『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『デンジャラス・ラン』を観た(寸評)]

2012-09-12 22:22:23 | 物語の感想

☆・・・元CIAの敏腕凄腕諜報員であったが、国家機密を敵国に売りさばく世界的な犯罪者となった男が、

 南アフリカはケープタウンの米領事館に保護を求めて現われる。

 男は、その心理学的な見地による話術でどんな相手も懐柔・篭絡し、また、暗殺の腕も超一流・・・、そんな男が、何故に助けを求めてきたのか?

 領事館から、CIAの南アフリカの活動拠点の隠れ家に移されたトビン・フロストだが、そこに、謎の武装集団が押し寄せてくる。

 唯一生き残った新米CIA下部組織員のマット(ライアン・レイノルズ)は、「危険な男を連れ、危険な男達からの逃避行」を始めるのだった。

 アクションは派手だったが、正直、予告編で語られていた「36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者」と言ったスケール感はなかった。

 だが、展開自体は、力がこもっているし、派手であると同時に重厚だ。

 全ては、トビン・フロストをを演じたデンゼル・ワシントンの演技のたまものだろう。

 トビンの卓越したテクニックは、物語上では、やはり、他者の評価でしか語られないのだが、

 デンゼル・ワシントンの立ち居振る舞い、含みを持たせた表情が、「凄いものをもっている男」を感じさせてくれる。

 モーガン・フリーマン並みの重みがある。

 と思えば、後半、ヒゲ面を剃るのだが、意表をついて知的な若々しさが感じられた。

 対するライアン・レイノルズだが、過酷なアクションの連発の中で、

 最後には、本当に身も心をボロボロになっていく様が、見ているこちらも、少なからず体感できるリアルな描写だ。

 南アフリカと言う遠隔地を舞台にしているせいか、昨今のスパイ映画のハイテク諜報戦のくびきから解放されていて、

 だが、映画技術としてのハイテクは駆使されていて、アクション表現はしつこいほどにパワフルだった。

                                            (2012/09/12)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [オスプレイ反対デモの集団ヒ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
デンジャラス・ラン / SAFE HOUSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click デンゼル・ワシントン×ライアン・レイノルズ 元CIAエージェントの逃亡劇を描くアクション。 凶悪犯の保護収容所“セーフ・ハウス“に護送された大物テロリストが、武装集団に...
デンジャラス・ラン (だらだら無気力ブログ!)
邦題はアレだけど、アクションは満足。
デンジャラス・ラン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SAFE HOUSE】 2012/09/07公開 アメリカ PG12 115分監督:ダニエル・エスピノーサ出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード、ルーベン・ブラデス、ノラ・アルネゼデール、ロバート・パトリッ....
デンジャラス・ラン (試写会) (風に吹かれて)
工作員の悲哀公式サイト http://d-run.jp9月7日公開製作総指揮: デンゼル・ワシントン南アフリカのケープタウン。その地の隠れ家の管理を任されているマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ
「デンジャラス・ラン」みた。 (たいむのひとりごと)
新米CIAエージェントと元スゴ腕CIAエージェントの裏切り者、そして謎の刺客。誰が敵で誰が味方か、何をすべきかすら定かでない中で繰り広げられるスリリングなアクションムービー。残念ながら思い描いていたも
デンジャラス・ラン / Safe House (勝手に映画評)
36カ国の指名手配犯トビン・フロスト=デンゼル・ワシントン。“悪役”のデンゼル・ワシントンが見られます。 舞台は南アフリカのケープタウン。南アフリカと言う事で思い出すのが『インビクタス/負けざる者たち』や『第9地区』。『インビクタス/負けざる者たち』『第9...
『デンジャラス・ラン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デンジャラス・ラン」□監督 ダニエル・エスピノーサ □脚本 デヴィッド・グッゲンハイム □キャスト デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ■鑑賞日 9月9日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...
隠れ家~『デンジェラス・ラン』 (真紅のthinkingdays)
 SAFE HOUSE  アメリカ人青年マット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)は、CIAの極秘施設 「隠れ家」 の「客室係」 として、不本意ながら南アフリカのケープタウンに 配属されてい...
映画 :デンジャラス・ラン Safe House 「極悪」南ア ケープタウンで炸裂するお勧めの猛烈アクション! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず いい! のが原題。 Safe House セーフ・ハウスというのは、CIAが密かに用意している尋問などの秘密任務のための「秘密基地」。 主人公はその肝腎のセーフ・ハウスの管理人をしている、のだが、事件に巻き込まれ 逃げ回ることに。 そして皮肉なことに、そのセー....
「デンジャラス・ラン」 こだわっていたのはリアリティかな? (はらやんの映画徒然草)
長く姿を消していた元CIAの伝説のスパイがケープタウンに姿を現した。 そして彼を
デンジャラス・ラン ストーリーに破綻がないのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【=37 -5-】 関東への赴任、その準備に追いまくられ、仕事の引き継ぎに余念なく、嬉しいことにいろんな方面で歓送会をして下さり、波乗りもいつも通りしっかり楽しみ、と、むちゃくちゃ充実していて、目が回るほど忙しい日々を過ごしていても、デンゼル・ワシントンが出...
デンジャラス・ラン : しびれるほどのかっこよさ その2 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、「踊る」とどちらを観るか悩みましたが、こちらを選んで大正解。では、レビュー始めます。 【題名】 デンジャラス・ラン 【製作年】 2012年 【製作国】 アメリカ
デンジャラス・ラン (映画的・絵画的・音楽的)
 『デンジャラス・ラン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントンと『リミット』のライアン・レイノルズが出演するというので、映画館に行ってみました。  物語は、まず、南アフリカのケープタウンに設けられているCIAのSafe H...
映画「デンジャラス・ラン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「デンジャラス・ラン」観に行ってきました。デンゼル・ワシントンが主演と製作総指揮を兼ねる、派手なカーアクションあり・格闘ありの典型的なハリウッドアクション作品。今作...
「デンジャラス・ラン」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 「アンストッパブル」のデンゼル・ワシントン主演・製作総指揮。かつてCIAを裏切り、世界36カ国で指名手配されつつも10年間逃亡を続けた元工作員と、収監された彼の監視を命じられた新人工作員との、奇妙な逃亡劇を描くスパイサスペンス。
デンジャラス・ラン (銀幕大帝α)
SAFE HOUSE/12年/米/115分/サスペンス・アクション/PG12/劇場公開(2012/09/07) -監督- ダニエル・エスピノーサ -製作総指揮- デンゼル・ワシントン -出演- *デンゼル・ワシントン『アンストッパブル』・・・トビン・フロスト *ライアン・レイノルズ...
映画『デンジャラス・ラン』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-75.デンジャラス・ラン■原題:Safe House■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目) □監督:ダニエル・エスピノーサ◆デンゼル・ワシントン(トビン・フロスト)◆ライアン・レイノ...
デンジャラス・ラン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。彼はかつてCIAの 中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情 報を流したとされる、36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・ フロスト(デンゼル・ワシントン)。CIAの隠れ家に連...
デンジャラス・ラン (いやいやえん)
安心のデンゼル・ワシントン。でももじゃもじゃ。 物語は、新米のCIAエージェントと元CIAの収監者が、安全なはずの「Safe House」から正体不明の暗殺者たちから身を守るために逃行するというまさにデンジャラス・ラ
【映画】デンジャラス・ラン…この映画は2013年のはじめに観たのだけど今更記事にした結果…。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
年も暮れです 今年は…特に後半は…仕事が忙しくて大変でした 今月は残業が…まぁ最近の我が社の中では、結構凄い時間数になってしまい、体的にも結構まいってしまいました。12月の週末は寝てた記憶しか無いなぁ そんな中での近況ですが… 2013年12月28日(土曜日)は...