『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『しあわせの隠れ場所』]

2010-03-11 19:39:42 | 物語の感想
☆良い映画でした^^

 優しさに溢れたテューイ家の母親役を演じたサンドラ・ブロックは、この作品で今年のアカデミー主演女優賞とのことですが、「女王」の如く美しかったですよ^^

 今まで、「馬」とか「ホース」とか、「鼻の下が長い」とか言って、すいませんでした。

 役柄もあるのでしょうが、魅力的だった。

 実話だそうで、暗くなった冬の寒い日に、通りで行き場を失っていた黒人青年を引き取った家族の物語。

 私は、斜に構えてみる男なので、『マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと』を思い出してしょうがなかったのですが、

 この黒人青年(クイント・アーロン)、母性本能をくすぐるような素朴な魅力に溢れている。

 心は少年、身体はオトナ・・・、と言う、年頃の娘のいる家庭において、また、子供好きらしい性格も含めて、危険な立ち位置ながらも、

 その素直な立ち居振る舞いで、家庭や大学、その恵まれた体格からはじめたアメフト部で、次第に「社会」に受け入れられていく。

   ◇

 テーマは、重層的である。

 サンドラ・ブロック演じる母親は、この物語の中心となる個性の一つでしかない、

 その夫や、娘と息子、大学教授たち、アメフト部のコーチ、民主党員の家庭教師、それぞれの物語が際立っている。

 特に、おそらく、今年の「ナカデミー賞」(クリック!)の美少女ナンバー1と噂されるリリー・コリンズ演じる娘とのエピソード一つとっても、深みをもって描かれている。

 家族に迎えることになった巨大な体の黒人青年マイケルへの、ティーンエイジャーの娘の複雑な思い。

 感謝祭の食卓で、家族で輪になって手を結ぶときに、触れ合う少女と黒人の手。

 そして、この物語のテーマと言うべき、「争いを好まない牛」の童話を、リー・アンから聞かされるマイケルの姿に、幼少時を思い出し、扉の陰で聞き入る娘のシーン。

 最初は怖がられていたのに、いつしか公園の子供たちとも仲良くなるマイケルの姿を好意的に見つめる瞳。

 そして、同年代の黒人が家庭に入ってきたことに、口さがない噂を立てられながらも、図書館でポツンと孤独に勉強しているマイケルの横に意を決して座り、「家ではいつも一緒に勉強してるじゃない^^」と言うシーン。

 私は、このようなシーンで泣く。

 孤独なる魂は、一人の美しい存在が認めてくれただけで、人生が一変する。

   ◇

 マイケルは、母性本能に訴えるような存在でありながら、同時に、「母性本能」も強い。

 「争いを好まない牛」でありながら、家族(仲間)の危機に対しては、防衛の力を最大限発揮する。

 アメフト部でなかなか闘争心をもてないマイケルに、「チームのメンバーは家族、守らなくてはならない存在」と教えることによって、リー・アンはマイケルにモチベーションを与える。

 それは、騙すことではなく、マイケルの固い思考を柔軟にさせる一言であった。

 また、試合中のトラブルで、審判に「自分の息子同然のこいつ(マイケル)に危害を加えられて黙ってられるか!」とコーチが食って掛かるのだが、その一言を聞き、マイケルは俄然強くなる。

 ここら辺が、『噂の刑事 トミー&マツ』のクライマックスの、「それでも男か! お前はトミ子か!」のマツの言葉で毎度奮起するトミーを思い出させられた^^;

 マイケルは、ひたすらに家族を求めていた。

 自分の力を発揮できるモノを求めていたのだな。

 ・・・そして、学業も全うしつつ、プロのアメフトプレーヤーとして大成する。

   ◇

 この話は実話だそうで、エンドロールで、実際の家族とマイケルのフォトが掲載されている。

 実際の家族やマイケルが、作品と違和感がないのに驚いた。

 公開からかなりの時間が経っているのに、館内は賑やかだった。

 良作なので、口コミで観に来る方が増えているのだろう。

 固い話じゃないよ、コメディ要素もたっぷりで楽しめます^^

                                         (2010/03/11)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・43 「や、やり... | トップ | [与党民主党考・44 「民主党を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
しあわせの隠れ場所 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Blind Side。ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン。米国で最も人気のあるプロスポーツNFLの2009年ドラフト1巡目...
『しあわせの隠れ場所』 (めでぃあみっくす)
マイケル・オアー。誇りと勇気を持って家族を守り、アメフトプレースタイルの歴史を変えた名選手。そんな彼の感動実話を描いたこの作品は見終わった後に本当に「しあわせ」な気持ちになる素晴らしい映画でした。そしてこの映画におけるサンドラ・ブロックの素晴らしさに、...
しあわせの隠れ場所/サンドラ・ブロック (カノンな日々)
普段それほど映画を観ないアメフト好きの知人がこの映画を観ぜひたいと訴えていたのでそれをきっかけに注目していた作品なのですが、先日初めて目にした劇場予告編だけで少しウルっときちゃったんですよね。これはかなり良さそうな作品なんじゃないかとワクワクしてました...
しあわせの隠れ場所 (LOVE Cinemas 調布)
アメリカNFLのドラフト1巡目で指名されデビューしたマイケル・オアー選手の実話を映画化。ホームレス同然の生活から、とある家族との出会いにより、自らの才能を開花させていくヒューマンドラマだ。主演は本作でアカデミー賞主演女優賞ノミネートのサンドラ・ブロック...
しあわせの隠れ場所 (to Heart)
あなたの人生史上、最高の実話 原題 THE BLIND SIDE 製作年度 2009年 原作 マイケル・ルイス『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』(ランダムハウス講談社刊) 上映時間 128分 脚本・監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック/ティム・マッグ...
信頼こそが最強の愛情になる。『しあわせの隠れ場所』 (水曜日のシネマ日記)
生活環境に恵まれなかった黒人少年がアメリカン・フットボール選手になるまでの実話を基に描かれた作品です。
しあわせの隠れ場所 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>家族と共に車で帰路に着くリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オーア(クィントン...
『しあわせの隠れ場所』 (ラムの大通り)
(原題:The Blind Side) ----この映画ってサンドラ・ブロックが 2009年度のゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した作品だよね。 「そう。それもドラマ部門のね。 最近の彼女ってコメディ路線が多かったから、 まずそのことにビックリ。 作品の内容を知るまで、 これ...
「しあわせの隠れ場所」みた。 (たいむのひとりごと)
2009年、アメリカン・フットボールのボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化したもの。孤独なマイケルと裕福なテューイ家、特に母親のリー・アン・
しあわせの隠れ場所/ The Blind Side (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 数日後発表になる本年度アカデミー賞で、作品賞と主演女優賞の2部門にノミネート中{/m_0151/}の実話 アメリカンフットボールのスター選手マイケル・オアー。 ...
映画「The Blind Side (しあわせの隠れ場所)」(2009年、米) (富久亭日乗)
しゅう      ★★★★☆  NFLで活躍するMichael Oher選手の実話を元にしたドラマ。       ◇ Sean Tuohy(Tim McGraw )はファストフード店を80店も経営する実業家。 妻のLeigh Anne (Sandra Bullock)、娘のCollins(Lily Collins)、 息子のS.J. (Jae ...
しあわせの隠れ場所 (映画道)
夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな食事に感謝するマイケルから、幸せとは何かを教えられていく。やがて、マイケルはアメリカ...
「しあわせの隠れ場所」優しい心になれる、深イイ話。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワード  全米アメフトリーグ(NFL)に所属する、実在のスター選手の生い立ちを綴った感動実話の映画化。「しあわせの隠れ場所」(ワーナー・ブラザース)。驚くなかれ、実話って言ってもこれは過去の物語ではなく、つい最近の出来事、...
【しあわせの隠れ場所】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ 「夫は100近くの飲食店を持つオーナー、自分も仕事を持ち忙しく働くアンは二人の子どもと幸せに暮らしている。 ある日家族で学校からの帰り
しあわせの隠れ場所◇◆The Blind Side (銅版画制作の日々)
上手く写せず(汗) あなたの人生史上、最高の実話 MOVX京都にて初日に鑑賞。実在のアメリカンフットボール選手の半生を描いた作品だそうです。事前に前売りチケットを購入しょうとMOVX京都へ行ったら、置いていないとのこと。以前「3時10分・決断のとき」のときも同...
「しあわせの隠れ場所」感想と「はなのすきなうし」 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
実話なんですよね。それもつい最近の。 素直になんか良い映画だったなぁ〜と思いました。
アメリカン・ドリーム〜『しあわせの隠れ場所』 (真紅のthinkingdays)
 THE BLIND SIDE  テネシー州メンフィス。裕福な白人女性リー・アン(サンドラ・ブロック)は、あ る寒い夜、薄着で街を彷徨う大柄な黒...
幸せの隠れ場所 (Diarydiary! )
《幸せの隠れ場所》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − THE BLIND
『しあわせの隠れ場所』 ('10初鑑賞32・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月7日(日) 神戸国際松竹 スクリーン4にて 16:20の回を鑑賞。
*『しあわせの隠れ場所』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン出演。
しあわせの隠れ場所 (そーれりぽーと)
ラグビーに続いてアメフトで感動できるか? 『しあわせの隠れ場所』を観てきました。 ★★★★ アメフトのスーパールーキーが生まれるまでを描く本作、彼を支えた“家族”の優しさに胸を打たれまくります。 金銭的に余裕があるからとか、慈善事業の一貫とか、そういうも...
しあわせの隠れ場所 (心のままに映画の風景)
アメリカ、テネシー州メンフィス。 夫と2人の子供と暮らすリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー...
『しあわせの隠れ場所』の目をつぶる勇気 (映画のブログ)
 『あなたは私の婿になる』と同様、『しあわせの隠れ場所』もオファーはまずジュリア・ロバーツにいっていたという。  しかしサンドラ・ブ...
しあわせの隠れ場所 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】 アメリカ版『ホームレス中学生』。スケールでかいです。
しあわせの隠れ場所 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年にボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化。 物語:テネシー州のメンフィス。体の大きなスラム街出身の黒人少年マイケル。母親と離れて帰る場所がなく、独りぼっちの生活を送っていた彼は、世話を...
しあわせの隠れ場所  THE BLIND SIDE (映画の話でコーヒーブレイク)
サンドラ・ブロックが髪をブロンドに染め、{/kirakira/}アカデミー主演女優賞に輝いた作品です。 アメリカンフットボールのルールはようわかりませんが、 原題の「blind side」は「死角」とか「弱点」「無防備なところ」という意味で 主人公マイケルのレフト・タックルと...
*しあわせの隠れ場所* (Cartouche)
{{{   ***STORY***               2009年   アメリカ 夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな...
しあわせの隠れ場所/THE BLIND SIDE (みやこのThinking World!)
とうとうサンドラがオスカー女優になった! ということで早速観てきました、『しあわ
しあわせの隠れ場所 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月10日(水) 20:55〜 品川プリンスシネマ5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『しあわせの隠れ場所』公式サイト ラジー賞受賞女優がアカデミー主演女優賞を取った作品。 日本語タイトルが、ウィル・スミスの感動押し付け愚作群に似...
『しあわせの隠れ場所』:必見。これぞ善きアメリカ映画 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
これはお薦め、必見の善きアメリカ映画。 わたしが映画を観始めた頃、テレビでよく往年の名作映画が放送されていました。 登場人物が善人で、だれもが幸せを信じていて、幸せになることを信じさせてくれるような映画たち。 いつしか、そんな映画は少なくなり、遊園...
しあわせの隠れ場所 (メルブロ)
しあわせの隠れ場所 (原題: THE BLIND SIDE) 304本目 2010-8 上映時間 2時間8分 監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ)     ティム・マッグロウ(ショーン・テューイ)     クィントン・アーロン(マイケル...
『しあわせの隠れ場所』 2010-No10 (映画館で観ましょ♪)
2009年、ボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の 実話に基づいたノンフィクション小説の映画化。 ストーリーは知...
しあわせの隠れ場所 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「しあわせの隠れ場所」監督:ジョン・リー・ハンコック 声の出演:サンドラ・ブロック(『あなたは私の婿になる』『シャッフル』)ティム・マッグロウ(『キングダム/見えざる敵』『...
『しあわせの隠れ場所』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「しあわせの隠れ場所」□監督・脚本 ジョン・リー・ハンコック □原作 マイケル・ルイス □キャスト サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ...
しあわせの隠れ場所 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BLIND SIDE】 2010/02/27公開 アメリカ 128分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノンバート・コットンあなたの人生史上、...
しあわせの隠れ場所 (映画的・絵画的・音楽的)
 『しあわせの隠れ場所』を渋谷東急で見ました。  この映画に主演したサンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞に輝いたということもありますが、おすぎの「この春、一番のスポーツ映画でしょう」という言葉に押されて映画館に行ってきました。 (1)この間見たイー...
しあわせの隠れ場所 (とりあえず、コメントです)
実話を元にホームレスの少年が富裕層の家庭に引き取られアメフトのプロ選手となるまでを描いたドラマです。 この作品でサンドラ・ブロックがアカデミー賞にノミネートされていて、ちょっと気になっていました。 大きな身体に優しい心を持った黒人の少年の存在がとても大切...
しあわせの隠れ場所★★★★+劇場40本目:... (kaoritalyたる所以)
映画の内容を詳しく知らなかったけど、アメリカで評判っぽいニュースを聞いていて楽しみにしていたこの映画、サンドラ・ブロックが見事にオスカーを獲って、ますます期待の膨らんで...
しあわせの隠れ場所 (2ちゃんねる映画ブログ)
しあわせの隠れ場所 The Blind Side http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1266109006/ 1 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 09:56:46 ID:i2EzSabY 監督 ジョン・リー・ハンコック
マイマイのしあわせ (Akira's VOICE)
「しあわせの隠れ場所」 「マイマイ新子と千年の魔法」 
しあわせの隠れ場所 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたの人生史上、最高の実話』  コチラの「しあわせの隠れ場所」は、「ウルトラ I LOVE YOU!」でラジー賞を受賞したサンドラ・ブロックが、その翌日オスカーを獲得したバイオグラフィー映画です。とは言っても主演はもちろんサンドラなのですが、主人公は全米で...
Blu-ray:しあわせの隠れ場所 今時珍しい "アメリカの良心"を描き予想外に芯を食った (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
2009年のNFLドラフト1巡目で、ボルチモア・レイブンズに指名され入団した(実際このシーンが出てくる)マイケル・オアー Michael Oher(写真中央)のエピソードに基づく実話の映画化。 「ただのスポーツもの」なんじゃないかと、と公開時は敬遠したのだけれど、鑑賞後はこ...
「しあわせの隠れ場所」(THE BLIND SIDE) (シネマ・ワンダーランド)
「あなたが寝てる間に」「スピード」などラブ・コメやサスペンス映画などで知られるサンドラ・ブロック主演で、実在するプロ・アメフト選手の少年時代を題材にしたスポーツ・ヒューマン・ドラマ「しあわせの隠れ場所」(2009年、米、128分、ジョン・リー・ハンコッ...
しあわせの隠れ場所/The Blind Side(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワードしあわせの隠れ場所 (原題:The Blind Side)キャッチコピー:あなたの人生史上、最高の実話製作国:アメリカ製作年:2009年配給:ワーナー・ブラ...
しあわせの隠れ場所 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 ***ちょっと つぶやき***多忙続きで頭が飽和状態になり、すっかりブログをサボっている今日この頃。劇場になかなか行けないし、家でDVDを観る余裕もないし(そもそも先日DVDプレイヤーが壊れた・涙)、本を読んでも感想を書く気力がない・・・・・「ダメだぁ〜こんなこ...