『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『桜田門外ノ変』を観た]

2010-10-26 23:59:24 | 物語の感想
☆う~む、面白かった。

 どこが面白かったかと聞かれたら、パッと答えられないのだが、幕末の激動の序章を、きっちりと、『十三人の刺客(2010)』のような「ケレン」を全く排して、「十八人の刺客」を描いていたのが良かった。

 私は、例え『ダンス・ウィズ・ウルブス』の「バッファロー狩り」のシーンがなくても、あの映画は充分に面白い作品だったと思っていて、

 同じく、この『桜田門外ノ変』も、派手な暗殺襲撃シーンがなかったとしても、他の部分で、随所に静かな起伏が感じられ非常に面白かった。

 造り手も、この物語が、「桜田門外ノ変」自体にあるのではないことも分かっていて、そのクライマックスを前半に持ってきていて、後は、その後の事件に及んだ浪士たちの行く末と、事件以前の、何故、事件に至ったかを交互に描くという、かなり入り組んだ凝った構成になっている。

 だが、ナレーションを大胆に、それでいて自然に使うような親切な語り口で、作品のエピローグで、全ての作品構成因子のピースがかっちりとはまることになる。

   ◇

 話が前後するが、また、私の言っていることが矛盾しているように聞えるかもしれないが、「桜田門外ノ変」自体の描き方も、実にリアルで素晴らしかった。

 いい意味で「まったり」と、雪の降る中での赤い血しぶき舞う殺陣を見せてくれた。

 悪役然としている伊武雅刀演じる井伊直弼も、日本の前途を案じ死んでいく。

 つまり、襲撃した側の水戸脱藩浪士たちも日本の前途を真摯に考え計画を実行し、

 暗殺された井伊直弼も、彼なりのビジョンで政治を行なっていたのだ。

 事件の名前と結果ぐらいしか知らなかった「桜田門外ノ変」の後先を、ドキュメントならざるドキュメント的にクールに見せてくれた力作と言えよう。

 おお! 原作は吉村昭ですかッ!!^^

 もっとも、私、マンガ『風雲児たち 幕末編(みなもと太郎著)』を読んでいたので、登場人物たちに馴染みがあったことが、この作品に思い入れが出来た一因でもある^^

      

   ◇

 ・・・しかし、主人公・関鉄之介(大沢たかお)の愛人が拷問されるシーンは妙に容赦がなかったね。

                                          (2010/10/26)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうも、こんにちは! (もののふ(trekky))
2010-10-28 20:55:17
現在の桜田門からカメラが国会議事堂にムーブしたとき、誰かセンゴクを殺れ!っと聞こえたのは多分私の気のせいです。

いずれも本気で命を懸けている、この違いが開講派が売国派とはならないキモのような気がします。
もののふ(trekky)さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-28 21:06:12
なるほど!

>>いずれも本気で命を懸けている、この違いが開港派が売国派とはならないキモのような気がします。

井伊直弼には、確かに「覚悟」が感じられるのですよね。

小沢にも仙石にも言えますが、口先だけでは、国民は白けるだけですよね。

>>現在の桜田門からカメラが国会議事堂にムーブ

あのシーンの解釈は幾通りもの解釈が出来て(左翼的な見方も出来る)、だからこそ、この作品はなかなか優れていると思うのです。

この作品、もののふ(trekky)さんも見てて嬉しいです^^
えぇぇぇ!! (sakurai)
2010-10-31 14:08:47
面白かったでござるか・・。
あたしは見て2分で後悔しました。
個人的ですか、あたしが見たいのはそこじゃない。まったくもって、視点がずれてると思ったのですが、結構それは多くの人が感じたようにも思えましたが。
出演者皆が絶叫調なのに辟易、井伊はステレオタイプの狡猾な奴にしか見えず、斉昭に対するひいきは最高潮で(当たり前か・・)、ただの逃亡劇見せられても・・・でしたわ。
セットは素晴らしかったのですがね。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-31 22:10:45
派手な展開はないですが、面白く見ました。
KLYさんの感想も、私が良いなぁと思う所を反対に捉えているので、なんとも言えず、映画の見方は難しいと感じた次第・・・。
確かに、最初の2分の、世界(アジア)情勢と絡めた描き方は違和感ありましたが、作り手は、この事件にどうしても現代性を持たせたかったのでしょう。
でも、思想性はなかったので、右左、どうとでも取れる流れでした。
井伊直弼は、性格はステレオタイプでしたが、私には、確固たる意図が感じられました。
斉昭に対するひいきがあれば、暗殺組に対しての労いの言葉もあったはずです。
失敗は、事件をしっかりと描くための逃亡劇か、事件のそれぞれの立場の思想性を描くかの方向性が定まらなかった点でしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
桜田門外ノ変 (LOVE Cinemas 調布)
茨城県の市民団体が企画を立ち上げて映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説をベースに、幕末動乱の幕開けとなった「桜田門外ノ変」の現場指揮官・関鉄之介を主人公に、事件からその顛末までを描いている。主演は『GOEMON』の大沢たかお。共演に長谷川京子、北大路欣也...
桜田門外ノ変 (WEBLOG:e97h0017)
本作を娯楽作品に仕上げようとするならば、言うまでもなく井伊直弼暗殺の事件描写を終盤に持ってきてクライマックスとするべきであり、それをしなかったということは本作のテーマがあくまでも襲撃を画策・実行した尊攘派志士たちがたどった末路を描く人間ドラマを軸にして...
映画「桜田門外ノ変」@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割ほど、客年齢高め、試写会の主権は講談社さんだ。 今回久しぶりに一ツ橋ホールを訪れたのだが、東京の試写会場で2番目にボロかった一ツ橋ホールが客席と床とスクリ...
桜田門外ノ変 (悠雅的生活)
井伊直弼の首ひとつ取るために、どれだけの命が散ったのか
桜田門外ノ変 (だらだら無気力ブログ)
茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、 映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転換点と なった大老・井伊直弼襲撃事件へと至る経過とその後の顛末を、襲撃者側で ある水戸藩士たちの視点から丁寧に描き出してい...
桜田門外ノ変 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
桜田門外ノ変オリジナルサウンドトラック幕末を背景にした正統派歴史劇。井伊直弼暗殺をクライマックスにせず、その事件が個人をどう変えていったかを描くことで、歴史を俯瞰している点が意義深い。黒船来航により開国か攘夷かで揺れる日本。開国派の大老・井伊を暗殺する...
桜田門外ノ変 (あーうぃ だにぇっと)
9月22日(水)@九段会館で鑑賞。 六本木で “メッセージ、そして愛が残る” を観た後 一旦帰宅し、再度九段会館へ出陣。 2.26事件の舞台となった?会場で桜田門外を見るのも何かの縁か。 ふだんより、圧倒的に年配者多し。 それも、じいさんが多く、途中でト...
試写会「桜田門外ノ変」 (日々“是”精進!)
「桜田門外ノ変」の試写会に行ってきました茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転...
桜田門外ノ変 (Akira's VOICE)
ドラマへの求心力が弱い。。  
桜田門外ノ変☆独り言 (黒猫のうたた寝)
とっても丁寧な作りだと思うのですが・・・授業受けてるような気がして眠くなってしかたありません。『桜田門外ノ変』は試写会で鑑賞しました。まぁ、体調不良時期だったので、やたらと眠気が募っていたせいもあるのですが^^;;;元々この時期の日本史ってやたら授業時...
桜田門外ノ変 (Diarydiary! )
《桜田門外ノ変》 2010年 日本映画 幕末の江戸時代、大老の井伊直弼が桜田門を
桜田門外ノ変 (花ごよみ)
主人公は水戸浪士、関鉄之介、 大沢たかおが演じます。 その妻に長谷川京子。 長男の誠一郎には加藤清史郎君。 水戸藩主、徳川斉昭に北大路欣也、 井伊直弼には伊武雅刀。 柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、 池内博之、西村雅彦等が出演 監督は佐藤純彌。 原作は吉村昭の...
桜田門外ノ変 (佐藤秀の徒然幻視録)
大沢たかおの格好悪い桜田烈士ぶり 公式サイト。吉村昭原作、佐藤純彌監督、大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、渡辺裕之、渡部豪太、本田博太郎、榎木孝明、加藤清史郎。いざ桜田門外の修羅場となると、実行部隊隊長...
桜田門外ノ変/大沢たかお、長谷川京子 (カノンな日々)
時代が大きくうねり変わろうとしていた幕末において歴史的かつ象徴的な大事件とされる「桜田門外ノ変」。吉村昭さんの同名小説を原作に徳川幕府の大老・井伊直弼を討った水戸藩士・関鉄之介ら18名の襲撃者たちやその家族の姿を描いた歴史時代劇です。監督は『男たちの大和...
「桜田門外ノ変」ノ変な意図 (再出発日記)
最初の20分で井伊直弼は討たれてしまうので、はたしてこれで「変」の歴史的背景は分かるのだろうかと心配していたら、頻繁に過去に戻りながら整理していたので、とりあえず基本的...
「桜田門外ノ変」日本の歴史のターニングポイントとなった独裁者暗殺事件の全貌 (オールマイティにコメンテート)
10月16日公開の映画「桜田門外ノ変」を鑑賞した。 この映画は1860年に起きた 桜田門外ノ変の出来事を忠実に描いた作品で、 暗殺実行犯の水戸藩士たちが 大老井伊直弼を暗殺する前後が描かれているストーリーである。 桜田門外ノ変から150年経つけれど、 ...
桜田門外ノ変 (2010) 137分 (極私的映画論+α)
 たった150年前のお話なんだよね。
「桜田門外ノ変」 思い入れが強すぎて空回り (はらやんの映画徒然草)
「桜田門外の変」とは歴史の教科書などでご存知の通り、江戸城桜田門外で開国へ大きく
桜田門外ノ変 (映画的・絵画的・音楽的)
 『週刊文春』(10月21日号)の阿川佐和子のインタビューに、主役の大沢たかおが登場して、面白そうな内容のように思えたこともあって、『桜田門外ノ変』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)た...
「桜田門外ノ変」 (2010 東映) (事務職員へのこの1冊)
監督:佐藤純彌 出演:大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬
『桜田門外ノ変』 (ラムの大通り)
----またまた、ずいぶん間があいちゃったね。 久しぶりに、何喋ってくれるのかと思ったら、 またまた時代劇…。 「いやあ。ほんと今年は多いね。 時代がこうも不況だと、 過去にヒントを求...
桜田門外ノ変 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この事件の関係者は、あまり歴史の表舞台で語られることが少ない。同じ脱藩浪人でも、土佐・長州・薩摩の出身者は表舞台で活躍した。この事件の水戸藩士たちは非常に地味な存在だが、同じように日本の行く末を案じて命を落としていった。我々は、彼らの犠牲の上で現在の日...
桜田門外ノ変 (映画道)
安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の幕府大老・井伊直弼より永蟄居を命じられていた。事態を憂慮した水戸藩士有志は、脱藩して井伊直弼を討つ盟約を結ぶ。そして安政7年3月3日、関鉄之介ら水戸脱藩士17名と、薩摩藩士1名が実行部隊とな...
【桜田門外ノ変】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤純彌 出演:大沢たかお、長谷川京子、加藤清史郎、北大路欣也、柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、西村雅彦   日本の未来を変えた、歴史的大事件。 「水戸藩士関鉄之介はいよいよその時が来たことを知る。 妻と子に別れを告げ同志の元に集まった。水戸藩の
桜田門外ノ変 (りらの感想日記♪)
【桜田門外ノ変】 ★★★☆ 映画(55)ストーリー 嘉永6年(1853年)、浦賀沖にペリーの黒船が来航、開国の圧力はいよいよ抑えがたくなって
『桜田門外ノ変』 ('10初鑑賞132・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 10月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:35の回を鑑賞。
桜田門外ノ変 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
桜田門外ノ変’10:日本◆監督:佐藤純彌「男たちの大和/YAMATO」「植村直己物語」◆出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、加藤清史郎、西村雅彦 、伊武雅刀、北大路欣也◆STORY◆安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の...
桜田門外ノ変 (とりあえず、コメントです)
吉村昭の同名小説をもとに桜田門外ノ変を描いた作品です。 桜田門外ノ変は授業で覚えたくらいで、そういえば詳しくは知らないなあと気になっていました。 予想以上に過酷な展開に、かなり胸が痛くなりました(T_T)
「桜田門外ノ変」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/配給=東映監督:佐藤 純彌原作:吉村 昭脚本:江良 至、佐藤 純彌 1860年に起きた、水戸藩士たち18名が徳川幕府の大老・井伊直弼を暗殺した「桜田門外ノ変」を、襲撃部隊の指揮者だっ
桜田門外ノ変 (Yuhiの読書日記+α)
吉村昭の同名小説を原作にした、日本史上、超有名な大老井伊直弼暗殺事件を描いた作品。監督は佐藤純彌、キャストは大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、北大路欣也他。 <あらすじ> 水戸藩士の下級武士の家に長男として生まれ、30歳のとき...
桜田門外ノ変 (いやいやえん)
桜田門外の変は、歴史上有名な事件ですが、実際のところ教科書でも数行しか載っていないし、(私が)幕末興味ないしで、大老・井伊直弼が殺された政変と言うくらいにしか知りません。なので、題材が新鮮にうつりました。 非常に淡々としていると思います。思考は違うが...