『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『インモータルズ -神々の戦い-』を観た]

2011-11-11 23:59:24 | 物語の感想
☆名作『落下の王国』(クリック!)の監督ターセム・シンの最新作だ。

 こりゃ初日に観たいと、午後七時半から歯医者だったのですが、それだとレイトショーでも観れないので、仕事を終えたらすぐに、「時間を間違えちゃいました^^;」と強引に歯医者に行き、治療してもらって、さあ、これより見てきます^^

 予告編などを見ると、ちょいと一抹の不安もよぎるのですが、良作であることを期待し、これより、見てきますね^^

 帰ってきたら、感想をエントリーします^^v

   ◇

 さて、見てきましたよ。

 寸評としては、面白かったが、多くを考えさせられる強烈さはなかった…、が正直なところだ。

 それは、見る前から予想できた。

 物語的には新味のないギリシャ神話を背景にした英雄の物語だからだ。

 古典的物語の再構築であるがゆえに、私は、私が『落下の王国』で感じた、ターセム監督の美学や哲学が出し切れないのでは、と思っていた。

 しかし、序盤から、地下空間の大広間中央に設えられた巨大な黒い箱がドーンと画面上に現われ、それが角の部分から壁面部にカットが流れ、壁面部の格子から、その内部が覗け、そこに封印されたタイタン族たちがめざしの様に串で束ねられ、だが、その目は爛々と輝いているのを見たとき、ターセム美学、全く遜色なし! と思わせられた。

 古典的な物語だが、それを彩る美術には、相変わらず見惚れる。

 クライマックスの舞台である「ダム」屋上の、「どこでもドア」みたいな扉なんて、意味ありそでなさげだけど、アート的にはグッとくる。

 この監督、屋根が好きではないらしい、天井のない夜空の見える廃屋なんてシーンがやたらと多かった。

 もちろん、そういうシーンは、絵画のごとく決まっている^^

 悪の王・ハイぺリオン(ミッキー・ローク)の兜(クワガタ風)や、悪の軍団の被り物のデザインも大胆で良し!

 ・・・だが、作品にテーマ性が感じられなかった。

 まあ、この作品は、与えられた企画で、ターセムの情念(テーマ)を盛り込むまで行かなかったのだろう。

 大学生の頃、西田勝と言う左翼先生に文学の一つの科目を習ったのだが、まあ、左翼先生ではあったが、当時、「成る程なぁ」と思わせられた話に、「文学者には、その体験からのモチーフによって、テーマに昇華できる作品と言うのは、その活動において、せいぜい数件しかない」という話であった。

 つまり、ターセム監督の持つテーマ性は、前作でとりあえず吐き出せたのだろう。

 その希薄さを救うのが、映画『300』を作ったスタッフによる斬新なアクション描写である。

 特に、ギリシャの神々のバトルは、血みどろだが、人体が豆腐のように切断され崩れていく様は見ていて心地良ささえ感じる^^;

 それぞれの神々、その名前が、クライマックスであっても、いちいち字幕で入るのがウザかったが、作品全体を通しての、インド出身の監督主導による、他国で見る者との感覚のズレ(例えば、神々の装束、キャスティング、妙な残虐性などなど)は、却って、新鮮であり良かった。

 神の巫女を演じたフリーダ・ピントーは、いつものごとく美しいが、ギリシャ神話に、明らかなインド系の女性が出てくることについて、ギリシャ人などは面食らわないのだろうか?

 まあ、ギリシャは、国家破綻の真っ最中なので、そのような余計なことを考えている余裕がないのだろうか。

 アテナ(イザベル・ルーカス)も、メリハリのいいアクションと優しげな美貌で良かったなぁ^^

 ただ、ギリシャの神々の派手なバトルは、どうしても英雄テセウスらの人間界の戦いとは、分断されている・・・。

 どうしても神々の戦いのほうが派手で楽しいのだ。

 今回、この作品を見て思ったのが、ターセム監督は、その芸術感覚だけでも作り手としてやっていけるだろう、と言うことだ。

 そう思うと、ターセム監督は、ジョン・ウーみたいなタイプの映像作家なのだと思います^^

                                                     (2011/11/11)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画『コンテイジョン』を観... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ですね (KLY)
2011-11-13 12:16:34
神々の戦いの派手さは、一見するとグロいのだけれど、そのグロさが神々の強さ、悪に対する容赦なさを際立たせていて楽しかったです。テセウスの方は派手だけどまあね、よくあるというか…。
フリーダは異質だけどバックヌードか素晴らしく美しかったので満足です(笑)
3D初体験です。m(_ _)m ((^o^)風顛老人爺)
2011-11-14 20:20:17
拝啓、ミド蘭様インターモルズ神々の戦い
を3Dで視ました。
内容より3Dは立体的に見えるメリットは迫力満点ですが3D酔い
船酔いみたいな酩酊感と眼がとても疲れます。

m(_ _)m乱文にて 敬具
御二方へ^^ (ミッドナイト・蘭)
2011-11-15 06:36:10
>>KLYさんへ♪

フリーダは線の細い華奢で美しい女性ですが、そのお尻はボリューミーでした^^
でも、そのラインは繊細で美しかった・・・。
シルエットで、乳首も見えましたよね?^^

>>(^o^)風顛老人爺さんへ♪

3D酔いも、何作か見ているうちに慣れますが、私は、最近、3D2Dどちらかを選べるならば、2Dの方が気楽で、そちらを選んでいます^^
3D初見参。m(_ _)m ((^o^)風顛老人爺)
2011-11-19 10:14:45
拝復、ミド蘭様アドバイスを頂き有難う御座います。

スクリーンの近くで鑑賞しこの映画インモータルズに殺戮、凄惨な場面が多かったのでより一層3D酔いが酷かったようです。

仰る通り、慣れと更にはスクリーンから遠くの席で視ると良いようです。

インモータルズはもう少し華やかな女優さんを出して欲しかったですね。
主人公テセウスのお母さんの若い頃を回想シーンでエル、
ダコタのファニング美人姉妹で、完全に私の趣味ですが。
テセウスの息子を双子にして
兄は父譲りで戦士で
妹は母譲りで巫女となるのもインモータルズパート2に引き継げると考えています。

m(_ _)m乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺さんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2011-11-23 21:30:12
このターセム監督には、独特の美的感覚があり、今回の作品でも、それは堪能できたと思いますが、是非、『落下の王国』をレンタルして見て下さい。

そこには、世界を包括するテーマが見えると思います^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インモータルズ -神々の戦い- (あーうぃ だにぇっと)
インモータルズ -神々の戦い- @TOHOシネマズ六本木ヒルズ。
インモータルズ-神々の戦い- (悠雅的生活)
金色の神々。エピロスの弓。戦いは終わらない。
映画レビュー「インモータルズ 神々の戦い」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Immortals◆プチレビュー◆幻想的な映像と、時間を存分に引き延ばすスローモーションが独創的な神話ファンタジー「インモータルズ 神々の戦い」。題材はギリシャ神話だが、オリエンタ ...
インモータルズ 神々の戦い 【IMMORTALS】 (映画と旅行、にゃんぱらりんな日々)
試写会だったので2D鑑賞。しかし、この作品は3D鑑賞のほうが絶対にお薦め。 『ザ・セル』の映像派ターセム・シンが、『300(スリーハンドレッド)』の製作スタッフとタッグを組み、ギリシア神話の神々の戦いを描き出したスペクタクル・アクション。ハイペリオン(....
インモータルズ -神々の戦い- (うろうろ日記)
試写会で見ました。CMは見たことがありました。私は、神VS神の戦いに超人的な人間
『インモータルズ-神々の戦い-』 (ラムの大通り)
(原題:Immortals) ----“神々の戦い”って、 よく考えたらスゴいタイトル。 神様同士が戦争しちゃうの?。 「いやいや。 そういうわけじゃないよ。 このお話、監督が“映像の魔術師”と言われるターセム・シン。 ギリシャ神話に出てくる悠まいな神々を 自分の編み出し...
*インモータルズ -神々の戦い-* (Cartouche)
  人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦いは光の神が勝利し、闇の神は奈落の奥底に封印された。時は流れ、古代ギリシアの時代。闇の力を手に入れ、世界を支配しようと野望を抱くハイペリオン(ミッキー・ローク)が人類に対し宣戦布...
インモータルズ-神々の戦い- (悠雅的生活)
金色の神々。エピロスの弓。戦いは終わらない。
『インモータルズ -神々の戦い-』 ('11初鑑賞156・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:40の回を鑑賞。
インモータルズー神々の戦いー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「落下の王国」のターセム・シン監督が「300(スリーハンドレッド)」のプロデューサー、ジャンニ・ヌナリ、マーク・カントンと組んで贈るギリシア神話を題材にしたアクション・スペ ...
インモータルズ -神々の戦い- (新・映画鑑賞★日記・・・)
【IMMORTALS】 2011/11/11公開 アメリカ R15+ 111分監督:ターセム・シン・ダンドワール出演:ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク、ジョン・ハート、スティーヴン・ドーフ、フリーダ・ピント、イザベル・ルーカス、ルーク・エヴァンス、ケラン・ラッツ すべての運命...
インモータルズ -神々の戦い- (LOVE Cinemas 調布)
『ザ・セル』、『落下の王国』のターセム・シン監督最新作。ギリシャ神話の世界を舞台に、残虐王ハイペリオンを倒すべく立ち上がる農奴出身の勇者テセウスの姿を鮮やかな映像で描いた3Dアクションアドベンチャーだ。テセウス役を新スーパーマンに抜擢されたヘンリー・...
インモータルズ -神々の戦い- 邦題が違うせいで勘違いするねん! (労組書記長社労士のブログ)
【=59 -10-】 西日本では最速、大阪では唯一の試写会らしい、なんか知らんけどお笑いの人がゲストで来ていて、コントもトークの滑り倒していた。映画も滑らなきゃいいけどと無駄に心配してしまった。  人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦...
映画「インモータルズ -神々の戦い-(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@Seesaa)
映画『インモータルズ -神々の戦い-(3D・字幕版)』(公式)を本日公開初日第1回目で劇場鑑賞。キャパ189名に15名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blo...
映画「インモータルズ -神々の戦い-」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「インモータルズ -神々の戦い-」観に行ってきました。紀元前1200年頃のギリシャを舞台に、闇の神々タイタン族を復活させようとするイラクリオンの王ハイペリオンと、若...
劇場鑑賞「インモータルズ 神々の戦い」 (日々“是”精進! ver.A)
光と闇の、戦い・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111110004/ Immortals posted with amazlet at 11.11.08 Soundtrack Relativity Music Grp (2011-11-08) 売り上げランキング: 15835 ...
インモータルズ -神々の戦い- (花ごよみ)
監督はターセム・シン。 出演はヘンリー・カヴィル、ルーク・エヴァンズ 、 ミッキー・ローク… 3D日本語吹替版で見ました。 ギリシア神話が元となったアクションムービー。 描いているのは人間の戦い+神々の戦い。 人間同士の争いから次第に オリンポスの神々...
インモータルズ―神々の戦い― (佐藤秀の徒然幻視録)
永遠の戦い 公式サイト。原題:IMMORTALS。ターセム・シン監督、ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、スティーヴン・ドーフ、ルーク・エヴァンス、イザベル・ルーカス、ケラン・ラ ...
性欲に負けた処女な巫女w 【映画】インモータルズ -神々の戦い- (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】インモータルズ -神々の戦い- 監督は『ザ・セル』『落下の王国』のターセム・シン。 みんな大好きミッキー・ロークがハイペリオン!! 【あらすじ】 神話の時代のギリシア、全能神ゼウス(ルーク・エヴァンス)は人類の平和と繁栄を願い地上の営みを見守...
【インモータルズ -神々の戦い-】ターセム・シンなりのギリシア神話 (映画@見取り八段)
インモータルズ -神々の戦い-~ INMMORTALS ~ 監督: ターセム・シン    出演: ヘンリー・カヴィル、ルーク・エヴァンズ、ミッキー・ローク、ケラン・ラッツ、ジョン・ハート、スティーヴン・ド...
インモータルズ -神々の戦い- (だめ男のだめブログ)
「インモータルズ -神々の戦い-」 監督 ターセム・シン・ダンドワール 出演 ヘンリー・カヴィル(テセウス) ミッキー・ローク(ハイペリオン) ジョン・ハート(老ゼウス) スティーヴン・ドーフ(スタブロス) フリーダ・ピント(パイ...
インモータルズ -神々の戦い- 3D字幕版/ヘンリー・カヴィル (カノンな日々)
『落下の王国』のターセム・シン監督が『300<スリーハンドレッド>』のジャンニ・ヌナリとマーク・キャントンの製作陣とタッグを組んだギリシア神話を題材にして描くアクション・ ...
インモータルズ -神々の戦い- (Akira's VOICE)
神も人間もみな戦う。  
インモータルズ -神々の戦い-  監督/ターセム・シン (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  フリーダ・ピント  ミッキー・ローク  ルーク・エヴァンズ 【ストーリー】 遥か昔、ゼウス率いるオリンポスの神々は、邪悪な神々・タイタン族をタルタロス山の地底に閉じ込めた。そして時は過ぎ、地上は人間たちの国となった…。ある...
インモータルズ 神々の戦い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) 映像感覚は見事!ドラマはもうひとつ!
インモータルズ -神々の戦い- (だらだら無気力ブログ!)
神々って大したことないね。
2011年11月11日 『インモータルズ ~神々の戦い~』 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『インモータルズ ~神々の戦い~』 を 日劇の大スクリーンで観てきましたyo 3Dでの鑑賞でしたが、もうこの映画には参った ここまで、3Dの意味が無いとは よく3D料金取るね といいたい こんなことをしているから客離れが進行して、昨年比で15%も興収が落ちる...
神々の強さ! (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「インモータルズ 神々の戦い」を鑑賞しました。 ギリシア神話の世界を舞台にした アクションもの 全体としては「300」的といえばわかりやすいか そのため新鮮さはあまりなく・・・ しかし アクションものとして見れば 悪くなく 楽しめますね ...
インモータルズ -神々の戦い- (ダイターンクラッシュ!!)
2011年12月1日(木) 16:05~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1300円(映画サービスデー+3Dメガネ持参料金300円) パンフレット:未確認 『インモータルズ -神々の戦い-』公式サイト ほとんど興味の無い古代ギリシャ神話的話だが、予告編が意外に面白そうだったのと、映...
インモータルズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『インモータルズ―神々の戦い―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は3D作品であり、かつギリシア神話によっているとの触れ込みだったので、端から対象外にしていたところ、何かの拍子に、衣装デザインを石岡瑛子氏(注1)が手掛けていると耳にし、それなら...
インモータルズ -神々の戦い- (C'est joli~ここちいい毎日を~)
インモータルズ -神々の戦い-'11:米◆原題:IMMORTALS◆監督:ターセム・シン「落下の王国」「ザ・セル」◆出演:ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、ミッキー・ローク、ルーク・エヴ ...
インモータルズ -神々の戦い- (銀幕大帝α)
IMMORTALS/11年/米/111分/ファンタジー・アドベンチャー・アクション/R15+/劇場公開(2011/11/11) -監督- ターセム・シン・ダンドワール 過去監督作:『ザ・フォール/落下の王国』 -衣装デザイン- 石岡瑛子 オープニングタイトル別ヴァージョン。 -出...
インモータルズ -神々の戦い- (いやいやえん)
ギリシャ神話の世界観で人間を絡めて光と闇の戦いを描いた作品。 思っていたような「神々の戦い」的ストーリーではないにしろ、とにかく映像力は半端ない。素晴らしい映像美には感嘆。 巫女オラクル(パイドラ)と
インモータルズ -神々の戦い- (Immortals) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ターセム・シン・ダンドワール 主演 ヘンリー・カヴィル 2011年 アメリカ映画 110分 アドベンチャー 採点★★★ MTVが全盛期の頃って、凝りに凝ったプロモがホント多かったですよねぇ。ちょっとした映画並み。まぁ、映像に気合が入ってる分、そっちに目を...