『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『さや侍』を観るもつまらなかったので<TSUTAYA>へ]

2011-06-14 22:33:34 | 物語の感想
☆仕事を定時で終えて、「映画を見るので帰宅が遅くなる」と母親に連絡したら、「(小5の)姪っ子が友人4人を連れて家で遊んでいる」とのこと・・・、

 私はよっぽど、映画なんてやめて、コンビニでシュークリームでも買って帰って、少女たちの人気者になろうと思ったのだが、

 おそらく、私が帰宅した時には、4人の少女たちは、もう遅い時間なので、それぞれの家に帰っているのが予想できたので、しょうがねぇ、と映画館に向かうことにした。

   ◇

 松本人志監督第三弾だ。

 前二作は、ひと言で言うと、駄作の連発とも言えた(『大日本人』の序盤はかなり良かったが・・・)。

 だが、やはりお笑いタレントとしての才能はピカイチであるが故に、その才能が、映画作品として良き方向に結実していることを期待して、映画館に足を運んだ。

 今度は時代劇。

 ・・・事情があって追われる身となった、腰に鞘(さや)のみを指した侍が、とある藩で囚われ、「笑いを失った藩主の息子である若君を、30日以内に笑わせなければ切腹」という難題に挑まされ、追っかけてきていた娘や、次第に打ち解けてくる見張り番らと、日々、若君を笑わせる1アイディアを出し合い、実行していく物語。

 その中で、主人公の侍としての「美学」や、娘との親子の情、次第に巻き込まれていく藩主や町民達を描く。

 ・・・ダメだった。

 冴えなさ過ぎる主人公がギャグに挑むという「<寒さ>の中の、転じた笑い」をひたすらに指向しているのは分かる。

 その、30日の行で行なわれるネタが、多少は工夫されているが、手抜きのカタログ的な紹介に過ぎず、ただの尺稼ぎにしか思えない状況に、「映画を舐めている」もしくは「映画を心得ていない」ということが分かってしまうのだ(最初のミカン顔が一番笑った^^;)。

 そもそも、時代劇にしたのも、小手先のアイディアと分かってしまう。

 クライマックスの、主人公の手紙を預かった僧の読み聞かせも、アイディアの煮詰めなく、安易に消化させてしまっている。

 30日の行も、途中から大仕掛けになるが、一日のうちに、そんな大きな設備の準備が出来るのかよ、との疑問が起きてくる。

 物語っちゅうのは「例外」の連続なので「大きな嘘」は理解できる。

 ここでは、「30日の行」の非現実性があろう。

 しかし、一日ごとに、若君を笑わすための大きな設備が準備されていることについては、作品を見ていくにおいての、非常に解せない「小嘘」の存在がなおざりにされていることが分かってしまう。

 この作品はなんなんだろう? と、ずーっと考えさせられた。

 映画でもない、さりとて、テレビで見れるレベルにもない。

 「何かを狙っている」という点において、かろうじて、「映画作品」であることが理解できる。

 冒頭、山道を走ってくる主人公の姿がある。

 その絵面はいい。

 おそらく、松本人志の頭の中のイメージには、このシーンのほかにも多くのビジョンがあっただろう。

 が、それは一枚絵でしかなく、それが、映画という「動」のプロセスの一部であることが理解できておらずに、安易に映画として撮ってしまっていることが分かる。

 ・・・色々と不満はあるが、主人公・野見勘十郎を演じる野見隆明が、時おり、瞳に、とても澄んだ輝きを宿すシーンが見られ、そこは非常に良かった^^

   ◇

 さすがに、「つまらない映画を見てしまった・・・」と思いつつ、寂しいので、先日、その「エピソード0」がメチャクチャ面白かったので、見直そうと、「X-Men」の一作目と二作目を<TSUTAYA>で借りた。

 おそらく、「スターウォーズ」と同じく、新(三部)作を見たら旧三部作が見たくなり、旧三部作を見たら新(三部)作が見たくなり、クルクルクルクル鑑賞がループするのだろう^^

 ちなみに、私は、大量のアダルトビデオを持っているが、けして捨てない。

 AV鑑賞の興味もループするのである。

 それから、他人から貰った昔のAV作品は、古臭くて見てられないけど、自分が昔から持っているAV作品の鑑賞は、「自分の昔の彼女」を懐かしむかのように楽しめるよね^^v

                                                      (2011/06/14)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [与党民主党考・126 「公的最... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アヒラス(B級生活))
2011-06-18 22:50:31
またまたどうもです。

さや侍はつまらなかったのですか~。
アヒラスは見ようかどうか悩んでますw
ただ時間がなくて見れずに終わりそうですが。

それとこちらのブログでブックマーク登録させてくださいね♪
映画好きな人と仲良くしたいものですw
アヒラスさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-06-19 12:53:42
あくまでも参考として読んで下さい^^

感じ方は人それぞれ違いますから。

例えば、生活での浮き沈みが鑑賞観を左右することもあるでしょうし。

私は、比較的、松本人志監督作を好意的に見てきたので、今回は「安易」に感じてしまったのです。

ブックマーク、よろしく!^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
さや侍 (LOVE Cinemas 調布)
『大日本人』、『しんぼる』に続くダウンタウン・松本人志監督の第3弾。前2作とはがらっと変わり今回は時代劇に挑戦だ。脱藩の罪で捕まった主人公が、母を亡くした事で笑顔を失った藩主の息子を笑わせるための“三十日の業”を通じて娘との絆を取り戻していく様子を笑...
映画:さや侍 (伊八のいろいろ)
映画:さや侍 2011-6-1(西鉄ホール 試写会) ストーリー:ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしていたのだが、無断で脱藩した勘十郎には懸賞金がか...
さや侍 (佐藤秀の徒然幻視録)
まるで松本人志版ゴッホの自画像 公式サイト。松本人志監督、 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼。監督のお笑い芸人松本人志 ...
さや侍 (シネマDVD・映画情報館)
さや侍 監督:松本人志 出演:野見隆明/熊田聖亜/りょう/ROLLY/腹筋善之助/國村隼/伊武雅刀/板尾創路/柄本時生 内容:とあることがきっかけで、自ら侍として戦うことを拒絶し、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父を軽蔑し反発する娘たえ。二人は行くあてもない流...
さや侍 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイト松本人志監督作品第3弾は、野見隆明という“素人”を独特の演出で使ったことが異化効果になっている。過去作品に比べ格段に分かりやすい。ある事情で、刀を捨てた侍・ ...
映画『さや侍』 (闘争と逃走の道程)
 松本人志第三回監督作品。主演俳優がド素人という異色さが注目された作品ですが、案に相違して、中身はしごくまっとうな、映画らしい映画でした。ラストには少し驚きがありますが、そこはネタバレしない方向...
劇場鑑賞「さや侍」 (日々“是”精進! ver.A)
さや侍は、何を持って戦うのか・・・ 坂戸市の島田橋が使われてましたよ~ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106140004/ マンスリーよしもとPLUS (プラス) 2011年 07月号 [雑誌] posted with ama...
さや侍 (あーうぃ だにぇっと)
5月23日(月)@ニッショーホール。 松本監督の前2作は観ていない。 映画館にまで足を運ぶ気がしなかった。 試写会当てたかったが、これがまた当たらないのだ。 今回の「さや侍」も結局当たらなかった。 しかたなく(笑)50円ムービーの掲示板で買い付けた。 ...
さや侍 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/06/11公開 日本 103分監督:松本人志出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父に対し、娘は反発していた。2人は、あてもなく旅を....
さや侍 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
妻の死にショックを受けた侍が、役職も家も藩も捨て刀まで捨てて逃げていく。ただ一人の娘を連れて国を超えてただひたすら逃げていく。最初のうちは若君を笑わせようとする野見隆明が面白いのだが、監督が示してくれる結末は厳しい現実だった。子役の熊田聖亜がすばらしい...
さや侍/野見隆明、熊田聖亜、板尾創路 (カノンな日々)
ダウンタウンの松本人志監督の長編第3作目です。クレジットを見ると今回本人は出演されなくて監督業専念してるようですね。今作に関するインタビューでは有名人監督ゆえの悩みを告 ...
さや侍 (うろうろ日記)
試写会で観ました。松っちゃんの映画って一回も観たことがなかったのですが、評判は、
『さや侍』('11初鑑賞82・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 6月11日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 18:35の回を鑑賞。
『さや侍』 | ラストがよくわかりませんでした。 (23:30の雑記帳)
松本人志氏には毎年「笑ってはいけない」シリーズで、 笑わせてもらっているので批判的なことを書きづらいのですが…… ちょっと厳しいものがありました。 とにかく、2分で分 ...
さや侍 (だらだら無気力ブログ)
人気お笑い芸人・松本人志が、「大日本人」「しんぼる」に続いて手掛けた 映画監督作第3弾。自身初の時代劇に挑戦し、ある理由からさやしか持たない 侍が、脱藩の罪で捕まり、幼い娘と共に無罪放免を懸けた“三十日の業”に 立ち向かう中で、次第に親子の絆が育まれて...
映画 「さや侍」 (ようこそMr.G)
映画 「さや侍」
さや侍 (Akira's VOICE)
ラストが良い! それだけで満足。  
さや侍 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「大日本人」「しんぼる」に続く松本人志監督の長編3作目。侍でありながら鞘しか持たない父と、その不甲斐なさに反発する娘の姿を描く。出演は、TV『働くおっさん劇場』で強烈なイ ...
さや侍 (映画的・絵画的・音楽的)
 『さや侍』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)これまで松本人志の監督作品は肌が合わないのではと思って敬遠してきたものの、今回の作品は、従来のものとはだいぶ趣が違っているとのことなので、それならと映画館に出かけてきました。  実際見てみると、わけのわか...
切腹を申し付ける (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「さや侍」を見ました。 松本人志監督作品 どうしても 期待してしまうのですが・・・ 今までの作品と比べても 1番 映画らしい作りで ある意味 見やすい作品でした 若君を笑わせるための 三十日の業 これがベースとなるわけで まぁ、1日 1ネ....
『さや侍』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「さや侍」□監督・脚本 松本人志 □脚本協力 高須光聖、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留□キャスト 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村 隼、りょう■鑑賞日 6月18日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度...
さや侍 (5125年映画の旅)
刀を持たず、さやだけを腰に下げた賞金首のさや侍こと野見勘十郎。娘と旅をする彼は多幸藩で遂に御用となってしまうが、多幸藩では罪人は領主の息子である若君の笑顔を取り戻すた ...
松本人志の第3弾。【映画】さや侍 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】さや侍 『大日本人』『しんぼる』に続く、 ダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。 【あらすじ】 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅...
『さや侍』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 さや侍 』 (2011)  監  督 :松本人志キャスト :野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之助、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀 独特の感性で作品を送り出してきた...
さや侍 (銀幕大帝α)
11年/日本/103分/時代劇コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 脚本協力:板尾創路 出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、伊武雅刀、國村隼 <ストーリー> ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野...