『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『GANTZ』を観た]

2011-01-29 14:50:54 | 物語の感想
☆さて、朝一で観てきましたよ^^

 原作もいちお読み込んでいる作品なので、邦画のSF表現技術の限界ゆえに、各シーンに、独特の世界観を再現するのにちゃちさが感じられるであろうことはしょうがないと覚悟しつつ、

 「誰も指摘しないけど、タイトルの由来は『ロボコン』の<ガンツ先生>に由来するんだよな・・・(毎回、ガンツ先生はロボコンらの行いを採点していた。GANTZも挑戦者を採点する)」などと思いつつ、期待して見て来ましたよ^^

   ◇

 ・・・感想としては、特撮技術的には不満なく、うん、海外でも公開するらしいけど、桁違いの予算の作品がひしめくアメリカの観客もなかなか楽しめると思う。

 ただ、私的には、随分と「可もなく不可もなき作品」に仕上がってしまったなぁ、の印象が強い。

 そもそも、この作品は、非現実的な設定(死者が、現実世界とはちょいと違った世界に召喚され、「○○星人」と呼ばれる敵とゲーム的に戦わされ続ける)があり、その「謎」が、物語の初期を牽引していたものだが、

 この作品、はじまってから10年以上経つだろう・・・、その奇抜な設定が、後続の物真似作品群に押し切られ、現在においては、さほどの魅力的な設定ではなくなってきているのだ。

 にもかかわらず、物語は、丁寧に原作をなぞっている。

 原作の雰囲気は壊していない。

 だが、いまいち新鮮な気分が起こらないのだ。

 改変されている部分もあるが、それは、主人公の二人を演じる二宮和也・松山ケンイチが二十歳過ぎなので、主人公の設定が、高校生から、大学での就職活動時期に変えられていると言うことに代表される、やむを得ぬ改変に過ぎない。

 積極的に、物語を平成23年の「現在」に合わせるかのようなアレンジではないのだ。

 だから、序盤から、かなり退屈な時もあり、第2ラウンドの田中星人では、その演出が見事で盛り上がったが、クライマックスのあばれんぼう星人の時には、なんとも眠気さえ出てきてしまったほどだ。

 作品の完成度に遜色ないのに、作品自体に爆発的なパワーがないのは痛かった。

   ◇

 このような特撮を駆使した作品においては、人間パートはつまらなく感じるものだったが、演技陣は総じて熱演していた。

GANTZ VISUAL BOOK (タレント・映画写真集)
クリエーター情報なし
集英社


 何よりも、二人のヒロインが良かった。

 岸本を演じた夏菜は、原作でも魅力的なキャラそのまま(なのだが)、非常に可愛い。

 私のショートカット好きもあるのだが、ファーストシーンの裸身は美しかった。

 また、コミックの扮装を実写にするとどうしようもなくちゃちくなるものだが、この作品では、「ガンツ・スーツ」の出来が非常に格好良く、

 岸本が着ている姿は(特に後姿!)、ウエストからヒップのラインが女神のように素晴らしかった。

   

 ガンツワールドとは別に、主人公・玄野の彼女になる小島多恵は、原作から大きな改変が為されているが、吉高由里子が地味な女の子を芸達者に演じている。

 性格も外見も違うのに、なぜか、吉高由里子が小島多恵に見える不思議。

 吉高由里子も、松山ケンイチも、多種多様な役を演じるものだと感心した。

 ニノ君は、変わり映えしない演技だが・・・。

   ◇

 昨夜、仕事を終えて帰宅すると、マンガ原作・日テレ製作『GANTZ』つながりで、『デスノート』が<金曜ロードショー>で放送されていた。

 そのラストシーンだけを見たのだが、弥海砂の部屋は、東京タワーの見えるマンションの一室だったのだが、

 『GANTZ』でも、メンバーが召喚されるマンション風の一室も東京タワーが見える部屋だった。

 なんか、マンガ原作・日テレ製作つながりにおける、「東京タワーの見える一室」へのこだわりがあるのでしょうか?

   ◇

 この作品でかなり気に入ったのが、当初、主人公の玄野は、就職活動時期であり、ファーストシーンで、就職面接の応対の参考書などをひもといていた。

「人には、それぞれ持って生まれた社会での役目があり・・・」云々などとブツブツ呟いているのだが、

 それが、物語の中盤から、ガンツワールドにおけるヒーロー性においての理由付けとして、「人には、それぞれ持って生まれた社会での役目があり・・・」と語るようになり、

 私はそこに、この物語が、設定重視の作品ではなく、ヒーローの物語だとも捉えることが出来て、海外公開での共感を得られる可能性を見い出しもするのだった。

                                                     (2011/01/29)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・119 「疎い」] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (嵐ファンです)
2011-01-29 15:38:27
ヤフーの評価が酷かったのでブロガーさんの評価を検索して来ました。なんだかすごく納得できる評価でした。いや、私はまだ観てないですし、ガンツの原作も読んだことはありません。でも蘭さんの表現が冷静というか、実に客観的で公正というか、良かったです。ニノの演技・・そうでしたか。でも彼ら(ジャニーズ)の宿命として、依頼されたものは拒めず、今の過密スケジュールでは演技プランを練るほどの時間も与えられない。。。本当にファンとして見てて辛くなることがあります。このまま「人寄せ」で消費されてしまいそうで。
でも蘭さん、酷評せず“甘噛み”で留めていただいてありがとうございました(笑)。賢くて、優しい方なんですね。
Unknown (ふぁん)
2011-01-29 17:04:17

夏菜さんは、おっぱいだしているのですか?
御二方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-01-29 17:49:16
>>嵐ファンさんへ^^

なんか、ほめられて嬉しいです^^
ニノ君ですが、私、『硫黄島からの手紙』の彼は、大人としての線の細さはありましたが、大好きで、クライマックスでのスコップを振り回す姿に、ジェームス・ディーンのような魅力を感じたものでした^^

>>ふぁんさんへ^^

夏菜さん、乳首は出していませんでしたが、ぎりぎりの露出まで頑張っていました。
顔は可愛いけど、身体は美しいです。
あのヌード、吹き替えじゃないですよね・・・?
お返事ありがとうございました (嵐ファン)
2011-01-30 19:48:58
「硫黄島~」のときはニノも仕事がなくて「今の給料じゃ生活できない」からと、事務所に仕事をお願いして来たのが「硫黄島~」のオーディションだったそうです。2006年くらいだったのかな~?その時は時間も充分にあったんでしょうね。嵐が実質ブレイクし始めたのが2008年だったので。。。

私はもともと映画が好きです。興味のあった「ソーシャルネットワーク」の記事も読ませていただきました。大変参考になりました。ありがとうございます^^
Unknown (ふぁん)
2011-01-30 22:56:34
そうだったんですね!お返事ありがとうございます。さいきん、夏菜さんにはまっているんです。ありがとうございました!
続きが楽しみです。 (元気)
2011-02-01 22:17:30
はじめまして!

観て来ました。
原作も読んでいます。
高校生の設定が大学生だったことも、
小島多恵ちゃんが超可愛いことも、(原作とは違い)次回作で完結なのですから、納得です。

「ネギあげます」のネギ星人も田中星人も(原作ぽくて)良かったです。
それと、終盤になるの従って、ニノが玄野に見えて来ましたから、良く出来ていると思いました。

だから、どんな結末を迎えるのか、4月の続編公開がとても楽しみです。
御三方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-01 23:05:18
こんばんわ^^

>>嵐ファンさんへ♪

私は何気にニノ君の作品をよく見ていまして、『大奥』も非常に楽しんだ者でございます^^
あれ、私的には傑作だったんですが、あなたはどう観ましたか?
私、とあるサブカルの店でバイトしていたのですが、「6番目の嵐メンバー」を自称したら、やたらとつっこまれました^^;

>>ふぁんさんへ♪

ただ、基本的に、夏菜さんは好み過ぎて、役柄的に松ケンに嫉妬しちゃいますよ^^;

>>元気さんへ♪

おっ! あなた、保守派ですね^^(ブログ見ました^^)
私、今日働きながら考えたのが、映画版では、ガンツの正体を、地球上のある組織にしちゃうんじゃないかと言う危惧です。
だって、山田孝之がジャーナリストっぽく登場したじゃないですか?
でも、無理か・・・。
映画版だけでも、原作ならではの不条理設定がたくさんありますものね^^
もちろん、後編も観に行きますよ!
大奥は観てません (嵐ファン)
2011-02-03 12:08:01
純粋な嵐ファンですが主演したからといって全ては観ないんですよね。大奥はいかにもイケメンそろえただけ?とおもったのでDVDで充分かと思い^^。
でも蘭さんが楽しまれたということで俄然DVDを観るモチベーションがあがりました。ありがとうございます^^
嵐ファンさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-03 20:22:20
>>大奥はいかにもイケメンそろえただけ?

いやいや、そのイケメンどもが、とてつもない情動の絡め具合を見せてくれているのです。

まあ、これは役割上しょうがないのですが、やはりニノ君はマイペースな演技をみせてくれます^^;

が! そんな中で、自分を慕ってきた少年に「一生の思い出」を授けたりしてますよ!^^
Unknown (BUBIMIR)
2011-02-05 03:06:39
やっぱりあれだけの漫画を映画にするのは少し難しいですよね。
岸本は素晴らしかったですね、いろいろな意味でw
BUBIMIRさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-05 21:40:45
>>岸本は素晴らしかったですね、いろいろな意味でw

確かに^^v

私は、あまりにも好みの女の子が出てくると、悪いトコを探して安心する悪弊があります^^

だから、夏菜さんの悪いトコを探すように見てました^^;
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-13 22:21:15
TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。
シムウナさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-14 19:23:59
おっ!
シムウナさんはグッドフィットしたんですな。
原作を知らないで見たほうが新鮮なのかもしれませんね。
私も不満はありますが、後編を楽しみにしていますよ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「GANTZ」 (日々“是”精進!)
「GANTZ」を鑑賞してきました独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也...
「GANTZ」試写会(舞台挨拶あり) (またり、すばるくん。)
今日は、「GANTZ」の試写会に、TOHOシネマズ梅田へ行って来ました。
GANTZ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。奥浩哉原作、佐藤信介監督、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之。「DEATH N ...
映画『GANTZ』 (よくばりアンテナ)
グロいし、怖いし、気持ち悪いシーンもあるし、ハラハラドキドキして、 息をするの忘れちゃうような、 ま、とにかく面白い作品でした~~~!! 原作のコミックは読んでませんが、 原作知らずとも映...
佐藤信介監督 「GANTZ」  (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
公開初日の今日、仕事帰りに観てきました。 公式サイト⇒http://gantz-movie.com/index.html ふ、不思議な客層でした。 若い女の子とオタクっぽい男子が入り乱れてて… これは原作が好きで気になって観にきてる原作ファンと… 嵐の二宮和也ファン 松山ケンイチフ...
GANTZ (映画鑑賞★日記・・・)
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ...
GANTZ (LOVE Cinemas 調布)
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。監督は『ホッタ...
「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!...
『GANTZ』 このスーツを見よ! (映画のブログ)
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。  エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...
GANTZ (映画情報良いとこ撮り!)
GANTZ 就活中の幼馴染玄野と加藤は、駅で酔っ払いがホームから落ちたのを助けるために線路へ。 しかし、彼らは、電車に轢かれたしまったのだ。 2人は、ふと気づくと、見たことも無い場所に居た。 そこは、GANTZと呼ばれる球があり、そこからは出ることが出来な...
GANTZ (うろうろ日記)
試写会で見ました。死にそうになったニノとマツケンが、なぜか生き残っていて、GAN
GANTZ パート1 (ぷち てんてん)
寒い、寒い!しかし天気予報を見るとこの寒さもあともう少し我慢すれば…と言っている。今年の冬はホントに寒いから暖かいのが待ち遠しいわ(でも花粉も飛んでくるけど)その寒さの...
『GANTZ』('11初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
GANTZ (★ Shaberiba )
2部も見たいと思えたので「よし!」ですー(笑)
映画「GANTZ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された...
GANTZ 前編 (Akira's VOICE)
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!!  
GANTZ    上映時間が長すぎないか (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
死んだはずの人間が「GANTZ(ガンツ)」という謎の球体によって、呼び出されてなんとか星人という謎の怪物と殺し合いをさせられる。2部作の前半であるこの作品を見ても、仕組みはわからない。わてが気になったのは、130分という上映時間の長さだ。一つ一つのシーンが間延...
「GANTZ  PART1」死にかけて召喚された先に待っていた謎めいた果てしない戦いの連続 (オールマイティにコメンテート)
29日公開の映画「GANTZ  PART1」を鑑賞した。 この映画は奥浩哉の人気コミック「GANTZ」を 実写化した作品で死んだはずの人間がGANTZによって召喚され、 そこである星人と戦って10 ...
「GANTZ」見に行ってきました。 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
GANTZVISUALBOOK映画『GANTZ』オフィシャル写真集(書籍)[集英社]《在庫切れ》価格:1,470円(税込、送料別)(こちらも売り切れ・・・すみません、最近売り切れな画像ばかり貼ってしまって...
人には必ず役目がある~『GANTZ』 (真紅のthinkingdays)
 就活中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝 (松山ケンイチ)を見かける。線路上に落ちた男性を助けようとした二人は、巨大 な黒い球体のあるマンションの一室に瞬間移動し...
『GANTZ』 (こねたみっくす)
俳優・二宮和也の百面相を見るだけでも十分な映画でした。 原作が持っているエログロな雰囲気は後半には完全失速、人間ドラマも薄っぺらいなどマイナス要素が満載でも、アクショ ...
【GANTZ】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤信介 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多  生き残るために星人と戦い、そして殺すこと 「大学四年の玄野は地下鉄のホームで小学校の時の同級生加藤と再会した。加藤は酔っ払って線路に落ちた酔っ払いを助け、加藤を助けようと手を出し
『GANTZ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 GANTZ 』 (2011)  監  督 :佐藤信介キャスト :二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、落合扶樹、土平...
GANTZ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“GANTZ”に召還され、“星人”と戦うことになるという独創的な設定でカリスマ的な人気を誇る「GANTZ」は、週刊ヤングジャンプで2000年7月から連載開始し、コミックスも累計 ...
「GANTZ」みた。 (たいむのひとりごと)
これは原作が凄く良く作り込まれているんだろうなぁ、という印象。原作を読んだことはなく、実は松山くんと二宮くんを観に行ったようなものなのだけど、思いの外内容に引き込まれてしまい観ている内から「これは続き
GANTZ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
奥浩哉のベストセラーコミックを原作として、前・後編の二部作として構成されたSF大作。 死んだはずの人間たちが、謎の黒い球体“GANTZ(ガンツ)”に召喚され、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦う、命がけのミッシ...
GANTZ (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 130分 PG12 原作 奥浩哉 脚本 渡辺雄介 音楽 川井憲次 監督 佐藤信介 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之 欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像...
GANTZ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐藤信介 【出演】二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/千阪健介/白石隼也/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 【公開日】2011/1.29 【製作】日本 【ストーリー】 幼馴染の...
『GANTZ』 (ラムの大通り)
※『PART2』の大胆予測もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----あらら。これもコミックの映画化だ。 「残された最後のカリスマ漫画」。 また、大きく出たもんだニャあ…。 「う~ん。 漫画は、その多くが若い人をターゲット...
『GANTZ』 | 松山ケンイチの傑出した存在感と演技力。 (23:30の雑記帳)
松山ケンイチにとって日本というフィールドは すでに狭すぎるようです。 他の共演者がかすんで見えるほど、 その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって 見る者に迫ってきま ...
映画GANTZ(トロン、ロビン・フッド) (Mi Manera)
3日はレイトショーでGANTZを観に行きました。 まずキャストミスだと思います。西くんと、岸本だけはOK。 たえちゃんに関して原作と、まったくの別人ですし。 どうしても原作がおもしろいので、ねえ。 ネギ星人Jr.の声と顔に幻滅。パパに関しては拍手! 戦闘シーン...
『GANTZ』 (だらだら無気力ブログ)
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝撃のSFサスペンス・アクション。 2部作として製...
映画『GANTZ』 (闘争と逃走の道程)
 人気コミックの実写映画化。謎めいたストーリー、独創的な世界観、ハードなアクションが売り物らしい。僕は読んだことないけど。 Sound of GANTZサントラ バップ 2011-01-26売り上げランキング : 1064Amaz...
GANTZ観に行ってきました~~~~ (徒然”腐”日記)
面白かったですよ~~~~GANTZ原作の漫画は未読GANTZ公式サイトも覗かずに観に行ってきましたーぶっちゃけニノと松ケン見たさにwwwえーーーとネタバレって程ではありませんが内容...
GANTZ (そーれりぽーと)
奥浩哉の原作は彼のコミックの世界観の集大成で超面白い『GANTZ』を観てきました。 ★★ 多恵ちゃんが可愛すぎるのがおかしい! それもそうだけど…。 主人公達幼なじみ二人の年齢設定が高校生から大学生レベルになっている事以外はほぼ原作に忠実な運び。 アレンジもそ...
GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん~(ノ_<。)ビェェン 日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、むかしはレバンだった、なかなかいい施設だった~v(...
GANTZ (前編) (シネマDVD・映画情報館)
GANTZ (前編) スタッフ 監督: 佐藤信介 原作: 奥浩哉 キャスト 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 白石隼也 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之 劇場公開日:2011-1-29
映画「GANTZ(part1)」~フリーター、星人と戦う。 (子育てパパBookTrek(P-8823))
映画「GANTZ(part1)」を観てきました。 田中星人との戦いなど、それなりに面白いけど、映画版『デス・ノート』や映画版『20世紀少年』には負けてるかな・・・。 駄作とまでは言わないけど、驚くほど...
GANTZ/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子 (カノンな日々)
初めて劇場予告編を観たときは「いったいこれは何?」という感じで内容がよくわからなかったのですが、その後のバージョンチェンジした予告編で星人とかいうモノたちと戦うSFアク ...
映画「GANTZ」(2月5日) (Flour of Life)
ニノとケンイチさんの夢の共演映画、「GANTZ」を見てきました。
GANTZ (食はすべての源なり。)
GANTZ ★★★★☆(★4つ) 面白かった~ ホント楽しかったです。満足!! 原作は知らないし、デスノートみたいに設定は突飛だけど、楽しめる! 二宮君は「普通の男の子」をやらせたらピカイチだね。すごいわ。 びびりつつも、戦闘にはまっていく今時のゲーム世代の男...
GANTZ  監督/佐藤 信介 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮 和也  松山ケンイチ  吉高 由里子  夏菜 【ストーリー】 就職活動中の大学生・玄野計は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢か....
映画「GANTZ」 (FREE TIME)
話題の映画「GANTZ」を鑑賞しました。
No.238 GANTZ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ...
GANTZ (食はすべての源なり。)
GANTZ ★★★★☆(★4つ) 面白かった~ ホント楽しかったです。満足!! 原作は知らないし、デスノートみたいに設定は突飛だけど、楽しめる! 二宮君は「普通の男の子」をやらせたらピカイチだね。すごいわ。 びびりつつも、戦闘にはまっていく今時のゲーム世代の男...
GANTZ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
今どき人気コミックの主流?『GANTZ』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミックを前・後編の2部作で実写版映像化したSFアクション映画です。
GANTZ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月2日(水) 19:10~ 日比谷スカラ座 料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『GANTZ』公式サイト 日本の誇るコンテンツ漫画が原作。原作は読んだことが無い。 死んだ奴が生き返らされて、GANTZなる丸い物体に、深夜呼び出さ...
「GANTZ」(2010)その2。 (INUNEKO)
マツケンは、いつもそうだが不思議に収まりが良い。あぁ加藤だなと。似てないのにね。 対して、ジャニーズの子はとても損。ケイちゃんは最初魅力ないし、その後はやなヤツだし。 その辺を足早に進めるための、原作と違うセリフの小芝居がいちいち寒い。 映画終盤、絶望の...
GANTZ (銀幕大帝α)
10年/日本/130分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之 <ストーリー> 地下鉄のホームに偶然居合わせた幼馴染みの玄野計と加藤勝は、....
GANTZ (いやいやえん)
原作は確か7巻くらいまでしか読んでません。 星人との戦いはバラエティに富んでいてなかなか面白く、独特の世界観も良かったし、導入からすぐ異世界に引きこまれるスピード感もいい。二宮和也さんを私があまり好きではない事を差し引いても、まあ良くできてるほうかと...
GANTZ (のほほん便り)
随分、賛否両論。厳しい意見も多かったみたいですが、人気コミックの原作を、今をときめく人気の実力俳優さん達… 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、夏菜 といった顔ぶれで映像化、というだけで、個人的には充分、満足でした。 原作のもつ、魅力でもあるエグさ...