『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『愛と誠』を観た]

2012-06-17 23:49:26 | 物語の感想
☆・・・素晴らしかったですね^^

 この作品、凄く見たかったのですが、昨夜は、彼女との口喧嘩で帰宅が遅く、

 今日はバイトを終えて、どうにも、私の行動範囲のいつもの映画館(ワーナーマイカル・日の出/武蔵村山/多摩センター。MOVIX・昭島/橋本)は間に合いそうに無かったのですが、

 TOHOシネマズ南大沢に滑り込んだ。

 面白かった!

 これはもう、みんな連れて何度か観に行っちゃうと思うので、と言うか、眠いので、簡単に記す。

 原作は、幼き頃より因縁づけられた<誠と愛>の二人の、現在の観点で見ると気恥ずかしいような怒涛の恋愛を熱血で描いた作品、

 ・・・を、「現在の観点では恥ずかしい」が故に、その恥ずかしさをパロディチックに前面に押し出し、

 それを更に、「厳選」されたと思われる昭和歌謡に彩られた中二病的なスタイリッシュさでミュージカルにしてある。

 「ヱヴァ」の庵野監督や、中島哲也監督なんか、多少は悔しがるんじゃないかな。

 う~、7人くらいしかいない館内で、この、「商業的カルト」作品を腹を抱えて笑ってエンジョイした。

 しかし、三池崇史って、硬軟自由自在の作風の監督の、更に、そのギャグセンスのエッジの利かせ方は、ちょっと、他に並ぶべきものがないなぁ。

 映画『忍たま乱太郎』を誉めていた私の眼力は間違いなかったな^^(しかも、乱太郎を演じた加藤清史郎に「誠」の幼少期のクールな役をやらせている)

 一番に素晴らしいのが、世間知らずの勘違いお嬢様・早乙女愛を演じた武井咲だ。

   

 「かぐや姫」のような髪型と、くっきりと大きい瞳が魅力的だ。

 「鳩山由紀夫」的なキャラクターを、徹底的に演じていて、

「ああ、やっぱ、女の天然は可愛いなぁ^^」と思わせられるのだ(鳩山由紀夫はクソ可愛くないよ)。

 おそらく、武井咲は演出されていて、何がなんだかわかんない瞬間が多々あったと思う・・・。

   ◇

 さて、少なくとも、もう一回は見に行くので、今回は短めで・・・。

 問題点が二つ。

 それは、シリアスな原作を「お笑い」にしてしまっていることの是非だ。

 私は、それがどうしても引っかかっている。

 だけども、ちゃんと「恋愛」の抑えるべきトコを抑えてあれば、物語の帰結において納得もさせられようが、どうしても、一匹狼の不良学生・太賀誠(妻夫木聡)の単独主役にしか思えなくて、

 早乙女愛は面白いが、他にも面白い登場人物がてんこ盛りで、「愛と誠」のタイトルから逸れていっていて、

 そして、肝心の「恋愛成就」のクライマックスが、流れ的に、どうしても強引な感じがして、納得できない展開になってしまっている。

 簡単に言うと、誠が、何故、愛の気持ちに打たれるに至ったかの説得力がないのだ。

 これって、笑えたから別にいい、って問題でもないと思う。

                                                    (2012/06/17)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『スノーホワイト』を見た] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おくやぷ)
2012-06-18 01:12:20
あーそうですね
ひねくれちゃった誠がびっくりして素直になるくらいの愛お嬢様の献身は映画にはなかったですね
でも案外、原作を表現していると感じました
おくやぷさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-06-19 23:50:41
おくやぷさんのレビュー、ためになりました^^

私は原作はほとんど知りません。

でも、小林まことが、岩清水君を主人公にした漫画を描いていたのは知ってます^^

私、結構 素で、美少女を見ると、「この子のためなら死ねるな」と、頻繁に思っています^^;

こんにちは。 (みぃみ)
2012-06-24 21:18:17
早乙女愛の髪型、確かにかぐや姫ですね。
少女漫画の「うわさの姫子」もこの髪型なんですよ~。
姫=純粋=天然なのかも。。。
確か、かぐや姫もマイペースですよね(^^)。

学校の合唱コンクールで歌った真面目な歌や青春真っ盛りを象徴する印象の歌達の愉快なアレンジの楽しさに満足☆。
ちょこちょこツボを刺激してくれる三池監督、好きです~。

みぃみさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-06-25 18:47:56
「うわさの姫子」は私も詳しいですぜ!

彼氏はマサキで、フランスからピエールと言う恋のライバルが現われ、最後に「アデュー」「アデュー」と帰国するのです。
姫子の馬の名前は「ハクセイコー」!
ハイセイコーが活躍していた時代でしょうか?

確か「おはよう 姫子!」と言う前日譚もあったかと?

三池監督って、いかつい顔して凄いですよね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
愛と誠 (LOVE Cinemas 調布)
梶原一騎原作、ながやす巧作画の同盟漫画を映画化。両家のお嬢様と不良の青年の数奇な運命と恋を描いている。主演は『悪人』の妻夫木聡と武井咲。共演に斎藤工、加藤清史郎、余貴美子、市村正親らが出演している。監督は『一命』などヒット作多数の三池崇史。音楽・小林武...
愛と誠 【映画】 (as soon as)
これ、おもしろいよ しかし、一青 窈の歌と踊りは全く要らない ノーセンキュー 以前に宣言した通り、 >なんだかんだでこれから >テルマエも愛と誠も観に行くと思う >塀の中の懲りないわた...
映画 「愛と誠」 (ようこそMr.G)
映画 「愛と誠」
愛と誠 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】昭和のベタなお話しだなー。と思いまし
愛と誠 (映画情報良いとこ撮り!)
愛と誠 久しぶりに日本映画の紹介? ということで、今回は、愛と誠です。 これって、原作梶原一騎だったんですね。 知りませんでした。 有名なところで、巨人の星ですね。 復讐を近い東京に来た誠。 そして、名家の出のお嬢様愛。 この二人の恋の...
劇場鑑賞「愛と誠」 (日々“是”精進! ver.F)
ぶっとび恋愛物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206160002/ 映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラックサントラ 安藤サクラ 一青窈+『愛と誠』の合...
愛と誠 (あーうぃ だにぇっと)
愛と誠@よみうりホール
『愛と誠』 2012年6月8日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『愛と誠』 を試写会で鑑賞しました。 公開前から物議を醸し出している本作ですが、これは騒ぐわ 賛否両論あっても仕方ないですね どちらかというと、私は好きな方です 【ストーリー】  過去への復讐(ふくしゅう)を誓い、東京へやってきた不良の誠(妻夫木聡)。一...
愛と誠 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る昭和歌謡に彩られたミュージカル仕立ての「愛と誠」に唖然。ひさびさにお目にかかった正真正銘の珍作だ。幼い頃、雪山で ...
「愛と誠」総天然色 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こ~れ~はぁ面白い☆ 絶妙な笑わせ加減が実に見事! 1974年の西城秀樹&早乙女愛主演の「愛と誠」は見たことないけど、これをリメイクしたというよりは完全にパロッている。。 とうより、今現在その「愛と誠」を見たら誰もが突っ込みを入れてしまう部分を、劇中で役者...
愛と誠(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
裏のヒットスタジオ 公式サイト。三池崇史監督、パパイヤ鈴木振付、妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、市村正親、一青窈、余貴美子、伊原剛志、前田健、加藤清史 ...
愛と誠 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/06/16公開 日本 PG12 134分監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 天使が悪魔に恋をした 過去への復讐を誓い、東京へやってきた不良の誠。一方、東京で指折りの名家の...
『愛と誠』 (こねたみっくす)
三池崇史監督の手に掛かれば青春ヴァイオレンスとミュージカルを足すとコメディになってしまうのか! これぞ愛と誠のファンタジア。歌って、踊って、喧嘩して、殴られて、愛を語 ...
愛と誠 (★tip of the iceberg★)
愛と誠と言えば私の世代は西城秀樹と早乙女愛さん。 これを三池監督がリメイクするとこうなる…。 ええ、爆笑もののミュージカル映画でした。 さすがでした。 一応12指定が入っているのは、暴力シーンと金箔シーンのためでしょうか? これを問題作と表現するより、三...
【愛と誠】・・・寒い・・・by 武井咲 (映画@見取り八段)
愛と誠 監督: 三池崇史    出演: 妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 公開: 2012年6月       原...
映画『愛と誠』 観てきましたよ~~♪ (よくばりアンテナ)
今日こそ『ホタルノヒカリ』観ようって思って映画館行ったはずなのに、 なんか急に、やっぱこっちみようって気が変わった。 三池監督作品、実は初めてなのです。 食わず嫌いだったかも(*^。^*)意外と...
愛と誠 (そーれりぽーと)
三池崇史流ミュージカル邦画!と聞いて『愛と誠』を観てきました。 ※原作は知りません。 ★★ 最初のワクワク感、時間が経つほどに飽きてくる。 わざとくだらないようくだらないように作ってあるのは、三池崇史監督のおフザケ映画によくあるパターンなのでキライじゃな...
愛と誠 (映画感想メモ)
思い込みも愛。 いい加減あらすじ 長野から東京へやって来た太賀誠。額に傷を持つ不
愛と誠・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
蘇る昭和の純愛神話。 梶原一騎原作、ながやす巧作画による1970年代の純愛劇画、「愛と誠」のまさかのリメイクである。 74年から76年にかけて三部作として映画化されたほか、テレビドラマとしても映像化さ...
「愛と誠」 ひたむきにまっすぐに (はらやんの映画徒然草)
梶原一騎さん原作の純愛マンガの三池崇史監督による映画化作品です。 「愛と誠」は今
愛と誠(2012) (とりあえず、コメントです)
1970年代の人気コミックを原作に三池崇史監督が映画化した作品です。 予告編を観ただけで、一体どんな展開になっているのだろうと気になっていました。 本当に歌が溢れているミュージカル仕立ての不思議なアクション&ラブストーリーでした(^^)
「愛と誠」 (みんなシネマいいのに!)
 「天才バカボン」目当てで読んでいた週刊少年マガジンだが、そのうちに他の漫画も読
「愛と誠」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
インドなんか行かなくても三池崇史はしっかり仕事してるでしょ。 俺が「ロボット」の感想で「三池崇史も、インド行きゃあ、やりたい放題できるんじゃないか」って口走ったのをまだ根に持っているのか。 根に持っているんじゃなくて、日本にいたって工夫次第じゃ、こうい...
映画:「愛と誠」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年6月24日(日)。 映画:「愛と誠」。 監  督: 三池崇史 原  作: 梶原一騎 / ながやす巧 脚  本: 宅間孝行 音  楽: 小林武史 振  付: パパイヤ鈴木 キャスト: 妻夫木聡 (太賀誠)・ 武井咲 (早乙女愛)・ 斎藤工 (岩清水弘) 大野...
「愛と誠」:映画史に残る怪作だが・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『愛と誠』を三池崇史に撮らせたら、こうなっちゃったわけですね。怪作です。笑え
『愛と誠』(PG12) 純愛エンタテインメントに笑い、泣き。ありがとう三池監督! (コナのシネマ・ホリデー)
あの原作マンガを、これほどまでに消化、いや昇華させるなんて!!三池監督は、スゴイ!昨年の『一命』に続き、今回は本作をカンヌに持ち込んだことで、「ミイケは、何人いるんだ?」と疑われた純愛エンタテインメントを鑑賞。
「愛と誠」 (2012) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/配給:角川映画=東映監督:三池崇史原作:梶原一騎、ながやす巧 脚本:宅間孝行撮影:北 信康音楽:小林武史振付:パパイヤ鈴木特別協力:真樹日佐夫企画:土川 勉、伊藤秀裕エグゼクティブプ
『愛と誠』 (beatitude)
富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身上京した、額に一文字の傷がある不良の誠(妻夫木聡)の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事や...
「愛と誠」喧嘩の死闘の末にみた愛の命を救ってくれた恩人の誠意 (オールマイティにコメンテート)
「愛と誠」は1974年に公開された「愛と誠」をリメークした作品で、舞台は1970年代で境遇の違う不良にお嬢様が恋をした事から2人は次第に運命に引き込まれていき、壮絶な ...
「愛と誠」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
自分(giants-55)が属する世代を「~で育った世代」という表現で表すならば、「アニメで育った世代」や「特撮で育った世代」、「歌謡曲で育った世代」等が挙げられる。そして「梶原一騎作品で育った世代」というのも、忘れてはいけないだろう。 漫画原作者と...
愛と誠 (2012/三池崇史) (晴れたらいいね~)
割と長く生きてるからさ-、秀樹の映画も知ってるし、TVドラマも、原作もね。パロディっぽく思ってる人も多いかもしれないけれど、実は意外にまっとうなんじゃないかなぁと思った ...
『愛と誠』 メタメタな大傑作 (映画のブログ)
 奇才アレハンドロ・ホドロフスキーはDVD-BOX収録のインタビューにて、注目する映画監督を尋ねられ、三池崇史監督の名を挙げている。  そのホドロフスキーの代表作『エル・トポ』は、「もしフェリーニが西...
愛と誠         評価★★★58点 (パピとママ映画のblog)
「ヤッターマン」「十三人の刺客」の三池崇史監督が、過去にもドラマ化され人気を博した梶原一騎・ながやす巧原作によるコミックを、歌や踊りを交えて青春の熱い叫びを表現し映画化。「悪人」の妻夫木聡が復讐に燃えながらも実は優しい心を持つ不良少年の誠を、NHK大河ド....
毒物のような純愛、殺陣のような歌劇 『愛と誠』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親日本映画 2012年 ・・・・・・ 7点
愛と誠 (銀幕大帝α)
12年/日本/134分/青春ロマンス/PG12/劇場公開(2012/06/16) -監督- 三池崇史 『逆転裁判』 -原作- 梶原一騎『愛と誠』 -振付- パパイヤ鈴木 -主題歌- 一青窈『愛と誠のファンタジア』 -エンディングテーマ- かりゆし58『笑っててくれよ』 -出演...
愛と誠 (のほほん便り)
歌って踊る、大胆アレンジの「愛と誠」。原作が、シリアスで大真面目な劇画だけに、最初は、完全にお笑いというか、パロディを連想してたのですが意外や意外。歌もハマってたし、ダンスも面白く、想像以上にヨカッタのでした。しかも、キャスティングの大胆なこと。(年齢...