『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ワイルド 7』を観た]

2011-12-14 21:48:30 | 物語の感想
☆私が子供の頃(30年以上前)、既に、何か土臭い劇画に思えていた「ワイルド7」が映画化された。

 それほど期待もせず、でも、試写会が当たり、ともあれ観た作品。

 こりゃ面白かった!

 今年の<ナカデミー賞>のノミネートは決まった!

 邦画アクションが、このレベルに至れたことに鳥肌が立った。

 いや、ハリウッドアクションと、異なるベクトルで世界公開できる面白さだ!(言い過ぎかな^^;)

 ・・・アヴァンタイトル。

 容赦ない凶悪犯罪者集団が、人質を無造作に何人も殺し、銀行強盗、そして逃亡を謀ろうとする。

 かくして、今事件の解決は<ワイルド7>に委譲される。

 目には目を! 歯には歯を! 凶悪犯罪者には凶悪犯罪者を!

 <ワイルド7>は、凶悪犯罪者によって組織された超法規的警察組織だ!!

 7人の非情な男たちが、<桜の代紋>をボンネットに据えた大型トレーラーの走る後部から、大型バイクに乗って出動する(今 思うと、誰がメンバーの留守、運転しているんだよ^^;)。

 逃走した犯罪集団は、逃げおおせ、今 まさに、凶悪犯罪者の一人が、最後の人質である怯える銀行女性職員に無造作に銃口を向けて始末するつもりだった。

 しかし、その頭部を拳銃弾が貫く。・・・プチュッ!(1)

 と、同時に、凶悪犯罪者集団の数台の車に、くだんの装甲トレーラーが激突する。

 画面は、停車した犯罪グループの車が映っているだけで、そこへトレーラーのフロントが突っ込んでくる図だ。(2)

 吹っ飛び、折り重なる車。(3)

 追って、ドリフトしつつ、車を包囲するメンバーたちのへビィなバイク!

「てめぇらを退治する!」のリーダー格の飛葉(瑛太)の言葉に、手を挙げながら「逮捕の間違いだろ?」と嘯く凶悪犯罪者集団に機械的に引き金を引くメンバーたち。(4)

 最高である^^v

   (1)・・・その、抜き差しならない状況への躊躇のなさ。

   (2)・・・大型ギミックを、わざとに控えめに画面に出し、最大の効果を表わす演出。

   (3)・・・こんな絵面(えづら)、ハリウッドアクションでしか見れないレベルだぜ^^

   (4)・・・その、全く逡巡のない裁きに、私たちは共感。

 この、プロローグから、私の気持ちは鷲掴みにされた

 このスピーディーな展開は、

 大きな予算を掛けたトレーラーには、相応の長大な描写を、などと考えているような、これまでの日本映画関係者にはない堂々と控えめな演出だ。

 「スピーディー」と言う表現は、展開にだけではない。

 バイクアクションのスピード感も、素晴らしかった。

 その、地を舐めるようなバイク走行のカットに、鳥肌が立った。

 アクション描写に、特殊な撮影テクニックは施されていない。

 直球の描写だし、シナリオ自体も、それ程に凝ったものではない。

 だが、第一の問題として、「ワイルド 7」と言うヒーローが、堂々と演じられていることに魅かれる。

 カッコ良いのである。

 作品紹介で見た革ジャンのユニフォームは、浮いても見えたのだが、それが動いていると、メンバーの着こなしも含めて、もうカッコ良い!!

 一回目の作品につきものの登場人物紹介的な展開はない。

 うまく、個々の役柄の説明がテロップ処理されていた。

 特に、彼らにチームワークはないのである。

 何故なら、服役囚の寄せ集めだからだ。

 だが、その距離感を置いた関係性が、ハードボイルドなタッチの裏打ちになっている。

 主に横浜を舞台にしていたが、その空撮も多様で、ハードボイルド的な心象風景を醸していた。

 距離感は、それぞれの態度に無骨な形で表われるが、序盤で、飛葉は、謎のスナイパーであるユキ(深田恭子)にコロリと惹かれていくのだが、浮いてしまいそうなそんなシーンに、私は妙に、リアルな人物描写を見てしまった。

 <ワイルド 7>のまとめ役の指揮官・草波(中井貴一)の出動命令は、クライマックスにあっても事務的である。

 それに答えるメンバーの一人・セカイ(椎名桔平)も、抜き差しならない状況なのに「了解」と答えるのみだ。

 

 ウィルステロ犯との戦いも、ウィルスを仕掛けた飛行船が戦いの舞台となるのではなく、それを操る地上の犯人集団との対峙となり、見た目に地味に見えそうだが、その、ユキを交えた三つ巴の戦いが非常に面白く、

 ユキを庇いつつ、ユキが狙うテロ犯がウィルス爆弾解除コードを吐くことなしには死なせるわけにもいかず、

 仲間をけん制しつつ、テロ犯をも封じなくちゃならないという難しい状況の飛葉を、瑛太が見事な「ステップ」で魅せてくれる。

 う~ん、カッチョ良いなぁ^^

 都内の駅地下や高速道路など、その大規模なロケの敢行にも感心した。

 ラスボス役の吉田鋼太郎のチェシャ猫のような笑顔も良かったですね。

 深田恭子の、魅力的な二の腕を包帯で隠したのはよろしくないな。

 続編も期待し、純映画作品としてシリーズ化されると楽しいな!

                                                    (2011/12/14)
ジャンル:
速報
コメント   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [近況報告 (124・飲んだくれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2011年11月26日 『WILD7』 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『WILD7』 を試写会で鑑賞です。 試写会で良かったかなと・・・ 【ストーリー】  ある日、“ワイルド7”の出動を要する事件が発生。メンバーたちが犯人を追い詰めた瞬間、謎のスナイパーが現われ犯人を射殺して逃走する。ワイルド7の飛葉(瑛太)はスナイパーを...
ワイルド7 (とりあえず、コメントです)
「週刊少年キング」で連載された望月三起也原作のコミックを原作に映画化した作品です。 予告編を観た時、黒いスーツとバイクが何だか特撮ヒーローものみたいでカッコいいなあと気になっていました。 “超法規的”に悪党を倒していく彼らの活躍は、ちょっと昔懐かしい雰囲...
ワイルド7 (HAPPY LIFE)
ワイルド7  悪を撃ち抜け  愛を守り抜け 2011.11.29 TUE イイノホール ☆2011年12月21日公開 【監督】羽住英一郎 【原作】望月三起也 【脚本】深沢正樹 【CAST】 瑛太 椎名桔平 丸山隆平 阿部力 宇梶剛士 平山祐介 松...
試写会「ワイルド7」 (日々“是”精進! ver.A)
悪を、悪で制す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112130001/ ワイルド7 オリジナルサウンドトラック サントラ KRE 2011-12-21 売り上げランキング : 15698 Amazonで詳しく見る by G-To...
ワイルド7 (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
監督さんが海猿の方なんですね。だから、エンドロールが海猿そっくりでした。冒頭シーンから、ワクワクします。アクションも派手で、バイク好きでなくても、楽しめる作品です。でも、それは試写会だからそう感じるのであり、お金を払って入場していた場合、どうかな~?っ...
ワイルド7 (うろうろ日記)
試写会で見ました。凶悪犯を制圧するために元凶悪犯で編成したチームを作った中井貴一
映画:ワイルド7 理由・利害を超えて突き動かされ、ラストまでハードボイルドに突き進むサマが美しい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本離れした派手なアクションが人気だったコミックが映画化。 のっけからハードボイルド展開。 で そのまんま、ラストまで突き進む! やはりキーは主人公の飛葉大陸(写真) で、英太の飛葉大陸。 甘いマスクながら孤独からくる「鋭さ」をちゃんと両立させて....
ワイルド7 (花ごよみ)
原作は1969から79年にかけて 「週刊少年キング」に連載された 望月三起也の漫画ということです。 その漫画の実写映画化。 監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。 元犯罪者から選び抜かれた、 国家の最高機密の特殊機関に属す 7人の強い絆で結ばれた男達、 通称ワイル....
ワイルド7 (LOVE Cinemas 調布)
1969年から「週刊少年キング」で連載された望月三起也の漫画で、72年にはTVドラマ化もされた作品を映画化。犯罪者の中から選ばれた7人が悪人を容赦なく“退治”していく痛快アクションエンタテインメントだ。主演は『一命』の瑛太。共演に椎名桔平、阿部力、宇梶...
ワイルド7 欲張りすぎずにもすこし丁寧に作って欲しかったなあ (労組書記長社労士のブログ)
【=65 -12-】 原作は週刊少年キングに連載されていた、望月三起也らしく映画を観ているみたいなアクションシーンに子供心にドキドキするお色気にそしてバイクとバイオレンス、燃えた~! テレビドラマはもっとかっこよかった、飛葉演じる小野進也がむちゃくちゃかっこよ...
ワイルド7 (佐藤秀の徒然幻視録)
フカキョンは皮ジャンでバイク乗るべきだった 公式サイト。望月三起也原作、羽住英一郎、瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ、 ...
「ワイルド7」 (大吉!)
<木曜日> (12月21日・ユナイテッドシネマ女性サービスデー・18時15分・119分) 「草波警視正によって組織された「ワイルド7」。 彼らは凶悪犯を処刑する権限を与えられた超法規的警察組織だった。」 同じ開始時間だった「けいおん!」とどちらを観るか....
ワイルド7 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/12/21公開 日本 109分監督:羽住英一郎出演:瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、深田恭子、中井貴一 悪を撃ち抜け愛を守り抜け ある日、“ワイルド7”の出動を要する事件が発生。メンバーたちが犯人を追い...
ワイルド7 (あーうぃ だにぇっと)
ワイルド7 11月29日@新イイノホール
ワイルド7 (だらだら無気力ブログ!)
本仮屋ユイカはほんと可愛いなぁ。
ワイルド7 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画   昔の漫画がドラマになったり映画になったりとリバイバルではないが今年は他の媒体になるのが多い年でした。このワイルド7も昔漫画だったもの。残念ながら、私は原作を見ていません。   派手な銃撃戦も面白いが、本間ユ...
ワイルド7/瑛太、椎名桔平、丸山隆平 (カノンな日々)
原作コミックのタイトルは耳にしたことはありましたが、見たことはないですしどういう作品なのかもこの映画の予告編で初めて知りました。たぶんその昔TVドラマでは大人気コンテン ...
映画 「ワイルド7」 (ようこそMr.G)
映画 「ワイルド7」
映画「ワイルド7」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 客入りは7割くらい、ムービープラスさん主権の試写会だ。  【送料無料】 「ワイルド7」オリジナルサウンドトラック 【CD】価格:2,500円(税込、送料込)  映画の話  ある日、“ワイルド7”の出動を要する事件が発生。メンバーたちが犯人を追い詰めた瞬間、謎の...
「ワイルド7」 (みんなシネマいいのに!)
 自分が「少年キング」を読んでいたのは「銀河鉄道999」が目当てではなく、「ワイ
【ワイルド7】悪だけど正義! (映画@見取り八段)
ワイルド7 監督: 羽住英一郎    出演: 瑛太、椎名桔平、中井貴一、深田恭子、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ 公開: 2011年12月21日       ...
ワイルド7 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1969年から79年にかけて『週刊少年キング』に連載された望月三起也原作の漫画を「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が映画化。犯罪者からスカウトされた白バイ警察官7人が、凶悪犯を追 ...
『ワイルド7』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワイルド7」 □監督 羽住英一郎□脚本 深沢正樹□原作 望月三起也□キャスト 瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部 力、宇梶剛士、平山祐介、松本 実、       要 潤、本仮屋ユイカ、中原丈雄、吉田鋼太郎、深田恭子、中井貴一■鑑...
ワイルド7 (to Heart)
悪を撃ち抜け 愛を守り抜け 上映時間 109分 原作 望月三起也 脚本 深沢正樹 監督 羽住英一郎 音楽 川井憲次  主題歌 L’Arc~en~Ciel (Ki/oon Records) 出演 瑛太/椎名桔平/丸山隆平/阿部力/宇梶剛士/平山祐介/松本実/要潤/本仮屋ユイカ/中...
ワイルド7 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ワイルド7」監督:羽住英一郎出演:瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ、中原丈雄、吉田鋼太郎、深田恭子、中井貴一配給:ワ ...
「ワイルド7」 超金かかってますよ( ̄▽ ̄) (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
この映画すげえ金かかってるな~[E:happy01] 70年代に人気を博した望月
ワイルド7 (銀幕大帝α)
11年/日本/119分/アクション/劇場公開(2011/12/21) -監督- 羽住英一郎 過去監督作:『逆境ナイン』 -主題歌- L’Arc~en~Ciel『CHASE』 -出演- ◆瑛太…飛葉大陸 過去出演作:『一命』 ◆椎名桔平…セカイ 過去出演作:『アウトレイジ』 ◆丸山隆平…...