『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ハート・ロッカー』を観た]

2010-03-14 15:51:02 | 物語の感想
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。

 イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われた。

 キューブリックの作品の如く、客観的かつ硬質な作風であった。

 監督のキャスリン・ビグローには、20年ほど前に、『ブルースチール』や『ハートブルー』を「一風変わった」アクション映画として楽しませてもらったものだ。

 その「一風変わった作風」とは、「妄執」に代表されるような「情念」が、作品上突出して、その娯楽アクションとしての作品を酷く歪なものにしていた点などを言う。

 だから、その「情念」と対極にある、この『ハート・ロッカー』の冷徹な視点が、どうしても信じられなかった。

 いや、極から極への、ビグローの感情移行を推察すれば、そこに基準点からの正反対だが同距離の移動が認められ、そこに理由を読み取れもするのだろうけど、そこまで私はしたいとも思えない。

   ◇

 やや異なるシチュエーションで、処理すべき爆弾は、次々にチームに襲い掛かる。

 それを、一件づつ、処理していく。

 相手は爆弾で、一つ間違えれば大爆発。

 だから、緊張感は続き、そして、それは無理矢理でなく、見事な演出で裏打ちされる。

 ジェームスと言う爆弾処理カリスマをリーダーとしたチームは、イラクの街中、現地の人々が普通に暮らす中で、爆弾と対峙し、地獄を見る。

 現地の人々の漆黒の瞳は、一般人のようでもあり、監視するテロリストのようでもある。

 チームは、爆弾から離れるように民衆に叫びつつ、その民衆がテロリストの一員である可能性も捨てきれず、その一般的な感情と、疑心と言う二律背反で神経を疲弊させていく。

 先ほども語ったが、この作品は物語性を極力排している。

 だから、メンバーのプライベートも描かれ、その心情も語られるのだが、希薄な印象だ。

 それだからこそ、淡々と状況が見ている者に押し寄せてくると言う見方もあるのは分かる。

 だが、アカデミー賞という冠には、もっとグイグイと、観ている者を牽引してくれる、目に見えたパワーが欲しいと私は考える。

 私は、似たタイプの作品として『ブラックホーク・ダウン』の方が、この作品の数百倍優れていると思う。

                                         (2010/03/14)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『時をかける少女(2010)... | トップ | [映画『噂のモーガン夫妻』を... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (劉備義徳)
2010-03-14 16:02:02
そうですね
賞には政治的な判断がつきものだと思います。
私も”ブラックホークダウン”を観たので、どうしても比較対象になってしまいます。
後を引く印象は、今回は薄いですね。
ハートロッカー (プールサイドの人魚姫)
2010-03-14 18:25:20
TBありがとうございました。
この作品はDVDを持っているので、公開前に見ておりました。
御二方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-03-14 23:05:41
>>劉備義徳さんへ♪

爆弾処理のそれぞれが、途中からやや単調に感じてしまうのですよね。
「ベッカム」の存在など、かなり良かったですが・・・。

>>プールサイドの人魚姫♪

海外版ですかね?
もしかして、「ベッカム」君から5ドルで買ったDVDですか?^^;
こんにちは。 (ミスターシネマ)
2010-03-22 10:31:22
ミッドナイトさん、こんにちは。
ミスターシネマです。
いつもトラックバックをありがとうございます!

自身のブログにも書きましたが、戦争で味わった興奮や刺激が忘れられなくて現場復帰なんて、生き地獄のような感じもしますよね。

イラク戦争はまだ終結していないので、ああいう処理班の人が、イラクに限らず、世界のあちこちで亡くなっていると考えると、非常に胸が痛みます。

オスカーを受賞作品だから見るのではく、爆弾処理班の仕事や、戦争の実態を知りたいという気持ちで見たほうがいいかもしれませんね。
ミスターシネマさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-03-22 11:25:41
こんにちわ♪

>>戦争で味わった興奮や刺激が忘れられなくて現場復帰なんて、生き地獄のような感じもします

その辺が微妙ですが、ジェームスは、正義感と使命感と悪趣味の兼ね合いの中で、任務を継続しているのでしょうね。

私は、カンボジアの地雷原を、石の上を飛び飛び進んだことがありますが、カンボジアの子供におもちゃを配り喜んでもらうということもありましたが、同時に、自己顕示欲もありました。

私は、この作品は、先に見た『NINE』と似たものを感じます。

物語性は深いが希薄で、踊りのシーンが爆弾処理のシーンと重なるわけです^^

>>オスカーを受賞作品だから見るのではく、爆弾処理班の仕事や、戦争の実態を知りたいという気持ちで見たほうがいいかもしれませんね

御意!!
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-03-22 19:06:12
TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

84 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハート・ロッカー (だめ男のだめ日記)
「ハート・ロッカー」監督キャスリン・ビグロー出演*ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)*アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)*ブライアン・ジェラティ(オーウェン・エルドリッジ技術兵)*レイフ・ファインズ(請負チームリーダー)*ガイ....
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍...
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ~あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は...
『ハート・ロッカー』を観てきました。 (よーじっくのここちいい空間)
この『ハート・ロッカー』もただの1本の映画です。でも、何かを考えさせたり感じさせたりする「力」は、かなりのものだと思いますし、この作品の素晴らしさも変わりません
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています...
ハート・ロッカー (Akira's VOICE)
処理できないものは人間の心。  
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
ハート・ロッカー / The Hurt Locker (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この作品とアカデミー賞作品賞を争っている「アバター」のジェームズ・キ...
『ハート・ロッカー』 (めでぃあみっくす)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...
ハート・ロッカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Hurt Locker。キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース。冒頭、文字のメッセージで「戦争は強力で致命的な中毒だ。なぜなら麻薬だ...
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命と...
第82回アカデミー賞 ハート・ロッカーが作品と監督賞など6部門 (ネット社会、その光と影を追うー )
第82回アカデミー賞の作品賞は、キャスリン・ビグロー監督のハ
第82回アカデミー賞 Academy Awards 2010 (Smile Cinema)
■ 作品賞(Best Picture) ★「ハート・ロッカー」(The Hurt Locker) ・「アバター」(Avatar) ・「しあわせの隠れ場所」(The Blind Side) ・「第...
ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER (いい加減社長の日記)
ちょっと苦手とする戦争ものみたいだし、パスしようかと思ってたんだけど。 アカデミー賞を受賞してしまうと、見ないわけにはいかない。 ということで、平日ちょっと早めに会社を抜けて「ハート・ロッカー 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平...
アカデミー賞「ハート・ロッカー」6冠 (りゅうちゃんミストラル)
第82回アカデミー賞が発表された。「ハート・ロッカー」が作品、監督、脚本など6部門で受賞した。アカデミー賞:「ハート・ロッカー」6冠 女性初の監督賞 アバターは3冠(毎日新聞)   何かと話題の「アバター」は覚効果、美術、撮影の3部門で受賞。「ハート・...
ハート・ロッカー (小部屋日記)
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けて...
『ハート・ロッカー』アカデミー賞作品賞など6冠 (つらつら日暮らし)
アカデミー賞作品賞は、地雷処理の凄惨さを描いた『ハート・ロッカー』に決まりました。
「ハート・ロッカー」新宿武蔵野館にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
当直明けで新宿へ回り、武蔵野館で「ハート・ロッカー」を観てきました自分的には予定の行動だったんだけど、おとといの米国アカデミー賞で最優秀作品賞をとったばかりなので、平日の昼間なのに満員でしたねぇとにかくもう、あの「アバター」を押さえて、最優秀作品賞ほか...
アカデミー賞『ハート・ロッカー』が圧勝! (ショコラの日記帳)
米国のアカデミー賞、『ハート・ロッカー』が6部門受賞し、圧勝したそうです。驚きました。てっきり『アバター』かと思っていたのに。『ハート・ロッカー』は、メールで審査員に投票を呼びかけて、ペナルティくらったって事前のニュースを聞いてたので、もう駄目かと思っ....
ハート・ロッカー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
間もなく開催される2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートされているある意味今一番旬な作品ですね。賞レース自体にはあまり興味がないと言いつつも年に一度のこの映画の祭典は毎年とても楽しみだったりします。この作品と元夫であるジェームズ・キャメロン...
ハート・ロッカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ軍の占領作戦が始まった2004年のバグダッド郊外で、爆弾処理班の軍人の日常を描いている。リアリティーを追求するビグロー監督の執念は、観客を戦場の現場に連れて行く。ドキュメンタリーのような映像からは、戦争の愚かさが痛いほど伝わる。
「ハート・ロッカー」 (或る日の出来事)
この緊張感の持続は、あまり経験したことがないくらい。もう勘弁してよって言いたいほど。すごく、いい意味ですよ。
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
ハート・ロッカー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
ハート・ロッカー/ The Hurt Locker  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/...
ハート・ロッカー見た。【アカデミー賞受賞】 (映画、小説、ゲームなんでもネタバレレビュー)
2010年度アカデミー賞6部門受賞、アバターのジェームス・キャメロン監督の元嫁のキャスリン・ビグロー監督の作品、ハート・ロッカーを六本木ヒルズのTOHOシネマズで見てきました。あらすじはこんな感じ。2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班...
ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER (銅版画制作の日々)
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います...
ハート・ロッカー (そーれりぽーと)
キャスリン・ビグロー監督が元ダンナ、ジェームズ・キャメロンの『アバター』とアカデミー賞を争ってる事の方が話題になってる『ハート・ロッカー』を観てきました。 ★★★★★ イラクで爆弾処理をするチームを超リアルに描いた本作、元旦那のイマジネーションを技術の...
ハート・ロッカー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世紀の超大作「アバター」との元夫婦決戦を制し、オスカー6部門を獲得した「ハートロッカー」は、なるほど凄い映画であった。 まるで自分が...
【99.0Kg】 「ハート・ロッカー」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
今日、14日はTOHOシネマズのTOHO(14)に掛けた割引の日でした。 クマ吉は前日に映画を観にいったにも関わらず、今日もまた映画を鑑賞してきました。それも2本立てです。やっぱりワチキはとことん暇なひとなんですね・・・。
ハート・ロッカー (Small Talk 2)
アカデミー賞で作品賞、監督賞などを受賞し(自分がモデルだと主張する男性に訴えられて)話題になった『ハート・ロッカー』(2008年/米国 原...
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』 (水曜日のシネマ日記)
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。
「ハート・ロッカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ハート・ロッカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・キャスリン・ビグロー                     公式サイト 脚本・マーク・ボール ...
「ハート・ロッカー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2008年:米/ブロードメディア配給原題:THE HURT LOCKER監督:キャスリン・ビグロー脚本:マーク・ボール イラク戦争下で、爆発物処理にあたる兵士たちの姿をリアルに描いて、本年度のアカデミ
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
ハートロッカー (幕張コーポ前)
金曜の夜、ハートロッカー観てきました。見事にアバターをふっ飛ばしましたね笑アバターが幻想なら、ハートロッカーは現実。アカデミー賞を争った2作品ですけど、比べること自体、ちょっと変な気もしますね。広い意味で言うと、アバターも戦争映画か。THE HURT LOCKER「究...
「ハート・ロッカー」 第9位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 47オープニング土日動員: 3万3776人オープニング土日興
No.208 ハート・ロッカー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった
『ハート・ロッカー』 The Hurt Locker (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
爆発シーンの音響の見事さに賞が与えられるこの世界なのだから。 2004年、イラク・バグダッド。873個もの爆弾を処理してきたエキスパートのウィリアム・ジェームズ二等軍曹が駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班に派遣される。最多ノミネートの結果、第82回アカデミー...
ハート・ロッカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
防護服に身を包み、爆弾の配線を確認して信管を取り除く任務。戦場という名の日常。 死に最も近い米軍爆発物処理班の兵士たちを描き、本年度アカデミー賞最有力_。 物語:2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中...
『ハート・ロッカー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER (俺の明日はどっちだ)
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の...
「ハート・ロッカー」 (てんびんthe LIFE)
「ハート・ロッカー」試写会 九段会館で観賞 戦争映画とは知っていましたが、これも戦争映画だと感心しました。(わかり辛い表現でした。) さらに最初から最後まで2時間超えの作品は緊迫感があふれ、体中に力が入り、実際に自分もその戦地に存在するかと勘違いする...
ハート・ロッカー (りらの感想日記♪)
【ハート・ロッカー】 ★★★★☆ 映画(祭)(12)ストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班
★★★★★ 『ハート・ロッカー』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"The Hurt Locker".   キャスリン・ビグロー監督・製作。  イラクのバグダッドを舞台に米軍の爆発物処理班の行動を描いた作品で、戦争映画だが、戦闘シーンはほとんど...
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
映画:「ハート・ロッカー」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
映画:「ハート・ロッカー」レポ。 第82回アカデミー賞6部門受賞の作品。 作品賞受賞が決まってから、地元公開が急遽決定。 「ハート・ロッカー」の綴りは「The Hurt Locker 」。 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー・アンソニー・マッキー・...
ハート・ロッカー (みやこのThinking World!)
はぁ 疲れた~ 先日眠くなりすぎちゃったので、今日はたっぷり睡眠をとって『ハート
【ハート・ロッカー】大人のオモチャ (映画@見取り八段)
ハート・ロッカー~THE HURT LOCKER ~ 監督: キャスリン・ビグロー    出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
「ハート・ロッカー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  アカデミー賞の呼び声が高く、発表前に観ておきたいと思い、公開初日の3月6日に観に行きました。ネット予約で席を確保していたので観ることができましたが終日、どの回も満席になっていて人気の高さに驚きました。観終わっての正直な感...
ハート・ロッカー The Hurt Locker (映画!That' s Entertainment)
●「ハート・ロッカー The Hurt Locker」 2008 アメリカ Voltage Pictures,Broad Media Studio,131min. 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、    レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィ...
戦争中毒~『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
ハート・ロッカー (とりあえず、コメントです)
イランで爆弾物処理に従事しているアメリカ軍兵士たちを描いたドラマです。 アカデミー賞など各賞を賑わしていると聞いてとても気になっていました。 日々、命を危険にさらしながら過ごしていく兵士たちの緊張が真っ直ぐに伝わってくる怖い作品でした。
ハート・ロッカー (悠雅的生活)
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
映画「ハート・ロッカー」 (FREE TIME)
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。
ハート・ロッカー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
「アバター」と「ハート・ロッカー」という二つの自虐的な作品 (映画と出会う・世界が変わる)
「アバター」と「ハート・ロッカー」とはジャンルもテイストも全く異なる作品であるが、どちらも今のアメリカのありようを描いている点では共通している。「アバター」は歴史的な視点からアメリカを見ており、「ハート・ロッカー」は現時点のひとつの局面を描いている。両...
ハート・ロッカー 【戦争は 魅惑の麻薬 狂気沙汰】 (猫の毛玉 映画館)
『ハート・ロッカー』 THE HURT LOCKER 2008年・アメリカ イラクで働く米軍爆発物処理班の日々を淡々と描いた作品。  アカデミー賞9部門にノミ...
★「ハート・ロッカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。
ハート・ロッカー (活動写真放浪家人生)
 <シネプレックス小倉>  「あ、今日が授賞式か。」劇場前のテケツでそのことを知った。『アカデミー賞
【映画】ハート・ロッカー (新!やさぐれ日記)
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ...
劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 (日々“是”精進!)
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、...
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER) (シネマ・ワンダーランド)
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました ...
ハート・ロッカー 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...
ハート・ロッカー (RISING STEEL)
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作:キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...
ハート・ロッカー (いやいやえん)
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってし...
ハート・ロッカー (我が頭に巣くう映画達)
29点 2009年のアメリカ映画で、 監督は「K-19」のキャスリン・ビグロー、 主演はジェレミー・レナーです。 2009年度のアカデミー賞で、 作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、録音賞、音響効果賞の6部門...