『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『あしたのジョー』を観た]

2011-02-16 22:38:18 | 物語の感想
☆・・・面白くって、何度も体に鳥肌を立てさせられたし、ホロリとさせられた。

 よく、物語の構成を「序・破・急」と例えるけれど、この作品は「急・破・序」と言う普通と逆の順序で物語が展開されていた。

 あまりにも有名な作品なので、ボクシングシーンに入る前段階で、多くの観客に飽きられる可能性があるので、そこは激しいエピ複合を行い、ジョーはすぐに、少年院で、宿命のライバル・力石と出会うに至る。

 前段階では、ボクシングの手ほどきを受ける丹下段平との出会いもある。

 丹下段平のビジュアルは、マンガそのままなので違和感が起こり得そうなものだが、ハイスピード展開の中で、力押しされ、いつの間にやら、我々の目にも馴染んでしまう…、もっとも、演じる香川照之が見事で、特に、片方は眼帯で隠されているんだけど、瞳の演技の懐の深さには参った。

 ジョーが力石と最初に戦うとき、丹下が「はじめて(ジョーが)地獄を見ることになろう」と呟いてのジョーを見つめる視線は厳しく優しい…。

 その後も、一番、非現実的な丹下段平のキャラクターが、一番に「リアル」であった。

   ◇

 力石も良かった。

 そもそも、原作において、真のジョー単独の物語は、力石後に始まる。

 故に、今回の、この物語は、ジョーと力石の二人の主人公の物語でもあり、そのキャラクターの起伏においては、力石を演じた伊勢谷友介、凄まじいイメージを発散させていた。

 目じりに狂気を、口角に自信をたたえた表情の素晴らしさ…、今、若手でこんな演技を出来る男はいない。

 しかも、それは動きにも表われているし、体格を過激に変えるような役作りでの努力までしているんでは、向かうところ敵無しだろう^^

 物語上、力石が何故にジョーに拘り、白木葉子に尽くすのかは、上記の「急」展開のため、充分に明らかにされていないのだが、伊勢谷友介の「顔」は、それだけで非常に説得力がある。

   ◇

 白木葉子を演じた香里奈は、まあ、この人の場合、持って生まれた美しさ、ただそれだけで押し切れるのだが、

 ちばてつや描くところの白木葉子の嫌な点まで、外見にうまく表現されていて、なおかつ、綺麗だった。

 私は、丸顔でありつつシャープ、かつ大きな瞳の女に弱い(麻木久仁子とか^^;)。

   ◇

 うん、山下智久の矢吹丈も良かったよ。

 イメージが違うと言う方もいるかも知れないが、ならば、どんな俳優を使えば良かったかを頭の中でシミュレーションしてみると、あれも違うこれも違うで、山下クンがかなりベストであることがわかる。

 その脚本上の個性も、原作ファンのイメージとそれほどかけ離れていないと思っている。

   ◇

 展開上の「破」のパートであるボクシングシーンの数々は、見ている私の気持ちを最大限興奮させてくれたので、文句はない。

 ただ、ノーガード戦法の多用は、ボクシングあらざるもののイメージとなってしまい、ちょいと不満。

 しかし、ガチンコの拳闘にしか見えないアクションを、映画としての色んな角度から鑑賞できる状況の数々は、非常に素晴らしい。

 原作(と言うか私はアニメ版の記憶が大きい)での名場面が、作り手の「あなた、ここが見たかったでしょう^^」とばかりに出崎統ばりの「留め絵」で見せてくれるのも、興奮、更に倍!!!

 闘い終えて、両者が握手しようとする瞬間、私は、その後のシーンを知っているので、泣いた!

   ◇

 で、力石退場後の物語が、ゆるやかで長い。

 ここが、『あしたのジョー』の、真の「序」となるのだから当たり前だし、

 ボクシングシーンよりは退屈な展開なのだが、そこまでの展開の貯金があるので、エンドクレジットまで余裕を持って楽しめる。

 この一作でも完結しているが、私は、是非、今後の原作においてのカーロスやホセとの試合も見たい。

 続編を期待する。

 ハリマオとの試合は見たくないが、違った意味で見たいかも…^^;

                                                     (2010/02/16)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [「保守派がバカ」なのではな... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-02-16 23:10:17
そうそう、私も丹下段平のリアルさに驚きました。彼だけがハッキリ漫画的キャラなのに、ちゃんと生身の人間として感じられるんですよ。香川さんが自信を持って演じたらしいですが、流石だと思います。
まあ誰を使っても同じにはならないですからね。それはもうヤマトとかと一緒。結局それぞれの中のイメージ全てに合わせるなんて無理な相談ですから。私は見ながら普通に本人を思い出してました。ちょっとイケメンすぎるかとは思ったけど。(笑)

p.sところで一つお聞きしたいのですが、私のブログで1週間ぐらい前からアメブロユーザーからのトラックバックに「トラックバック元のブログ名」が表示されなくなってるんです。
今見ると蘭さんのところも表示されてないようなんですが、実際どんな感じでしょう?
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-17 06:25:58
私は、『槍ヶ岳 点の紀』の頃かな、香川照之は同じような役しかやれないのじゃないか…、と記した気がするのですが、その後の香川さんのバラエティ豊かな役歴をみると、とんだ勘違いでしたね^^

私、『トウキョウソナタ』の舞台挨拶で香川さんを見ているんですよね^^
昔は、「ドカベン」って呼ばれてた彼も、今は立派な役者です(←言いっ放しのギャグ)。

アメブロの件は、なんででしょうね。
シンプルなTBになってしまいましたね。
アメブロのTB・URLに何かが欠落しているのでしょうか?
分かりません^^;
TBのやりとりありがとうございました。 (鍼原神無〔はりはら・かんな〕)
2011-02-19 10:10:23
こんにちは。はじめまして。
Drupal.cre.jpとのTBのやりとり、ありがとうございました。
映画は、香川さんや伊勢谷さん、どうしても目が引き寄せられますよね。
出だしジョーが喰われ気味かしら? とハラハラしながら観てると、終盤、すーっとジョーの存在感が浮き上がってくる感じの流れがよかったです♪
正直言うと、香川さん、ややハシャギすぎ(?)で、もうちょっとジョーにからかわれるようなとこほしかった、とか。伊勢谷さん、少し油ギッシュで、体格はみなさんの誉める通りなんだけど、特殊メイクで乾いた肌とかみせてほしかった、とか。あれこれ思わないでもないんですけど。
こーゆーのは、監督さんの方針ですよね。監督さんがあれでいい、と思ったなら狙いはあったんだと思います。で、その狙い、メインキャストのとこでは、概ねうまく行ってたよね、と思いますです。
鍼原神無さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-19 23:41:08
こんにちわ♪

確かに、減量後のシーンでも、伊勢谷さんは、唇の周囲はカサついていましたが、ホッペとかはテカテカしていたので、実際の激しい減量の人間を見たことはありませんが、ビジュアル的なリアルがもうちょい欲しかったかな^^

それから、私は、ミステリ小説を書いていて、今、その中の重要な人物(ホームズに例えるとワトソンみたいな役)の彼女の名前を考えていて、「かんな」ってのはどうだろうか? と、この2,3日思っていましたので、あなたの名前を見てドキッとしました^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
あしたのジョー ()
宿命の出会い、 宿命の対決。 日本中が熱狂した、魂の傑作漫画完全映画化 昭和40年代、社会現象を巻き起こした名作漫画「あしたのジョー」。その実査映画版。 昭和40年代、東京の下町でケンカにあけく...
あしたのジョー(2011) (LOVE Cinemas 調布)
社会現象をも巻き起こした梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。主演の矢吹丈を『クロサギ』の山下智久、宿命のライバル力石徹を『十三人の刺客』の伊勢谷友介が演じる。共演は白木葉子役に香里奈、丹下段平役に香川照之と、人気実力を兼ね備えた俳優が...
あしたのジョー ()
溶鉱炉のけむり 夕焼けにシルエットだけの工場群 オープニングでかかるあの曲そしてタイトル ドヤ街をあるくジョーから映画は始まる わたしはこの時点でぐっとこみあげてきた 原作のジョーで 自分がとても印象に残っている部分 2つあります ひとつ...
映画:あしたのジョー (伊八のいろいろ)
映画:あしたのジョー 2011-1-30(福岡明治安田生命ホール 試写会) ストーリー:東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。丈はそこでプロ...
『あしたのジョー』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「あしたのジョー」□監督 曽利文彦□脚本 篠崎絵里子□原作 高森朝雄、ちばてつや□キャスト 山下智久、香川照之、伊勢谷友介、香里奈■鑑賞日 2月11日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...
映画『あしたのジョー』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
先週、地元のユナイテッドシネマから 映画1本1000円で観れる券@1枚で2人×5枚が送られてきました。 リボン付の立派な
原作の雰囲気が良く出ている「あしたのジョー」 (てんシネ探検隊)
よかったです。 リメイク作品はとかく失敗しがちですが、「ピンポン」の監督である曽
あしたのジョー、あぁ、あしたのジョーや! (労組書記長社労士のブログ)
【=10 -3-】 昨日、香里園のティップネスで筋トレ追い込んで、さらにサウナ&水風呂で30分近く汗かきまくって、お風呂しっかり浸かって、そして家まで40分、思いっ切り歩いてさらに汗をかき、そして家に帰ってからはさくっとビールをたらふく飲んで汗かいた分の水分補給...
あしたのジョー (Akira's VOICE)
矢吹丈 VS 力石徹のシーンだけ最高!!!   
『あしたのジョー』 (ラムの大通り)
※作品も出演者もけなしてはいませんが、 人によっては不快に思われるかもしれないということが いただいたコメントで分かりました。 ファンの方は、スルーされた方がいいかも。 ----この映画の原作の高森朝雄って、 いま話題の『タイガーマスク』伊達直人を生みだした...
あしたのジョー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
「立つんだ、ジョー」という丹下会長の叫びに記憶がある人にはツボにはまる内容だった。山下智久と伊勢谷友介はしっかりとボクサーの身体を作りトレーニングや試合のシーンも様になっている。漫画の世界がそっくり再現されている。期待を裏切らない出来栄えだ。
「あしたのジョー」みた。 (たいむのひとりごと)
話題性だけのほとんど冷やかしで鑑賞。・・なのだけど、私はこの漫画にもアニメにもまるで思い入れがないので結構見れた感じで、男のアツーイ世界を楽しませてもらった。でも、原作ファンはどうなんでしょ。ジョーも
あしたのジョー(2011) (佐藤秀の徒然幻視録)
明日を信じない戦い 公式サイト。曽利文彦監督、山下智久、伊勢谷友介、香川照之、香里奈、勝矢、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦。1968年から少年マガジンに連載されるや大反響を ...
泪橋 (僕らのドラマ)
映画【あしたのジョー】/男なら闘う時が来る
『あしたのジョー』('11初鑑賞21・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月11日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
あしたのジョー (だめ男のだめ日記)
「あしたのジョー」監督曽利文彦原作高森朝雄、ちばてつや出演*山下智久(矢吹丈)*伊勢谷友介(力石徹)*香里奈(白木葉子)*香川照之(丹下段平)*勝矢(西寛一)*モロ師岡(食堂の...
映画レビュー「あしたのジョー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画「あしたのジョー」オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆傑作スポーツ漫画の実写化は、ノスタルジーの中に最新CG技術が絶妙に溶け込む。香川照之の存在感が抜群。 ...
あしたのジョー (映画情報良いとこ撮り!)
あしたのジョー ご存知ボクシング漫画の名作あしたのジョーが映画化です。 ジョーは、少年院で後のライバルとなる力石徹と出会う。 両者ともに、少年院を出たあと、それぞれボクシングをしていく。 力石には、強力なバックがあるが。ジョーには。。。 やが...
映画『あしたのジョー』の観所や面白さと不足感 (Drupal.cre.jp)
 曽利文彦監督映画『あしたのジョー』を、アタシは公開初日に劇場で楽しんできました。  楽しんできたけれど、この映画、アタシは惜しいと思う。  「熱血ボクシング映画」としては
あしたのためにその1 (美容師は見た…)
まずは行くべし。見るべし。心を…打つべし!『あしたのジョー』。。。先日の『ぴったんこカンカンSP』での香川照之さんに感動して、丹下段平に会いたくて観て来ました!…半分ホント(笑)どんだけボクシング好きなんだ~(ノ゜ο゜)ノ 番組では、具志堅さんを「神様」と呼...
あしたのジョー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
高森朝雄・ちばてつや原作による同名ボクシング漫画を実写映画化。主人公・矢吹丈が宿命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で対決するまでを描く。監督は「ICHI」の曽利文 ...
曽利文彦監督 「あしたのジョー」  (追記あり) (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
観ようかどうしよか迷いました。 でもやっぱ気になります。 ちばてつや原作のマンガ「あしたのジョー」の実写化作品 公式サイト⇒http://www.ashitano-joe.com/index.html 原作はリアルに読んでた世代です。 当時、少年マガジンには「巨人の星」も同時に連載 星飛雄...
「あしたのジョー」壮絶な打ち合いの末に丈がみた永遠のライバル力石の大きな壁 (オールマイティにコメンテート)
2月11日公開の映画「あしたのジョー」を鑑賞した。 この映画はちばてつや氏原作の映画「あしたのジョー」を 実写化した作品で、 喧嘩に明け暮れた矢吹丈が永遠のライバル力石 ...
あしたのジョー (だらだら無気力ブログ)
TVアニメ化もされ社会現象とも呼べる人気を博した高森朝雄(梶原一騎) 原作、ちばてつや作画の傑作漫画を、主演の矢吹丈役に「クロサギ」の 山下智久を迎えて実写映画化した本格ボクシング映画。 共演は力石徹役に伊勢谷友介、白木葉子役に香里奈、そして丹下段平役...
「あしたのジョー(2011)」 今、この作品を作る意味 (はらやんの映画徒然草)
「あしたのジョー」の原作の連載が開始されたのは1968年、僕が生まれた年です。
あしたのジョー (★ Shaberiba )
不滅の名作漫画!この再現力と熱演に、拍手を贈りたいー!!
「あしたのジョー」難しいよな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[あしたのジョー] ブログ村キーワード  あの名作漫画、41年ぶり2度目の実写映画化!「あしたのジョー」(東宝)。さすがに前回の映画化は、吾輩知りませんわ。しっかし「ヤマト」と言い、この映画と言い、TBSさんは、よっぽど地雷を踏むのがお好きなようで…(^^;。 ...
映画『あしたのジョー』  (よくばりアンテナ)
30年前のアニメ映画『あしたのジョー2』は映画館で観たんですよ。 中学生でした。 テレビアニメの方はリアルタイムじゃなく、再放送だったんだと思います。 原作コミックは読んでないけど、ジョーのファン...
あしたのジョー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:曽利文彦 原作:高森朝雄、ちばてつや 脚本:篠崎絵里子 日本中が熱狂した、魂の傑作漫画完全映画化 なにが凄いって、冒頭から昭和中期の“ドヤ街”のセットが気合い入りすぎ。 「“貧乏”を表現するのに一番金かけてんじ...
あしたのジョー 2011(2011-013) (単館系)
梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。2回目?? 店頭で1970年に実写化されたDVDを見つけました。 自分が少年マガジンを読み始めたのは「あした天気になあれ」という 「あした」...
「あしたのジョー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 梶原一騎原作、ちばてつや画による、日本を代表するボクシング漫画の金字塔を、「ICHI」「ベクシル2077日本鎖国」の曽利文彦監督、山下智久主演で実写映画化。  2時間...
『あしたのジョー』 なぜジョーは立ち上がるのか? (映画のブログ)
 ある疑問を抱えて、私は映画『あしたのジョー』を観に行ったのだが、まずは本作の作り手にお詫びしなければならない。  私は2011年公開のこの映画を観て、「見事なCGIだなぁ」と思っていた。減量に減量を...
映画「あしたのジョー」実写版  香川照之主演、でいいよね。 (珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~)
実写版「あしたのジョー」が、意外に評判がいいと聞いて見てみた。 うん、結構いい。 まず、香川照之の丹下段平が良すぎる。見る角度によっては、役者が誰かわからなくなるくらいに没頭できる。 そして、伊勢谷友介演じる力石。似ているかどうかはともかく、いい...