『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『コララインとボタンの魔女/3D』を観た]

2010-02-21 03:57:45 | 物語の感想
☆仕事の前に無理して観に行った。

 良かった。

 今年のここまでで、一番に満足のいく作品だった。

 人形アニメーション、その3D作品だ。

 ただ、初めて見たTOHOシネマズ南大沢(だからかは分からないが)での3D映像は最低だった。

 遠近感が逆だったり、焦点の合い方の、クリアーな部分とぼやけた部分が、理解できない視覚上の優先順位になっていた。

 なんなんだろ?

 他の映画館でも、この作品の3D映像は、おかしいのだろうか?

 まあ、「カリガリ博士」みたいな歪みと思えばいいか!

 いや、良くない(反語)。

   ◇

 しかし、物語は、今までに見たことのないファンタジー世界を描いていた。

 ブラックユーモアに溢れたファンタジー世界なのだが、その表現が、あれに似ているとか、あれにオマージュを捧げているとかいう傾向が見られなかった。

 「ボタンの目の世界」の不条理な不気味さなど、とてつもなく斬新だ。

 現実の世界と合わせ鏡のように似せたボタンの世界だが、主人公のコララインの悪友となるワイビーは、ボタンの世界では魔女によって口を封じられている。

 その、口を利けない諦観の表情なんて、作り手のうまさが、非常に表われている。

 主人公のコララインは、主人公らしく活動的なのだが、時に、思い出したように子供らしい態度・・・、例えば、歩くときに、自分が勝手に作った歌を口ずさんだりと、なかなか可愛い^^

 また、コララインが、登場人物たちに「キャロライン」と呼ばれ続け、コララインがいちいち訂正すると言う、意味がイマイチ不明な繰り返しも、ナンセンスで面白い。

 舞台は狭いのだが、そこに住む世帯が、「ボタンの世界」の存在で倍加するので、とても奥行きがある。

 それぞれ仕事に夢中のコララインの両親、地下に住む元舞台女優の老いた2人・・・、上階に住む、身軽な、ネズミサーカスの調教師兼団長など、個性豊かで面白い^^

   ◇

 この作品の監督は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 も撮っている。

 『ナイトメアー・・・』の原作・原案であるティム・バートンは、かつて、「もう、自分は、人形アニメーションしか撮らない」とか言っていたが、結局、ジョニー・デップと組んで、無難な完成度のファンタジーばかりを撮り続けている。

 また、この物語と、ちょいと似たテーマの作品を撮ったピーター・ジャクソンの作品は成功作とは言い難い。

 先行した『ラブリーボーン』、これから公開の『アリス・イン・ワンダーランド』は、この作品に勝てるのかね?

                                         (2010/02/21)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お好み (sakurai)
2010-02-22 11:45:47
なようで、よかったです。
3Dのおかしいとこはなかったように思えましたが、ただでさえ暗いのに、いっそう暗くなって、ちいと見づらかったです。
ときどき、メガネはずしてみてました。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-02-22 14:30:25
こんにちわ^^

TOHOシネマズの3Dは、最初に画面に3人の人が出てきて、システムの説明をするのですが、その3人は並列ではなく、真ん中の女の人が前に出ているのですが、両側の人のほうが出っ張っていて、背景などは完全にぼけていました。

自分のメガネの位置が悪い、もしくは、本編が始まったら、そんな違和感はなくなるかと思ったのですが、それが一向に収まらないので、何だこれは、と思った次第です。

ワーナーでもやっているので見直して見ようかなあ。

それがあったので、皆が言う暗さは気にならなかったのですが、明るかったら、もっと画面を楽しめたでしょうね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
コララインとボタンの魔女 3D (LOVE Cinemas 調布)
同名のベストセラー小説を『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が3Dアニメーションで映画化。魔女が作ったパラレルワールドに迷い込んだ少女の冒険と成長の物語だ。日本語吹替え版では主人公を榮倉奈々が、他に劇団ひとりや戸田恵子が声優を...
映画「コララインとボタンの魔女 3D(日本語吹替版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『コララインとボタンの魔女 3D(日本語吹替版)』初日第1回目にて鑑賞。観客は7~8名。 採点は★★☆☆☆(5点満点で2点)。今回の3D吹替版は1点だが、2D字幕版だったら個人的にこう言う雰囲気は好きなんで3点付きそうだから、中間を取って2点。 ざっくりストーリ...
コララインとボタンの魔女 3D (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Coraline ニール・ゲイマン原作、ヘンリー・セリック監督、コンセプトアート:上杉忠弘。ストップモーション・アニメのファンタジー・ホラー。原題のCoralineは文字を並べ替えるとCaroline=キャロラインという一般的な女性の名になる。11歳の女の子コラ...
コララインとボタンの魔女 3D/榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子 (カノンな日々)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が贈るストップモーションアニメーションによるダークファンタジーの世界が再びスクリーンに。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は私の大好きな映画なんですが残念ながらあの時はDVD鑑賞だったので...
コララインとボタンの魔女 (Akira's VOICE)
面白い!そして怖い!  
『コララインとボタンの魔女 3D』 (ラムの大通り)
(原題:Coraline) ----これって、前から観たがっていたアニメだよね。 でも、どうして苦手な3Dを選んだの…? 「それはいろいろと理由が…(汗)。 でも、いずれにしろ日本ではこの映画は全国すべて 3Dで公開されるらしい。 まあ、二番館になったときには分からないけ...
コララインとボタンの魔女 3D字幕版 (だらだら無気力ブログ)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が 同名ファンタジー小説を3Dで映画化したストップ・モーション・アニメ。 偶然迷い込んだパラレルワールドに夢中になるヒロインがやがて訪れる 恐怖に直面しつつも両親を救いだす様を独特のタッチで...
映画「コララインとボタンの魔女 3D」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 MovieWalkerさん主権の試写会だ。客入りはほぼ満席、作品柄小さなお子さんも多数来場している。   コララインとボタンの魔女 映画の話  コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。一....
コララインとボタンの魔女 日本吹き替え版3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人形をひとコマひとコマ撮影するストップ・モーションと、最新の3D技術の合体で独特な世界観を実現している。ミシンや裁縫用語を登場人物の名前にした世界は、子供の言うことを何でもきいてくれるが自由がない。子供の自我への目覚めと親子関係の再考には最適の作品だ。
コララインとボタンの魔女3D (シネマDVD・映画情報館)
ナイトメア・ビフォア・クリスマスのヘンリー・セリック監督が贈る、想像を超えた新しいファンタジー。その独特な世界観・動き・質感を誰しも愛せずにいられないストップモーション・アニメの最高峰傑作。 ...
コララインとボタンの魔女 3D (悠雅的生活)
小さな扉の向こうに、別のママとパパがいた・・・(日本語吹替え版)
【98.8Kg】 「コララインとボタンの魔女」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
皆さんコンバンワ♪お元気にしていますか~(^-^;) クマは、実はまだ駄目駄目(>0<)です(汗)・・・・。ブログも「更新しよう、しなくっちゃ」と思いながら、もう何日もご無沙汰さん。体調と精神面、どちらもパッとしないんですよねぇ。別に、どこがどう不調か...
コララインとボタンの魔女 3D・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ジャイアント・ピーチ」で熱烈なファンを持つ人形アニメの鬼才、ヘンリー・セリック監督の最新...
コララインとボタンの魔女 3D (Memoirs_of_dai)
このラインでは不満足 【Story】 コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しく、一切かまってくれず不満に思って...
『コララインとボタンの魔女 3D』・・・ストップモーションアニメと3Dの相性 (SOARのパストラーレ♪)
ストップモーションアニメの傑作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が好きな方には特にオススメの作品。本作は児童文学が原作とのことでたしかに少女が奮闘する冒険活劇的なスタイルながら、その世界観はかのティム・バートンにも通じるダークなファンタジー。これ実...
コララインとボタンの魔女 3D版 (迷宮映画館)
こうやって、どんどん3D版になって行くんでしょうか。
「コララインとボタンの魔女」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「コララインとボタンの魔女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):コラライン・ジョーンズ(ダコタ・ファニング/榮倉奈々)、メル・ジョーンズ(テリー・ハッチャー/戸田恵子)、チャーリー・ジョーンズ(ジョン・ホッジマン)...
コララインとボタンの魔女3D / Coraline (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督最新作。 本国の公開から1年近く遅れてやっと日本公開。 「ナイトメア~」はコアなファン...
コララインとボタンの魔女 3D (C'est joli~ここちいい毎日を~)
コララインとボタンの魔女 3D’09:米 ◆原題:CORALINE ◆監督・脚本: ヘンリー・セリック「モンキーボーン」「ジャイアント・ピーチ」◆声の出演: 榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子 ◆STORY◆ピンク色の古いアパートに引っ越して来た11歳の少女コララインは退屈し...
映画* コラライン/ Coraline (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
Caroline キャロラインではなく Coraline コララインという、変わった名前の女の子が主人公のファンタジー。 映画がスタートする前の導入部分から、凝ってますよ~!! それが、最新技術満載、最先端、モダーンな近頃のディズニーやピクサーアニメーションとはかなり...
コララインとボタンの魔女 3D (そーれりぽーと)
手放しで好きなヘンリー・セレックのストップモーションアニメ映画最新作『コララインとボタンの魔女』の3D版字幕版を観てきました。 今回はコンセプトアートを手がけた日本人作家さんがアニー賞を受賞したのだそうで、ちょっと不気味な世界観にもお墨付き、それも日本人...
【映画】コララインとボタンの魔女 (趣味の人。)
コララインとボタンの魔女 Coraline ジャンル:アニメーション 製作年:2009年 製作国:アメリカ 上映時間:100分 監督:ヘンリー・セリック(「ナイトメア・ビフォアー・クリスマス」) 声の出演: ダコダ・ファニング(「アイ・アム・サム」) テリ...
バレンタイン企画!!VOL.4  【バレンタインデー】 (ひばなのシネマの天地)
ジャンル : ラブ・ストーリー 製作年 : 2010年 製作国 : アメリカ 配給 : ワーナー・ブラザース映画 監督 : ゲイリー・マーシャル 出演 : ジュリア・ロバーツ アン・ハサウェイ ジェシカ・アルバ ジェニファー・ガーナー アシュトン・
扉の向こうのもう一つの世界~『コララインとボタンの魔女 3D』 【吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 CORALINE  築150年の「ピンクパレスアパート」へ引っ越してきたコララインは、勝気な 女の子。ある日彼女は、壁紙で封印された小さな...
甘い誘惑の裏側。『コララインとボタンの魔女』 (水曜日のシネマ日記)
毎日の生活に不満だらけの少女が新しい町で理想の世界に出会う物語です。
『コララインとボタンの魔女』への挑戦的なアプローチ (映画のブログ)
 コラライン(Coraline)は、いつもキャロライン(Caroline)に間違えられてしまう女の子。  人は誰しも承認欲求があるが、承認どころかコララインと...
「コララインとボタンの魔女3D」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督最新作。 築150年のボロアパートに引っ越してきたコララインは、新しい町に友達もおらず、両親は仕事が忙しくてかまってもらえないので、とても不機嫌。 ある日、壁紙の裏に小さなドアがある事を発...
『コララインとボタンの魔女 3D』 (kuemama's_webryblog)
【CORALINE】 2009年/ギャガ/100分 【オフィシャルサイト】 監督:ヘンリー・セリック 出演(声): ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー、ジョン・ホッジマン、イアン・マクシェーン、ドーン・フレンチ、ジェニファー・ソーンダース、キース・デヴィッド、ロ...
映画「コララインとボタンの魔女」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/26、TOHOシネマズ錦糸町。 ストップ・モーション・アニメ。3D。 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック、監督、脚本。 ** コラライン・ジョーンズ(声:ダコタ・ファニング、吹き替え版:永倉奈々)の一家は、 田舎の大きい家に越...
コララインとボタンの魔女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
1コマごとに人形やセットを動かしながら撮影するストップモーションアニメということで気になっていました~3D吹き替えで鑑賞です―【story】コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。コララ...
「コララインとボタンの魔女」3D 字幕版 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  例によって近所のシネコンでは吹き替え版のみの上映だったので六本木まで観に行きました。主演はダコタ・ファニング。とても良かったです!好奇心が強くて勇気がある多感な女の子コラライン。とても魅力的なキャラクターを演じていました...
コララインとボタンの魔女3D (It's a Wonderful Life)
昨年待ちきれずに DVDで先に観てしまってましたが、 公開されたので劇場版も観てきました。 吹替版。 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の ヘンリー・セリック監督最新作。 日本では本国よ1年も遅れて公開です。 「ナイトメア」めちゃ好きなんですよ。 グッズの...
コララインとボタンの魔女 3D (5125年映画の旅)
コララインは、両親の仕事の都合で田舎に越してきたばかりの女の子。友達もおらず、両親にもかまってもらえないコララインは、部屋の壁に小さな扉を見つける。その扉をくぐった先には、目がボタンになっている両親や近所の人々が存在する不思議な世界が広がっていた。人...
コララインとボタンの魔女 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ WYBORNE=WHY BORN=なぜ生まれたの? 自分の娘に対してモラルハラスメントを行う母親について的確に表現している作品だ。 現...
コララインとボタンの魔女 (いやいやえん)
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督さんの新作ダークファンタジー。 楽しくて夜ごとに扉の向こうの世界へいってしまうコラライン。でもあるとき別のママが優しい声でコララインに「ずっとここに居ていいのよ。でも1つだけ条件があるの、目をボタンにしまし...
コララインとボタンの魔女 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『扉のむこうは理想の世界。 でも気をつけて。かなえてはいけない願い事がある。』  コチラの「コララインとボタンの魔女」は、「ベオウルフ 呪われし勇者」の脚本、「スターダスト」の原作を手掛けたニール・ゲイマンの原作を3D映画化したストップ・モーション・ア...
【映画】コララインとボタンの魔女…とほぼ関係無いバトンの話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日から夜勤の私ですが、今週って間に休みを挟んでいるから、すぐに終わっちゃうんだね 割と楽に過ごせそうでホッとしているところです…まぁあくまでも多分楽だろうという段階ですが…。 ...
コララインとボタンの魔女 (Blossom)
コララインとボタンの魔女 CORALINE 監督 ヘンリー・セリック 出演 ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー     ジョン・ホッジマン イアン・マクシェーン     ドーン・フレンチ ジェニファー・ソーンダース     キース・デヴィッド ロバート...
コララインとボタンの魔女 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
夏ですから怖い話し。 怖い話と言えば2008年この夏一番切な