『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『私は貝になりたい』を観た]

2008-12-09 17:34:30 | 物語の感想
☆元の映像化はテレビドラマで、私は、20年前くらいに、TBSの開局○周年だかの特別番組で、そのフランキー堺主演版のダイジェストを見た。

 その番組では、筑紫哲也の正統な後継者っぽい関口宏(^^;)が、TBSの社是に沿った左翼的な括りで紹介していたと思う。

 私は、この、やや極端すぎる物語性にアクの強さを感じていたので、今回の映画版をあまり見る気はなかったのだが、ふと、思い立って見てみた。

 主演の中居正広は、顔が全然違うのに、序盤の表情がフランキー堺にそっくりであった^^;

 美術(四国の小さな町、東京の焼け野原など)が素晴らしく、そこにリアリティが宿っているので、物語も引きずられて、いい出来になっていた。

 今回の映画版は、ほとんど左翼臭もなかった。

 まあ、元々、物語のプロットは、戦争の悲劇しか抽出できない。

 この物語に左翼臭を探すような右翼は、『明日への遺言』に対しても、同様の思いを抱くのだろう。

 世の中の物事が、全て、自分の思想に都合よく進むとは思わないで欲しいものだ。

   ◇   ◇

 私は、主人公の兵隊時代から物語が始まるのかと思いきや、その前の、家族との団欒の時間から、更には回想で、妻(仲間由紀恵)との馴れ初めが描かれるので驚いた。

 つまり、これは、夫婦、小さな家族の物語なのだな・・・。

 だから、冤罪で軍事裁判にかけられた夫の経過とともに、妻の助命署名嘆願の困難も描かれたりする。

 この、署名嘆願の雪中の道行きも、「いくらなんでもやりすぎだろ^^;」の一歩手前で踏み止まる演出であった。

 だが、クライマックスの大どんでん返しの悲劇の演出は容赦なかった。

 『フランダースの犬』よろしく、結末に悲劇が待っているのは分かっていたが、こんな「サドンデス」な展開だとは思っていなかった。

 また、久石譲の音楽が、これでもかと盛り上げる。

 この人、『ハウルの動く城』でも思ったけど、ワルツは絶品だね。

 この作品でも、クルクルと運命に翻弄される主人公をワルツ風のBGMでよく表現していた。

   ◇   ◇

 ただ、なあ・・・。

 この物語の主人公だが、どうしても個人主義に思えてしまう。

 いや、最終的に、全体(お国)のレベルに達観せよ、と言ってるのではない。

 死ぬ間際になっても、「私は深い深い海の貝になりたい」などと<自分のこと>だけを考えているのが、どうにもなあ。

 そんな遺言を渡された家族の不愉快さったらない。

 せめて、「私は雲になって、お前らを空からずっと見守っているよ」ってのが、現実的な個人(それでも家族込み)レベルであろう。

 この物語は「創作」なのである。

 原作者は、70年代後半まで生きていて、病死している。

 生きている人間が書いた遺書なのである。

 死にゆく人間ならば、「貝になりたい」なんて、ネガティブなことは言うまい。

   ◇   ◇

 PS.前述の『明日への遺言』と言い、『南京の真実・第一部「七人の死刑囚」』と言い、今年は、巣鴨プリズンのセットを何度も見ることになった。

 いっそのこと、今後は、使い回しをすれば、製作費が安く上がって、東京裁判の欺瞞を打ち破るのに役に立つと思うのだが。

                              (2008/12/09)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [もう一つの、映画『落下の王... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2008-12-09 20:17:59
TBありがとうございます。^^
『明日への遺言』は私も観ました。教養人でエリートの岡田中将と一般庶民の豊松の違いがそのまま出ているのかなと感じた次第です。

ちなみに『私は貝になりたい』は制作にあたって、フランキー堺当時からの脚本の変更は一切認められない契約だそうです。(一字一句までかは解りませんが。)しかしながら演じる人が違うとココまで別の作品のように見えるものかと、逆に感心しました。(笑)

本作はおっしゃるとおり創作ですので、あくまで映画として愉しめればよいのかと思いますが、『明日への遺言』は史実として一度は観ておいたほうが良い作品だと思いました。
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-12-09 20:26:57
こんにちわ^^

>>教養人でエリートの岡田中将と一般庶民の豊松の違いがそのまま出ているのかな

そうですね。

物語上の豊松の生い立ちから察しなくてはならないのかもしれません。

トラックバックで、幾つかのブログを回っていたら、黒澤監督は、かつて、脚本担当の橋本・幻の湖・忍から、この作品の脚本を読まされて、これじゃあ貝にはならないよ、と言ったとか・・・。

やっぱ、黒澤監督は凄いなあと思った次第です。

これからもごひいきに^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
私は貝になりたい (Akira's VOICE)
軽くはないが,重くも無い・・・。  
映画「私は貝になりたい」を観ました!!(2008-21) (馬球1964)
映画「私は貝になりたい」を観ました!!2008年の第21作目です。
私は貝になりたい (中居正広さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆中居正広さん(のつもり) 中居正広さんは、現在公開中の映画『私は貝になりたい』に清水豊松 役で出演しています。 昨日、劇場に観に行きました。 ●あらすじと感想
劇場鑑賞「私は貝になりたい」 (日々“是”精進!)
「私は貝になりたい」を鑑賞してきました1958年のテレビドラマ以来、繰り返し映像化されてきた反戦劇を中居正広&仲間由紀恵主演でリメイク。半世紀前に書いた脚本を橋本忍みずから改訂。ドラマ「砂の器」などの演出を手掛けた福澤克雄が、高知を中心とした美しい日本...
私は貝になりたい (LOVE Cinemas 調布)
中居正広主演、仲間由紀恵が共演、監督は『華麗なる一族』の福澤克雄、プロデュースは『花より男子ファイナル』の瀬戸口克陽 と高視聴率俳優とTBSのヒットメーカーという超豪華な顔ぶれ。元々フランキー堺主演でテレビ版が制作されたのがあまりに有名なこの一作。映画・テ...
私は貝になりたい (花ごよみ)
監督は福澤克雄。 脚本は橋本忍。 主演の豊松は中居正広。 その妻役には仲間由紀恵。 高知でささやかな理髪店を 経営していた豊松に召集令状が…。 戦争の過酷な体験、そして終戦。 やっと訪れた家族との平穏な暮らし。 それが戦犯として軍警察に 逮捕されることに...
私は貝になりたい (だめ男のだめ日記)
「私は貝になりたい」監督福澤克雄出演*中居正広(清水豊松)*仲間由紀恵(清水房江)*西村雅彦(根本)*加藤翼(健一)*武田鉄矢(竹内)*伊武雅刀(尾上中佐)*片岡愛之助[6代目](日高大尉)*名高達男(足立少佐)*武野功雄(木村軍曹)*六平直政(立石上等兵)*荒川良...
私は貝になりたい (映画通の部屋)
「私は貝になりたい」 製作:2008年、日本 139分 監督:福澤克雄 脚本:橋
『私は貝になりたい』(中居正広版) (ラムの大通り)
----これってSMAPの中居くんの主演作だよね。 「あらっ、フォーンも中居正広のこと 中居くんって言うんだ」 ----あっ、ほんとだ。 やはりそれだけ一般化しているのかニャあ。 確かこれは、その中居くんがかつての名作に挑戦した映画だよね。 「うん。最初にテレビで放映さ...
私は貝になりたい・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
捕虜を殺した容疑で逮捕された元兵士が、戦犯として処刑されるまでの日々を描いた「私は貝になりたい」のリメイク。 伝説的な脚本家、橋本忍...
映画「私は貝になりたい」 (アンナdiary)
彼と見に行ってきました。見終わった後の第一声が「理不尽だな~」そして、泣いた。 何で貝になりたいなのか。。。やっとわかった。見るまで勘違いしてた~そういうことなんだ。。。それはそれで悲しいなぁ。
全く怖くない戦争映画。『私は貝になりたい』 (水曜日のシネマ日記)
戦犯となり絞首刑を宣告される一人の男性の物語です。
私は貝になりたい テレビの2時間ドラマでもよかったかもね (労組書記長社労士のブログ)
【43-20-】 今日はいよいよ西宮ガーデンズがグランドオープン{/hiyo_do/} で、今日の午後からの会議が阪神西宮で終わったで、どんな様子かな~ってチェックしに行ったら、TOHOシネマズ 西宮OSが、今日から3日間、誰でも彼でもみ~んな1000円で映画が見れるって言うから、...
貝にもなりたくないけど… (美容師は見た…)
今日は12月1日でファーストデイ。昔はこの日が”映画の日”で500円だった記憶があります。そして今日はmy birthday♪と言う訳で、母親と観て来ました。何せ毎日が中居君デイだったので…(笑)   『私は貝になりたい』  期待したこのシーン。 子役の二人は本当に 可...
私は貝になりたい (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
伝説的TVドラマを名脚本家・橋本忍が自ら改訂して再映画化したのが本作。理髪店を営む清水豊松は、突如、戦犯として逮捕される。軍隊の非情な実態や、弱者に犠牲を強いるB・C級戦犯裁判の不公正に、誰もが怒りを覚えるだろう。この物語がTV草創期の1958年に生まれた...
【もうすぐ公開映画の予告編上映中!】『私は貝になりたい』(SMAP中居正広さんと仲間由紀恵さん共演) (映画+小説+家族=MyLife)
【予告映画】 私は貝になりたい
私は貝になりたい (2008) 139分 (極私的映画論+α)
 中居クン熱演でした。
私は貝になりたい (5125年映画の旅)
昭和19年。土佐で理髪店を営んでいた清水豊松の元に赤紙が届き、豊松は妻と幼い子供を残して出兵する。終戦後。生きて土佐に戻り、再び理髪店で働いていた豊松だったが、そこに米兵が押しかけ、豊松は戦犯容疑で逮捕される。彼に下された判決は、捕虜を殺害した事に...
私は貝になりたい (映画鑑賞★日記・・・)
2008/11/22公開(11/22鑑賞)製作国:日本監督:福澤克雄出演:中居正広、仲間由紀恵、笑福亭鶴瓶、上川隆也、石坂浩二家族へ、帰りたい。
私は貝になりたい (カフェビショップ)
私は貝になりたい 橋本忍を担ぎ出してくるのならば、 なぜ「幻の湖」のリメイクをやらないのか。 摩訶不思議な事件が大量発生する世紀末のこの世に問いかけるべきテーマは、 「私は貝になりたい」の中にはなく、 「幻の湖」の中にあることは明白である。 すで...
私は貝になりたい (小部屋日記)
(2008/日本) 監督: 福澤克雄 出演:中居正広/仲間由紀恵/柴本幸/西村雅彦/平田満/笑福亭鶴瓶/上川隆也/石坂浩二 家族へ、帰りたい。 50年前にフランキー堺主演のドラマが大評判を呼び、映画化もされた名作が再びよみがえる。 中居正広と仲間由紀恵じゃない...
映画 『私は貝になりたい』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆テレビドラマの歴史に伝説を刻んだ名作「私は貝になりたい」をリメイクした感動的な人間ドラマ。戦犯となり死刑を宣告される小市民を見つめながら、戦争がもたらす不条理や哀しみを切々と描き出す。本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)...
【私は貝になりたい】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】  福澤克雄   【原作】  加藤哲太郎    【脚本】  橋本忍    【配給】 東宝(2008年)   【主題歌】  Mr.Children 『花...
『私は貝になりたい』 @日劇 (映画な日々。読書な日々。)
高知の港町で細々と理髪店を営む清水豊松は昭和19年に招集されるが、終戦後、無事に家族のもとへ帰ってくる。しかし、平和な暮らしを取り戻したかに見えた矢先、MPに戦犯として逮捕される。従軍中、上官に捕虜処刑を命ぜられたのだった。拒めば自分の命がないことを占領軍...
★「私は貝になりたい」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 年末あたりになると、シネマ会員の付与ポイントが倍になるって特典があったので、 ちょっとラッキーな気分。
私は貝になりたい (心のままに映画の風景)
高知の漁港で理髪店を営む清水豊松(中居正広)は、 妻の房江(仲間由紀恵)、息子の健一(加藤翼)とつましくも温かな家庭を築いていた。 ...
私は貝になりたい (ネタバレ映画館)
貝になりたい~♪と歌ったのは前川清
私は貝になりたい (週末映画!)
期待値: 75% フランキー堺が演じた戦争映画のリメイク 出演: 中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、西村
私は貝になりたい (Sweetパラダイス)
お客さんの層が幅広かったです。戦後なのに幸せな家庭が崩壊していくもう見てて辛かったですよ~中居くん、この映画のために9キロ痩せられたとかゲッソリしてましたもんね迫真の演技が素晴らしい仲間さんは健気な妻でいい感じでした絞首刑は免れるのかと思いましたが最後...
【映画】私は貝になりたい (新!やさぐれ日記)
▼動機 ジャニーズリメイクプロジェクト2008最終章 ▼感想 Mr.Childrenの主題歌さえなきゃいい映画だったのに ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸...
「私は貝になりたい」戦争がもたらした負の裁判の悲劇の先の心境 (オールマイティにコメンテート)
「私は貝になりたい」は1959年に故フランキー堺主演で映画化された作品のリメーク版で理髪店を営んでいた男が赤紙が届いた事により軍隊に入隊し、入隊時にアメリカ兵を殺した罪に問われ死刑判決を受けて死刑囚として刑務所での日々を綴ったストーリーである。戦争によ...
私は貝になりたい <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
ボロボロ泣きながら観たけど ただ悲しいからって出てくる涙やなくて悔しいやら腹立つやら 辛い涙やったあの時代に生きた人は 毎日が必死やったんやなぁふつーに生活してる人に ある日突然、赤紙がやってくる。 勿論、断ることは出来ないので戦争に取られる。家族も本...
「私は貝になりたい」罪があるとすれば・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
本当に罪を償うべきば、中居くんに「よさこい」を歌わせることを決めた人だろう。