『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『グラン・トリノ』を観た]

2009-04-26 15:09:20 | 物語の感想
☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。

 初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。

 かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退役後の自動車工も退職し、妻にも先立たれ、生来の頑固さで子供や近所の住人とも疎遠に暮らしていた。

 町は、片田舎と言えども、多民族国家アメリカに相応しく、黒人やらメキシカン、東南アジア系の人々らが定住し、それらの各集団のワルどもも幅を利かせている。

 そんな中で、ウォルトは、町の秩序の乱れや治安に、性格の気難しさ故にやや自己中な不満を感じつつも、自分のテリトリー(家屋・庭)だけは保守していた。

 庭先には、常にアメリカ国旗がはためいていて、うん、彼は共和党支持のコテコテの保守愛国者なのだな^^

 そんな彼が、死んだ妻の依頼で何かと連絡してくる神父や、息子家族たちに無愛想な対応をする様は、その「マイナス的に気の利いたセリフ」ともども、コメディ風で何度もクスクスと笑わせられた^^

 顔を真っ赤にして、眉間にしわを寄せる「怒鳴る一歩手前の赤鬼みたいな顔」なんて、もう最高だ^^

 そのため息と言うか、社会への不満のようなうめき声も、実にいい!^^;

   ◇

 隣りに、モン族の一家が引っ越してきた。

 ウォルトは、差別主義者なので、顔をしかめる。

 しかし、その家の息子・タオが、同じくモン族のワルどもに絡まれている時や、

 池脇千鶴似の可愛い娘・スーが、黒人にちょっかい出されている時など、

 差別主義者以前の正義感で助けてしまう。

 タオは、チンピラどもに急かされ、ウォルトの愛車である<グラン・トリノ>を盗もうとさえしていたのだが、謝罪をするのだった。

 そして、モン族の家族との交流が始まる。

 はじめは、その押しつけに嫌々ながらも、スーの聡明さや、タオの可能性、そしてモン族への民族的な興味に、ウォルトは、その一人身の寂しさに素直になってみたときの帰結としても、タオの家族と親しくなっていくのだった。

 果たして、その在米少数民族モン族の文化描写が正確なのかは分からないが、その民族的な個性は、観ている私や、ウォルト(もだろう・・・)にも、敬意を表さざるを得ないものとなっていく。

 後に、ウォルトは、神父に「息子二人との不仲に悔いがある」と懺悔するのだが、

 それをやり直すかのように、ウォルトは、多くをタオに教えていく。

 多くの若者が定職を持たず、町をうろついていたが、ウォルトは「工具」の実用コレクションなどを通し、タオに事を為す・・・、働くことの重要性を教える。

 また、人とうまく交われないタオに「大人の普通の会話」なんてものも、非常に具体的に直接的に教授する。

 「イタ公」との床屋とのエピソードなど素晴らしい^^

 内気な青年であったタオも、次第にいっぱしの口を聞くようになる。

 タオは、モン族のいい女をデートに誘ったりもする。

 そして、そのデートには、ウォルトも、<グラン・トリノ>を貸そうじゃないかと言うのだった^^

   ◇

 ウォルトは差別主義者だが、やや、そこには哲学もある。

 白人とつきあっていたスーに、「同じモン族とつきあえばいいじゃないか」と諭すのだ。

 これは、[お前らイエローが白人とつきあうな]と言うニュアンスではなく、[同じ民族のほうが気心(文化・民族性)が知れてるじゃないか]と言う、ウォルトの「思想」なのだと思う。

   ◇

 しかし、つくづく、アメリカは銃社会だと思い知らされた。

 アクション映画でなくとも、おそらく、例えば、『マーリー』『イエスマン』なんかも、何かあったら戸棚から銃が転がり出ていたんだろうなあ、と思わせられるほど、この作品のアメリカには銃が生活と一体に頻発している。

 これが、アメリカの現実でもあるんだろうなあ。

   ◇

 ウォルトは、最後の最後まで、朝鮮戦争での自分の行いを悔いたりはしない。

 神父への懺悔も、あくまでも妻への不義や、息子との不仲についてだ。

 しかし、タオの家族と、モン族ギャングとの関わりの今後を真摯に考えたとき、

 そこに、先々においての自分の存在しないタオの家族の未来を思い、

 それこそ、このケースにおいての、片のつかない「憎しみの連鎖」に思い至り、

 あの、終幕に至ったのだろう。

 ・・・これは、いかにも、リベラルな決着の付け方のようでいて、そうではない。

 圧倒的に攻撃的な、・・・そう「特攻」である。

 戦いの前に、身を清めるウォルトの姿でそれは分かろう。

 『硫黄島からの手紙』を撮ったとき、イーストウッドはその着想を得たのだ。

 バカな奴が、保守派クリント・イーストウッドの変節を歌いそうなので、それだけは釘を刺しておく。

   ◇

 しかし、イーストウッドには、『ダーティー・ハリー』の完結編はお願いしたいのだが・・・。

 それから、モン族ギャングの一人がしている入れ墨の「家庭」の文字が逆説的で泣かせる^^;

                             (2009/04/26)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [私の1991年のメモ日記・4] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれれ? (KLY)
2009-04-28 01:04:54
蘭さんこんばんは^^

昨日コメ残したつもりが、ちゃんと送れてなかったらしいので再度チャレンジをば・・・。^^;
玄関先の国旗、私も気になりました。愛国者なんだなぁと。その彼が死が迫っている自分の後を託せると認めたのが、純粋なアメリカ人ではないタオだったところがミソですよね。

イーストウッド自身、今のアメリカに対する違和感というか、不満というか、居場所の無さみたいなものを感じているのかも、なんて思いました。なんにせよ、あの爺さんは凄いです!
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-04-28 01:37:39
こんばんわ^^

『ランボー 最後の戦場』のスタローンにしても、そうだったのですが、「これで終わり」ってものは、寂しいですね。

ウォルトの最後は、私には意外だったのですが、あれしかないんだな、とも思えました。

イーストウッドもスタローンも、監督はやり続けるとのことなので、前者は名作を、後者は痛快作を撮っていって欲しいものです。

主演の『マンハッタン無宿』はいいですぞ^^
荒野の終焉 (MUTI)
2009-05-07 20:41:03
本日、私もこの作品を見ました。
名映画でしたね。
色々なテーマを隠し持ち、決して声高にはならない。
いぶし銀のような、しかし明確な輪郭の印象が鮮やかにのこる作品でした。

 軒先の星条旗が愛国者のシンボルであることはまさにその通りですが、
缶ビール、ステーキ等はまさに米国保守派(共和党支持者)のシンボルで、
おそらく米国の観客は、あまりにイメージ通りの保守派の表現に
戯画的なユーモアを感じたりしたのではないかと思います。

 そして、イーストウッドのラストアクションは、彼の若かりしころの作品、特に「マカロニ・ウェスタン物」をよく見た人間にとって、まさにその総決算と言うべきシーンでした。
夢・妄想と崖っぷちの個人、そして暴力という三者がどう折り合うのかを
これまでずっとテーマにしてきた映画人にふさわしいラストだったと思う次第です。
MUTIさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-05-07 22:31:43
こんばんわ^^

ええ、映画作りの基本に忠実な良作です。

私は、『チェンジリング』の衝撃が大きかったので、今年のイーストウッドは『チェンジリング』を代表作とするのですが、この『グラン・トリノ』の端整な手触りも魅力的です。

>>おそらく米国の観客は、あまりにイメージ通りの保守派の表現に戯画的なユーモアを感じたりしたのではないかと思います。

私も、ちょっと受け取り方が異なっていると思いますが、非常にユーモアを感じました。

>>夢・妄想と崖っぷちの個人、そして暴力という三者がどう折り合うのか

ええ、私、サラリと書きましたが、かなりの長文に出来るテーマですよね。

「肉を斬らせて、骨を絶つ」結末でもありました。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-05-13 22:39:21
TB有難うございました。
クリント・イーストウッドの俳優業引退説も
囁かれましたが、こんなに貫禄のある演技を
観ると俳優業もそして、監督業も情熱の
続く限り続けて欲しいと思いました。
ラストの余韻は上映後も残りました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-05-15 09:07:14
こんにちわ^^

私、もう一回、観に行こうかなぁ、と考えております^^

後、私、『ミリオン・ダラー・ベイビー』を見ていないので、早くみたいな!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

91 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『グラン・トリノ』 (えび餡のつぶやき。)
ひでピョンさんを誘って、WOWOWのサイトで当たった『グラン・トリノ』の試写会へ行ってきました〜。予習もしていったし、なんとな〜く話の流れも読めたような。なのに、まんまと最後は涙がぽろり。いいね〜、最近のイーストウッド。っていうか、イーストウッド最後の...
グラン・トリノ (悠雅的生活)
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
グラン・トリノ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GRAN TORINO) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) クリント・イーストウッド監督最新作。 急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていく様を描...
映画 【グラン・トリノ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車...
グラン・トリノ (Akira's VOICE)
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
グラン・トリノ (まぁず、なにやってんだか)
今日はヤクルトホールの「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。 半端でない頑固親父のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が、だんだん心を開いていくところ、内気な隣人のタオ・ロー(ビー・ヴァン)の心の成長ぶりが、うまーく描かれています。...
【グラン・トリノ】★クリント・イーストウッド (猫とHidamariで)
グラン・トリノ HPグラン・トリノシネマトゥデイ英題:GRANTORINO製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月25日スタッフ監督・製作:クリント・イーストウッド製作:ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー製作総指揮:ジェネット・カーン/ティム・ムーア/ブル...
グラン・トリノ (だらだら無気力ブログ)
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に住...
グラン・トリノ (勝手に映画評)
2004年『ミリオンダラー・ベイビー』以来の出演作品。この作品では、監督・製作も兼ねています。 華が無く、家族からも疎まれ、社会の表舞台で大活躍をする事も無く老境に入った朝鮮戦争帰還兵ウォルト・コワルスキーをクリント・イーストウッドが非常に上手く演じていま...
『グラン・トリノ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:GRANTORINO監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Stor...
「グラン・トリノ」:権田原バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あそこに見えるのが神宮外苑の軟式野球場。 {/kaeru_en4/}ああいうところで、少年たちは野球をしながら、男の生きざまを学んでいくんだ。 {/hiyo_en2/}ン、そういう言い方、なんか、かっこいいわね。クリント・イーストウッドみたい。 {/kaeru_en4/}ほ、ほん...
『グラン・トリノ』 (めでぃあみっくす)
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画ではあ...
グラン・トリノ/Gran Torino (いい加減社長の映画日記)
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ」は、中くらいのスクリーンで、8〜9割。 【ストーリー...
グラン・トリノ (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
試写会「グラン・トリノ」 (流れ流れて八丈島)
4月9日のリベンジ成功です。仕事をキッチリ定刻で終え、試写会場の九段会館に開映8分前に到着待望の「グラン・トリノ」を観てきましたクリント・イーストウッド、かっこ良すぎますやっぱり、人生の目標とするジジイは、イーストウッドで決まりです頑固で不器用だけど、...
グラン・トリノ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] チンピラに絡まれるシーンのリアルさは秀逸。
「グラン・トリノ」 Gran Torino (俺の明日はどっちだ)
〜 あのときの映画、「ダーティ・ハリー」はどうでしたか?きみはニュースのほうが… ♪ と吉田拓郎が歌っていた1972年、その年のモデルであるフォード・グラン・トリノに思いを込め、人生の終盤を迎えた老人と隣人家族との心の交流を描きつつ、古き良きアメリカへの惜別...
映画 「グラン・トリノ」 (ようこそMr.G)
映画 「グラン・トリノ」
『グラン・トリノ』・・・ある老人の気高い生き様 (SOARのパストラーレ♪)
妻を亡くした偏屈な頑固じじいウォルト(クリント・イーストウッド)と、隣家のアジア系移民家族との奇妙な交流。姉のスー(アーニー・ハー)と弟のタオ(ビー・バン)、二人の純朴にして優しい心に触れるうちに失いかけていた家族の温かさを見出していくウォルト・・・。
グラン・トリノ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写...
グラン・トリノ (そーれりぽーと)
あれ?ついこないだもクリント・イーストウッド監督作が公開されてなかったっけ? アメリカでも日本でも『チェンジリング』の公開から2か月後のハイペースで公開された『グラン・トリノ』を観てきました。 ★★★★★ 実の息子家族からも嫌われる保守的で頑固な口の汚い...
グラン・トリノ (花ごよみ)
監督、主演クリント・イーストウッド。 タイトルとなっているのは、 70年代のヴィンテージアメリカ車、 「グランド・トリノ」。 車庫にあるウォルト(クリント・イーストウッド)の 愛車です。 その愛車を盗難されそうになったことが、 きっかけとなって、 隣りに住む...
「グラン・トリノ」凄く良かったです (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かった。4つ☆半 そして、クリント・イーストウッドならでは!の役で、凄く良かったです。 この映画が役者としては最後というのにふさ...
「グラン・トリノ」みた。 (たいむのひとりごと)
払う必要のないツケに対する代償のなんと大きなことか。偏屈ジジイが隣人の少年少女との触れ合いから、やがて心を開いていくお話かと思いきや、ただそれだけのことではなく、(多少頑固ではあるけれど)時代を知り、
グラン・トリノ (Memoirs_of_dai)
イーストウッドのトリの最高傑作 【Story】 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工...
[グラン・トリノ] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり...
映画「グラン・トリノ」 (Andre's Review)
gran torino アメリカ 2008 09年4月25日公開予定  4月10日試写会鑑賞 イーストウッド監督作品は「チェンジリング」が非常に素晴らしかったので、立て続けに公開される新作も非常に楽しみにしていたところ、試写会に当選したので、一足早く観にいってきました。 この...
グラン・トリノ (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
グラン・トリノ (LOVE Cinemas 調布)
前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監督...
『グラン・トリノ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、朝からgooがメンテナンスとかで、 なかなかここにはこれなかったのニャ。 もう、ずっと前から話したくてたまらなかった 『グラン・トリノ』だけに、 えいもあせあせ。 でもフォーンは カタログハウス「シネマのすき間」で一足お先に聞いてきたのニャ。 今年...
映画『グラン・トリノ』 (健康への長い道)
2週続けて良い映画に出会えて幸せです秊。 俳優業は引退と考えていたクリント・イーストウッドが脚本に惚れ込んで監督・主演した『グラン・トリノ』。ひょっとするこれこそが、最後の出演作になるかも・・・ということだそうです。 Story 朝鮮戦争の帰還兵...
グラン・トリノ (to Heart)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を―。 少年は知らなかった、人生の始め方を―。 原題 GRAN TORINO 製作年度 2008年 上映時間 117分 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出演 クリント・イーストウッド/ビー・ヴァ...
グラン・トリノ (利用価値のない日々の雑学)
このブログでも度々書いているように、筆者はイーストウッド監督作品に、「人間の尊厳」という観点をもって鑑賞している。特に「ミリオンダラー・ベイビー」以降、それは顕著であり、「父親たちの星条旗」で決定的になった。映画という総合芸術の世界で、俳優として、更...
映画レビュー「グラン・トリノ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]◆プチレビュー◆久しぶりにイーストウッド自身が監督・主演。老人と少年の静かな友情が感動を呼ぶ秀作。 【90点】 ウォルトは、隠居生活を送る頑固で孤独な老人だ。ある日、内気な少年タオが不良から強要...
★グラン・トリノ(2008)★ (CinemaCollection)
GRANTORINO俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。上映時間117分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/04/25ジャンルドラマ【解説】「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イー....
グラン・トリノ (LOVE Cinemas 調布)
前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監督...
映画「グラン・トリノ」@ワーナー試写室 (masalaの辛口映画館)
 映画の話 元軍人のウォルトは近所に住むアジア系やラテン系の移民との交流を拒んでいた。だがある晩、愛車が盗まれそうになる事件が起き、実行犯の少年タオを諭すことに。その一件以来、彼はタオの家族と心を通わすようになる。 映画の感想 これは素晴らしい!長きに...
グラン・トリノ (聖林依存症)
監督として2度オスカーを受賞したクリント・イーストウッドが4年ぶりに出演も兼ねた
『グラン・トリノ』 (DIARIO-M)
 好き度:★★★★★「GRAN TRINO」朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は自動車工の仕事を退職し、最愛の妻にも先立たれ、偏屈で頑固な性格のあまり、話し相手は飼い犬のデイジーだけという孤独な毎日をおくっていた。ビールを...
「グラン・トリノ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
個人的に、新宿ピカデリーは初めてでした。 綺麗な外観、中に入ると、車が。鑑賞前だったので、この車が「グラン・トリノ」とは分からず、そのまま入場。これは鑑賞後に撮影した画像で。いあー クリント・イーストウッドの存在感、それに尽きる映画でした。老いてもなお...
『グラン・トリノ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「映画を観て、笑って、考えさせられて、思いきり感動の涙を流す」という、オーソドックスながら最上の歓びに浸ることのできる1本。 『グラ...
「グラン・トリノ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「グラン・トリノ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、...
グラン・トリノ (マー坊君の映画ぶろぐ)
「グラン・トリノ」監督・製作・出演:クリント・イーストウッド(『チェンジリング』『硫黄島からの手紙』)その他の出演:ビー・バンアーニー・ハークリストファー・カーリーコリー・ハードリクトブライアン・ヘーリー配給:ワーナー・ブラザース映画概要:朝鮮戦争の帰...
グラン・トリノ (心のままに映画の風景)
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
グラントリノ / GRAN TORINO (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなし{/ee_3/}と断言したばかりですが... やっぱりイーストウッド作品にハズレ...
グラン・トリノ (映画君の毎日)
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン...
グラン・トリノ (B-scale fan's log)
公開中 クリント・イーストウッド監督     クリント・イーストウッド主演     出演 ビー・ヴァン、アーニー・ハー 新評価 5.0 (傑作) 最愛の妻に先立たれてからは、2人の息子にも避けられ、 死までの日々を愛犬と過ごす昔気質で気難しい老人。 昔は国...
「グラン・トリノ」 (てんびんthe LIFE)
「グラン・トリノ」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞 この監督さん、まじめで自分の人生よく考えてるなあと思いました。 「チェンジリング」公開したばっかりなのに、同じように重ためな題材で作って持ってくるって只者ではない。 そして主演までしちゃって、それも出...
「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する、“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォ...
Gran Torino (2008) (アヤは観た。)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン 白人万歳で外国人嫌いなじじぃが隣に越してくるアジア人の家族を...
劇場鑑賞「グラン・トリノ」 (日々“是”精進!)
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の...
グラン・トリノ(2008) (かこぶろ。)
{/m_0167/} 4月25日(土)公開。 試写会が当ったので参加しました。 九段会館のホールって傾斜がゆるいので、 スクリーンの下に出る字幕が人の頭で少々見えづらいというのが難点。 ま、当ったものだから仕方ない。 クリント・イーストウッド主演、監督、製作。 息子のカ...
グラン・トリノ (ダイターンクラッシュ!!)
4月25日(日) 21:15〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『グラン・トリノ』公式サイト 先生の作品が、連続して公開されている。戦争二部作もそう遠くない作品で、多作な印象があるが、主演をかねたのは、「ミリオン・ダラー...
グラン・トリノ (Diarydiary!)
《グラン・トリノ》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − GRAN TORIN
GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優としての最後の作品 (銅版画制作の日々)
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴ら...
映画「グラン・トリノ」の感想です。 (MOVIE レビュー)
この映画を最後に俳優業引退を示唆したと伝えられているクリント・イーストウッドの監督、主演映画です。 ほんとうに観て良かったと思える映画の一つでした。敢えて書き連ねるほどの難しい事件や対立が起こる訳ではないです。些細ないざこざと民族間の軋轢が物語の主軸に...
「グラン・トリノ」 信念を託す (はらやんの映画徒然草)
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
胸が痛い・・・。『グラン・トリノ』 (水曜日のシネマ日記)
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
グラン・トリノ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年4月25日 公開 ★★★★★+α 言葉が出ない 満点以上! この愛すべき頑固じいさん♪ もしかしたらスクリーンで彼が主演の作品を観られるのは今作が最後かもしれないと聞いて、どうしても観たかった。 今後は自ら...
グラン・トリノ Grand Trino (映画!That' s Entertainment)
●「グラン・トリノ Grand Trino」 2008 アメリカ Warner Bros.Village Roadshow Pictures,Malpaso Production,117min. 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー他 <す...
グラン・トリノ (ぷち てんてん)
☆グラン・トリノ☆(2008)クリント・イーストウッド監督クリント・イーストウッドビー・ヴァンアーニー・ハークリストファー・カーリーストーリー 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。自宅を常にきれいに...
【グラン・トリノ】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ 「妻を亡くしてから一人暮しのウォルト・コワルスキーは子供達とも疎遠で静かにひっそりと暮らしていた。妻に頼まれたとやって来る
グラン・トリノ (Movies 1-800)
Gran Torino (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー 偏屈で頑固な老人が、隣家のタイ人一家との交流を通して変わっていく様を描く人間ドラマ 様変わりしていく街や人の流れ...
「グラン・トリノ」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) ついこの間「チェンジリング」で感動したばかりだと言うのに、イーストウッド監督・主演の最新作「グラン・トリノ」でまた泣けた。
グラン・トリノ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね〜【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなあ...
【映画】グラン・トリノ (新!やさぐれ日記)
▼動機 「チェンジリング」が素晴らしかったので ▼感想 満足度につける★が足りない ▼満足度 ★★★★★★★ すごすぎ ▼あらすじ 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活...
遺すべきもの「グラン・トリノ」 (再出発日記)
グラン・トリノとはフォードの1970年代の名車である。クライスラーが潰れた。フォードも危機にさらされている。しかし、それだからといって過去の労働者が知恵と汗でもって作ってきた「生産物」の価値がなくなるわけではない。人間は労働によって価値を生み出す生き物であ...
グラン・トリノ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    = 『グラン・トリノ』  (2008) = 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来、単調な生活を送っていた。 そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけ...
グラン・トリノ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[グラントリノ] ブログ村キーワード ↓クリックしていただけると嬉しいです↓ 評価:9.0/10点満点 2009年42本目(37作品)です。 かつてはフォードの作業員として働いており、朝鮮戦争で体験した傷が癒えないウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)...
『グラン・トリノ』:守るべきものは、家族。 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
クリント・イーストウッド監督の最新作はストレートな映画だ。 「守るべきものは、家族」。
★「グラン・トリノ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・といっても、 まだまだGWが続いてるみたいな雰囲気の木曜日にチネチッタで鑑賞。 平日のチネチッタは割引なしなので、 駅地下のアゼリアの金券ショップで1300円の共通前売り券を買ってから、 チケット入手するのが賢い選択!!
グラン・トリノ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
グラン・トリノ ’08:米 ◆原題:GRAN TORINO ◆監督・製作・出演:クリント・イーストウッド「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」 ...
「グラン・トリノ」プチレビュー (気ままな映画生活)
クリント・イーストウッド監督の最高傑作!!と チラシなどに書かれていました。 自分の中では、”最高傑作”と思ってません。 確かにすばらしい作品であったことは認めますが、 まだ、これからも良質な作品を生み出してくれる そんな可能性があるから・・・ 何本も...
『グラン・トリノ』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:GW何した? 参加中 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギャ...
『グラン・トリノ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...
グラン・トリノ 古き良き時代の男の中の男 (労組書記長社労士のブログ)
【 28 -7-】  湘南の波は今日も良くはないので、思いっきり後ろ髪引かれながら大阪に帰ってきた。 マンションのエレベーターを降りたら妻とばったり、「どうしたん?」と聞くと、先日からの神戸と寝屋川の新型インフルエンザ騒動で、娘の勤め先の保育園でマスク着用命令...
続)映画大好き♪ (となみんの『風の向くまま気ままにビーグル!?』)
あのスラムドッグのファイナルアンサーの番組の 日本で言うと『みのもんた』役の俳優さんが、結構くわせものっぽい役どころなんですが 実際は誰よりもスラム街の子供たちに愛情を感じていらっしゃるようで ボランティアもしているし、今回ギャラは寄付したそうですよ ...
映画日記りぼーん『グラン・トリノ』 (CHEAP THRILL)
5月1日就業後、つまりGWに突入してすぐのオールナイトでようやくクリント・イーストウッド最新作『グラン・トリノ』を見た。 イーストウッド主演作品としては『許されざる者』に勝るとも劣らない、いやイーストウッド最高傑作と言っても過...
グラン・トリノ (Addict allcinema 映画レビュー)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。
グラン・トリノ を観ました。 (My Favorite Things)
会社帰りに観ちゃいました…。クリントさんすっかりおじいちゃまですね。
グラン・トリノ (シネマ大好き)
イーストウッドの最後の主演作品になるはずというのに、とっくに終わって見逃したと諦めていたら、なんとまだやっていて、やっと行ってきました。あ~、観れてよかった。 貧しい郊外に一人暮らすウォルト・コワルスキー。偏屈な老人で、彼の口を突くのは汚いののしりば...
グラン・トリノ (2ちゃんねる映画ブログ)
【イーストウッド】 グラントリノ 1台目 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239611982/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/13(月) 17:39:42 ID:7mUWJX3H グラトリなんて短縮しないで 名車と名監督に敬意を表して グラントリノってちゃんと...
映画「グラン・トリノ」 (おそらく見聞録)
監督:クリント・イーストウッド(最高っす) 出演:クリント・イーストウッド(最高っす)ビー・ヴァン アーニー・ハー  出演:クリストファー・カーリー ブライアン・ヘイリー ブライアン・ホウ  妻に先立たれ息子たちにも邪魔者扱いされる孤独な老人と、...
「グラン・トリノ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました
mini review 09400「グラン・トリノ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウ...
「グラン・トリノ」(GRAN TORINO) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮ら...
偏屈ジジィの自己犠牲?〜「グラン・トリノ」〜 (ペパーミントの魔術師)
すいません、サブタイトルむちゃくちゃ言うてますけど、 感動もんでした。 ロードショー段階ではね、 孤独な老人が隣の家の少年と仲良くなることで 心を開いていく、単純にそういう話かと思ってたんで パスしてしまったんですが。 うわ〜〜、見とくんでした。(コロッと...
魂の成長の軌跡 「グラン・トリノ」 (キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜)
ネタバレあり。ご注意下さい。 昨年観た映画で個人的にNo.1は「THIS IS IT」だけれど、もし「THIS IS IT」が公開されなければ、間違いなく「グラン・トリノ」が一番だったと思う。 この映画の何がすごいって、今までのクリント・イーストウッドの映画人生全てが、ラスト...
グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...
【映画】グラン・トリノ…俄かイーストウッドファン復活(半年以上ぶり) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分...
『グラン・トリノ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グラン・トリノ 』 (2008)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、 コリー・ハードリクト、ブライア...