『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『トランス』を観た(短評)]

2013-10-11 15:50:37 | 物語の感想

☆これは、観てみるとわかると思うけど、ダニー・ボイル監督が、明らかにクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』を意識した作品だと思う。

 私は、一部に評判の良かった『インセプション』を、あまり面白く感じなかったので、こちらの方が気に入ったのだが、

 けして、完成度の高い作品ではない。

 面白いけど、粗も多かった。

 いちいち挙げないが、ご都合主義と強引さと説明不足が多かった^^;

 話はこんな感じ・・・。

 名画オークションの会場での、名画強奪があり、犯人側にすれば万事うまくいったと思われたのだが、盗んだものを確かめると、そこにはあるものがない。

 手引きをした男が、途中で抜き取ったとしか思えなかったが、その男は、強奪計画の途中で記憶を失っていて、

 犯行のリーダーは、記憶をなくした男を、病院に連れて行き、催眠療法で、名画の隠し場所を引き出そうとするのだった。

 その催眠療法で表現される過去のイメージ化が、いかにも「インセプション」を意識しているようなのだが、あちらのような派手さはない。

 が、私には、そこが却って良かった。

 その、クリアーでスタイリッシュ(役者も含め)な映像が、私を引きつけた。

 主演の記憶を失った男をジェームズ・マカヴォイが演じていて、いつもの癖のあるギョロッとした表情がなく、なかなか良かった。

   

 役名のサイモンは、その記憶をなくした役から分かるように、「サイモンセッズ」に代表される様な、欧米人の男の、漠としたイメージを意識しているのだろうか?

 サイモンの記憶を取り戻したい強奪犯リーダー・フランクをヴァンサン・カッセルが演じていて、その、なんとも気品ある顔立ちは、物語のグレードをあげている。

   

 サイモンの催眠治療を受け持つ医師・エリザベスをロザリオ・ドーソンが、ラブシーンでのパイパンヌードも辞さずに頑張っている。

 ロザリオ・ドーソンは、褐色の肌の黒人っぽい顔立ちの、日本人の感覚では、ちょっとエグい顔立ちなのだが、催眠治療師と言う役柄が、なかなか魅力的で、

 サイモンもフランクも、エリザベスに魅かれていき、三角関係を形成するに至る。

 この三角関係を、もうちょっとドロドロに描いてくれたら、物語的にグッときたのになぁ^^;

 ちなみに、私、15年ほど前に、ロザリオ・ドーソンに似た日本人の女の子とつきあったことがある。

 モデルみたいに美人なのだが、マジマジと見るとエグかった^^;

 写真が残っているので、そのうち、このブログに転載しよう。

 そういった行為って、一つ間違えれば、今 流行(^^;)のリベンジポルノと間違われそうだが(いや、裸じゃないけど^^;)、でも、当事者が誰も不快・不利益になることもないので、別に構わないでしょう。

 また、この物語の一人が、後半、エリザベスと交際するなかで、DVをし、別れた後もストーカーを繰り返していくのだが、それもまた、今 ニュース番組を騒がせている「元カレによる女子高生刺殺事件」を連想させ、

 この、調べたら20年前に書かれた脚本の先見性にも、ちょいと感心するのだ。

 普遍的な男のエゴの話でもあるが・・・。

                                         (2013/10/11)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [10分で書く(その45)] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「トランス」 (日々“是”精進! ver.F)
記憶の迷宮の中にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310110002/ 【送料無料選択可!】トランス [輸入盤] / O.S.T.価格:1,569円(税込、送料別) メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版B...
トランス (あーうぃ だにぇっと)
トランス@スペースFS汐留
トランス〜魔女の宅配便 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世 ...
トランス (心のままに映画の風景)
白昼のオークション会場からゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が盗まれ、競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に暴行され気を失う。 強盗の協力者であったサイモンは、絵画を抜き取り隠していたが、頭に...
トランス (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Trance 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・マカボイ, ロザリオ・ドーソン, バンサン・カッセル
『トランス』 (時間の無駄と言わないで)
ダニー・ボイル監督作品のサスペンス。 ダニー・ボイルらしい画作りと音楽がとてもイイ。 いちいち格好イイ。 お話も面白いは面白いんだけど、それにしても催眠療法が便利過ぎ ...
トランス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANCE】 2013/10/11公開 アメリカ 102分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロス ここは、誰も見たことのない<記憶のその先>――...
『トランス』 (こねたみっくす)
忘れた記憶、知識が繰り出す言葉、豊かな経験。最後に笑うのは誰か。 やはりダニー・ボイル監督にはクライムサスペンスが似合います。デビュー作『シャロウ・グレイブ』を思い出 ...
『トランス』 (ラムの大通り)
(原題:Prometheus) ----ダニー・ボイルって、 去年のロンドン・オリンピックで 開会式総監督を務めた人だよね。 北京オリンピックがチャン・イーモウだったし、 映画人のフィールドも広がってきたニャあ。 「そうだね。 それだけ現代のイベントは <映像>のウェイト....
トランス / Trance (勝手に映画評)
絵画のオークション会場で強奪されたゴヤの名画。しかし、頭を強く打った事から、絵画を持ちだした強盗団の一味が、絵画を何処に隠したか忘れてしまう・・・。 どんでん返しの繰り返しです。しまいには、どれが本当の話なのかが、若干混乱してしまいます。それが、このト...
トランス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 一見難解なストーリーに睡魔が襲うが映像の素晴らしさには
トランス (to Heart)
原題 TRANCE 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/イギリス 上映時間 102分 映倫 R15+ 脚本 ジョー・アハーン/ジョン・ホッジ 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ アート競売人のサイモン(...
トランス (そーれりぽーと)
名画強奪をめぐるサスペンスをダニー・ボイルが撮ったなんて、面白いに違いない!と、前知識0で『トランス』を観てきました。 ★★★★★ これヤバい、すげーオモロイ。 何も知らずに観て正解。 何も知らずに観て下さい。 ダニー・ボイルの映画は、ずっと目が釘付けで...
トランス (だらだら無気力ブログ!)
観てるこっちもトランス状態に。
「トランス」 (ここなつ映画レビュー)
ゴヤの有名な絵画「魔女たちの飛翔」の盗難を巡って、息もつかせぬ心理戦。最後に勝利するのは誰なのか? 「何も知らずに観るのが幸せである」とか何とか、評論家のレビューにあったように、予備知識ゼロで観た方が幸せかも。なので、ここから先はほんの少しネタバレ...
『トランス』 2013年10月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランス』 を観賞しました。 本日の2本目なり〜 【ストーリー】  アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)はギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。しかし計画外の動きを見せた彼はギャングのリーダー(ヴァ...
トランス ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボイル監督が、『つぐない』などのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えたサスペンス。『トレインスポッティング』の脚本家ジョン・ホッジとボイル監督が再びタッグを組み、ギャングと名画を略奪した競売人が絵画の隠し場所の記憶を...
トランス/TRANCE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「トレインスポッティング」「普通じゃない」 「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」などなど 様々なタイプの作品を撮り続ける、ダニー・ボイル監督最新作 記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り....
トランス ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
「スラムドック・ミリオネア」、「127時間」のダニー・ボイル監督最新作。 「トランス(TRANCE)」は英語のトランス状態、夢うつつ、催眠状態のこと。 映画の内容は、題名そのままで、記憶喪失に陥った主人公が催眠療法により記憶の回復を図ろうとするが、事件は二転...
トランス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。 ...
催眠療法〜『トランス』 (真紅のthinkingdays)
 TRANCE  ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ) は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画 を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も ...
「トランス」催眠術にかかれ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評判も良い話題の映画「トランス」 ダニー・ボイル監督だしね☆ 監督とか俳優とか関係なく映画を観る!といいながらも、ダニー・ボイルは別♪これは観ないとね。 ロンドンの映画祭のレッドカーペットで、「あの凄い声援もらってる人、誰?」と話していたのがダニー・ボ...
トランス (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
トランス '13:米・イギリス ◆原題:Trance ◆監督:ダニー・ボイル「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」 ◆主演:ジェームズ・マカボイ、ロザリオ・ドーソン、バンサン・カッセル、ダニー・スパーニ、マット・クロス、ワハブ・シェイク、タペンス・ミドルトン ...
記憶を思い出せ (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「トランス」を鑑賞しました。 アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、名画を略奪したが 絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングらは催眠療法師を雇い 催眠療法で記憶を復活させようと画策するが・・・ これは面白かった‼&...
トランス (銀幕大帝α)
TRANCE 2013年 アメリカ/イギリス 102分 犯罪/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2013/10/11) 監督: ダニー・ボイル 『127時間』 出演: ジェームズ・マカヴォイ:サイモン ヴァンサン・カッセル:フランク ロザリオ・ドーソン:エリザベス <スト....
トランス (いやいやえん)
【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス 頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚...