『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ダイ・ハード / ラスト・デイ』を観た(寸評)]

2013-02-14 23:59:38 | 物語の感想

☆このシリーズは、私、もう、見逃せないのです。

 ただ、気になっていたことがあるのだが、これまでのシリーズ全てが2時間超の上映時間のアクション超大作なのに、今作は、100分足らずなのである。

 これ、どう撮っても、一時間半の、キレのいい良作レベル(例えば『96時間』みたいの)としての作品世界の描き込みぐらいしか出来ないんじゃないか? と、ちょいと危惧した。

 観終えて思うのが、非常に面白く、「余は満足じゃ^^」なのだが、ダイ・ハード世界としての描き込みに関しては、まだ判別がつかない。

 もう一回 観に行く!

 そもそもが、作品内時間が、それほど長くないので、これでいいのか、とも思っている。

 今回は、ロシアが舞台である。

 これはちょっと面白い。

 今までのアメリカ国内においての活動とは、言葉が通じず、捜査権もないし、勝手が全く違うのである。

 だが、その、お国柄の違いのギャップは、あまり作品に絡んでこない。

 反目していた息子・ジャック(ジェイ・コートニー)と、いつしか共同戦線に至るのだが、長くロシアで活動していた息子よりも、モスクワ初体験のジョン・マクレーンの方が、長年の刑事の勘で、捜査上の正しい道を切り開いていくのである。

 だが、ジャックとジョンの反目、そして和解へと続く絡みは良かった。

 アクションの最中や、アクションの継ぎ目に、徐々に心を通わせていく流れは、定番ではあるが、スピーディーだが丁寧によく描けている。

 ジョンやジャック、そして、もう一組の、ジョンらが保護する大立者・コマロフと、その娘・イリーナの関係と言い、顔のアップを多用し、そこでの情動の演技をうまく映し撮り、かなり「人間」と言うものをうまく描いていた。

 この作品の監督(ジョン・ムーア)が、私の熟睡映画『マックス・ペイン』を撮っていたとはどうしても思えなかった^^;

 『ダイ・ハード』シリーズは、セルフ・オマージュ(セルフ・パロディ?)が、2作目からして多用されていて、それは、アクションや台詞回しに代表されていて、今回も、これまでのアクションから変則させてたのだが、狭い筒状ダクトを艱難辛苦で通ったり、高いところから自ら身を投げ出さなくてはならなかったりとあるのだが、

 今回は、コマロフが、終盤に、一作目のとある人物のような腹芸を垣間見せてくれる。

 これは、大胆でありつつ、新しい形のセルフ・オマージュである。

 イリーナ役は、とびきりの美形とは言い難い女優(ユーリヤ・スニギル)だが、その女優としての演技と言い、作中での演技と言い、実に巧みであった。

 目の潤ませ方や、必死の汗とか、頬の紅潮とかリアルであった。

 クライマックスのアクションでの、ミル26と言う世界最大のヘリコプターの中から、ジョンと視線を交わすシーンなんて、もう最高であるし、

 前半の山場のカーチェイスのシーンでの、いまだ、反目しあっていたジョンとジャックが、視線を合わすシーンともども、人と人の感情をぶつけ合うシーンとして、見事だと思った。

 「ダイ・ハード」シリーズは、ハイテクを駆使するテロリストと、昔ながらの叩き上げの刑事との対比の妙が面白いのだが、

 今回は、異国を舞台にしたことと、父子の相克が肝でもあり、ハイテク要素は、作中で、何度か携帯が破壊されるシーンに代表されるように、全く排除されている。

 それでも、例えば、冒頭の歌好きのタクシーの運ちゃんや、金で、ジョンらを裏口からホテル内に通すボーイの存在など、不思議と「ダイ・ハード」チックだ。

 中ボスも、口調がチンピラ風の、ステップを踏むのが好きという個性付けが、「らしい」のである。

 惜しむらくは、ラストシーンである。

 激闘を終えたジョンとジャックは、帰国し、空港で、太陽の光をバックに、心配していた娘と抱き合うのである。

 それが、シリーズにはそぐわない。

 やっぱ、ボロボロになった親子二人がモスクワまで帰ってきて、空港へのタクシーを拾ったら、ドライバーが、物語冒頭の歌が好きなタクシーの運ちゃんで、「なんか知らないけど派手にやったな!^^」とか言われて、二人が乗り込んで走っていくタクシーを遠目に、シナトラの歌が掛かると言うエンディングがベストだと思うのだが。

 なお、副題の「ラスト・デイ」は、日本の配給会社が勝手に付けたものなので、皆さん、無視して結構です^^

   

                                          (2013/02/14)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [北と南のツープラトン攻撃(核... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ダイ・ハード/ラスト・デイ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年2月14日(木) 21:55〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(TOHOシネマズデー) マクレーン ロシアでも法規無視 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』公式サイト 長いこと音信普通だった息子がロシアで逮捕され、急遽ロシアに渡るマクレーン。 息子は投獄されている...
映画:ダイハード・ラストデイ Today is a good day to die hard ゴリ押し1本勝負。でもこれでいいかも?  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
「日米同時公開」で意気に感じ、さっそく。 (というか、その前にみたコンテンツの質が低く、口直しに急遽 笑) いつも最悪タイミングに最悪な場所に居合わせる男のシリーズ第5作め。 当ブログの過去のこのシリーズ評価は以下。 ダイハード 88点 シリーズ原点!...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (映画情報良いとこ撮り!)
ダイ・ハード/ラスト・デイ 何?ダイハードだと?? 今回もいろいろとやらしてくれるのか、マクレーンの活躍を楽しみにしようじゃないか。 息子ジャックが、どうやらロシアにて、トラブルし、裁判の証人になっていた。 そして、息子の身柄を引き取りに行くわ...
劇場鑑賞「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 (日々“是”精進! ver.F)
親は子に尽くす… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302140003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (佐藤秀の徒然幻視録)
ループするのにもってこいの日 公式サイト。原題:A Good Day to Die Hard。ジョン・ムーア監督、ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、コール・ハウザー、メアリー・エリザベス・ウィ ...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ダイ・ハード / ラスト・デイ [Blu-ray]大人気アクション大作「ダイ・ハード」シリーズ第5弾「ダイ・ハード/ラスト・デイ」。異国の地でやりたい放題の親子鷹にあいた口が塞がらない ...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (Akira's VOICE)
今まででいちばん大味。  
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」みた。 (たいむのひとりごと)
なんでこんな微妙な邦題を付けたのか。なんだかんだいってもマクレーン親子は不死身らしいし、思わせぶりにする必要なんてないんじゃないかなーって思うんだけどな。久々のシリーズ第5弾はモスクワが舞台。今度は親
ダイ・ハード ラスト・デイ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:A Good Day to Die Hard監督:ジョン・ムーア出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコビッチ、コール・ハウザーもはや、ダイ・ハードじゃありません!!
ダイ・ハード/ラスト・デイ (心のままに映画の風景)
ニューヨーク市警のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、疎遠だった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こしたと知り、モスクワへ到着した。 ジャックがある裁判の証人と...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (だらだら無気力ブログ!)
モスクワでロシア語を話すなって、そない理不尽なこと言われても・・・。
ダイ・ハード/ラスト・デイ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【A GOOD DAY TO DIE HARD】 2013/02/14公開 アメリカ 98分監督:ジョン・ムーア出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユーリヤ・スニギル 運の悪さは、遺伝する。 [Story]久しく会っていな...
『ダイ・ハード -ラスト・ディ-』 2013年2月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダイ・ハード -ラスト・ディ-』 を鑑賞しました。 2本目だけど、2本とも上映時間短し(笑) 【ストーリー】  久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレー...
映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」観に行ってきました。大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーンをブルース・ウィリスが演じる、言わずと知れた超大ヒットシリー...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 過去4度もアメリカ国内で凶悪テロを防いできたニューヨーク市警刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ボヤキ交じりにモスクワへと旅立った。疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)が、“世界で最もツイてない男”である父親のDNA...
ダイ・ハード/ラスト・デイ / A Good Day to Die Hard (勝手に映画評)
『間違ったときに間違った場所にいる間違った男』のジョン・マクレーンが、モスクワに現れます。今回は、息子と共演です。 これまでの4作と違い、この作品は、派手にアクションをする事を目的として作られた意図が見え見えな気がします。これまでの4作は、“仕方なしに”...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (to Heart)
運の悪さは、遺伝する。 原題 A GOOD DAY TO DIE HARD 製作年度 2012年 上映時間 98分 脚本 スキップ・ウッズ 監督 ジョン・ムーア ブルース・ウィリス/ジェイ・コートニー/セバスチャン・コッホ/ラシャ・ブコヴィッチ/コール・ハウザー/ユーリヤ・スニギル ニューヨー...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ひとつのアトラクション映画として観れば楽しい。
ダイ・ハード/ラスト・デイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界中で絶大な人気を誇るアクション大作「ダイ・ハード」シリーズ第5弾。毎回信じられない大災難が降りかかる“世界一運の悪い男”ジョン・マクレーン。 今回はその息子ジャックも父親譲りの運の悪さを発揮。どんな場面でも反りが合わないこのマクレーン親子が、モスク...
映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
「プールの水は大丈夫か?」 「髪の毛が抜ける程度さ」 チェルノブイリでのマクレーン親子の会話(^^; この映画の来場者プレゼントがサクセスシャンプーでした( ゚д゚) !! 何というか、マ...
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 (或る日の出来事)
カーチェイスや、ヘリコプターのアクションシーンは、すげー!と思うところあり。
ダイハード/ラスト・デイ (Break Time)
今朝は、曇っていましたが・・・
ダイ・ハード/ラスト・デイ/A GOOD DAY TO DIE HARD (いい加減社長の映画日記)
やっぱり、ブルース・ウィリスといえば、ダイ・ハード・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルー...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」監督:ジョン・ムーア(『マックス・ペイン』)出演:ブルース・ウィリス(『LOOPER/ルーパー』『エクスペンダブルズ2』)ジェイ・コートニーセバスチ ...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (IMAX)/ブルース・ウィリス (カノンな日々)
劇場でもテレビでも宣伝を頻繁に目にしましたけどホントにこれでラストになるんでしょうか?シリーズ第5弾です。不死身の男・ジョン・マクレーン刑事に息子さんがいたんですね。も ...
『ダイ・ハード ラスト・デイ』 (こねたみっくす)
良くも悪くもジョン・ムーア監督らしいポップコーンムービー。 これはもう『ダイ・ハード』シリーズではありません。ただのジョン・マクレーン刑事が登場するド派手なアクション ...
親子の絆。『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 (水曜日のシネマ日記)
ジョン・マクレーンが活躍するアクション映画 「ダイ・ハード」シリーズ第5弾です。
『ダイ・ハード ラスト・デイ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダイ・ハード ラスト・デイ」□監督 ジョン・ムーア□脚本 スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー□キャスト ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、       ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー...
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」モスクワ大迷惑! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ダイ・ハード/ラスト・デイ] ブログ村キーワード  刑事、ジョン・マクレーン五たびスクリーンに登場。しかも初の海外進出!「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(20世紀フォックス映画)。運の悪さは何処へやら?ますます荒っぽさに拍車が掛かっております!  息子のジ...
「ダイ・ハード ラスト・デイ」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・アメリカ/配給:20世紀フォックス映画 原題:A Good Day to Die Hard 監督:ジョン・ムーア脚本:スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー製作:アレックス・ヤング、ウィク・
『ダイ・ハード ラスト・デイ』 (時間の無駄と言わないで)
シリーズ5作目。 回を重ねる毎に後退していったブルース・ウィリスの髪形だけど、前作で最終形態になってしまったので、今回は変化なし。 前作でなんかスタイリッシュになった ...
「ダイ・ハード ラスト・デイ」:派手だが効かない (大江戸時夫の東京温度)
シリーズ第5弾『ダイ・ハード ラスト・デイ』は、異例ともいえる1時間38分の短尺
ダイ・ハード/ラスト・デイ ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
ただひたすらどっかんどっかんやり続ける、何も考えずに見れる娯楽映画。 シリーズ初期の作品のように伏線を張ったり、どんでん返しを用意したりすることもない。 これなら別に、「ダイハード」でなくてもよかったじゃん。 運転している車が横転して止まっても着...
ダイ・ハード5 (幕張コーポ前)
今回はこんな格好してないけど、やっぱりジョン・マクレーンといえば、ランニングシャツ。あんまり似てないけど、ブルース・ウィリスがこの絵を見て、高額で権利を買い取ってくれることを期待しています。という諸事情から、転載禁止とさせていただきます。日本にいながら...
ダイ・ハード ラスト・デイ 感想(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚)
 【ストーリー】 ロシアで大富豪ユーリ・コマロフ(セバスチャン・コッホ)が収監さ
ダイ・ハード/ラスト・デイ  監督/ジョン・ムーア (西京極 紫の館)
【出演】  ブルース・ウィリス  ジェイ・コートニー  コール・ハウザー 【ストーリー】 NY市警の刑事ジョン・マクレーンの元に、音信不通の息子・ジャックがロシアで投獄されていると言うニュースが届く。ジョンは息子を引き取りにモスクワに飛ぶが、ジャックのいる裁...
「ダイハード /ラスト・ディ」親子の絆 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
すこぶる評判がイマイチだった「ダイハード /ラスト・ディ」 でも大好きなブルース様だから、観ないとね☆ 観終わって「あれ?どこがラストデイ?」と思ったけど、案外親子の絆にウルウルしちゃう、私的にはツボな映画だった
ダイ・ハード ラスト・デイ (迷宮映画館)
これは根本的に、邦題が間違ってる
ダイ・ハード/ラスト・デイ (いやいやえん)
ジョン・マクレーンに息子なんていたっけ?と、まず思った作品でした。過去作見直してみないとわからないなあ。そんな設定あったのか。「アウトロー」で敵役だった青年です。 1989年 高層ビル、1990年 空港、1995年 ニューヨーク、2007年 アメリカ全土、そして今度は...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (銀幕大帝α)
A GOOD DAY TO DIE HARD 2012年 アメリカ 98分 アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2013/02/14) 監督:ジョン・ムーア『マックス・ペイン』 出演: ブルース・ウィリス:ジョン・マクレーン ジェイ・コートニー:ジャック・マクレーン セバスチャン・コッホ...
映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-20.ダイ・ハード、ラスト・デイ■原題:A Good Day To Die Hard■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:98分■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョン・ムーア◆ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)◆ジェ...
ダイ・ハード/ラスト・デイ (Yuhiの読書日記+α)
大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーンをブルース・ウィリスが演じる、大ヒット・シリーズの第5弾。監督はジョン・ムーア、その他キャストはセバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー他。 <あらすじ> モスクワで警察のお世話に...