『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『紀元前1万年』を観た]

2008-04-27 14:22:28 | 物語の感想
☆実はこの感想、一度書いたら、間違って消してしまったので、二稿目である^^

足早に書きたいと思う。

私は、エメリッヒ監督の『インディペンデンス・デイ』には興奮させられたタイプの者で、『GODZILLA』も、本当のゴジラこそ現われなかったけれど映画としての出来は良かったと思っている。

『デイ・アフター・トゥモロー』もまあまあ楽しかった。

しかし、今回の作品は、乗り切れなかった。

幾つか理由があるが、一つにタイトルである。

タイトルを「紀元前1万年」・・・、つまり、閲覧者のみんなにイメージを膨らませてもらうために書けば、「紀元前100世紀」なのだが、とてもとても、そんな時代に思えないのだった。

「幾らなんでも、紀元前1万年に、人間はこんな生活はしていないだろうよ…」との思いが、鑑賞中、ずーっと心をよぎっていて、また物語の展開上、その違和感は増大を続けていくのだった・・・。

「娯楽作なんだから、野暮なこというなよ」と言う方もいるかも知れないが、だったら、そんなタイトルは冠さないで欲しかった。

私はカンボジアによく行くのだが、1000年ほど前のカンボジアが、この物語と同じぐらいの状況だと思われますよ・・・^^;

   ◇   ◇

この物語は、アルプス風の雪山の峰、その集落に住んでいる若者が、愛する女を悪の集団にさらわれて、それを追って山脈を越え、いきなり熱帯っぽいジャングルに至り、アラビアっぽい荒地を突き進み、アフリカの民族っぽい多種多様の部族を仲間とし、砂漠に至る・・・、とても舞台がバラエティに富んでいる。

各地から連れて来た人々を奴隷とし、ピラミッドっぽい巨大建造物を構築するファラオっぽい独裁者を打倒! 故郷に戻るっぽい、という「行きて帰りし物語」っぽい作品であった。

かなり大味なのだが、私は途中から、ファンタジーだと思って見ることにしたら、斬新な点も多々あり、楽しめた^^v

   ◇   ◇

物語の最初に、主人公の集落の若者たちによるモンモス狩りが描かれる。

このマンモスのCGが、この映画の売りでもあるらしいのだが、私には、「毛の生えた象」にしか見えなかった^^;

ただ、その重量感の表現は、凄いものだった。

子マンモーもいて、可愛かった^^

村の若者たちは、大挙として行進しているマンモスの群れを追い立て、そのしんがりの一頭を仕留めるべく、大きな網の罠に仕掛けようとするのだ。

しかし、その網がズルズルとマンモスに引っ張られてしまった。

「みんな! 網を引き戻すんだ!」

と、みんなで引きずられていく網をワラワラと追いかけ、手を伸ばす。

しかし、爆進するマンモスパワーは凄まじく。

みんな、「ウワーッ!」と、そのまま引きずられていくのだった。

その様が、メチャ面白かった^^

私も連れも大笑いした。

こんなシュールなアクションシーンは、稀である^^

「ギャートルズ」みたいだった。

   ◇   ◇

このマンモス狩りで、マンモスを仕留めた者には、村のリーダーの栄光が与えられる。

くしくも、主人公がその権利を得た。

しかし、実際は、主人公が勇敢だったのではなく、主人公はうろたえていたのだが、運良くマンモスのほうが自滅してくれたのである。

そこの一連のエピソードだが、主人公は、けして、そんなちゃっかしした性格ではなく、普通の若者なのである。

そのマンモス狩りのエピソードで、そんな展開にする必要はないのである。

変である。

変であるが故に、私は、作品鑑賞中の序盤、物語に妙なリアリティを感じてしまった^^;

このマンモス狩りエピソードは、物語のクライマックスで、主人公がマンモスに果敢に挑むことや、エピローグでの、「主人公は村のシャーマンばあちゃんの予言した救世主ではなかったのか・・・」といった点の伏線になっているようなのだが、残念ながら効果を発揮していなかった。

   ◇   ◇

雪山やジャングル、草原に砂丘と、物語は大ロケーションを敢行していた。

それらの映像は、一枚絵のように物語に説得力を与えてくれていた。

しかし、それが、映画としての動体となると、その展開の継ぎ目に粗さが目立った。

このようなビッグプロジェクトの作品には多く見られる状況だ。

その場その場のユニットは最高の仕事をしているのだが、その間をつなぐ、コミュニケーションと言うか、グランドデザインに欠けていた。

手触りとして、ゲーム『ファイナル・ファンタジー7』見たいな感じだ。

   ◇   ◇

どうやら、この作品は、もしかして、『アポカリプト』(←クリック!)を意識して作られたのかも知れない。

似た点が多々ある。

だが、『アポカリプト』と異なり、悪の集団は、主人公の村を襲いはするが、村を壊滅させることはなかった。

主人公が旅先で知り合う他の部族も、悪の集団に襲われつつも、部族として生きながらえてる。

手ぬるい悪党どもであるが、しかし、悪党のほうも「金づる」を根絶やしにしたら後に続かないのであるからして、私はそこにも、いちお、リアリティを感じるのだ。

だが、物語上のリアリティは、ここで、「ほぼ皆殺し」という選択肢の方が説得力があるのかも知れない。

この『紀元1万年』は、娯楽作としては必要のない、妙なリアリティがそこかしこに見られる。

・・・いや、リアリティ重視じゃなくて、虐殺描写で、レーティングが厳しくなるのを避けたんだろうけどね・・・^^;

   ◇   ◇

村のシャーマンばあちゃんは、この作品のオリジナリティの最たるものだった。

村にいたままに、苛酷な旅を続ける若者たちの経験を感受し、同調を続けるのだ。

故に、若者たちの旅が描かれていきつつも、時おり、「その頃、シャーマンばあちゃんは・・・」と、ばあちゃんの姿が描かれ、一本道の物語を複合的に見せてくれていた。

しかし、このばあちゃん、物語の最後に、その能力の物理的な影響を示してくれるが、物語進行中は、ただの「旅のシンクロナイザー」に過ぎないので、あまり意味がなかった。

このような伏線設定が、ちゃんと活かされてない状況も多々見られた。

例えば、悪の一味のリーダーがいるのだが、強そうなのだが、あまり強さを示さない。

ヒロインに惚れているようなのだが、ヒロインに対しての求愛行動がぎこちない。

そこにリアリティを見ようと思ったが、私は、そこで「ああ、これは演出が下手なのだな」とやっと理解した。

『インディペンデンス・デイ』に感動した私は、エメリッヒに過剰な要求をし過ぎているのだろうか?

また、この敵のリーダーだが、最後に主人公と一騎打ちするようなこともなかった。

ただ、ヒロインへのひたすらのこだわりがあるようなのだが、見ているこちらには、その「奴隷を愛する」という悪のリーダーの屈折心理は伝わってこない。

自分のものにならないなら死ねとばかりに、悪のリーダーは女に矢を射るのだが、その、一味違った屈折心理もまた、見ている私達には「悪のリーダーの執念」とさえも伝わってこない。

   ◇   ◇

ひょんなことから、草原の王者サーベルタイガーを助け、後にその恩返しをされて、主人公の「牙と話す男」としての救世主伝説が始まる。

しかし、サーベルタイガーは、その1エピソードだけの登場で、後の物語には絡んでこない。

それはそれで良いのだが、設定が勿体無い気もする。

   ◇   ◇

主人公の父親は、かつて村を捨てた男であった。

実際は、村の未来を考えての行為であったのだが、その後、父親は、主人公が知り合う人の思い出の中には出てくるのだが、それ程に伝説的な活躍していたわけでもなく、これまた設定が勿体無かった・・・^^;

   ◇   ◇

ファラオの居城には、大きな船が内蔵されている。

ちょっとした軍艦のイメージだ。

ファラオの強さの象徴の一つだ(もう一つはピラミッド)。

だが、最後の戦において、その船は、主人公の前に現われることはない。

ただ、燃やされ、解放された奴隷がその前で快哉を叫ぶだけだ。

イメージ的に、『インディペンデンス・デイ』の巨大UFOが落ちて、その前で地球人が喜んでいる風にしたいのだろうが、なにぶん、その船が悪虐の象徴のような活躍をしてないので、こちらの感情も高ぶらない。

   ◇   ◇

また、戦の前には、多くの部族が集まり、リーダーが、やはり『インディペンデンス・デイ』の大統領の<独立宣言>のように一演説ぶち上げるのだが、それまでの旅が、そこまで追いつめられたような気配がないので、やはり、こちらの心を打たない・・・。

   ◇   ◇

元ファラオの側近で、今は追放された賢者が、奴隷小屋の地下に、昇降式寝台でかくまわれているなんて設定もあって、そういった箇所には、「おお、いいぞ^^」などと興味が湧いた。

   ◇   ◇

娯楽映画は、アイディアの結晶体である。

そんなアイディアを活かすには、相応の「間(ま=編集)」が必要である。

だが、この作品においては、その統合が欠けていた様な気がする。

「北極星」の伏線も、「救世主の印」の答えも、見ているこちらに驚きのカタルシスを与えてくれることはない。

   ◇   ◇

神である「ファラオ」は、主人公に簡単に殺される。

「神などといっても、所詮は人間! 俺に簡単に殺される」

そう主人公は叫ぶのだが、それまでのファラオの超常能力みたいなものが全く描かれていないので、見ているこちらは、「そりゃそうだろうよ」などと思ってしまうのだ^^;

よっぽど、主人公の集落の小さなシャーマンばあちゃんの方が偉大な能力を持っていた。

   ◇   ◇

ただ、巨大ダチョウ(モア?)との戦いのスピード感や、明らかに現在も存在するかの如き(^^;)アフリカの部族たちが続々と集ってくるシーンなどは良かった。

莫大な制作費は、こちらが払う鑑賞料金程度には楽しませてくれよう・・・。

                          (2008/04/27)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画『NEXT-ネクスト-』を観た] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「紀元前1万年」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「紀元前1万年」公式サイトマンモスが闊歩してたり、巨大なトラが出てきたり・・タイトルからして壮大なスケールで。どうかなあとは思ってたんですケド・・愛する女性を取り戻すため 旅に出るっていう、話としては実にシンプル。ウルルン滞在記....
劇場鑑賞「紀元前1万年」 (日々“是”精進!)
「紀元前1万年」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」をはじめとるすパニック大作で鳴らすヒットメーカー、ローランド・エメリッヒの新作は太古を舞台にしたスペクタクル。最新のデジタル技術とニュージーランドやアフリカ各地でのロケとオープンセット撮影...
映画 【紀元前一万年】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「紀元前一万年」 『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が描く紀元前一万年を舞台にしたアドベンチャー巨編。 おはなし:紀元前一万年。山奥に暮らす若者デレー(スティーヴン・ストレイト)は美しい娘エバレット(カミーラ・ベル)と...
紀元前1万年 (ネタバレ映画館)
しるしはオリオン座。
紀元前1万年 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰も見たことのない世界は、「過去」にあった。』  コチラの「紀元前1万年」は、タイトル通り紀元前1万年を舞台に繰り広げられる4/26公開のアドベンチャー映画なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「インディペンデンス・デイ」、「GODZILLA...
紀元前1万年/10,000 B.C. (我想一個人映画美的女人blog)
観たかったのはこんなんじゃない{/m_0005/} もっとマンモス見せろー{/m_0158/} もっと面白いもの見せろー{/m_0158/} ジャパンプレミアの前に行われた試写に行ってきました〜。 が、思わずこう叫びたくなるような出来でした{/m_0163/}がっくし。 久々に文句言いたくな...
紀元前1万年 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
GW突入ですねぇ〜 ・・・特に予定はないけれどブヒッ【story】紀元前1万年。幼い頃から惹かれ合うデレー(スティーヴン・ストレイト)とエバレット(カミーラ・ベル)の村を、ある日正体不明の一団が襲う。デレーは、さらわれたエバレットを救い出したい一心で、わずかな仲間...
「紀元前1万年」みた。 (たいむのひとりごと)
GW前だというのに、心躍るような大作のがまったくない今年。『アポカリプト』のトラウマから、なんとなく後回しにしたかったのだけど、時間の都合でコレになった。しかし、不安は杞憂に終わったというか、終わりす
紀元前1万年 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
いったい誰がエメリッヒをこんなにも甘やかしたのか糾弾したくなる駄作。紀元前1万年の世界で、愛する女性を救うために壮大な旅をする若者の冒険物語だ。マンモスや恐鳥、サーベルタイガーなど絶滅した生物のCG描写は気合十分。赤い帆の船団の光景には一瞬だけ見惚れた...
紀元前1万年 (試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰も見たことのない世界は、それは「未来」ではなく、「過去」にあった。それも紀元前一万年。地球時間をさかのぼる驚くべき大スケール、マンモスの毛筋一本までをよみがえらせる最新のCG技術。 時は紀元前1万年。予言と神々の時代。人も動物も自然のままに生き、精...
『紀元前1万年』 (めでぃあみっくす)
長年パートナーを組んできたディーン・デブリンとの決別という悲しみを前作『デイ・アフター・トゥモロー』では氷河期という映像で表現したローランド・エメリッヒ監督。果たしてエメリッヒ監督はまだディーン・デブリンに未練が残っているのだろうか?そんなことを確かめ...
「 紀元前1万年 / 10,000 B.C. (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【紀元前1万年】2008年4月26日(土)公開 監督 : ローランド・エメリッ...
紀元前1万年 37点(100点満点中)08-130 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
一万年と二千年前から愛してる 公式サイト 予算とCGの無駄遣いとしか思えない、ズッコケ超大作を作り続けるローランド・エメリッヒ監督による最新作。時に『ID4』の様に、偶然にズッコケがいい方向に働いて面白くなってしまう事もあるが、今回は普通にズッコケただけ...
「紀元前1万年」 (てんびんthe LIFE)
「紀元前1万年」試写会ニッショーホールで鑑賞 私の想像する紀元前1万年という時代の雰囲気とはだいぶ違っていたなあ。 ということで、スケールはデカイ、お金もたくさんかかっている、しかし、目新しいと思うところは何もなし。 なんだかね、時代の古さをこれっぽ...
紀元前1万年・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「紀元前1万年」というタイトルから想像した作品と、全く違っていた。 有史以前の人類の世界をリアルに再現した作品と言うと、ジャン・ジャ...
10,000 B.C (紀元前1万年) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」の大作を手がけ、印象的な映像を数々見せてくれたローランド・エメリッヒ監督の「紀元前1万年」 ランキングに参加してます。   それは遥か遠い昔、予言と神々の時代。精霊が幅を利かせ、巨...
■ 紀元前1万年 / 10,000B.C.(2008) (MoonDreamWorks)
【紀元前1万年】2008年4月26日(土)公開監督 : ローランド・エメリッヒ出演 : スティーヴン・ストレイト/カミーラ・ベル 他期待度 : ★★ → 鑑賞後の評価 ★★★原作 : フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』「紀元前1万年 / 10,000B.C.(2008)...
「紀元前1万年」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「紀元前1万年」のジャパンプレミアに息子と一緒に行って来ました。 会場は東京国際フォーラムです。 今回の様な迫力のある映画を観るには、大画面で音響の素晴しいこの会場は最高ですね(^o^) マンモスが歩くシーンでは、その地響きが足下に伝わって来ましたから♪♪
『紀元前1万年』 (試写会で鑑賞) (purebreath★マリーの映画館)
               誰も見たことのない世界は、             <過去> にあった。『紀元前1万年』監督・脚本・製作・・・ローランド・エメリッヒ脚本・製作総指揮・・・ハラルド・クローサーナレーター・・・オマー・シャリフ出演・・・スティ....
紀元前1万年 (そーれりぽーと)
大げさな予告編に嫌な予感はしつつも『紀元前1万年』を観てきました。 ★★ もっともらしく描いた、嘘の歴史映画を観せられた気分。 『少林少女』から続けて観ての落胆は相当。 連続でしょーもない映画を観ると、俺の週末を返せ!という気持ちでいっぱいになりますが、...
「紀元前1万年」 はじめに映像ありき (はらやんの映画徒然草)
ローランド・エメリッヒ監督らしい大味な作品。 エメリッヒ監督は今までも「ID4」
紀元前1万年 (5125年映画の旅)
紀元前1万年。マンモス狩りを生業とする部族の青年デレーは、一人でマンモスを仕留めた功績を讃えられ部族の長となり、愛する女性エバレットと結ばれた。しかしその夜、部族は謎の集団の襲撃を受け、エバレットと多数の仲間達が連れ去られてしまう。デレーはエバレッ...
『紀元前1万年』 (SMASH ASH)
先日、ジャパンプレミアに行って観てきました。 『紀元前1万年』 人類や野獣、マン
紀元前1万年 (Akira's VOICE)
人間よりマンモスを見せて下さい。  
紀元前10000年 (eclipse的な独り言)
 映画ファンの皆さまも拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!
紀元前一万年 (You got a movie)
 監督   ローランド・エメリッヒ  キャスト スティーブン・ストレイト       カミーラ・ベル       オマー・シャリフ       クリフ・カーティス     「インデペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トウモロー」の監督ローランド・エメリッヒ...
紀元前1万年 (りらの感想日記♪)
【紀元前1万年】 ★★★☆ 試写会(12) 2008/04/21ストーリー 人類とマンモスとが共存する紀元前1万年の世界。狩猟部族のデレー(
紀元前1万年 (C'est Joli)
紀元前1万年’08:米 ◆原題:10,000 B.C.◆監督・脚本・製作: ローランド・エメリッヒ「デイ・アフター・トゥモロー」「インデペンデンス・デイ」◆出演: スティーブン・ストレイト/カミーラ・ベル/オマー・シャリフ/クリフ・カーティス◆STORY◆時は紀元前1万年...
紀元前1万年 (映画鑑賞★日記・・・)
【10,000 B.C.】2008/04/26公開(04/29鑑賞)製作国:アメリカ/ニュージーランド 監督:ローランド・エメリッヒ製作・脚本:ローランド・エメリッヒ他出演:スティーヴン・ストレイト、カミーラ・ベル、クリフ・カーティス 誰も見たことのない世界は、「過去」に...
紀元前1万年 ジャパンプレミア (メルブロ)
紀元前1万年 207本目 2008-13 上映時間 1時間49分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 スティーブン・ストレイト カミーラ・ベル 評価 5点(10点満点) 会場 国際フォーラム ホールA(試写会 159回目)   久し振りの国際フォーラムでの試写会。「ポ...
★「紀元前1万年」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウ鑑賞は悩んだーーー。 公開週の目玉は、フジテレビでバンバン番宣してる「少林少女」。 関連作の「カンフー・ハッスル」まで放送してるしー。 他には「ぜア・ウィル・ビー・ブラッド」に「アイム・ノット・ゼア」のカタカナ英語タイトルもの。 ...
紀元前1万年 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ァレだ。はじめ人間ギャートルズ実写版(違)
紀元前1万年 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ&ニュージーランド  SF&アドベンチャー  監督:ローランド・エメリッヒ  出演:スティーヴン・ストレイト      カミーラ・ベル      クリフ・カーティス      オマー・シャリフ(ナレーター) 【物語】 人類とマンモスとが共存する紀...
「紀元前1万年」観てきました(´Д`) (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「紀元前1万年」 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:スティーヴン・ストレイト、カミーラ・ベル、オマー・シャリフ、クリフ・カーティス それは遥か遠い遠い昔。 ある山奥に小さな村があった。 その村では、男たちは狩りに出て、女たちは子供を育てる。 冬に入る前...
【映画】紀元前1万年…豹柄グラマー美女が出てこないだけ損な気が… (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日(2008年10月3日・金曜日){/kaeru_fine/}は職場の健康診断(成人病検診)がありました。 昨年と比較して、体重は100グラム単位で微増{/m_0156/}。 ウエストは1センチほど微減{/m_0145/}。 …で、測定した人が「体重増えてるのにお腹周りは減ってますけど、何でです...
『紀元前1万年』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ巨大なマンモスが大地を揺るがしていた紀元前1万年。山奥の集落で暮らす若き狩人デレーは、不思議な運命を持つエバレットと惹かれあい、結ばれようとしていた。しかし集落が謎の部族に襲撃され、エバレットは連れ去られてしまう。デレーは仲間と共に彼女を追うが...
紀元前1万年 (Addict allcinema 映画レビュー)
誰も見たことのない世界は、「過去」にあった。