニー・ミンゲラ脚本)。この映画は世界的...
NINE (いやいやえん)
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、二コール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ケイト・ハドソンなどなど女優陣が非常に豪華で華麗です。 歌とダンスは見ごたえがあるのだけれど、ストーリーがコレじゃなあ…ちょっと眠たくなってしまいま...