『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『いけちゃんとぼく』を観た]

2009-06-21 15:56:39 | 物語の感想
☆全くノーマークの映画だった。

 私は原作の西原理恵子の作品を読んだことはあるが、こんな作品があるのは知らず、映画化されるのも知らず、その公開がMOVIX昭島でやることも、つい最近まで知らなかった。

 しかし、物語が、自分にしか見えない存在「いけちゃん」との少年の日々を描く、と聞くと、わりと良くある内容なのだなと合点がいき、その普遍的なテーマに魅かれ観に行った。

 また、原作が西原理恵子っちゅうのも気になった。

 この方、マンガエッセイなどで、よくカンボジアの話を描いている。

 カンボジアには私も良く行くが、西原理恵子の描くところの、あの国の子供たちの純粋かつ無茶苦茶さが、きっと子供の世界を描いたこの作品にも表われているような気がしたのだ。

   ◇

 四国の漁港を舞台にした作品だが、おそらく30年ほど前を描いているんだろうけど、あまり時代を感じさせず、淡々と主人公ヨシオの生活を描いていく。

 ヨシオのそばに寄り添う不可思議な存在「いけちゃん」は、あまりヨシオの人生に介入せず、安心させてくれる相槌役としての存在でしかない。

 両親との絡みも至って淡白で、父親は死んでしまうのだが、それもサラリと流される。

 私には、その描き方が、計算なのか下手なのか分からなかった。

 ただ、ところどころに、西原理恵子の描くところの「(子供の)残酷性」が表われる。

 ヨシオと友人は、牛乳屋の空瓶を割るのを日課にしている。

 町内のいじめっ子二人は、かなり強烈な暴力を日々繰り返す。

 ヨシオは、いじめられた腹いせを、虫の虐待で晴らす。

 でも、そこを殊更にあげつらう者はいない。

 その「残酷性」は、少年時代のイニシエーション(通過儀礼)扱いだ。

 ヨシオの憧れのお姉さん(蓮佛美沙子←七瀬だ!^^)がグレてしまうのも、

 お父さんが浮気をするのも、それぞれの世代の通過儀礼とされている。

 この、「しょうがないこと」の視点が、この作品を他の類似作品と比べての作品的な優位点なのだと思う。

 その後の、お父さんの愛人だった女の「日常」の描き方など、子供が見たらスルーだし、大人が見たら、それもまた「しょうがないこと」とスルーしか出来ない。

   ◇

 思えば、「いけちゃん」も、大人の視点を崩さない。

 声の出演の蒼井優は上手だった。

 と言うか、「いけちゃん」役が適任だったのだと思う。

 妙に客観的なヨシオへの接し方が、クライマックスでも維持され、その、時間に対しての「諦観」に私は泣かされる。

 「いけちゃん」のビジュアルはシンプルだが、その微妙な動き・・・、例えば、口の開き具合で心理が窺え、・・・泣ける^^;

 この物語のテーマ、色んな作品表現で繰り返されてきた話ではある。

 私も、かつて「ポロンちゃん」と言う人形を用いて同種の話を書き、好評を得た事がある(その内、再掲します)。

 子供の世界の、子供にしか分からない世界は確かにあって、その終焉は悲しいものだ。

 『ナルニア国物語』(クリック!)もそうだったよね。

   ◇

 ヨシオは、暴力の連鎖を断ち切るべく、スポーツで決着をつけようとする。

 そのヨシオチームの、不揃いのメンバーが良かった。

 私は、子供の頃の、少しの歳の差や、男も女も混ぜこぜの感覚が実に好きなのである。

 でも、メンバーが一人足りなかったら、犬を仲間とするのがデフォでしょーよ^^;

 ちょうど、ヨシオのガールフレンドのミキが大きな犬を飼っているわけだしさ。

   ◇

 また、主人公ヨシオ(深澤嵐)の顔が、昔懐かしい「あばれはっちゃく」シリーズ顔なのが良かったです。

   ◇

 エンディングで私はちょい泣いた。

 横には、ツインテール丸顔の幼女が座っていたのだが、その母親も向こうでハンカチを目に当てていた。

 幼女は、両側に座る大人二人が何で泣くのか分からずにキョトンとしている。

「いけちゃん、とても面白かったのに、何で泣いてるの?」

 って感じだ。
                               (2009/06/21)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [『トランスフォーマー:リベ... | トップ | [本日の産経新聞の気になる一... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いけちゃんとぼく (PNU)
2009-06-21 22:11:38
拙ブログへTBをありがとうございました。
いけちゃんとぼく、かなり原作に忠実ですのでもしまだ未読でいらっしゃるなら、原作もおすすめですよ。
PNUさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-21 22:16:35
今、アマゾンで見ていて、本屋で買おうか、アマゾンで頼もうか悩んでいたのです^^;

私は、『SPA!』に連載していた西原東南アジア作品を切り抜いて取っていたのを思い出します。

これからもよろしく!
泣けました (KLY)
2009-06-23 01:34:59
大感動というのとはちと違う。
何だろう、気が付くと涙が溜まっていて、ほろりとこぼれて来た。
蒼井優の才能には驚かされます。実にいけちゃんでした。てを「はむ!」って“甘噛み”?(笑)するところで、凄く優しさを感じてしまいました。
劇場には小さいお子さん連れが結構多かったけども、お子様にはまだちょっと理解できないかも。単純にいけちゃんの愛らしさとに感じ入ってくれたら良いのですが…。
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-23 09:03:03
不思議な映画でしたね。

わりとサッパリしていて、サッパリしていて、ジュワッときます^^;

蒼井優の声も、中世的で優しくて良かった。

微妙に突き放す口調でしたよね。

場内の子供は、なかなか楽しんでみているように見受けられました。

作品の不思議な手触りは、大人子供双方対応の故だったのかもしれませんね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
試写会「いけちゃんとぼく」 (日々“是”精進!)
いけちゃんとぼく「いけちゃんとぼく」の試写会に行ってきました人気漫画家・西原理恵子が初めて手掛けた感動絵本を実写映画化。フジテレビ系「ザ・ベストハウス123」で、“絶対に泣ける本”第1位を獲得し話題に。主人公の少年ヨシオ役には「子ぎつねヘレン」の深澤嵐...
いけちゃんとぼく (そーれりぽーと)
不思議な生物“いけちゃん”と少年の交流を描いたと言いながら、ただそうなわけではないのは予告編で読め読めだけれど、それでも惹かれるものがあって『いけちゃんとぼく』を観てきました。 ★★★★ 癒されるわー。 いけちゃんと少年の交流、少年が成長していく様子を...
いけちゃんとぼく/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、西原理恵子の同名絵本を実写映画化した「いけちゃんとぼく」の試写状。 今年の秋には深津絵里主演で、「女の子ものがたり」も控えてるし、西原理恵子ブームが起きてる? 西原さんの漫画は、けっこう読んでる方なんですが、この絵本は未読です。 小...
映画 「いけちゃんとぼく」 (ようこそMr.G)
映画 「いけちゃんとぼく」
いけちゃんとぼく (Simple life)
リアリテイが全くないのに、リアリティのある映画だった。 人の社会ってどうにもならないことばかりで、 上には上がいるし、 逃げても、逃げたところに、逃げだしたくなることがあって、また逃げなければならない。 強いものにいじめられて、今度は逆に弱いものをいじめ...
ここ7年くらいの女のヒトを描いたマンガ (忍者大好きいななさむ書房)
ここ7年くらいの女のヒトを描いたマンガ
いけちゃんとぼく (だらだら無気力ブログ)
漫画家・西原理恵子が手がけた同名絵本を実写映画化。 不思議な生き物・いけちゃんと少年の交流を通じて少年の成長を ファンタジックに描く。 いけちゃんの声は蒼井優が担当。小学生のヨシオのそばには、いつの頃からか“いけちゃん”という謎の生き物 がいた。それはヨ...
プライマー (Z級レンタルDVDレビュー)
面白い。何よりもリアリティーがある。理論的に筋が通っているので、ありそうな感じがこの作品の質感を高めている。決して金がかかっているわけではないが、シナリオが通っているとこんなにも作品の出来が違ってくるという典型的な例。少し間違うと陳腐な作品になるとこ...
いけちゃんとぼく (とりあえず、コメントです)
漫画家・西原理恵子さんの同名絵本を映画化した作品です。 原作は未読ですけど“泣ける絵本”と評判なので楽しみにしていました。 小学生の男の子と、彼にしか見えない不思議な生き物“いけちゃん”との心の交流が 爽やかで元気だけどちょっと切ない雰囲気で描かれていま...
「いけちゃんとぼく」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「いけちゃんとぼく」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:蒼井優、深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、柄本時生、岡村隆史、吉行和子、他 *監督:大岡俊彦 *原作:西原理恵子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事...
いけちゃんとぼく (LOVE Cinemas 調布)
漫画家・西原理恵子が初めて手掛けた絵本を実写化。主演は最近では『GOEMON』の小平太役が記憶に新しい深澤嵐。というよりむしろ“いけちゃん”の声を蒼井優が演じている方が話題を呼んでいる作品ですね。他にもともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹といった地味ではあります...
いけちゃんとぼく ~遠くに来てしまって見えなくなったもの~ (椿的濃縮タマシイ)
実写だとどういう感じになるんだろう、絵本(というか漫画だけど)で2時間の映画、モつのだろうか?・・という一抹の不安を胸に、見に行ってきました。[画像] 映画版「いけちゃんとぼく」。  この本を初めて読んだ時、最後で「ああ・・・そうか、そうだったのか」と、さ...
いけちゃんとぼく (映画君の毎日)
●ストーリー●いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしお(深澤嵐)と謎の生き物いけちゃん。山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつもよしおのそばに寄り添い彼を見守っていた。やがて、よしお...
いけちゃんとぼく (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
いけちゃんとは何者か?この謎が本作の感動の震源だ。謎が解けたとき、ファンタジックな愛に泣かされる。悪ガキのいじめに屈しない少年よしおのそばには、彼にしか見えない不思議な生き物いけちゃんがいた。幼いながらに現実の痛みを知るよしおは、自分だけの世界を持って...
*いけちゃんとぼく* (Cartouche)
{{{   ***STORY***            2009年  日本 いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしおと謎の生き物いけちゃん。山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつもよしお...
「いけちゃんとぼく」 (みんなシネマいいのに!)
 西原理恵子が初めて手掛けた絵本を実写映画化。 少年と彼にしか見えない不思議な生
【いけちゃんとぼく】 (日々のつぶやき)
監督:大岡俊彦 出演:深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、吉行和子、蒼井優   忘れないでね 好きだと必ず 帰ってこられるの。 「よしおとよしおにだけ見える不思議な生物いけちゃんは、いつの頃からかいつも一緒。 いじめられた時も
[『いけちゃんとぼく』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「いけちゃんとぼく」□監督・脚本 大岡俊彦 □原作 西原理恵子(「いけちゃんとぼく」角川書店) □キャスト 蒼井優(いけちゃんの声)、深澤 嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、岡村隆史、吉行和子■鑑賞日 6月20日...
『いけちゃんとぼく』・・・クライマックスは確かに泣けるのだが (SOARのパストラーレ♪)
ヨシオ(深澤嵐)のそばにいつの頃からか現れるようになったいけちゃん(蒼井優・声)。ヨシオが辛い時、困った時にいつも寄り添い励ましてくれるいけちゃんは、ヨシオにとって大切な存在。 いつまでもいけちゃんと一緒にいられると思っていたヨシオだったが、彼が少年と...
蒼井優 (蒼井優)
蒼井優についてコンテンツを作成しております。よろしくお願いします。
浮気心理 (浮気心理)
浮気心理を読み解くことで彼氏や夫の浮気を防止することができます。浮気心理を学んで幸せな恋愛生活を送りましょう。
レビュー:いけちゃんとぼく (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[現実世界が舞台のファンタジー][少年ドラマ][絵本原作][ドラえもんぽい][実写][邦画][ビスタ] ドラえもんとのび太的関係度:★★★★☆ 少年のケンカ度:★★★☆☆ 監督: 大岡俊彦 出演: 蒼井優、深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、...
~『いけちゃんとぼく』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、西原理恵子原作&出演、大岡俊彦監督&脚本、深澤嵐、ともさかりえ共演、蒼井優がいけちゃんの声を担当しています。
「いけちゃんとぼく」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
いけちゃん”にしっかり生命を吹き込んでくれた蒼井優ちゃん、いいわ~♪
いけちゃんと (Akira's VOICE)
「いけちゃんとぼく」 「ちゃんと伝える」