『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『暗黒女子』を観た(舞台挨拶付き)]

2017-04-02 09:11:28 | 新・物語の感想

☆・・・舞台挨拶付きで行ってきました^^
 映画自体は面白く、最初からハイテンションで進み、名門ミッション系女子高校と言う、やや使い古された、ツッコミどころも多いだろう設定に戸惑うこともなく進む。
 メインの少女たち6人は、いざ、物語が始まると、どの子も魅力的。
 凝った構成なので、物語についてはあんまし語らないで、女の子たちについて語っておきます。
 私は玉城ティナがお目当てであったし、後に舞台挨拶で、その生の姿を見ても、魅力たっぷりだったのだが、その他の子も、演技を見せられた後では凄い。
 みーんな、小顔だったYO^^;

  飯豊まりえ・・・モデルとして抜群の人気らしいが、この子だけが私的には好みではなかった。が、後で生の姿を見ると一番 生き生きしていた。
  清野菜名・・・女優の吉瀬美智子に似ているタイプ。生の姿は華奢で、明るかった。
  玉城ティナ・・・文句なく、ゴシックな雰囲気で可愛い。
  小島梨里杏・・・あごのラインがシャープで、可愛くて美人。
  平祐奈(舞台挨拶不参加)・・・この子、人気のグラビアアイドルだよね。生真面目な清楚な役だったので、その秘密は一番に衝撃的でした^^;
  そして、清水富美加(当然不参加)・・・、「出家」して、しばらくは表舞台に出てこないだろう、ってのが勿体ないくらい、不思議な雰囲気を醸す演技でした。ネチョッとしてエロい、淫靡な上品さを醸していました。かなり魅力的だった・・・。

 ただ、監督が言うには、清水富美加の、この演技は滝川クリステルを模していたそうだ。
 滝川クリステルには全く似ていない…、勘違いの産物での名演技なのだった^^;
 清水富美加は、現場で、持ち前の明るさが出てしまうと、「ああ、滝川クリステル、滝川クリステル・・・」と呟き、役柄に戻っていたそうだ^^;
 つまり、語られるのは、清水富美加の天然っぽさと、清水富美加の明るさだった舞台挨拶。
 稀有な才能を芸能界は失ってしまったかも知れない。
 またこの映画、キスの「チュッ! チュッ!」の音や、少女が男のベルトを外す音なんかがやたらと強調されていて、・・・エロかった・・・^^;

                                (2017/04/02)

ジャンル:
速報
コメント (1)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ひるね姫 〜知らない... | トップ | [繁忙期・明日から生ハムサー... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-04-02 12:31:49
ブルガリア女子には笑った。
言われて見ればブルガリアっぽいかもと思いながら、ブルガリアがどんなところだか全く分かってない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『暗黒女子』を渋谷TOEI②で観て、ゲラゲラ大満足ふじき★★★★(ネタバレなしだ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲このスイーツを全部たいらげる胃袋の貪欲さが暗黒女子だったりして。 五つ星評価で【★★★★いいな、女子が】 「暗黒(ankoku)」と耳で聞くと、今でも思いだすのがアニメの「......
暗黒女子★★★ (パピとママ映画のblog)
秋吉理香子の同名ミステリー小説を、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水富美加と「MARS ただ、君を愛してる」の飯豊まりえのダブル主演で実写映画化。聖母マリア女子高等学院で、経営......
暗黒女子 (花ごよみ)
原作は秋吉理香子作の同名小説。 本は既に読んでいます。 清水富美加と飯豊まりえの ダブル主演で映画化。 岡田麿里の脚本。 監督は耶雲哉治。 聖母マリア女子高等学院の経営者......
『暗黒女子』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
裕福な家庭の子女が集う聖母マリア女子高等学院。その経営者の娘にして全校生徒の憧れの的だった白石いつみ(飯豊まりえ)が、不可解な死を遂げた。やがて彼女が主催していた文学......
「暗黒女子」 (或る日の出来事)
「あんこ食う女子」
暗黒女子 (映画好きパパの鑑賞日記)
 幸福の科学騒動で引退した清水富美加の主演作。原作がしっかりしていることもあって、ミステリーとして面白かったし、若手女優の競演も堪能できました。もう清水の演技が見られ......