『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『マグニフィセント・セブン』を観た]

2017-01-31 14:15:06 | 新・物語の感想

☆・・・面白かった。
 定番の物語を、最新の技術でゴージャスに撮っていた。
 7人のサムライたちもヴァラエティ豊かで良かった。
 ・・・ちょっと気になったのが、「視点の都合のよさ」だ。
 クライマックスで、敵がガトリング銃を出してきて、数キロ彼方から、7人たちのいる町に向けて撃ちまくる。
 村人を含め、町中の者たちが脅威にさらされる。
 なんかおかしい。
 町のそこかしこがハチの巣になるのだが、街が機関銃に対し横に存在したら、台座を回すことにより、それもありだろうが、そんな横長の町はないだろうし、遠過ぎて、壁をそこまで破壊できるとも思えず、違和感ありありだった。
 反射衛星砲の機関銃版でもない限り、あの万能の攻撃はあり得ない。
 また、戦いが終わり、主人公が死んだ仲間を一瞥するのだが、その一人は、塔の中の仕切りの中で倒れているので、下からは見えないはずなのに、一瞥によって確認されたかのような演出がされていた。
 映画を見ていると、たまーに、そういった「視点の流れ」の処理がおろそかになっているときがある。
 疑似ではあるがリアルを形作る映画にとって、そういった違和感は、たまに作品の致命となる。

                             (2017/01/31)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [日曜日(満席・3)] | トップ | [月曜日のこと(満席・4)] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「マグニフィセント・セブン」 (日々“是”精進! ver.F)
悪は、必ず倒す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701280000/ 【輸入盤】Magnificent Seven [ マグニフィセント・セブン ]
マグニフィセント・セブン (あーうぃ だにぇっと)
マグニフィセント・セブン@ニッショーホール
映画:マグニフィセント・セブン The Magnificent Seven ちょっと悩ましい出来の、超「名門」...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
名画「荒野の七人」(1960年)のリメイク。 そもそもは日本映画「七人の侍」(1954年)がそのルーツ。 という超「名門」な血筋(笑) そこで考えるに、再映画化のポイント......
マグニフィセント・セブン (C’est joli ここちいい毎日を♪)
マグニフィセント・セブン '16:米 ◆原題;THE MAGNIFICENT SEVEN ◆監督:アントワン・フークア「サウスポー」「エンド・オブ・ホワイトハウス」 ◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・...
マグニフィセント・セブン 監督/アントワーン・フークア  (西京極 紫の館)
【出演】  デンゼル・ワシントン  クリス・プラット  イーサン・ホーク  イ・ビョンホン  ヘイリー・ベネット  ピーター・サースガード 【ストーリー】 悪漢バーソロミュー・......
マグニフィセント・セブン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(12) 『荒野の七人』シリーズが個人的にダメダメだったので
「マグニフィセント・セブン」☆湧きたつ西部劇の基本 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
『あの』曲が流れただけでもういいの♪ 何度もテレビの再放送で見た「荒野の7人」が好きすぎて☆ たとえこのリメイク作品がそれぞれの個人的背景が描かれなさすぎても・・・・......
マグニフィセント・セブン (Spice -映画・本・美術の日記-)
「マグニフィセント・セブン」 ニッショーホール(試写会) 冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)に支配された町で、彼に家族を殺されたエマ(ヘイ
マグニフィセント・セブン (本と映画、ときどき日常)
監督 アントワーン・セブン 出演 デンゼル・ワシントン     クリス・フラット     イーサン・ホーク 悪者に町を乗っ取られそうになった住民。 町を救ってほしいとあれ......
マグニフィセント・セブン (だらだら無気力ブログ!)
なんだかんだで魅入ってしまった。
『マグニフィセント・セブン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マグニフィセント・セブン」□監督 アントワン・フークア□脚本 ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク□キャスト デンゼル・ワシントン、......
かっこいいよ、かっこいいんだけどね・・・~「マグニフィセント・セブン」~ (ペバーミントの魔術師)
イビョンホンなかなかよかったですね~。寡黙でナイフ使いってめちゃめちゃ好みでした。(聞いてない聞いてない)・・・・ただ、この映画が七人の侍だの、荒野の七人だのの焼き直......
マグニフィセント・セブン/THE MAGNIFICENT SEVEN (我想一個人映画美的女人blog)
黒澤明監督「七人の侍」('54)を基にしたジョン・スタージェス監督「荒野の七人」('60) どちらの魂も受け継ぎながらリメイク作品としたのは、 「トレーニング デイ」「...
マグニフィセント・セブン★★★・5 (パピとママ映画のblog)
黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーと......