『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ハクソー・リッジ』を観た]

2017-06-24 23:59:44 | 新・物語の感想
☆・・・イーストウッドにアフレック、スタローンと、俳優でありつつ監督として傑出した作品を残している才人は多い。
 メル・ギブソンもその1人。
 鑑賞前、とても高揚して赴いた!
 敵を討たない衛生兵が主人公なので、メル・ギブソンなよったか!?
 いや、激しく語ってくれていた。
 悲しいのが、舞台が沖縄戦なんだよなぁ。
 だが、メル・ギブソン、「バランス」よく描いていた!

 序盤は、主人公ドスの幼少期、先の大戦の後遺症で精神を病みアル中に堕ちた父親の家族への暴力と、ドス自身の加害暴力体験と後悔の日々・・・。
 続いて成人してからの恋愛パート。
 ここだけで、後に戦争が待っていることもあり、しんみりしてしまう。
 彼女は美しい。
 そして、入隊パート。
 自分の信念(宗教的な意味合いは割と薄く描かれる)により、銃に触れない(人を殺すことはしない)ドスは、軍隊(群体)の中で矛盾し、周囲の者からのいじめを含む、軍社会の軋轢の中へ。
 軍法会議にかけられ有罪、そして刑務所行きが決まりそうになったとき、思わぬ人物の助けで、銃を持たない衛生兵として存在を許される。
 ・・・隊が派遣されるのは沖縄はハクソー・リッジ、のこぎりのように切り立った断崖で、そこからの進行が余儀なくされていて、しかも、血みどろの戦局がそこにはあった・・・。
 最新の技術は、限りなく「戦争」以上の臨場感で見ている者に戦争のリアルを見せつける。
 日頃 勇ましいことを言っている私も、その渦中に身を置くことを想像すると恐怖する。
 気になる日本兵の描き方だが、あえて、最後の司令官の自決シーン以外、日本側の事情をドスが存在している場面以外見せていないので、純粋に、アメリカ軍が戦っている「強い相手」以上の描写がなく、反日捏造の危惧はなかった。
 それは、ドスの側にも言え、ドスの存在しないシーンの描写は、例えば、軍の規律を乱すドスの処遇を話す上官たち、収監されたドスを心配する彼女と家族、ハクソーリッジ撤退後も救助活動を「続け続ける」ドスがいる状況を憂える上官たち・・・、と、最低限の描写しかない。
 ドスはひたすらに『るろうに剣心』の如く「不殺」の信念で傷ついた仲間を助けていく。
 恐怖の状況の中で救助のみに邁進するドスは、恐怖を感じたら相手を撃てばいい兵士以上の過酷な状況である。
 映画の情報としては聞いていたが、実際に見せられると、それは、世界の下せしミッションとしては最高難度に位置しているのが分かる。
 誰も真似できないことをドスは、地獄で遂行していく。
 彼を非難していた者さえも、助けられていく・・・。
 それでも現実は更なる状況を現出せしめ、ドスは、信念以上の宗教的な決意で、神に語りかけてみる。
 先に映画にもなった遠藤周作の『沈黙』のような、神への問いかけが成され、果たして、この状況の神は、ドスに答えを返すのだった・・・。
 
                                 (2017/06/24)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [三遊亭鬼丸師匠が福生に来る... | トップ | [アマトリチャーナ三連弾と深... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハクソー・リッジ〜専守救命 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。オーストラリア=アメリカ。原題:Hacksaw Ridge。メル・ギブソン監督。アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、テリーサ・パーマー、ヴィンス・ヴォーン、ル ......
ハクソー・リッジ (あーうぃ だにぇっと)
ハクソー・リッジ@よみうりホール
劇場鑑賞「ハクソー・リッジ」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、助ける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706240001/ 【輸入盤】Hacksaw Ridge [ ハクソー・リッジ (原題) ]
優しい人間が一番強い。『ハクソー・リッジ』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りしたアメリカ兵の実話物語です。
ハクソー・リッジ / Hacksaw Ridge (勝手に映画評)
沖縄戦の「前田高地」での戦いに際し、その思想信条的理由から、兵器を持たずに活動して多数の兵士を救ったことにより、名誉勲章が与えられた実在の人物、デズモンド・T・ドスの......
『ハクソー・リッジ』 (こねたみっくす)
武器を持たずに英雄になった兵士がいた。 これが信仰の為せる業なのか。これが実話だというのか。 沖縄戦終結から72年。衛生兵としてハクソー・リッジこと前田高地にて75人の兵士 ......
映画:ハクソーリッジ HACKSAW RIDGE 1.はじめに信念があり、2.試練があって、3.ヒトは大きな...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
メル・ギブソンと言えば… 演技は勿論、監督になっても「やや?かなり?エキセントリック」 なので、気になっちゃう点が、× 3つ も!(笑) その1. 監督が「エキセ...
ハクソー・リッジ (Akira's VOICE)
あとひとり助けさせて下さい!(ドスのきいた声で)  
ハクソー・リッジ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HACKSAW RIDGE】 2017/06/24公開 アメリカ PG12 139分監督:メル・ギブソン出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ......
ハクソー・リッジ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ブレイブハート」「アポカリプト」のメル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で......
『ハクソー・リッジ』('17初鑑賞69・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月26日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。 字幕版。
「ハクソー・リッジ」 (或る日の出来事)
銃を持たずに、人を助けることで、彼は戦った。
映画「ハクソー・リッジ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ハクソー・リッジ(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。 ざっくりストーリー 田舎......
ハクソー・リッジ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神さま、あと一人だけ。 「アポカリプト」以来、10年ぶりとなるメル・ギブソン監督作品。
 第二次世界大戦下の沖縄で、信仰ゆえに不殺の誓いをたて、一切の武器を持たずに、......
「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられ......
映画「ハクソー・リッジ」 (FREE TIME)
7月1日のファーストデーに映画「ハクソー・リッジ」を鑑賞しました。
『ハクソー・リッジ』のウソとマコト (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映......
ハクソー・リッジ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハクソー・リッジ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞や主演男優賞などにノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)......
「ハクソー・リッジ」:残酷描写にちょっと辟易 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ハクソー・リッジ』は、ユダヤ人差別発言問題でミソをつけたメル・ギブソンの監
ハクソー・リッジ (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦中に衛生兵として戦争に志願した青年の姿を描いたメル・ギブソン監督作品です。 予告編を観て、戦場のシーンの激しさにどうしようかと思いましたけど、やっぱりチ......
ハクソー・リッジ (だらだら無気力ブログ!)
後半の戦闘シーンの描写が凄い。
『ハクソー・リッジ』('17初鑑賞69・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月26日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。 字幕版。
ハクソー・リッジ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神さま、あと一人だけ。 「アポカリプト」以来、10年ぶりとなるメル・ギブソン監督作品。
 第二次世界大戦下の沖縄で、信仰ゆえに不殺の誓いをたて、一切の武器を持たずに、......
「ハクソー・リッジ」 (ここなつ映画レビュー)
メル・ギブソン監督作品。宗教という名の信念の下に、人を殺さないと誓って戦場に赴く衛生兵の物語。実話をベースにしている。人を殺さないで戦場で何ができるのか?そう、傷つい......