『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『1911』を観た(短信)]

2011-12-05 23:37:36 | 物語の感想
☆辛亥革命を『レッドクリフ』のノリで描いた作品である。

 ・・・と、言いたいが、『レッドクリフ』には遠く及ばず、けれど、妥協なく作られていたので、部分的に光る箇所もあったかな。

 ただ、刀剣から銃火器へ、覇道から政治思想へと映画的な装いが変わり、趣きがなくなり、やや深刻の度合いを増し、どうしてもエンターテイメント性に欠けた。

 私は、ジャッキー・チェンが、苦しくも孫文を演じるのかと思いきや^^; 革命の戦闘指揮官であり、明らかに物語の展開から忘れ去られている時もあり、意外であった。

 主役たちの一人でしかなかったようだ。

 ある意味、好き勝手に作れた三国志の時代と違い、ある一定の史実に沿わなくてはならない近代の事件であるが故に、どうしても、物語のクライマックスに、ドラマチックな戦闘を配せずに、無理矢理にジャッキーアクションが押し込められていたのが、そのアクション自体は面白かったが、スケールの尻すぼみ感は否めない。

 だが! 中盤から登場した袁世凱(スン・チュン)が、かなり魅力的なダーティーヒーローで、私は満足した。

 実は、私は、ノモンハン事件について、ずーっと調べて書いているのだが、ノモンハンで戦った関東軍の誕生から紐解いていく時、どうしても、中国の近代史を追っていかなくてはならなかった。

 しかし、これが、人物相関図的にも地理的にも、凄まじく複雑で、私は、とてもとても仕事をしながら調べていくのは難しいと実感した。

 その中で、年表を見ていくだけでも、出張ったり失脚したり、袁世凱が凄まじく顔を出すんですよ。

 で、私は、独学で、袁世凱の、「乱世の奸雄」的な人物像を想像していたら、

 案の定、そういう人物だったのですね^^

     

 この作品の面白さは、全て、袁世凱を演じたスン・チュンの喜怒哀楽…、傲慢・脅し・怯え・おどけ・食事シーンにあったと言っても過言じゃない。

 PS.物語の中で、ドラマ『わたしたちの教科書』のサウンドトラックが使われていたのは何故なんだろう?

                                                       (2011/12/05)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [左翼の講演会に行ったyo!(... | トップ | [左翼の講演会に行ったyo!(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
1911 (LOVE Cinemas 調布)
辛亥革命100周年、そしてジャッキー・チェンの映画出演100本目となる記念作品。欧米列強に国を蝕まれることを憂えて立ち上がった孫文たち革命の闘士たちを描いた歴史大作だ。ジャッキー自身が総監督と共に孫文の右腕・黄興を演じる。共演にウィンストン・チャオ、ジ...
『1911』 世界同時公開にした裏事情? (映画のブログ)
 ジャッキー・チェンが13年ぶりに監督業に復帰してまでやりたかったことはなんだろう?  2011年は辛亥革命から100周年を記念する年である。  この年に、ジャッキー・チェンにとっても記念となる出演映...
1911 (花ごよみ)
ジャッキー・チェンの映画出演、 100本目の記念作品。 1911年の辛亥革命からも、 丁度今年で100年。 映画は1911年、辛亥革命を経て、 清王朝から中華民国へと 移行する時代を描いています。 孫文の参謀を務める黄興を、 ジャッキー・チェンが演じます。 ジャッキーの....
映画『1911』| 心の旗はたなびいているか。 (23:30の雑記帳)
最初のシーンから引き込まれました。 秋瑾(しゅうきん)という女性革命家が 市中引き回しの刑(?)に処せられています。 なんでも、この当時の中国には革命という概念さえ ...
1911(字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【辛亥革命/1911】2011/11/05公開 中国 122分総監督:ジャッキー・チェン監督:チャン・リー出演:ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン、ジェイシー・チェン、フー・ゴー、ニン・チン、スン・チュン、ジャン・ウー、ユィ・シャ...
1911☆1911年10月10日、辛亥革命。 (☆お気楽♪電影生活☆)
   歴史に残らなかった「命」の物語。
革命には尊敬されるリーダーが必要。『1911』 (水曜日のシネマ日記)
中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命を描いた作品です。
『1911』 (こねたみっくす)
革命、未だ成らず。 辛亥革命100周年に世界を見てきたジャッキー・チェン総監督の愛国心が中国の若者に語る、100年前の若者たちの熱き魂。 世界中の映画ファンよりも現代に生きる中 ...
1911 (悠雅的生活)
広州総督府。武昌蜂起。中華民国成立。
1911 (to Heart)
1911年10月10日、辛亥革命。 歴史に残らなかった「命」の物語。 原題 辛亥革命/1911 製作年度 2011年 製作国・地域 中国 上映時間 122分 監督 チャン・リー 出演 ジャッキー・チェン/リー・ビンビン/ウィンストン・チャオ/ジョアン・チェン/フー・ゴー/ジェイシー・チェ...
1911 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
時代のうねりの中で生き、散っていった男たちの物語「1911」。ジャッキー・チェンの記念すべき映画出演100作品目の超大作だ。1911年、中国。欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は ...
1911 (映画的・絵画的・音楽的)
 『1911』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画は、『桜田門外ノ変』と類似の歴史物だから、きっと同じ感じになるのではないか、と見る前から危惧していたものです。ただ、大層面白かった『孫文の義士団』の流れがあることや(その映画のラストに、孫文が登場します)、....
1911 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
私利私欲のない孫文の言葉に嘘はなく、若者たちがついていく理由がはっきりと描かれている。革命から100年経過しても大陸中国では理想が現実になっていないと考えるのは、深読みしすぎだろうか。日本との関係を描かないで欧米だけとの関係しか登場しないのは、中国国内へ...
1911 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年11月22日(火) 20:50~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ5 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 『1911』公式サイト 中華民国建国の辛亥革命の話。 ジャッキー・チェンが総監督という渾身の力作なのだが、字幕での解説が多く、話の脚色がよ...
『1911』 (だらだら無気力ブログ!)
歴史物が好きな自分としては楽しめたけど・・・。
1911 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1911年の辛亥革命前後の中国を舞台に、孫文や黄興など革命を巡る人々の生き様を描く。ジャッキー・チェン(「新少林寺/SHAOLIN」)映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を ...
『1911』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「1911」□総監督 ジャッキー・チェン □監督 チャン・リー □キャスト ジャッキー・チェン、ジャン・ウー、ウィンストン・チャオ、リン・ポン、フー・ゴー      ジェイシー・チェン、リー・ビンビン、ユィ・シャオチュン、ジ...
「1911」記念すべき100作目だけど (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
清朝末期の中国。 王制を倒し中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命からちょうど100年。 ジャッキー・チェン100作品目として選んだにしては、ジャッキー自身が控えめで・・・・
「1911」 ジャッキー・チェンの想い (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた
1911 この映画を見てあらためてなぜ中国はあーなの?と素朴な疑問が・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=60 -10-】 前売り券を買っていたのに、先週は唯一の鑑賞のチャンスを強引に飲みに連れて行かれて潰してしまい、今週も観に行ける日がない、と困っていたが、昨日、波乗りから帰ってきた時間が、ちょうどTOHOシネマズ伊丹の上映時間とぴったんこかんかんっ! 初めてイ...
1911 (そーれりぽーと)
ジャッキー・チェン出演作100作目の記念碑的な作品は、100年を記念して辛亥革命を真面目に描く渾身の一作。 ジャッキーの心が最大にこもった『1911』を観てきました。 ★★★★ 見所は皇太后の居る紫禁城から孫文が駆け回った諸外国まで激動の時代の中国を余すところ無く...
1911 辛亥革命 (まてぃの徒然映画+雑記)
辛亥革命をジャッキー・チェン成龍が総監督として描く近代史大作。共演は孫文俳優のウィンストン・チャオ趙文宣、リー・ビンビン李冰冰、ジェイシー・チャン房祖名、ユイ・シャオチュン余少群など。 孫文は、黄興(成龍)ら同盟会の仲間とともにマレーシア・ペナン島に....
1911 (映画とライトノベルな日常自販機)
後に革命の父と呼ばれる孫文(=ウインストン・チャオ)はアメリカで華僑から革命勢力への寄付を募る活動をしていましたが、清王朝が鉄道を担保に欧米列強から資金援助を求めているという事を知って、急遽ヨーロッパへ渡ります。 四国銀行団のパーティーの場には清王朝の...
1911 (いやいやえん)
ジャッキー・チェンが100作品目に選んだという事で、かなり気合が入っているように思えます。現在の中国は、少なくとも孫文の目指した中国とはちょっと違うものに思える。そう考えると彼の革命の意義や結果には感慨
1911 (銀幕大帝α)
辛亥革命 1911/11年/中国/122分/歴史劇ドラマ/劇場公開(2011/11/05) -総監督- ジャッキー・チェン -監督- チャン・リー -出演- *ジャッキー・チェン…黄興 過去出演作:『ラスト・ソルジャー』 *リー・ビンビン…徐宗漢 過去出演作:『ドラゴン・キ...